タグ:ゼロノヴェ ( 7 ) タグの人気記事

ゼロノヴェを組み立てる⑤

ゼロノヴェを組み立てる③ 
ゼロノヴェを組み立てる④からお読み下さい。

クランクを何にするか迷っています~
王道を突き進むならば「FC-R9100」で決まりなのですが。。。

手元に「AX-LIGHTNESS」のカーボンクランクがあります。
しかしながら、これはなかなか特殊な規格なので「BB86」のゼロノヴェには取り付ける事ができません。
f0367991_11444067.jpg ゼロノヴェはゼロセッテやGTR-SLに比べてフレーム剛性があるみたいなので
できればカーボンクランクにして脚へのストレスを軽減したいところ!
個人的な好みでいうと、GTR-SLの軽さで踏み味はGTR-Teamくらいだとイイん
ですが・・・次回作に期待したい、そんなフレームがあれば多くのサイクリストが
助かるはず!乗鞍みたいに20kmも続くヒルクライムではかなり有利に走れると思う。
70分切りを狙えるフレームなんだけどなぁ~???

以前に「THM」のBBを使って「BB386EVO」規格のクランクを「BB86」フレームに
取り付けた事がありますが、手元にある「AX-LIGHTNESS」は「BB386EVO」規格の
BBには取り付けが出来なかったのです。画像の状態で初代ゼロセッテに取り付けると
クランクが回らなくなってしまいました~BB幅の問題でしょう?アクスルが短いのです。
f0367991_11443779.jpgf0367991_11443407.jpg実は「THM 」を「BB386EVO」規格のフレームへ取り付ける為に
BBカップのツバを極限まで薄くしています。(旋盤加工)
通常の半分以下にまで加工して取り付けが可能になりました。
画像の「薄さ」を見て頂ければ分かると思います。
しかしながら「THM」を「BB86」規格のフレームに取り付け様と
しても机上計算では無理でした~自作でBBカップを作れば可能かも?

「ROTOR」のクランクを持っているので、どうしようか考えている最中です。
画像の純正BBを使うと取り付けが可能なのです。
f0367991_11443064.jpgf0367991_11442313.jpg




@服部産業株式会社



[PR]
by hattorisports2 | 2018-03-07 12:00 | 軽量おぢちゃん

ゼロノヴェを組み立てる④

ゼロノヴェを組み立てる③  からお読み下さい。

まず、ハンドルとサドルをチョイスします。
ハンドルはリッチー社の「エヴォカーブ」!
f0367991_11282404.jpgf0367991_11283736.jpg

アップバーが扁平加工された上にバックスウィープしていて、上り坂
などで握った時に脇が締まって上半身が固定されてペダリングに力が
入ります。
f0367991_11281935.jpgf0367991_11283281.jpg

大変、気に入っているハンドルです~今のところコレ以外は使う気が
起こりません。
実は現在乗っている「ゼロセッテ」や沖縄に行く時に乗る「GTR-SL
にも使っています。
上記の2台は最上位モデルでカーボン製の「スーパーロジック」を
使用しています~
アルミ製の「コンプ」はお手頃価格なので、みなさんも試してみては?
今回は「コンプ」を使用しようかと・・・・思案中。。。

以前は3T社の「エルゴノヴァ」はいいなぁ~と気に入っていたけれど
エヴォカーブ」と出会ってからは、コレばかりになりました!

ステムはメーカーを合わせて「WCS C220」にしようと考えています。
勿論、ボルト類はユニパー社のチタンボルトに交換します。
汗かきなので、リッチー標準のクロモリボルトはすぐに錆びさせた経験が
あるから、軽量化と錆び対策に役立ちます~個体差はありますが実測「107g」
に仕上がりました。
f0367991_11281298.jpg

サドルはプロロゴ社の「ディメンション」です。
軽量なのと適度なしなりがあって、乗り始めは違和感と思えるかも?
でも慣れてくるとクセになる一品です。

シートポストはポジションを出す関係でFSA社の「K-FORCE-LIGHT 32
を使用します。
合計で「362g」は嬉しい軽さですね!?
f0367991_11280730.jpg


@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2018-02-28 00:00 | 軽量おぢちゃん

ゼロノヴェを組み立てる③


電動変速を検討していて、バッテリーを外装にするかもしれません。
という事で「e-tube」を2本出す為にグロメットを自作しました~
ホームセンターへ行って代用できるものを購入し手を加えたのですが
思っていたより美しい仕上がりに満足しております。
ウィリエールは近年、内装タイプバッテリーにしか対応していないので
この様な加工が必要(?)になった次第です。
f0367991_11234030.jpg

既製品を加工したので防水性は劣りますが無いよりマシですよね!
現物合わせなので、もうひとつ「作れ!」と言われると辛いかな?
f0367991_11234589.jpg


@服部産業株式会社






[PR]
by hattorisports2 | 2018-02-26 11:40 | 軽量おぢちゃん

ゼロノヴェを組み立てる②

ゼロノヴェを組み立てる①からお読みください。

組み立てを進めます。
f0367991_15012348.jpg

とある理由があってBB下ワイヤーリードに手を加えております。
f0367991_15011787.jpg

取付ねじをアルミ製にモディファイしました。
マイナス頭のねじにすると「特別感」が出て格好イイと思います!
f0367991_15011118.jpg
f0367991_15010635.jpg



フレームは実測で「952g」です~シートクランプを加えても「972g」!
もっと軽いシートクランプにする事も可能ですね。
内臓のガイドの為にライナー管が入っているので取り除いてから計測します~結構重量がありますので
付いたままだと「1000g」を超えてしまいます。
実は「GTR-SL」も所有しているのですが、フレームの重量はほぼ同じなのです。
まだ乗っていませんが同僚のインプレを聞くと、比べ物にならないくらい「剛性」があるという事です。
長距離ライドを意識した設計の「GTR-SL」に対し、リアルレーシングモデルに仕上げられているのでしょうか!?
組み上げて、早く走りに行きたい気持ちです。
f0367991_15005231.jpg
f0367991_15004875.jpg


@服部産業株式会社




[PR]
by hattorisports2 | 2018-02-16 15:12 | 軽量おぢちゃん

ゼロノヴェを組み立てる①

Mt.富士ヒルクライムにエントリーを済ませて、次はバイクを用意します。
まず、軽量化が大事になります。
下の画像はフレーム小物を取り付ける「小ねじ」になります~
BB下ワイヤーリード、リヤエンド、アウター受けに合計6本の「小ねじ」を使用しています。
f0367991_14440751.jpg

スティール製の「小ねじ」は合計で「5.16g」あります。
小さなねじでも数が集まれば結構な重量になります?
f0367991_14440240.jpg
チタン製に交換してみましょうか!?
合計で「3.16g」になりなんと「2g」の軽量化達成です!
試してみる価値はありますね。。。
f0367991_14435715.jpg
アルミ製に交換すると~なんと「1.74g」になりました。

f0367991_14435208.jpg
実は一番手前の「小ねじ」はマグネシウム製なのです!スティール製が「0.46g」なのに対し
「0.09g」しかありません。
これは「2kg」のスティール製フレームに換算すると「391g」のフレーム重量に匹敵するのです!
驚異的な軽さなのが分かりますね!!!!
f0367991_14434708.jpgf0367991_14434100.jpg


組み立ては始まったばかりです!


@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2018-02-06 00:00 | 軽量おぢちゃん

改造日記Ⅱ①

以前紹介したユニパーアルミ軽量ロードホイールを使って
ロードバイクを作成します。

フレームはまだ何にするか未決定です~
まず、タイヤとチューブを嵌めていきます~
リムテープはマキシス製、以前チューブを買うと付属していた
単品では販売していないレア物です。

タイヤはTUFO製のカリブラライト!公称150gのいかした軽量パーツです。

チューブはマキシス製の軽量チューブを使います~合計で434gしかありません。
f0367991_14475116.jpg

RECON製のアルミスプロケットを嵌めたら完成体はいくらになるでしょう~
完成車になるのが楽しみです~



@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2017-10-26 00:00 | 軽量おぢちゃん

服部産業株式会社サイクリング部2017 ⑬

9月になりました~相変わらず暑い日々が続きます。

小売店で働いていた経験からいうと、9月は自転車が売れる時期なのです。
忙しくなる予感がします。

9月~10月は年間で降水量が一番多い時期なんですけど、自転車が売れる
のは、なぜなんでしょう?

天気が良くない日が続いて、でもスカッと晴れて暑くもなく寒くもなく
心地よい「秋晴れ」があるのが特徴で、そんな時に自転車に乗るのが
最高だからではないかと考えております。

最近の傾向では、フレーム出荷が増えましたね。

今までは自転車丸ごと新車にしていた市場ですが、載せ替え需要が活気
を増してきました。
30万円で完成車を買うよりフレームを買った方が高性能を入手できる
という流れになっていくのかもしれません。

ディスクブレーキ車は元々ウィリエールでは国内投入が極めて少ないので
どういう傾向になっているのか分かりません。
小売店の方が大変でしょう、急に活気づいても「シマノ」「カンパ」「スラム」
というメカニズムの違う商品を一度に扱わなければならないのです。
実際すべてメンテナンスできるところは何軒あるのでしょうか?
また販売(卸し)している業者側も対応できるのでしょうか?
我々も「ミネラル」オイルは持っていても「DOT」オイルは持っていません。
来年は市場を見守る程度です。
でもサンプルは次々と入手して今後のモデルに活かしていける様準備しています。



@服部産業株式会社







[PR]
by hattorisports2 | 2017-09-02 07:27 | 平ぱ~兄さん日記