タグ:リッチー ( 11 ) タグの人気記事

Ritchey 2018 4-AXIS ステム

Ritchey(リッチー)は、マウンテンバイク創始者の一人であり、元ロードレーサーでもあるトム・リッチーが興したブランドです。
自らのアイデアで開発・テストして生産される製品は、フレームからコンポーネントまで、多くのチームに供給され、多くの国々で愛用されています。
その品質の高さから、弊社ではウィリエールの完成車にも採用しています。

グレード紹介
スーパーロジック:最先端のカーボン技術を使い、強さ、軽さを備えたリッチーの誇る最高グレード。
WCS(カーボン、アルミ):WCS=ワールドチャンピオンシリーズというネーミング通り、レースを戦う人たちのためのグレード。
コンプ:より多くの人たちにリッチーの性能を体感していただきたいという思いから設けられたグレード。

(本国サイトhttps://ritcheylogic.com/
(ラインナップはコチラ



4-AXIS
(フォーアクシス)
リッチーのベーシックなステムです。
84°:60mm~130mmまでを用意しています。
60°:短いサイズかつ深い角度はノーマルバイクをブルホーンバー+クリップオン仕様にする際にポジション調整の幅が広がります。
アジャスタブル:±50°まで調整可能な可変式のステムです。アップライドから深いポジション出しまでひとつのステムで調整可能です。



COMP 4-AXIS
(コンプフォーアクシス)

アルミ
角度:84°
クランプ径:31.8mm
コラム径:1-1/8
サイズ:60-70-80-90-100-110-120-130
価格:5,200円(税別)
f0367991_17090640.jpg




アルミ
角度:60°
クランプ径:31.8mm
コラム径:1-1/8
サイズ:60-70-80-90
価格:5,200円(税別)
f0367991_17090685.jpg





アルミ
角度:アジャスタブル
クランプ径:31.8mm
コラム径:1-1/8
サイズ:90
価格:6,500円(税別)
f0367991_17090618.jpg













@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2018-05-18 20:00 | Ritchey(リッチー)

Ritchey 2018 C220 ステム

Ritchey(リッチー)は、マウンテンバイク創始者の一人であり、元ロードレーサーでもあるトム・リッチーが興したブランドです。
自らのアイデアで開発・テストして生産される製品は、フレームからコンポーネントまで、多くのチームに供給され、多くの国々で愛用されています。
その品質の高さから、弊社ではウィリエールの完成車にも採用しています。

グレード紹介
スーパーロジック:最先端のカーボン技術を使い、強さ、軽さを備えたリッチーの誇る最高グレード。
WCS(カーボン、アルミ):WCS=ワールドチャンピオンシリーズというネーミング通り、レースを戦う人たちのためのグレード。
コンプ:より多くの人たちにリッチーの性能を体感していただきたいという思いから設けられたグレード。

(本国サイトhttps://ritcheylogic.com/
(ラインナップはコチラ



C220
(シーニヒャクニジュウ)
クランプを巻き込んでかかる力をより均一にするコンセプトと、使い勝手を両立したレーシングモデル
70mm~120mmとサイズが豊富で、シルバー仕上げのクラシックもあります。



WCSアルミ C220
(ダブルシーエスアルミ シーニヒャクニジュウ)

アルミ
角度:84° / 73°
クランプ径:31.8mm
コラム径:1-1/8
サイズ:70-80-90-100-110-120
価格:13,000円(税別)
f0367991_19023577.jpg

f0367991_19023957.jpg




クラシック C220
(クラシック シーニヒャクニジュウ)

アルミ
角度:84°
クランプ径:31.8mm
コラム径:1-1/8
サイズ:70-80-90-100-110-120
価格:9,500円(税別)
f0367991_19024284.jpg
















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2018-05-11 20:00 | Ritchey(リッチー)

Ritchey 2018 C260 ステム

Ritchey(リッチー)は、マウンテンバイク創始者の一人であり、元ロードレーサーでもあるトム・リッチーが興したブランドです。
自らのアイデアで開発・テストして生産される製品は、フレームからコンポーネントまで、多くのチームに供給され、多くの国々で愛用されています。
その品質の高さから、弊社ではウィリエールの完成車にも採用しています。

グレード紹介
スーパーロジック:最先端のカーボン技術を使い、強さ、軽さを備えたリッチーの誇る最高グレード。
WCS(カーボン、アルミ):WCS=ワールドチャンピオンシリーズというネーミング通り、レースを戦う人たちのためのグレード。
コンプ:より多くの人たちにリッチーの性能を体感していただきたいという思いから設けられたグレード。

(本国サイトhttps://ritcheylogic.com/
(ラインナップはコチラ



C260
(シーニヒャクロクジュウ)
より均一に力が加わるように、クランプを260°巻き込むように設計されています。
ステム角は65°を用意しました。



WCSアルミ C260
(ダブルシーエスアルミ シーニヒャクロクジュウ)

アルミ
角度:65°
クランプ径:31.8mm
コラム径:1-1/8
サイズ:80-90-100-110-120
価格:13,000円(税別)
f0367991_18035678.jpg



















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2018-05-07 20:00 | Ritchey(リッチー)

グランツーリズモRチーム目線~WCSエヴォカーブ

使ってみたいパーツがあったので、久しぶりにグランツーリズモRチームに乗り換えます。
リッチーのハンドルバー「WSCエヴォカーブ」です。
f0367991_18463528.jpg

アップバーが扁平していて、バックスウィープ(手前方向にカーブ)しています。
脇が締まりやすく手首も自然な位置になるので、力を入れやすいです。
特に登りでは活躍してくれそうです!

f0367991_18465737.jpg

f0367991_18470557.jpg

バーテープはプロロゴのサンプル品を使ってみます。


リッチーの商品はコチラも参照ください。
(一部は準備中)

















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2018-04-16 20:00 | Ritchey(リッチー)

Ritchey 2018 CURVE(カーブ)ハンドル

Ritchey(リッチー)は、マウンテンバイク創始者の一人であり、元ロードレーサーでもあるトム・リッチーが興したブランドです。
自らのアイデアで開発・テストして生産される製品は、フレームからコンポーネントまで、多くのチームに供給され、多くの国々で愛用されています。
その品質の高さから、弊社ではウィリエールの完成車にも採用しています。

グレード紹介
スーパーロジック:最先端のカーボン技術を使い、強さ、軽さを備えたリッチーの誇る最高グレード。
WCS(カーボン、アルミ):WCS=ワールドチャンピオンシリーズというネーミング通り、レースを戦う人たちのためのグレード。
コンプ:より多くの人たちにリッチーの性能を体感していただきたいという思いから設けられたグレード。

(本国サイトhttps://ritcheylogic.com/
(ラインナップはコチラ



CURVE
(カーブ)
シャローデザインの決定版。
現代のハンドルの基本的な形で、緩やかに曲がるハンドル形状、ショートリーチ、ショートドロップ。
日本で組み立てるウィリエールのバイクには、ほぼ100%採用しています。



WCS ALUMI CURVE
(ダブルシーエス アルミ カーブ)

アルミ
サイズ:380-400-420
重量:235g(420)
リーチ:73mm
ドロップ:128mm
価格:14,000円(税別)
f0367991_11540934.jpg




COMP CURVE
(コンプ カーブ)

サイズ:380-400-420-440
重量:300g(420)
リーチ:73mm
ドロップ:128mm
価格:5,200円(税別)
f0367991_11541148.jpg


















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2018-01-03 23:59 | Ritchey(リッチー)

Ritchey 2018 EVO CURVE(エボカーブ)ハンドル

Ritchey(リッチー)は、マウンテンバイク創始者の一人であり、元ロードレーサーでもあるトム・リッチーが興したブランドです。
自らのアイデアで開発・テストして生産される製品は、フレームからコンポーネントまで、多くのチームに供給され、多くの国々で愛用されています。
その品質の高さから、弊社ではウィリエールの完成車にも採用しています。

グレード紹介
スーパーロジック:最先端のカーボン技術を使い、強さ、軽さを備えたリッチーの誇る最高グレード。
WCS(カーボン、アルミ):WCS=ワールドチャンピオンシリーズというネーミング通り、レースを戦う人たちのためのグレード。
コンプ:より多くの人たちにリッチーの性能を体感していただきたいという思いから設けられたグレード。

(本国サイトhttps://ritcheylogic.com/
(ラインナップはコチラ



EVO CURVE
(エボカーブ)
アッパー部は扁平加工され、さらにバックスウィープしているので、軽く握るだけで脇が締まり、上半身が安定します。
一度手にすると使い続けたくなるハンドルです。



SUPER LOGIC EVO CURVE
(スーパーロジック エボカーブ)

カーボン
サイズ:380-400-420
重量:195g(420サイズ)
リーチ:80mm(380サイズは75mm)
ドロップ:130mm
バックスウィープ:4°
価格:48,000円(税別)
f0367991_11324288.jpg





WCS ALUMI EVO CURVE
(ダブルシーエス アルミ エボカーブ)

アルミ
サイズ:380-400-420
重量:253g(420)
リーチ:83mm
ドロップ:128mm
バックスウィープ:4°
価格:14,000円(税別)
f0367991_11324629.jpg




COMP EVO CURVE
(コンプ エボカーブ)

アルミ
サイズ:380-400-420-440
重量:330g(420)
リーチ:83mm
ドロップ:128mm
バックスウィープ:4°
価格:6,300円(税別)
f0367991_11325043.jpg














@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2018-01-02 23:59 | Ritchey(リッチー)

2018 リッチー商品一覧

ハンドル

EVO CURVE(エボカーブ)
http://htrsp2.exblog.jp/29072001/

CURVE(カーブ)
http://htrsp2.exblog.jp/29073425/

NEO CLASSIC(ネオクラシック)
http://htrsp2.exblog.jp/29107351/



ステム

C260(シーニヒャクロクジュウ)
■C260      [65°]
https://htrsp2.exblog.jp/29772519/

C220(シーニヒャクニジュウ)
■C220      [84°][73°]
■C220クラシック [84°]
準備中

4-AXIS(フォーアクシス)
■4-AXIS  [84°][30°]
■4-AXIS  アジャスタブル
準備中



シートポスト

LINK(リンク)
準備中

2-BOLT(ツーボルト)
準備中


















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2018-01-01 12:00 | Ritchey(リッチー)

リッチーパーツ②

リッチー社の「WCS」カーボンスペーサーが再入荷しました。
10mmは2枚入り、5mmは5枚入りです。
初回分は入荷するとすぐに売り切れてしまった超人気商品です!
f0367991_11352263.jpgf0367991_11353030.jpg

アルミ製に比べるとかなり軽量です。
f0367991_11351567.jpgf0367991_11350685.jpg

新形状になったスペーサーは内側に肉抜きが施されているので、もしかしたら世界最軽量かもしれませんね?
f0367991_11345808.jpgf0367991_11345010.jpg

ウィリエールの完成車には10mmが2枚、5mmが2枚装備されているのでカーボン製のWCSに
交換すると13.8g」も軽量化されます!!!!!
いかがでしょうか?
f0367991_11344283.jpgf0367991_11343515.jpg



@服部産業株式会社







[PR]
by hattorisports2 | 2017-12-28 11:46 | Ritchey(リッチー)

リッチーパーツ①

服部産業(株)でも2018年度から「リッチー」パーツを販売しております。
ウィリエール完成車にスペックしておりましたところパーツ単体の販売要望が多々あり
取り扱う事になりました。

結構、人気があるのが角度付きステムです。
ノーマルは6度アップ~より深いポジションを出したい時は通常17度を使うと思いますが
それより深いポジションを要望される時に~30度ステムの設定があります。
他メーカーではなかなか見かけませんね!
COMP(コンプ) 4-AXIS(フォーアクシス)30度ステム
長さは60~90mm(10mm刻み)になっております。
税抜価格5200円
f0367991_13051769.jpg

もっと深いポジションを出したいのであれば、可変式のステムもあります!
痒い所に手が届く~「リッチー」パーツはいかがですか?
COMP(コンプ) 4-AXIS(フォーアクシス)アジャスタブルステム
長さは90mmのみになっております。+55度から-55度まで段階的に調節できます。
税抜価格6500円
f0367991_13053243.jpg

どんな時に使うのか、お買い上げいただいた小売店に訊いたところ
「ジュニアロード」や「トライアスロン(TTバー)」、他にもいろいろあると思います。


@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2017-10-24 00:00 | Ritchey(リッチー)

ユニパー新製品『片側曲面ワッシャー』③



「ユニパーのチタンボルトにして何か良いことがあるの?」
今回は「見た目」について触れていきます。
数あるチタンボルトの中でなぜユニパー製チタンボルトをオススメするのか。
それは細部にまでこだわった造りがされているからです。
素材はTi-6AI-4Vという高強度なチタン合金を採用しています(俗にいう64チタンです)。
ん?強度に優れているということは・・・?  
そうです!加工は困難になりますが肉薄にすることが可能なのです(だから軽いのです)!!
通常のチタンボルトとユニパー製チタンボルトを見比べてみましょう。

f0367991_23362606.jpg
f0367991_23364192.jpg














   






  
    よく見かける形状のチタンボルト                ユニパー製チタンボルト



よく見かける形状のチタンボルトは頭部分がテーパー状になっています。
一方、ユニパー製チタンボルトはPWフランジというデザインであり、頭部分が削り込まれて富士山のような形状をしているのです。
PWフランジデザインとはPALATINA-WORKSデザインの略称。PALATINA-WORKSとはユニパーブランドを造っている会社なのです。
つまりこの形状はPALATINA-WORKSが軽量化を目指す中で誕生させたオリジナル形状なのです。
1g、0.1gでも軽くするためなら手間は惜しまない。ユニパーの「愛と情熱」を感じ取れる製品ですね。
小さなボルトでも存在感はしっかりと主張し、ステムに取り付けても陰に埋もれることはありません。
単品だけで見てもカッコいいですね!!
WCS-C220の黒いクロモリボルトをユニパー製チタンボルトに交換してカッコ良さを際立たせましょう!!




f0367991_23571759.jpg
f0367991_23573970.jpg


















    純正ボルトの場合                  ユニパー製チタンボルトの場合





f0367991_00225309.jpg
f0367991_00241511.jpg

       




































       純正ボルトの場合                    ユニパー製チタンボルトの場合

チタンボルトにすると、チタン特有の若干くすんだ輝きによって高級感が演出されます。
さらにユニパー製チタンボルトはPWフランジデザインのおかげで、よりスタイリッシュな装いになっていますね。

「たかがボルトを数本変えたくらいで・・・。」
そう思う方もいるかもしれません。
しかし、真にカッコいいバイク・美しいバイクを完成させるためには細部にわたるモデファイは必要です。
人を魅了させるフィギアスケーターは指先にまで気を使い身体全体で表現をしますよね。
だからこそ、私たちはその人たちの全身全霊の演技を観て感動できるのです。
これは、こだわりをもって組み立てるロードバイクにも通ずるところはあるのではないでしょうか?
皆様の愛車をよりお気に入りの一台に仕上げるために役立つ製品となれば幸いです・・・。


続く・・・


補足
この記事の写真を撮る最中に手持ちの3Tのチタンボルト(旧型タイプ)をWCS-C220ステムに取り付けてみようと試みましたが不可能でした。
ボルトの頭部分とフェイスプレートがねじをある程度締めこむと干渉してしまいました。
f0367991_18071445.jpg





























ユニパー新製品『片側曲面ワッシャー』①のリンクはコチラ
ユニパー新製品『片側曲面ワッシャー』②のリンクはコチラ
ユニパー新製品『片側曲面ワッシャー』④のリンクはこちら















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2016-11-18 20:00 | Yuniper(ユニパー)