タグ:HTR ( 26 ) タグの人気記事

HTRオフセットブレーキシュー

HTRオフセットブレーキシュー」は、リーチサイズを最大で10mm延ばすことができるブレーキシューです。
ロードバイクにおいて、太いタイヤを装着するために設計上ブレーキのリーチサイズが大きく(長く)なる傾向があります。
スモールサイズのキャリパーを取り付けて、ブレーキシューがホイール(リム)へ届かない場合に使用してください。
また小径車において、ラージサイズキャリパーを装備しているモデルへスモールサイズのキャリパーを取り付けるときにも使用できます。

f0367991_14364533.jpgf0367991_14364506.jpg

f0367991_14364590.jpgf0367991_14364572.jpg





















@服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports2 | 2018-02-16 20:00 | HTR(エイチティアール)

シクロクロス観戦記

2月12日大阪の柏原市で「柏原シクロクロス」が開催されました!
南河内の自転車乗りにはおなじみ?のリビエールホール前の大和川河川敷です。
家から25㎞のと比較的近い場所での開催なので自転車でふらっといきます。
っとお思いきや、朝目覚めると辺りは銀世界!!
f0367991_17044617.jpg
あきらめようかとも思いましたが、ここは「ジャルーン」の本領発揮!と思い空気を2気圧まで下げ、
2時間を予定して出発。
f0367991_17081033.jpg
家からの下りは歩道をゆっくり走ります。こんな日は自分がこけなくても車が突っ込んでくる可能性があるので用心に越したことはないでしょう!(1㎞程の下りで車が4台ほどスタックしてました)
自分も2度ほどヒヤリ!としましたが坂を下りきると車道の雪は少なくなり、何とか走れる状態に。
f0367991_17150719.jpg
会場は雪が残り寒風吹き荒れる、まさにシクロクロス日和!
土手からは全体が見渡せるコースなので、観客だけでなく散歩などしている人たちも興味津々で見ていました。
f0367991_08525164.jpg
いつもレポートをいただいている「らりるれさん」は
「HTR」のハイブリッドハイドロリックディスクブレーキ&「ユニパー」の軽量ホイールバイクで
カテゴリーCM2を激走します!
前回シードをとれたので2列目からのスタート!
気温は4度ですが風が強くスタート直前ですが寒そうです。
f0367991_17192172.jpg
漕ぐ~!
f0367991_17213112.jpg
押す~!ここは担いで走る方が早いが体力が…
f0367991_17221999.jpg
担いで飛ぶ~!
f0367991_17231166.jpg
そしてドロドロ~!これがシクロクロスの醍醐味!!です。
らりるれさんは2月18日香川で行われるさぬきシクロ善通寺大会にも参加予定です。

今回ウィリエールは見かけなかった。残念⤵

和歌山の勝浦にあるウィリエール販売店の店長「柴原」さんは見事CM3で2位に入りました。
f0367991_17295498.jpg
4戦目にしてCM2に昇格です!来シーズンは是非ウィリエールで参加してほしいものです!!

いつもは昼に帰りますが、今日は平ぱー兄さんと一緒に最高カテゴリーC1を少し観戦しました。
f0367991_17342788.jpg
スタートから小坂光選手と竹之内悠選手の一騎打ち?さすがに日本のトップ選手ですね。
信じられない速さで難しいセクションをこなしていきます!
f0367991_17391364.jpg
今シーズン関西でシクロクロスは終わりです。
来シーズンは30分の地獄に挑戦!?かなぁ…



















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2018-02-15 00:00 | Yuniper(ユニパー)

関西シクロクロス参戦記2017~2018 ②

「らりるれさん」のシクロクロス参戦記・後半です~

第5戦 ビワコマイアミランド
琵琶湖湖岸に面するビワコマイアミランドで行われた。砂浜を走るテクニックが問われる特殊なコースで、ランや担ぎといったシクロクロスらしいステージともいえる。
エントリー85名 出走79名 スタート順65番と後方からのスタート。後ろからだとスタートしても前は全然見えません。
砂にめり込んでも走れるかなと思って、ホイールをデープリムに替えました。とにかく少しでも前に上がろうとするが、また抜き返されてあまり順位に変動なし。後半は、疲れて遅れてきてた選手をちょっとかわしてゴール。
38位48%でした。


第6戦 烏丸半島
コースは急なキャンバーと平地を組み合わせた、晴れて乾いた路面と相まってスピードコースとなった。
エントリー100名 出走85名 スタート順74番、ついにエントリー数100名に達した。下から毎回4~6名上がってきて、上がれるのはは、2名
当然人数は増える。その中で後方スタートは辛い。
結構キャンバー不得意の選手が多く、スピードコントロールをしやすいブレーキ、タイヤのグリップ感も伝わるホイールで順位を上げてゴール。
33位38%でした。

f0367991_14061123.jpg
f0367991_14055763.jpg
f0367991_14054189.jpg

第7戦 希望が丘文化公園
例年寒い気象条件になる年明けの希望が丘、今年は暖かいと感じるほどの晴天となった。コースは昨年からトレランルートになった箇所は走りやすくなり、ペースが上がるスピードコースとなった。
エントリー101名 出走86名 スタート順34番 抽選では、前方でのスタート。しかし、登り下りのハードなコースで、前スタートでは、強い人のペースについて行こうと頑張り、1周でペースダウン。
マイペースに落とすも、かなり遅いペースになってしまい後半抜かれまくってゴール。
48位55%でした。

f0367991_14071241.jpg
f0367991_14070183.jpg
f0367991_14064901.jpg

第8戦 堺みなとグリーン広場
平坦でスピードが求められる芝生と攻略が難しい砂場セクションを組み合わせた堺。今年は海からの風は弱かった。
エントリー103名 出走79名 スタート順102番 最悪のスタート順。グリットに並ぶと私が一番後ろ。唯一の救いは、出席率が8割を切った事か。
他のクラスは、7割くらいしか出走しないが、一番大人数の私のクラスの出席率は異常です。地元なので頑張らなきゃと言う事すらできませんでした。
50位 63%でした。

f0367991_14080083.jpg
f0367991_14075258.jpg
f0367991_14074145.jpg

第9戦 スチールの森日吉
珍しく1月開催となって雪の心配があったスチールの森京都(府民の森ひよし)。エントリー99名 出走77名 従来とはコースレイアウトが少し変わり、路面は石つぶでパンクしやすい。
新しいバイクにちょっと浮気して臨みました。
47位 61%でした。

f0367991_14083296.jpg
f0367991_14082466.jpg

第10戦 桂川緑地公園
恒例となった千秋楽、桂川の河川敷で行われ、秋の台風の影響も少し残った状態。
エントリー115名 出走92名 スタート順36番 シリーズ最終戦。毎年天候に泣かされるコースですが、今年は晴天。でも、コースは、朝霜が融けてヌルヌルとキャンバー区間は滑る。
こんなコースは、他が勝手に崩れてくれるので面白いように抜いて行きゴール。
シーズン最後で初めて次走のシード権を獲得。同じレギュレーションなら、次(来季)は、シードで前からスタートできます。
18位 19%でした。

f0367991_14104778.jpg
f0367991_14103313.jpg
f0367991_14102363.jpg

10戦で、8戦完走(1戦中止・1戦DNF)完走した全て残留基準(66%)達成!19%は、1発残留です。



@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2018-02-07 00:00 | 軽量おぢちゃん

HTR おすすめパーツ 準備中②

HTR」で検討中のパーツです。
ロードバイク用チューブ~太さは25Cまで対応します。
画像では2種類あるのが分かりますね?
両方とも、700C×18~25Cサイズで、重量(軽さ)が違います。
お正月休み中に、走行テストをしたいと思います?
f0367991_14571063.jpg


これからチューブレスの時代に向かっているところに
いまさらチューブ?
って思われるかもしれませんが、まだまだチューブド
時代は終わりません!
富士ヒルクライムまでにはリリースできたらイイなぁ~
という予定です?


@服部産業株式会社




[PR]
by hattorisports2 | 2017-12-28 15:15 | 軽量おぢちゃん

改造日記Ⅱ⑤

ホイールの事でいろいろと進めている事がありまして~
アルミ製のフリー本体に「食い込み防止バー」を追加してテストしています。
合計で3か所入れています。
f0367991_13282296.jpg


1年以上使い続けると、結構スプロケットがフリー本体に食い込んでいるのが目視できます。
自作した「食い込み防止バー」で10日間ほど走行して、状態をチェックしてみました。
f0367991_13281693.jpg


うっすらとスプロケットが食い込んだ跡が見えますが変形等不都合は見られません。
引き続きテストを行っていきます。
ちなみにこの「食い込み防止バー」はスポークを削って作成しましたが、かなり優秀だと思います。
f0367991_13280449.jpg




@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2017-12-08 00:00 | 軽量おぢちゃん

改造日記Ⅱ④

「HTR」のハイブリッドハイドロリックディスクブレーキを使って
ハイブリッドなバイクを組み立てます。
f0367991_13241882.jpgf0367991_13274702.jpg

ハイブリッドなバイクとはどういう意味かは後ほど・・・

勿論、モンテグラッパディスクに組み付けます
f0367991_13233245.jpg

以前ヒルクライム用にモディファイ途中のものを使います~
モンテグラッパ・クロス(バイク)
1✖(ワンバイ)仕様にします~気に入っているので・・・それは・・・
バイクを作成するうえで大事なのが軽量化! 「1g」でも軽くなるのに繋がります。
チェーンリングは1✖用のナローワイド、用心の為に脱落防止を取り
付けておきます。シンプルイズベストかな?
f0367991_13232705.jpgf0367991_13234516.jpg


クランクは軽さを追求してAX-lightnessのモルフェスにしようかと
検討中です。
カーボン製なので適度なしなりがあって脚に疲れがたまりにくい
という利点が考えられます。
f0367991_13235548.jpg

ホイールはユニパー650Bホイールです~タイヤはグラベルキングの1.75インチ
前後ペアで1400g台の軽量決戦ホイールを装着しました!
フレームは700Cホイール対応ですが、650Bホイールを嵌めても使えます~
タイヤの太さは1.75インチが限界だと思います。
6月の展示会で試験的に650Bホイール仕様を販売しました。
f0367991_13240343.jpg



ちょっと他とは違うところがありまして~

シフターはアップバーを握って走る事が多いので、いろいろと試した結果
ココになりました!
f0367991_13274163.jpg

手前味噌ですが大変気に入っています。

マウンテンバイク用の「XT」を流用~フロントギヤが1枚のところを
ワイドレシオのスプロケットでカバーしています。
f0367991_13230398.jpg


シフターをマウンテンバイク用を使う事によって利点がありまして
ハンドルをMTBタイプにモディファイする事が容易にできます。
f0367991_13230972.jpg

ワイヤー引きの「HTR」のハイブリッドハイドロリックディスクブレーキ
を使う事も容易にできる要因です。
ハイドロホース式なら手こずる作業になるでしょう!
フラットタイプのハンドルにすれば春先の「伊吹山ヒルクライム」の
マウンテンバイククラスに参加できるスペックに早変わりですね!?

もうひとつ違うところがありまして~

左のブレーキレバーのみ変速レバーが装備されています。(エルゴパワーです)
これは、フロントダブルにモディファイする事も容易にする為です。
f0367991_13232168.jpgf0367991_13233950.jpg

この様にいろいろな方向性をもった仕様をハイブリッドなバイクと冒頭で
述べた理由になるのです。

まだ作成途中です~ちゃんと乗れる様に仕上げて行きましょう!



@服部産業株式会社









[PR]
by hattorisports2 | 2017-12-07 00:00 | 軽量おぢちゃん

改造日記・番外編③

何度かブログで紹介したシクロクロスホイールを限定で販売する事になりました。
f0367991_14343737.jpg


①ユニパー29erリム✖RS505ハブセット~HTR-Ⅰ型
 実測重量「1645g」 max.3.4Bar  リム幅24mm   希望小売価格40000円(税抜き)
f0367991_14355107.jpgf0367991_14354424.jpg

②ユニパー29erリム✖CX-75ハブセット~HTRーⅡ型
 実測重量「1576g」 max.3.4Bar  リム幅24mm   希望小売価格55000円(税抜き)
f0367991_14364363.jpgf0367991_14360077.jpg



③ユニパーチューブレスリムテープ   希望小売価格1100円(税抜き)1本・4m

④ユニパーチューブレスバルブ     希望小売価格700円(税抜き)1本

①と②は今回限りの販売になります~好評だったら追加も考えるかもしれませんが
今のところ全然考えておりません。

服部産業株式会社の商品を取り扱っている販売店にお問い合わせください。
今回限りです。
ハイブリッドハイドロリックディスクブレーキも合わせてご検討下さい。

合わせて~ロードホイールも限定発売します。
⑤ユニパーアルミ軽量ロードホイール(2:1)
 実測重量「1303g」  制限体重75kg  リム幅20mm  希望小売価格78000円(税抜き)
f0367991_14353430.jpgf0367991_14352739.jpg



現在、各1ペアの在庫のみです~売り切れたら次の入荷(作成)は予定しておりません。


@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-10 14:45 | 軽量おぢちゃん

HTR パーツ 準備中③

「HTR」のチューブレスレディ・ロードホイールのフロントを組み上げました!
f0367991_08171418.jpgf0367991_08170744.jpg

気になる重量は「598g」、リヤが「769g」だったので合計重量は「1367gになりました!
f0367991_08170052.jpg

チューブレス対応のロードホイールでは超軽量!カーボンタイプでもこの軽さはなかなか
ないと思います~リヤホイールにタイヤ、チューブを取り付けても「1066g」しかありません!
f0367991_08165304.jpg

タイヤはたまたま持っていた、ヴィットリア社製でルビノプロの軽量バージョンです~
チューブも軽量なものにしたかったのですが在庫がなくて断念!
f0367991_08164671.jpg

マーキングはまだ検討段階のものです。ステッカータイプにするかレーザーエッチングにするか
コスト面の問題もありますので思案中なのであります?



@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-08 08:30 | 軽量おぢちゃん

HTR パーツ 準備中②

プロトタイプのロードバイクリムでホイールを組み上げました!

もちろん、ユニパーの「2:1 アレンジメントハブ」とのコラボです~
f0367991_11104251.jpg

リムの精度が高いおかげで組み立て調整がスムーズに行えました~
ユニパー製のリムに比べると若干重量増になりますが、それ以上の剛性が期待できる
感触なのです!
週末のレースに実戦投入する予定です~まだフロントを組まなければなりませんが・・・・・・
f0367991_11103541.jpg

組み上げてから、こうやって撮影するとリム(穴)がオフセットしているのがよく分かります。
センターから約1.5mmオフセットしているので視覚的には3mmの左右差が確認できるでしょう~
f0367991_11102976.jpg

タイヤ側から見るとニップル穴がオフセットしているのが確認できますね~
ギリギリの寸法設計です、これ以上はチューブレスタイヤのフック部にかかってしまうので
無理だと思います。
11速化によりリヤホイールのオチョコ量が増えて、ホイールの横剛性気になるところ
オフセットリムはこんな時に、もの凄く強い味方になるのです。
f0367991_11102340.jpg

あぁ、早く組み上げてテストライドに出かけたいです。




@服部産業株式会社




[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-07 11:50 | 軽量おぢちゃん

HTR パーツ 準備中①

シマノ社の新しいロードホイールです。WH-RS700が入荷しました!
もちろんウィリエールの完成車にインストールする為です。
f0367991_13342316.jpg
フロントホイールは「631g
リヤホイールは「946g」なのでペアだと1577gになりますね!
ハブのデザインがかなり格好良くて気に入ってしまいました~
f0367991_13340867.jpgf0367991_13341594.jpg 

なんとフロントとリヤでリムの高さが違うのです~リヤのハイトを考えるとこの重量は
かなり優れているとおもいます。
チューブレスリムにカーボンラップで補強!見た目も素晴らしいではありませんか!?
f0367991_13335181.jpg
高級感があるハブの仕上げはどうしているのか?
ブラックアルマイトの後に本体を磨いているのでしょうか?
「2:1」アレンジメントのおかげでノンドライブ側のスポークテンションもキンキンです。
f0367991_13333828.jpg
今までのチューブレスホイールと違う所があって~
ニップルがノーマルタイプなのです!今まではリムに目ネジを溶接していたんですけど・・・
ニップルは反対側から通すので~
リムのタイヤが収まる面にはチューブレス用のリムテープが貼られているのです。
この方が「軽量化」できるはず?
でもスポーク折れの時などで、ニップルを交換するとなると、リムテープを剥がさなければならず~面倒くさい作業かな?
めったにない事だから許しておこうって考えでしょう。
f0367991_13331498.jpgf0367991_13330727.jpg
ゼロノヴェやチェントウノエアー46Tに似合うんじゃないかな?


@服部産業株式会社


こちらも読んでね!


More
[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-07 00:00 | 軽量おぢちゃん