タグ:ユニパー ( 37 ) タグの人気記事

ユニパーの新しいパーツ②

フランジタイプの軽量リヤハブです。
今までストレートスポークタイプのハブしか展開していませんでしたが
ベントスポークで組み立てられるタイプがリリースされました!
画像はカンパ用ですが、もちろんシマノ用もあります。
f0367991_14401179.jpg



超軽量で実測「189g」!
手持ちのドイツ製「TUNE」より軽いではありませんか~

今回入荷分は24Hで、なんと「2:1アレンジメント」タイプ。
24Hのリム(スポークホールが真下にあいている)なら手組みで
2:1ホイールを容易に組み立てる事ができます!!!!
f0367991_14401571.jpg
注意点はスポーク長さの計算が少し難しいのと
ノンドライブ側のスポークは出来ればベント部が
2mmではなく2.2mmか2.3mmのものをオススメ
します~スポーク折れのリスクを減らすためです。

後日、試乗用を組み立ててみようと思います。





@服部産業株式会社







[PR]
by hattorisports2 | 2018-04-02 00:00 | Yuniper(ユニパー)

ユニパーの新しいパーツ①

Φ31.8サイズのアルミ軽量シートクランプです。
ブラックとレッドが少量入荷しました。(画像左)
従来のタイプより格好良く(?)なっています!(画像右は従来品)
f0367991_13000686.jpgf0367991_13000494.jpg

重量は若干重くなっていますが、その分取り扱いが容易になっていると思います。
f0367991_12595962.jpgf0367991_13000172.jpg
超軽量な従来品はオーバートルクで長時間使用し続けると耐久性が劣ります。
フレームとシートポストの勘合が少しでも「ルーズ」な時は使用を控えた方が
宜しいですね!?

新しいタイプは肉厚も増えてそのあたりの管理が「楽」だと思います。

通勤や練習で乗っている「ゼロセッテ」には従来品を使用していますが
「ゼロノヴェ」には新しいタイプを使用する予定です!



@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2018-04-01 00:00 | Yuniper(ユニパー)

シクロクロス観戦記

2月12日大阪の柏原市で「柏原シクロクロス」が開催されました!
南河内の自転車乗りにはおなじみ?のリビエールホール前の大和川河川敷です。
家から25㎞のと比較的近い場所での開催なので自転車でふらっといきます。
っとお思いきや、朝目覚めると辺りは銀世界!!
f0367991_17044617.jpg
あきらめようかとも思いましたが、ここは「ジャルーン」の本領発揮!と思い空気を2気圧まで下げ、
2時間を予定して出発。
f0367991_17081033.jpg
家からの下りは歩道をゆっくり走ります。こんな日は自分がこけなくても車が突っ込んでくる可能性があるので用心に越したことはないでしょう!(1㎞程の下りで車が4台ほどスタックしてました)
自分も2度ほどヒヤリ!としましたが坂を下りきると車道の雪は少なくなり、何とか走れる状態に。
f0367991_17150719.jpg
会場は雪が残り寒風吹き荒れる、まさにシクロクロス日和!
土手からは全体が見渡せるコースなので、観客だけでなく散歩などしている人たちも興味津々で見ていました。
f0367991_08525164.jpg
いつもレポートをいただいている「らりるれさん」は
「HTR」のハイブリッドハイドロリックディスクブレーキ&「ユニパー」の軽量ホイールバイクで
カテゴリーCM2を激走します!
前回シードをとれたので2列目からのスタート!
気温は4度ですが風が強くスタート直前ですが寒そうです。
f0367991_17192172.jpg
漕ぐ~!
f0367991_17213112.jpg
押す~!ここは担いで走る方が早いが体力が…
f0367991_17221999.jpg
担いで飛ぶ~!
f0367991_17231166.jpg
そしてドロドロ~!これがシクロクロスの醍醐味!!です。
らりるれさんは2月18日香川で行われるさぬきシクロ善通寺大会にも参加予定です。

今回ウィリエールは見かけなかった。残念⤵

和歌山の勝浦にあるウィリエール販売店の店長「柴原」さんは見事CM3で2位に入りました。
f0367991_17295498.jpg
4戦目にしてCM2に昇格です!来シーズンは是非ウィリエールで参加してほしいものです!!

いつもは昼に帰りますが、今日は平ぱー兄さんと一緒に最高カテゴリーC1を少し観戦しました。
f0367991_17342788.jpg
スタートから小坂光選手と竹之内悠選手の一騎打ち?さすがに日本のトップ選手ですね。
信じられない速さで難しいセクションをこなしていきます!
f0367991_17391364.jpg
今シーズン関西でシクロクロスは終わりです。
来シーズンは30分の地獄に挑戦!?かなぁ…



















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2018-02-15 00:00 | Yuniper(ユニパー)

ユニパー「アルミライト・ホイール」

ユニパーの「アルミライト・ホイール」を組み立てます。
2018年になって初めてです~
ハブを分解してからスポークを通して、再び組み上げます。
幾つかの専用工具は自社で作成しています~
f0367991_15501331.jpg


1本、1本手組みで作成していますので、時間がかかるのです?
組み上がった精度はマスプロメーカーのモノに比べるとかなり高くなっていると思います。
ギリギリの重量(軽量化)を狙っているので、取り扱いには注意が必要ですね、また耐久性
に関しても通常品に比べると劣るので「何でも来い」というモノではありません。
f0367991_15502549.jpg


しかし、軽さは一級品(?)リムテープは付いていませんが前後で「1251g」に仕上がっています!(個体差はありますが)
リヤホイールは特別仕様の「2:1アレンジメント」にしました。
ノンドライブ側のスポークが8本なので、かなりシビアになっていて横方向の馴染みを出すのが「アルミエアロ」に比べると
倍の時間がかかりました。(リムが軽いと組み上げるのが難しくなります)
f0367991_15503205.jpgf0367991_15501967.jpg



ちなみに体重は65kgまでのライダーにオススメしています(体重制限)



@服部産業株式会社









[PR]
by hattorisports2 | 2018-02-04 00:00 | 軽量おぢちゃん

関西シクロクロス参戦記2017~2018

関西シクロクロス2017-18シリーズ
「らりるれさん」のレポートです。
今シーズンは、ユニパーホイールHTRディスクブレーキで参戦しています。

第1戦 10月29日 大阪府泉佐野市 りんくう
台風接近の為、朝3レース終了後 以降のレース中止となりました。




第2戦 11月5日 和歌山県紀ノ川市 打田運動公園
初開催となった和歌山県紀の川市。河川敷で真っ平ら、路面はデコボコしているため、意外とタフなコース。
前回とは打って変わり快晴となった。
今季からスタートグリットは、上位16名だけがシードされて残りは、ランダムに抽選で決まるシステムとなり、前回25位の私は、シード権が無く、抽選の結果62番目となり、昨年までのシステムだと3~4列目が7~8列目となり非常に不利になりました。
出走78名と多く、スタート直後に落車発生!私は、止まれましたが少ない後ろから突っ込まれて、寄りかかれて、再スタートに時間がかかりました。
何とか、追い上げましたが、35位トップから+2:41 44%でフィニッシュ。また、シード権は取れませんでしたが、残留基準ポイント1つは獲得できました。
f0367991_07325962.jpg
f0367991_07325076.jpg
f0367991_07324398.jpg
第3戦 11月19日 滋賀県高島市 マキノ高原
毎年マキノスキー場で行われるUCIクラス2・JCX第6戦。
当日は雨や雹、ときおり晴れ間を見せて虹が出るなど猫の目のような天気で、過酷な条件となった。
気温は低く、濡れた体で走り低体温症になる人が続出の中、私は抽選の結果61番目と、また後方スタート。くじ運の無さに少々悲観するもスタートして、泥んだコースを徐々に順位を上げて、今季からの新兵器ディスクブレーキの性能を見るのに絶好のチャンス。
しかし、1周終了間近にRメカが破損して、DNFとなりました。残念。
f0367991_07322751.jpg
f0367991_07321906.jpg
f0367991_07321224.jpg
第4戦 12月3日 京都府南丹市 美山町向山地区
常設の山側コースと大会用にパターゴルフ場をコースに取り入れたテクニックとパワーコース。
毎年天気が悪く、山側では大変苦しめられていますが、今年は快晴。
今回は、抽選もようやく上向きで27番目、3列目でのスタート。
このチャンスをモノにせねば、と思いましたが、1周目11位、2周目以降も順を下げて、22位トップから+2:48でフィニッシュ。
68名出走だったので、32%で残留基準2個目をゲットしました。
f0367991_07315415.jpg
f0367991_07314768.jpg
f0367991_07314073.jpg


@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2018-02-01 07:39 | 軽量おぢちゃん

関西シクロクロスinみなと堺グリーン広場

1月14日の日曜日に関西シクロクロスを観に行ってきました。
自宅から15km弱の場所にある「みなと堺グリーン広場」で開催されました。
f0367991_14541775.jpg


砂場を激走?
乗って行くか、押して行くか
どちらが速いのでしょうか?
f0367991_14542570.jpg


らりるれさんのマシーンはクロモリ製!のエクタープロトン~
と言いつつ、カーボンも買ってしまいました?
f0367991_14543268.jpg


ブレーキは「HTR」のハイブリッドハイドロリックディスクブレーキです~
一応ロードバイク用なので「効きすぎる!」というご意見を頂きました。
去年のレースにおいて前方で落車があって、急ブレーキで止まれたのですが
後方から突っ込まれたとの事!後ろを走っていたバイクのブレーキ性能が
低かったのでは?という見解です。
f0367991_14544095.jpg


前後ともΦ160ローターです。
効きすぎるのであれば後ろだけでもΦ140ローターにしてみては?
ホイールは「ユニパー」の軽量タイプです!!!!
f0367991_14544681.jpg



セッティングが出れば乗り比べたいと申しておりました。
f0367991_14545500.jpg


友人の「ツトムくん」です。
CM3にエントリー、過去の実績からいうと上のカテゴリーに出れば?
という感じでしたが、キッチリと優勝しました。
さすが!信州シクロクロスで鍛えただけの事はあります?
f0367991_14531194.jpg



タイヤのエアー圧はパンパン! これでよくシクロクロスに出たなぁ~
本人曰く、平地区間でぶち抜く!
有言実行でしょうか・・・・
f0367991_14532217.jpg



マシーンは会社にあったクロスバイクを改造したもの・・・
カテゴリーが上がったらちゃんとしたモノを買ってくださいね!
f0367991_14535818.jpg



らりるれさんはこの後コースの撤収も手伝いました~
来週は「スチールの森京都」に行くようです。
f0367991_14541031.jpg





@服部産業株式会社


次回の見学は「柏原CX 2月12日 大和川河川敷」の予定です。





[PR]
by hattorisports2 | 2018-01-15 22:30 | 軽量おぢちゃん

ツール・ド・おきなわ に行ってきた⑤

ツール・ド・おきなわチャレンジ50㎞を走りました~来年は市民50㎞に出たい!

今回走ったバイクはもちろんグランツーリズモRチーム(オススメのニューカラーはコレ
f0367991_09515502.jpg

そう夢のある翼を授けていただきました!

ユニパー「レーシングカーボン35」チューブラーホイールです。
f0367991_11424606.jpg

何よりも、見た目がカッコイイ!
それだけでテンションが上がります。

走ってみた感じは~

まず、踏み出しが軽い!ありきたりな表現でスミマセン。

今回出場した「チャレンジ」は、「市民レース」と違って腕試し的なカテゴリーです。
それでも、今まで参加してきたサイクリングイベントヒルクライムレースとは明らかに違いがあり
~集団が形成されたり、ちぎられたりといった「展開」がありました。
そんな中での急加速やアップダウンに反応できます。

さらに、剛性感がある!
不快な硬さではありません。
全体的に芯のある硬さとでも言いましょうか・・・

レース用ホイールってこんな感じなんでしょうね?

沖縄前に通勤で使った印象では、この硬さは後でキツイのかも?と思っていましたが、私にとってはギリギリセーフ
何とか走り切ることができました完走出来て最高ぅ~!!!


軽量カーボンホイールは、もっと不安定な乗り心地かと思っていました。
パリっとしてトゲのある感じ(←抽象的で申し訳ありません)を予想していました。
しかし、良い意味での普通以上~不安なく体を預けられ、妙な挙動もありません。

チューブラーホイールの利点は何と言っても「軽さ」です!

今回は300g近い重さのタイヤを使いましたが、最近流行りのクリンチャーホイールに
超軽量タイヤを取り付けた総重量より軽く仕上がっています。
私の様な体重のあるライダーが一般道路を走るのには、タイヤの安全性を重視したい
ところです~ただヒルクライムレースなら一発勝負で160gくらいの超軽量タイヤ
使ってみたいですね?
今回の仕様とは違った「異次元」の走りを期待できます!
来年の富士山はコレで決まりです。

ホイール作成者に聞いたところ、スポークテンションはまだ「300N」ほど上げられるという事・・・
さらに硬いホイールに仕上げられるらしいです。
でも、そこまで上げると反応は「ウルトラ良く」なるけど、硬すぎてしんどくなるから必要ない~
寿命も短くなるし~でも一度試してみたいです。

(あくまでもポッチャリ系の私が乗ってみた感想です~年間12,000㎞チャレンジ中~)


いろんな方に試していただきたいホイールです。
f0367991_11463551.jpg

f0367991_11462023.jpg



















@服部産業株式会社




[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-22 08:00 | サイクリング

改造日記Ⅱ②

改造日記⑱の続きです。
ユニパーのカーボンホイールを組み立てる~フロントです。

20Hなのでスポークを20本用意しました(当たり前か?)
f0367991_15023419.jpg




片側だけ先に圧入しておきます。
f0367991_15025045.jpg

自作の専用工具でベアリングを圧入します~この後の作業がスポークを通しですね。
ハブシェルに突き当たるまで確実に圧入しておきます。緩めだと「ガタ」発生の原因に
なりますので~
f0367991_15025719.jpg


片側10本のスポークを通します~
f0367991_15022332.jpg



反対側も10本通します~
f0367991_15021347.jpg



仮組み作業に入ります~冶具にのせると楽にニップルを取り付けできます。
f0367991_15015991.jpg



スポークにテンションをかけていきます。
f0367991_15012927.jpg



この状態ではまだ反対側のベアリングを圧入していないので、冶具をハブシェル本体に
差し込んで作業を行います。
f0367991_15012147.jpg



ある程度テンションが上がった時点ではベアリングを圧入します。
こうした方が圧入作業が楽なのです~テンションが上がっていないと
スポークが邪魔になってやりにくいのです
f0367991_15014867.jpg



専用冶具で圧入ですね~
f0367991_15011117.jpg



いつもの事ですが、この締め付け具合で玉当たり調整を行います。
結構慣れが必要な作業になります~振れ取りより難しいかな?
この後、本格的にスポークテンションを上げて調整していきます。
ユニパーのフロントハブは幅が広くて横剛性に優れます~フロントフォークの
形状によっては取り付け出来ない場合があって、ジャイアント製の一部の製品
とは相性が良くないですね?~現在ナロータイプの物を開発中です。
(ナローといっても、それで他社のノーマルくらいなので!)
f0367991_15010229.jpg




@服部産業株式会社








[PR]
by hattorisports2 | 2017-10-27 00:00 | 軽量おぢちゃん

改造日記・番外編②

ユニパーのラインナップで12mmスルーアクスル仕様のハブがあります。
ディスクブレーキ用ですが、あえてリムブレーキで組み立てするか~
f0367991_13050914.jpg

リムブレーキ用のロードホイールをアクスルを交換する事でスルーアクスル仕様にして~
f0367991_13052535.jpg


ウィリエールのラインナップでチェントディエチNDRを12mスルーにモディファイすると~~~
f0367991_13050333.jpg


リムブレーキ(ダイレクトマウント)+スルーアクスル仕様のロードバイクが完成します。

なぜ、そんなもの?って考えますが~
リヤエンド幅を142mmにする事によって「オチョコ量」が減り~ホイールの横強度が増すと
考えたのです。
それだけでは、ありません。ユニパーのハブは容易にフリー本体を交換できるので「スラム」
様に交換して、EAGLEの12Sスプロケットをインストールするのです。
トリガーシフターはどうにかして取り付けたら、面白いバイクが仕上がるのでは?
フロントはシングルギヤ仕様かな~

こんな事をしなくても数年経ったら「シマノ」さんが12Sコンポーネントをリリースしている
でしょうね?


@服部産業株式会社



ディスクブレーキ仕様でもいいのでは?と考えられますが、シマノの油圧ブレーキレバーはすべて
デュアルコントロールレバーなので、トリガーシフターを使うと無駄になる。(MTB用以外)
かといってシマノのダイレクトマウントに合うブレーキレバーのみっていうのもないからなぁ~
と考えている時が一番面白いのです。

何よりも「リムブレーキのスルーアクスル仕様」ってありそうでないと思いませんか?
f0367991_15165463.jpg






[PR]
by hattorisports2 | 2017-10-23 04:55 | 軽量おぢちゃん

改造日記・番外編①

シクロワイヤードさんのご厚意で記事にしていただいた、ユニパーのカーボン
チューブラーホイール~詳しくは→シクロワイヤードをご覧下さい。

高評価を頂き、試乗して頂いた小売店の方々に感謝しております。
ここで訂正箇所が2点ほどありましたので、書かさせて頂きます。
商品のデータが2016年度モデルの商品になっていて価格重量が異なります。

①価格は156000円→180000円になっております。これは値上げではなく
 新しい商品になっているからです。
②重量(前後ペア)は1250g→1179gになっております。リムの重量が軽く
 なっているからです。

リム単体の値段は1本65000円になっております。(前後セット割引はありません)
38mmハイトではなく35mmになっております。
このリムは予め分割された形で作成され、継ぎ合わせています。
ブレーキ面(リムサイド)を見ると継ぎ合わせたところに「」がないのです。
つまり、継いでからブレーキ面に新たにカーボン素材をレイアップさせて再成型
していると考えられるのです~とても手間がかかりますが、精度の高い製品に
なっているのは間違いなく、振れ取りをしていても驚くほどの仕上がりです。
継ぎ合わせたところをヤスリでこすって凹んでいたり、エアポケットが発生して
いる他社製品も多々見かけるのと比較するとかなりの優れ物だと思います。
f0367991_14441626.jpg



トピックス
ストレートスポークはメンテナンスが面倒と思われる方もいるかも?
という事で今後、フランジタイプのハブを使ったホイールも準備する予定です。
期待してくださいませ。


@服部産業株式会社







More
[PR]
by hattorisports2 | 2017-10-21 14:10 | 軽量おぢちゃん