タグ:2019モデル ( 3 ) タグの人気記事

2019 ウィリエール ニューモデル その⑦

ツールドフランスを走る為にリリースされた
「チェントディエチPRO(プロ)」です!

ディレクトエネルジーが出場する事になり現行のチェントディエチエアーを
軽く」するか?「硬く」するか?で開発が進み、ツール直前になって
硬く」する!に決まりました。

個人的には十分に「硬い」チェントディエチエアーなのですが、ツールに
出場するレベルのプロ選手は、より「硬い」を選んだのでしょうね?
選手の多くは「アラバルダ」(ハンドル+ステム一体型)ではなく、セパレート
タイプの「ステンマ+バッラ」を選択すると思われます。

普段のレースではチームカラーの「レッド」に塗られた「チェントディエチエアー」
に乗りますが、ツールではスペシャルカラーの「チェントディエチPRO(プロ)」で
走ります。

「チェントディエチPRO(プロ)」はディスクブレーキ仕様も用意されていて
ツールでも走る場面が見られるでしょう。
おかげで国内販売の時期が遅れてしまい、店頭に並ぶのは秋以降になる予定です。
暫くお待ちください。




@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2018-07-07 00:00 | 軽量おぢちゃん

2019 ウィリエール ニューモデル その⑥

実はガスタルデッロには兄貴分が存在するのです!

パイプの接合部がインターナルブレージングのガスタルデッロに対し
美しいフィレットブレージングで仕上げらているのが ガスタルデッロF なのです!
f0367991_15122034.jpg


フィレットブレージングというネーミングを聞くと、古くはリッチーの「P23 TEAM」
思い出します。美しい接合部は惚れ惚れしたものです~30年近く前のフレームですが~
当時からクロモリの最高級の仕上げ(証)だったと記憶します。

通常の接合後に、ロウを盛り付けてから滑らかになる様に削って仕上げるのは
走りが良くなったりするわけでもなく、反対に重量が増える加工なのですが
美しさを追求するという趣味性を満たすものだと言えるでしょう!?

個人的には「アルテグラ」グレード以上のパーツで組み上げてみたいですね。
新しいカンパニョーロのレコード(12速)なんか憧れてしまいます。

ガスタルデッロはレーシングモデルと言っておきながら「F」になると
ガラッと性格がかわって変わってしまうのです。


2019 ウィリエール ニューモデル その⑦は「チェントディエチ プロ」です。


@服部産業株式会社






[PR]
by hattorisports2 | 2018-07-01 08:00 | 軽量おぢちゃん

プロトタイプ③

前回よりずいぶん経ちましたが、少しだけ進化しました!
軽いアルミロードバイクを研究しています。
軽やかにヒルクライムを走り切れるのが目標です!
カーボンもいいけど、アルミのカチッとした硬さでスイスイと
坂を上る感触が堪らなく気に入っているのです。
昔はデダチャイの「U2」や「D7.9」で軽量バイクを作って
ヒルクライムに参加していました。
苦しい時にアンダーバーを握ってダンシングするってアルミの
性能を最大に引き出す必殺技だったんですよね!?(後で死ぬほどタレてしまうけど・・・)
f0367991_14393245.jpg

実測「6395g」です!!!
頑張れば5kg台も可能かな!?
f0367991_14393013.jpg


@服部産業株式会社






[PR]
by hattorisports2 | 2018-03-21 00:00 | 軽量おぢちゃん