人気ブログランキング |

タグ:服部産業 ( 378 ) タグの人気記事

服部産業サイクリング部(2冊目)


フェイスブックページはコチラ
イベントのご案内はコチラ




新着ブログ



f0367991_16561660.jpg

8月25日③

   Zero.7(ゼロセッテ)を軽くしていきます。

f0367991_16393168.jpg

8月25日②

   Zero.7(ゼロセッテ)を考える

No Images

8月25日①

   恒例のイベントへ








これまでの記事はコチラ
これまでの記事(~2018年12月)はコチラ

これまでのブログ → 服部産業株式会社サイクリング部














@服部産業株式会社

by hattorisports2 | 2020-07-01 00:00 | その他

国道310号線『金剛トンネル』で見かけたウィリエール

梅雨が明けるとイッキに気温が上がり、蒸し暑さもMaxなこの頃です。
少しでも涼しい時間に走りたいと、朝早くから走り出します。
早朝にも関わらず多くのライダーと遭遇します。
みんな考えることは同じですね!

本日は国道310号線、大阪と奈良の県境にある『金剛トンネル』で見かけたウィリエールを紹介します。

休憩をしていたところを強引に撮らせてもらいました。
グランツーリスモRのブラック/グリーンにお乗りの匿名希望さんです!
f0367991_16393168.jpg

このグランツーリスモRが初めて買ったロードバイクです。
この日は大阪側から上り、奈良側へ下り、上り返して新千早トンネルへ向かい
ロープウェイ乗り場まで行く予定との事。

乗り始めて5年になりますが、ようやくバイクに慣れてきたと言っていますが、これは違いますね。
ガッツリ乗っておられると思います。
8月末に行われるミドルディスタンスのトライアスロン珠洲(すず)に向けてトレーニング中です。
得意な種目はスイムだそうですが、バイクもランも頑張ってください!
f0367991_17003657.jpg

ご本人は恥ずかしいと後ろ姿です!


もう一方
チェント10(ディエチ)Airのスペシャルカラーのオーナー様です。
f0367991_17031260.jpg

下っている途中で見かけて急いでUターンし、追いかけ、頂上付近で追いつき写真だけいただきました。
下りですれ違っても、すぐにわかるぐらい目立ってました。
名物社員キタさんと、以前にグアムロングライドで一緒に走ったそうです。
これからも楽しんで走ってください!

ウィリエールを見掛けたら強引に追いかけて、声をかけさせていただきます。
嫌なら全力で逃げてね124.png


















@服部産業株式会社
by hattorisports2 | 2019-08-05 00:00 | 私たちの出会ったウィリエール

2020 ウィリエール ニューモデル⑩

2020モデルでオススメなアルミバイク~
モンテ 4(クワトロ)」の(マット)ブラック×イエローです!(限定色)

今まではフロントフォークが違う物をインストールしていた画像しか
アップしていなかったので純正デザインを紹介するのは初めてになります。
f0367991_11023796.jpg

アッセンブリーも富士山スペシャルだったので、販売モデル(R7000)で組み上げた
のも初めてなのです。
ペダルレス、画像の状態で8.2kg台で仕上がっています。(Sサイズ)
量産ベースでは多少の誤差が出ると思いますが大きく変わる事はないでしょうね?
ただエントリーモデルのホイール&タイヤでこの重量なのですから、ちょっと
良いホイールセットにモディファイすれば7kg台はすぐに実現するはずです。
期待するところ~
今までのアルミモデルと違うところはヘッドのベアリングで下側が「1-1/4」から
「1-1/2」へ、BB規格が「BSCねじ切り」から「シマノ・プレスフィット」へ
モディファイされているところです。
f0367991_11023583.jpg

カラーリングを決めるうえでモチーフにしたのが
チェントウノスーパーレッジェーラ ペッタキカラーだったのです。
シートチューブの「4」にフロントディレイラーのバンドが重なってしまい
残念感はありますが、スーパーレッジェーラでもインテグラルシートの
文字がシートマストで隠れる寸法の時もあったので・・・引き分けかな?
f0367991_11023185.jpg



@服部産業サイクリング部





More
by hattorisports2 | 2019-07-22 12:30 | 軽量おぢちゃん

HTRのニュープロダクツ テスト編 ③


新しく取り扱う予定のロードバイク用のタイヤで走行しています~累計で2500kmを超えました。
ここで前後のローテーションを行ったところです。
画像は前(フロント)なのですが後(リヤ)に嵌めていたものを付け替えたものです。
まだラウンド形状が残っているのが目視できますネ。
普通なら先端が平らになってきてもおかしくない距離を走っているのですが・・・
ゴム質が硬いンじゃない?と思われるかもしれませんが、反対にグリップ力がある柔らかめ(?)
と思えるコンパウンドなのです~
耐摩耗に優れたソフトコンパウンドと言っておきましょうか?
f0367991_09205132.jpg

傷に強い~と思えます。
この距離を走っていて目立つ傷はこれくらい。
f0367991_09204904.jpg

こちらは前を後へ付け替えたものです。
大きな傷がついていますが、後へ取り付けてからついたものです~
つい最近の話になりますが!?
f0367991_09204752.jpg

これだけ大きな傷だと、その部分だけ膨らんでしまう事もありますが大丈夫でした。

「雨の日」も通勤で使いグリップ力の高さには満足しています。
ただ「ソフト」過ぎるコンパウンドのおかげか高速域(40km/hオーバー)で抵抗を
感じるところがあります。
通勤では30km/h走行が中心になるから不都合は感じられませんでした。
十三峠の下りではかなり安定したコーナーリングができて気に入っています。
(大阪と奈良を結ぶ、激坂の峠です)
f0367991_09204557.jpg

このタイヤでの走行はここまでです~次回からはハードタイプのコンパウンドを
使ったタイヤで走ります。





@服部産業サイクリング部





by hattorisports2 | 2019-07-20 10:20 | 軽量おぢちゃん

リッチーのボトルケージ

リッチーからステンレス製のモダンデザインなボトルケージが入荷しました。
モデル名は「クラシックボトルケージ」。
創設時から多くの金属フレーム・パーツを手掛けてきたリッチーの自信と誇りを冠したモデル名です。
(グー〇ル先生検索によるとクラシックには"一流の"という意味があるそうです。)

f0367991_18072967.jpg







































この商品の嬉しい点は頭の低いボルトが付属しているんですね~。
バイクに付属しているボルトの中には頭の大きい「なべ」型があるのですが、それだとボトルに擦れて傷つく場合があります。
ボトルケージ+相性のいいボルトがセットになっっている細かい気配りができた商品なのです~。
f0367991_16390585.jpg


























クロモリロードに相性抜群はもちろんですが、私的には様々なバイクにも似合うのでは?と思っています。
てことで身近にあるバイクに取付けてみました。


まずはトラディショナルな「ザフィーロ」
f0367991_16405877.jpg


























オーバーチュービングのクロモリロード「ガスタルデッロ フィレット」
f0367991_16424413.jpg


























先輩の軽量バイク「Zero7」
f0367991_16443514.jpg




























エアロデザインの「Cento10 Air」
f0367991_16455950.jpg


























少し細身なカーボンロード「595」
f0367991_16473194.jpg



























アルミロード「CAAD10」
f0367991_16484146.jpg

























個人的にはどれにも相性ばっちりですが皆さんはいかがでしょうか?





{余談}

ボトルの抜き差しの固さを知りたくなったので、手持ちの物で試してみました。
f0367991_16522083.jpg







































どのボトルも「固くて抜き差し無理」ということはなく、適度なホールド感(走行中にボトルが勝手に発射されることはなさそう)でした。
















@服部産業株式会社
by hattorisports2 | 2019-07-18 00:00 | 平ぱ~兄さん日記

HTRのニュープロダクツ テスト編 ②


再来月の話になりますが、大台ケ原ヒルクライムに参加します~
エントリーはマウンテンバイククラスになります、激坂なコースなので
軽いギヤ比がついているマウンテンバイクで走る方が有利(?)なのでは
と思い、数年前にロードバイククラスから変更したというわけです。

現在使用しているタイヤがすり減ってきたので新しい物に交換します。
今から慣らし運転しておくわけですね~
26インチのタイヤは入手困難になってきました。
そろそろ「27.5」や、「29」にした方が良さそう?
f0367991_10564170.jpg

よく見ると、タイヤのノブがすべてカットしているのが分かりますね~
頑張りました、500個くらいの突起物をニッパーでカットするのは
至難の業です~1台で2本のタイヤを使うので1000回カットするのは
気の遠くなる作業です?
カタログ値380gでありながら実測410gには驚かされましたが、これで
394gまで軽量化できました。。。。。
f0367991_10563817.jpg


これで500kmくらい走って切り口を滑らかにしていきます。
300gを切る様な軽量タイヤがありますが、ぺらっぺらに薄くて
ノブを切っている最中に切りすぎてトレッドの下のコードが見える
事も多々あります~走るとふわふわ感があり空気圧を上げすぎると
バーストするリスクもあります(規定を超えての話ですが・・・)
今までの経験で400gを切るくらいで4Barで走れるくらいのタイヤが
転がり抵抗にも優れていて軽さの恩恵があり上りでのタイムアップに
つながると考えています。


@服部産業サイクリング部



目指すは90分切りです!

by hattorisports2 | 2019-07-17 11:30 | 軽量おぢちゃん

HTRのニュープロダクツ 番外編 ⑦

HTRのニュープロダクツ 番外編 ⑥ からお読みください。
サイドスタンドをロードエンドに取付けます。

最近は見かけなくなりましたね!?昔はクロモリロードフレームといえば
ロードエンド(逆爪)が標準、現在はストレートエンドが主流になりました!
カンパニューロのショートエンドは格好良かった~
影響をうけて色々なメーカーが同形状の製品をリリースしていましたね!?
f0367991_13145405.jpg

サンツアーの「シュパーブプロエンド」です。
f0367991_13145208.jpg

元祖!「カンパニューロのショートエンド」です~
f0367991_13144968.jpg

個人的にはシマノの「UFエンド」が好きでした~
f0367991_13144642.jpg

それでは早速取り付けてみましょうか。
f0367991_13144387.jpg

さて、爪(ツメ)の角度に合わせて回転止めを取り付けるとスタンド本体に対して
あさっての方を向いてしまいます。スタンド本体を正常な角度に取付けると
穴位置はかなりズレてしまいます。
さて、そうしたものでしょうか?????
f0367991_13144083.jpg

裏技的な方法なんですけど、コレならなんとか使えそうだった
ので紹介いたします。
まず、回転止めの金具についているボルトを取り去ってからイモネジも
外します。
f0367991_13143707.jpg

次に外した「イモネジ」を、ボルトを外したねじ穴へ裏からねじ込む
のです~反対側に出っ張らない程度にしておいて下さい。
f0367991_13143535.jpg

スタンド本体をフレームに取付けた後に裏側から「イモネジ」を回します。
f0367991_13143215.jpg

「イモネジ」をスタンド本体に圧着させるのです。
キツ過ぎてもユル過ぎてもダメです~加減が難しいところで・・・
スタンドを軽く操作しても動かない程度ですね~
キツく締め込みすぎるとスタンド本体がフレームから浮いてしまい
肝心の固定力が低下しますので注意ください~
f0367991_13142817.jpg

「イモネジ」をスタンド本体へ十分密着させるためには少しスタンドは
前寄りになりました。
f0367991_13153970.jpg

「イモネジ」をスタンド本体に圧着(密着)させるので画像の様に傷がついて
しまいますので、ご了承下さい。
f0367991_13153753.jpg

「イモネジ」を締め込むのには先が短いアーレンキーが必要になります。
~画像下側~
f0367991_13153556.jpg

今回は「HOZAN」のW-113を使用しました。
f0367991_13153417.jpg




@服部産業サイクリング部




雨天時の通勤バイクがロードエンド(逆爪)なので、この方法を使って取り付けて
みようと思っています。会社の帰り道で買い物するのに役立ちそうな気がします~


More
by hattorisports2 | 2019-07-16 14:00 | 軽量おぢちゃん

今日のお仕事(息抜き)③


某すぴーどぷれいのクリートです。
イエローの部分が削れているのが目視できます。
f0367991_09195576.jpg

これはペダルシャフトにこすれて減ってしまったのです。
ペダリングが悪いのか?
かなり靴底が内側に傾かなければ削れませんよね?
結構材質が柔らかいようで・・・
これ以上傾いたままでのペダリングは良くないと思っております~
f0367991_09195238.jpg

今回はこの部分の修復を行います~
#400ほどのサンドペーパーで修復する表面を仕上げます。
f0367991_09194897.jpg

ここで用意するのが「プラ板」です~(シューズ手前の白い板状のものです)
今回は0.5mm厚のABS樹脂を使います、模型屋さんで容易に入手できます。
f0367991_09194666.jpg

適当な大きさに切り離して使います~
f0367991_09194177.jpg

黄色い部分に「プラ板」を接着するのですが、使うのは100均一で買ってきた
瞬間接着剤でOK~模型屋で買ってきた促進剤も使います~これが結構役に立つのです!
f0367991_09210339.jpg

削れた部分に合わせて「プラ板」を少し曲げます。
折り目がつかない様に注意してくださいませ~
f0367991_09210120.jpg

接着が行えたらヤスリで仕上げていきます。
f0367991_09205956.jpg

最初はザクっと削って行きましょう!
f0367991_09205788.jpg

いっぺんに削らずに少しずつ慎重にやりましょう。
ある程度作業が進んだら細かいヤスリに変えて仕上げるのがコツです。
f0367991_09205565.jpg

見せる部分ではないのでこれくらいになったら終了です。
また使っているうちに削れてくるから何回でも修復しますが・・・
クリートにも寿命があるので、本当は新品へ交換するのが宜しいと
思っております。
f0367991_09205302.jpg
暫くはこれで傾きを抑制できるのではないでしょうか?

次に出る予定のイベントは8月25日の「乗鞍」です。
昨年よりタイムを縮めたところ!
バイクは何にするか?
間に合えば「Monte 4」に乗りたいですねぇ~
ホイールはカーボンチューブラーの加速感が気に入っています~
ユニパーカーボンを選択するかも?


@woicyan





by hattorisports2 | 2019-07-11 11:30 | 軽量おぢちゃん

今日のお仕事(息抜き)②

ペダルを踏みこむと「パキン!」と音がする~
ハブのメンテナンスを施しても直らない?
最初はフリー本体のツメが滑っているのかと思っていました。
色々とやったあげく「チェーン」の交換をする事に・・・
チェーンチェッカーで測定しても伸びている様な数値はでなかったのだが。。。
f0367991_19262151.jpg

ミッシングリンクを見て驚き!
ピンが摩耗~こんなのを見たのは初めて・・・
そういえば今年に入って交換していなかったっけ?
去年はいつ交換したのであろうか?
何km走ったらこういう状態になるのだろうか?
「パキン!」音は無くなりました、解決!
f0367991_19261570.jpg




@服部産業サイクリング部





by hattorisports2 | 2019-07-10 00:00 | 軽量おぢちゃん

HTRのニュープロダクツ 番外編 ⑥

以前から紹介している「サイドスタンド」です。
スポーツ車に取付けるのは?って少し抵抗がある意見を時々耳にします。
しかしながら一度使うと「超便利!」反対に外せなくなってしまうのですが・・・
スタンド=軟弱、ママチャリ、格好悪い~というイメージがあるようで~
という事でもう少し外観を考えてみようとクィックレリーズのナットを工夫してみました。
f0367991_19263715.jpg

みなさんに見せたら「格好良い!」とお褒めの言葉を頂きました~超嬉しい!
これ一個のモディファイだけでかなり印象が変わってくるのです。
まだまだ企画段階で商品化はいつになる事やら????
f0367991_19263186.jpg

次回はロードエンドに取付ける事は可能か?を書きます。



@服部産業サイクリング部




つづく。

by hattorisports2 | 2019-07-09 00:00 | 軽量おぢちゃん