人気ブログランキング |

タグ:2020 ( 7 ) タグの人気記事

服部産業サイクリング部(2冊目)



服部産業サイクリング部(3冊目)はコチラ
容量がいっぱいになったので3冊目に入りました!
引き続きよろしくお願いいたします!


フェイスブックページはコチラ
イベントのご案内はコチラ




新着ブログ


f0367991_13432982.jpg

シマノ鈴鹿ロードレース2019で出会ったウィリエール⑤

   シマノ鈴鹿ロードでお会いしたオーナー様を紹介します。

f0367991_10480805.jpg

シマノ鈴鹿ロードレース2019で出会ったウィリエール④

   シマノ鈴鹿ロードでお会いしたオーナー様を紹介します。

f0367991_10395194.jpg

シマノ鈴鹿ロードレース2019で出会ったウィリエール③

   シマノ鈴鹿ロードでお会いしたオーナー様を紹介します。

f0367991_10082335.jpg

サドル②

   新品で一番古いサドルをご紹介

f0367991_10223787.jpg

シマノ鈴鹿ロードレース2019で出会ったウィリエール②

   シマノ鈴鹿ロードでお会いしたオーナー様を紹介します。









これまでの記事(~2019年8月)はコチラ
これまでの記事(~2018年12月)はコチラ

これまでのブログ → 服部産業株式会社サイクリング部














@服部産業株式会社

by hattorisports2 | 2020-07-01 00:00 | その他

グランツーリズモRチーム目線~2020NEWカラー

Granturismo R Team(グランツーリズモ アール チーム)に新しいカラーが加わります。
「マットブラック/レッド」日本限定です。
f0367991_15105188.jpg


46T/30Tカーボンを使い、高い快適性も備えたレーシングバイクです。
レースイベントのカテゴリー優勝する方も、フラッグシップモデルではカタ過ぎるので、あえてこのグレードを選んでいるという話も聞きます。
パーツ構成によってはなかなか軽く仕上がります。
ワタクシもこのバイクでいろいろなイベントに出かけました!
幅広い方に使い道のある、優秀なモデルです。


















@服部産業株式会社

by hattorisports2 | 2019-08-22 20:00 | Wilier(ウィリエール)

Cento1NDR(チェントウノエヌディーアール)目線⑧ ホイール編

気になっていたことがあって~実験用にチューブレスレディのフロントホイールを借りたところ、軽くて明らかに走りが変わった!
ということで後輪も作っていただきました。
進む力が増した~ホイールが変わるとバイクの印象も変わります。
軽くて懐にも優しいコスパの高いホイールが増えるといいですね!?

Cento1 NDR アルテグラディスクDi2/オリジナルチューブレス(レディ)ホイール仕様
乗鞍マウンテンサイクリングと大台ケ原ヒルクライムはコレで行きます(予定)。
f0367991_15241005.jpg

















@服部産業株式会社
by hattorisports2 | 2019-08-21 20:00 | Wilier(ウィリエール)

HTRのニュープロダクツ 番外編 ②

最近チューブレスレディの(ホイール)リムが増えてきました!
チューブレスとして使用しない場合はノーマルのリムテープを使う事になります。
(チューブレステープでもいいんですが価格が高いンで・・・)
画像はチューブレスレディにノーマルのリムテープを使用して数ヶ月経った時の
ものです~スポーク穴部が凹むのはチューブレスレディのリムでなくても起こりうる
のですが・・・
f0367991_18213481.jpg



チューブレスリム特有のセンターが凹んだ形状では下の画像の様にリムテープがずれやすいのです。
画像の状態はまだマシで、スポーク穴までずれる事も多々あります。
こうなるとパンクの原因になり、以前私もこの現象に悩まされました・・・一日に何回もパンクする
のです、その時はまだリムテープがずれているとは気づきませんでした。
f0367991_18212830.jpgf0367991_18212281.jpg



そこでリムテープの裏面に接着力をもったタイプの物を用意したのです!!!
ノーマルのリムテープとほぼ同じ素材です。
数十メートルのロール状で、バルブ穴は己で明けなければなりません~
どうすれば簡単に?と思っていましたが身近にあるもので出来ました!
①150mmの金サシを使ってマーキングします。
f0367991_18211615.jpg



端から50mmくらいでしょうか?リムの穴数によって変わりますが~
f0367991_18210912.jpg



6mmの穴あけポンチを使えば簡単に作業が行えます~厚紙を何枚か重ねて下敷きを作って
下さい。あとは軽くハンマーで叩くだけです。
f0367991_18210254.jpg



リムへの貼る面は綺麗にクリーナーをかけておいてください、油分が残っていると
空気圧を上げた時にズレやすくなります。
裏技は貼り始めだけ「リムセメント」を塗っているところです~
バルブ穴の位置をキレイに合わせて巻き始めましょう!
f0367991_18205426.jpg



一周したらOKです~一応進行(回転)方向も考慮して画像の奥側が前になります。
f0367991_18204548.jpg






@服部産業サイクリング部





More
by hattorisports2 | 2019-05-14 00:00 | 軽量おぢちゃん

HTRのニュープロダクツ 番外編

スポーツ車に取り付けるサイドスタンドです!
試しに名車「チェントウノ」に取り付けてみました。
カーボンバイク、それも10年前とはいいトップエンドのロードバイクに
取り付けるのは邪道?と思われるかもしれませんが、あえてその名車で
街乗りを楽しむって「素敵」ではないでしょうか?
遠くの街まで出かけて「素敵なカフェ」に入ろうとした時にサイクルラック
が設置されていなくてもサイドスタンドがあれば気軽に停める事が可能です!
f0367991_11201610.jpg

このサイドスタンドの素敵なところはリヤエンドへクィックレリーズで
簡単に取り付け(固定)られるです~
f0367991_11201446.jpg

という事は必要ない時は簡単に外す事が可能なのです。


私も大変に重宝しているアイテムなのです!
輪行サイクリングの時には、かなり役立っています~出先にある食堂や施設に
愛車を停める時にはもう「必需品」になのです!!!!


「チェントウノ」を使って、その取り付け方を紹介しましょう!


いろいろと使っていて「コツ」がある事を発見したので伝授したと思います!
まず、クィックレリーズの方向です~通常とは左右逆にしています。
これはサイドスタンドの脱着を容易にする為です~左右逆にしても大丈夫?と思われる
かもしれませんが・・・変速機側に操作レバーがくるので少々開閉しにくい程度で危険性
はないと思います~昔、MTB車のディスクブレーキ仕様でローターがブレーキングで高温
なって、手が触れない様に操作レバーを左右逆に取り付けるというテクニックを聞いた事が
あるので心配はないでしょう!?
f0367991_11201240.jpg

この時に注意するのはクィックレリーズのシャフトが「9mm」以上リヤエンドから出っ張って
いる事が必要です~この寸法以下ではサイドスタンドを取り付ける事ができません!
f0367991_11201038.jpg

次にサイクルスタンドの取付部に凹み部分があり、この内径より大きなナットは使用できません
ので注意して下さい~でも、社内にあるいろいろなナットを調べましたが使用できない物は
ありませんでした~みなさんも使用前にはちゃんと確認して下さいね!?
f0367991_11200819.jpg

ここでいきなり「裏技」です。
サイドスタンド本体を取り付けるアダプターがあるのですが、よく見ると小さな「イモネジ
が見えます~これは常時使用する物ではありませんが・・・
条件を満たせば、かなり有効な機能を持っているのです。
「チェントウノ」では運良く(?)使えたので紹介しましょう~
f0367991_11001792.jpg
f0367991_11001351.jpg
アダプターは本体の回転防止装置になっています、アダプターをリヤエンドに挿入して回転
方向を抑制する役目なのです。
リヤエンド(10mm幅)が若干広めの物があった時に「イモネジ」を回転させて突起させます。
こうするとリヤエンドとアダプターの隙間がなくなり回転方向の「ガタ」が減少するのです。
f0367991_11001171.jpg
ただしカーボン成形されたリヤエンドには多少のストレスが発生すると思いますので、使用は
オススメ出来ません。。。

あと「イモネジ」が当たる部分は垂直な壁である事が望ましいですね!

リヤエンドのスリットが「15mm」以上ある事にオススメする「裏技」です。
f0367991_11000592.jpgf0367991_11000796.jpg 
さて、「裏技」なしで基本的な取付手順を説明していきましょう。
クィックレリーズを左右逆にしてからサイドスタンド本体を取り付けるのですが、最初に
本体にあるボルト(4mmアーレンキー)を緩めておきます。
f0367991_11190506.jpg
先に書いたアダプターを固定している役目があります、リヤエンドのスリットにアダプターが
嵌る様に本体を取り付けましょう。
f0367991_11190278.jpg
ナットを付けて仮に固定するのですが、この時にスタンドの取付角度は垂直(90度)が基本ですが
若干内側にしておく方が安定します~
f0367991_11185998.jpgf0367991_11000028.jpg
この状態で先ほど緩めたボルト(4mmアーレンキー)を締めましょう!
スタンドの位置決めができたのでクィックレリーズをしっかりと固定し直して下さい。
f0367991_11003269.jpg
次の作業として、スタンドのレッグは回転させると長さ調節が簡単に行えます。
「チェントウノ」は700×23Cタイヤが装着してあり、このくらいの目盛でちょうど良いですね!?
タイヤの太さにもよりますが26~29インチまで対応しています。

リヤエンドへクィックレリーズで取り付けるサイドスタンドなので、フレームへ固定するタイプ
に比べ、固定力は若干劣ると考えられます。
しかしながら、他メーカーのリヤエンドへ取り付けるタイプに比べると格段に取り扱い易く
大変気に入っています~恒久的(毎日の通勤など)に使用するならフレームへ固定するタイプの方が
良いと思いますが一時期的(休日のサイクリングくらい)に使用するなら、このサイドスタンドは
最適なアイテムだといえますね!





More
by hattorisports2 | 2019-05-09 11:10 | 軽量おぢちゃん

Cento1NDR(チェントウノエヌディーアール)目線①

2019ウィリエールで注目モデルの一つ、「Cento1 NDR(チェントウノ エヌディーアール)」に乗れることになりました。
仕様はアルテグラDi2のハイドロディスクブレーキ、メカニックS氏とH氏が組み上げてくれました。
f0367991_14053095.jpg
早速100km(25km×2回+50km×1回)ほど乗りました。
最初の感想は~
カッチリしていて力が逃げない~早く走れそう!?
よく言われる「カタい」というやつか?
踏み込みに合わせてテンポよく進みます。
さらに後ろがスゴく落ち着いていて不快感が非常に少ない~以前にこのモデルに乗っていただいている某店長がおっしゃっていたのがコレか!?

よく進み、乗り心地が良いです。
今年はこのCento1NDR(チェントウノ エヌディーアール)でいろんなイベントに出てみようと思います。

Mt富士ヒルクライムとマウンテンサイクリングin乗鞍にエントリーしました!

3月は忙しく、ほぼ休みなしの状態!
26日から台湾出張へ行き、30日に帰国したところH氏から連絡が入り急遽大阪市内にあるショップのイベントで「淡路島一周」へ参加する事に
なりました・・・
31日早朝、昨日までの疲れが抜けないまま集合地点に向かう車のハンドルを握っていました~続きが後日

















@服部産業株式会社

by hattorisports2 | 2019-03-31 20:00 | Wilier(ウィリエール)

プロトタイプ④

プロトタイプ③をご覧になってからお読み下さい。

ダミー1号のフレームから、ダミー2号に進化しました。
フロントフォークはほぼ量産品に近いのですが、1割ほど重量を軽くする予定です。
このまま組み上げれば実際に乗る事ができるレベルの物です。
乗鞍で走ってみたい・・・と思えるほどの出来栄えです!
f0367991_16415373.jpg


一応、東京の展示会にも置いておくつもりです。(一般の方は展示会場へは入場出来ません~スミマセン)
結構軽く仕上がっております。
カーボンキラーが皆様の目の前に出現するのはいつになるでしょうか?

もう少しお待ちください。


@服部産業株式会社







by hattorisports2 | 2018-07-29 00:00 | 軽量おぢちゃん