タグ:ゼロセーイ ( 6 ) タグの人気記事

3595gの「ゼロセーイ」①

3.6kgを下回る為に軽量化を進めている「ゼロセーイ」
気になるところが以前からあったので、今回改善(?)しようかと
思いつき・・・実践してみました。

ホイールのクィックシャフトがやけに長い?
フロントで実測9mmも出っ張っているのである。
f0367991_14392260.jpg

 
重力加速度が考慮されているデジタル計量器(0.1g単位)で実測「13.7g」
これでも十分軽いのであります。
f0367991_14394768.jpg


旋盤で削り落としました。
これで見た目にもスッキリしましたね!
なぜ、あんなに長かったのでしょうか?
f0367991_14392373.jpg


実測「13.3g」になりました~「0.4g」の軽量化です。
ちなみにリヤは5mmほど長くて「0.2g」の軽量化が出来ました。
f0367991_14410987.jpg


この積み重ねが、軽い自転車を築いているのです。


@服部産業サイクリング部








[PR]
by hattorisports2 | 2018-08-10 08:50 | 軽量おぢちゃん

ゼロセーイを組み立てる④

完成しました~
カンパの「シャマル」を取り付けてみました。
(いつのシャマルやねん?と思われる方も多々いると思いますが?)
f0367991_15004105.jpg

実測はなんと「6990g」です。

やっぱり「ゼロセーイ」で組み立てると軽くなるんですよねぇ~

次回は「グランツーリズモR SL」を組み立てます。
今頃スペックアウトしたバイクを?
と思われるかもしれませんが、少し思惑があるので
お付き合い下さいませ。



@服部産業株式会社






[PR]
by hattorisports2 | 2018-07-18 15:05 | 軽量おぢちゃん

ゼロセーイを組み立てる③

いよいよシフトケーブル類の取り付けです。

REDを取り付けていて思ったのが・・・
フロントデイレイラーにサポートボルトが設けられていない。
変速時に若干ディレイラー台座がしなるのである。。。
f0367991_09584837.jpg

という事で、サポートボルトを設けました!
f0367991_09581815.jpgf0367991_09584748.jpg


良い子の皆様は、マネをしないようにお願い致します。
変速のレスポンスが上がった気がします。

3Tのエルゴノヴァにケーブル類を通すのは結構至難の業?
愛媛県から大阪に来たひらパー兄さんは以前この作業をした事があって
もうやりたくないと嘆いておりました・・・


@服部産業株式会社







[PR]
by hattorisports2 | 2018-07-17 00:00 | 軽量おぢちゃん

ゼロセーイを組み立てる②

シマノ社のBBにFSA社の「SL-K」は少々、嵌め合いが固く
以前にGTR-TEAMで試した時はOKだったんですが・・・・
今回はNG!
一旦はやめようかと考えたンですけど、せっかくここまで
やったンだから諦めずに最後までやろう!にしました。
f0367991_13365855.jpg

どうにか頑張って取り付けできました。
f0367991_13365413.jpg

後は組み立てを進めます~
超軽量の「ゼロセーイ」なのでネジ類は「マグネシウム」や「アルミ」
へモディファイ、エンド部は強度が必要なので「チタン」へ!
f0367991_13364307.jpgf0367991_13363823.jpgf0367991_13362870.jpg

変速システムは軽さにこだわって、スラム社の「RED」をチョイスしました!!!!!!
ハンドルは格好良さでだけで決めました。
f0367991_13355557.jpg




続きは次回へ~



@服部産業株式会社






[PR]
by hattorisports2 | 2018-04-05 00:00 | 軽量おぢちゃん

ゼロセーイを組み立てる①

訳あって「ゼロセーイ」を組み立てる事になりました。
最近になって「坂」を速く走りたいというサイクリストからの注文が増えてきたのです。
「どうでした?」って訊くと、タイムが良くなったって話で
周りでも「欲しくなった」という声を聞くほどである。
今回の「ゼロセーイ」も商談の最初は「ゼロノヴェ」だったのが、「ディエチエアー」になって
軽さだったら「セロセッテ」・・・いっその事!で決まったのです。
かなりの予算オーバーになったようで、でも欲しいモノだから仕方ないのかな????
f0367991_13215850.jpg
今回用意したのはLサイズで実測「715g」!~ライナー管が「8g」あるので実質「707g」なのです。
メーカー公称「Mサイズで600g台」という事なので間違いはなさそうですね!?
ここまで軽量になると「寿命」は短いのです。昔々、デダチャイの「U2」軽量アルミバイクに乗っていて
10ヶ月で割れてしまいました~1万km以上走って(実業団レースにも使っていた)いたから仕方ないかぁ~
短命でもよく走ってくれてヒルクライムだけでなくクリテリウムレースでも抜群に加速してくれて走りやすかった
のを覚えています。塗装込みで「940g」だったかな?
f0367991_13215580.jpgf0367991_13215319.jpg

訳あって、チェーンホイールをFSA社の「SL-K」にします。
MegaExo規格なので、BB86に取り付けするのは容易ではありません。
FSA純正品があればOK・・・でも手元に在庫がないので
やってはいけない(?)事なんですけど、シマノ社のBBをモディファイします。
f0367991_13215100.jpgf0367991_13214702.jpg

左右の遊びを吸収する為にウエーブワッシャーを入れるので、そのクリアランスを
設けるのです。約1mm削るのですが旋盤を使っても難しい加工になり、治具から
作成しなければなりませんでした。
f0367991_13214104.jpgf0367991_13213824.jpg

完成形です。正規品と並べるとその差が目視できるでしょう~ウエーブワッシャーを載せた画像が右です。
良い子の皆様はマネしないようにお願い致します。
次回、フレームに取り付けてチェーンホイールを入れましょう。
f0367991_13213472.jpgf0367991_13213078.jpg




@服部産業株式会社







[PR]
by hattorisports2 | 2018-03-20 14:00 | 軽量おぢちゃん

2017 06(ゼロ・セーイ)の軽量化 その②

この記事を初めてお読みになる方は
2017 06(ゼロ・セーイ)の軽量化 その①
からお読みください。

軽いパーツも求めて、今回は「サドル」です。  
現在のサドルはAXライトネスが取り付けられています。これでも結構軽いのですが?
実測「73.3g」は合格点です。
f0367991_12532297.jpg

標準的なサドルの重量です。「257g」が普通、これに比べ「73.3g」は1/3 以下
まぁ、エントリークラスの物になると「300g」を超えてきます。
あなたが使っているサドルは何gでしょうか?
f0367991_12545276.jpg

先ほどの物に比べ、サドル後部がカットされていて僅かに軽くなっています。
f0367991_12550630.jpg

同モデルでチタンレールになると、200gを切ります。
f0367991_12552137.jpg

カーボンレールだと更に軽くなります。
でも、AXに比べるとまだまだですね???????
f0367991_13070462.jpg

手持ちで、もっと軽いサドルを探してみましょう?
シートポスト込みで上記の物より軽くなっています。
f0367991_12555884.jpg

更に軽いコンビネーションもあります。
f0367991_12555152.jpg

単体では「47.8g」と
f0367991_12561169.jpg

「39.6g」です。
しかしながら、このモデルは専用シートポストに直接取り付けるので、他のシートポストと
組み合わせる事が出来ません。
f0367991_12562119.jpg

最軽量「33.3g」これは一般的なレール(といってもカーボン製)なのでシートポストを選びません。
といえ、レールにストレスがかかり過ぎるタイプとの組み合わせは破損の元!
f0367991_12563371.jpg

現在のサドルに比べると「40g」も軽くなる事が分かりました。
その①のヘッドパーツで「22.1g」軽くなったので
ここまでの合計は「62.1g」、まだ軽く出来そうですね?

2017 06(ゼロ・セーイ)の軽量化 その③ へ続く




@服部産業株式会社







[PR]
by hattorisports2 | 2016-10-01 21:00 | 軽量おぢちゃん