タグ:シクロクロス ( 6 ) タグの人気記事

らりるれ日記②

らりるれさんの「シクロクロス」シーズンが始まりました!レースレポート②が届きました~

12月8日
第24回シクロクロス全日本選手権大会 マキノ高原大会

格下の身分で身の程知らずですが、参戦しました。
クラスは、マスター55-59。勝てばナショナルチャンピオンTシャツがもらえました。(エリートはナショナルチャンピオンジャージ)
一応スターは、ランキング順でCM1が上位な感じでした。
私は、8番目。欠席者がいたので、コールアップで7番目に呼ばれました。
1列目なので、周りを見ながらついて行こうと思ってましたが、結構スロースタートで余裕でついて行ける。
と思いましたが、ランニングではほぼダッシュに近い状態。半周でギブアップ。

f0367991_12531920.jpg


苦しい状態での独走になりました~
あれよあれよと後続に抜かれて9位でゴール。出走者は11名でした。
ユニパーホイールを以てしても実力が・・・
f0367991_12531133.jpg




翌日のエリートクラスは、雪の中で行われました。私たちのクラスならゴール出来ない人が出ていたかも?
f0367991_12530378.jpg



@服部産業サイクリング部






[PR]
by hattorisports2 | 2018-12-12 13:02 | Yuniper(ユニパー)

らりるれ日記①

らりるれさんの「シクロクロス」シーズンが始まりました!レースレポートが届きました~
昨年よりバイクが「クロモリ」と「カーボン」の2台体制になり
ユニパーホイールは5mmクィック仕様なので「クロモリ」に装着していましたが
担ぎを考えると軽量な「カーボン」に使いたいという事でシーズン途中でスルーアクスル
モディファイしました!
「カーボン」に赤いホイール(ユニパー)が輝きます~


1年は早いもので、もうシクロクロスのシーズンがやってきました。
今季からは、残留基準がAJOCCポイントの順位で決まるようになり、関西シクロのスタートグリット順も独自の計算方法で西日本ランキング順に並ぶようになりました。
ただ、関西シクロ第1戦紀ノ川(10月28日)は、昨年の最終戦桂川のシードを有効にして、残りは抽選。
コースは紀ノ川の河川敷高速コース。
私は、シードを獲得していたので、最前列からのスタートとなりました。
シーズン初戦、最前列と好条件?と思ったのですが、身体が全く順応せずに1周回った時点で、限界がきました。
後は、後続に抜かれるだけ・・・
35位でゴール。ポイント3点

f0367991_13201640.jpg



f0367991_13203117.jpg



f0367991_13210383.jpg



f0367991_13211120.jpg




第2戦紀ノ川(11月4日)は、第1戦の逆回りコース。前回35位だけど欠席者がいたので、3列目からのスタート(1列8名)。
まだまだ序盤戦、自転車を変えようが何をしようが身体が思うように動かずで、26位フィニッシュ。ポイント6点、合計9点。

第3戦マイアミ(11月9日)、琵琶湖畔の砂浜、通称砂地獄。
全く乗れない砂浜が永遠に続く。普段ランニングを一切しない私はズルズルと後退し、37位でゴール、ポイント3点、合計12点。

関西シクロのお休みの週は、東海シクロに参戦。
東海シクロ第2戦各務原(11月18日)。
コースは、木曽三川の河川敷。これまた超高速のコースでした。1周のラップタイムが4分前後。2分前にスタートしたC3、U17クラスにラップされて撃沈。
東海は、東海有利な独自のスターティンググリット方法。ちょっと不利でした。29位ポイント5点、合計17点。

f0367991_13204470.jpg



f0367991_13204983.jpg




続いては、JCXシリーズ第8戦マキノ高原day1(11月24日)、今年から下位カテゴリーもJCF登録(一時登録)しなければならず、関西のシリーズポイントはつきますが、別枠で開催されました。
珍しく天気も良かったが、私の成績はいまいちでした。ここでも2分前にスタートしたU17の選手にラップされて1周マイナスでゴール。29位ポイント5点、合計22点。

f0367991_13214259.jpg



f0367991_13214962.jpg



くろんどクロス(12月2日)、駐車場のキャパの問題で、関西シクロから外れ独自で開催している。
今年も参戦しましたが、スタートは抽選で並び順が決まる運任せのレース。
昨年までは、クジ運が良かったが、今年は最悪の最終列になってしまい。途中大渋滞でストップすることがあり、全く先頭が見えずにゴール。23位ポイント7点、合計29点。

f0367991_13221445.jpg



f0367991_13243191.jpg



12月6日現在 AJOCCランキング(CM2)55位(29pt)
関西ランキング(CM2)29位(24pt)です。

次は、12月8日全日本選手権に参戦します。
マスタークラス(55歳~59歳)



@服部産業サイクリング部






[PR]
by hattorisports2 | 2018-12-06 13:26 | Yuniper(ユニパー)

シクロクロス観戦記

2月12日大阪の柏原市で「柏原シクロクロス」が開催されました!
南河内の自転車乗りにはおなじみ?のリビエールホール前の大和川河川敷です。
家から25㎞のと比較的近い場所での開催なので自転車でふらっといきます。
っとお思いきや、朝目覚めると辺りは銀世界!!
f0367991_17044617.jpg
あきらめようかとも思いましたが、ここは「ジャルーン」の本領発揮!と思い空気を2気圧まで下げ、
2時間を予定して出発。
f0367991_17081033.jpg
家からの下りは歩道をゆっくり走ります。こんな日は自分がこけなくても車が突っ込んでくる可能性があるので用心に越したことはないでしょう!(1㎞程の下りで車が4台ほどスタックしてました)
自分も2度ほどヒヤリ!としましたが坂を下りきると車道の雪は少なくなり、何とか走れる状態に。
f0367991_17150719.jpg
会場は雪が残り寒風吹き荒れる、まさにシクロクロス日和!
土手からは全体が見渡せるコースなので、観客だけでなく散歩などしている人たちも興味津々で見ていました。
f0367991_08525164.jpg
いつもレポートをいただいている「らりるれさん」は
「HTR」のハイブリッドハイドロリックディスクブレーキ&「ユニパー」の軽量ホイールバイクで
カテゴリーCM2を激走します!
前回シードをとれたので2列目からのスタート!
気温は4度ですが風が強くスタート直前ですが寒そうです。
f0367991_17192172.jpg
漕ぐ~!
f0367991_17213112.jpg
押す~!ここは担いで走る方が早いが体力が…
f0367991_17221999.jpg
担いで飛ぶ~!
f0367991_17231166.jpg
そしてドロドロ~!これがシクロクロスの醍醐味!!です。
らりるれさんは2月18日香川で行われるさぬきシクロ善通寺大会にも参加予定です。

今回ウィリエールは見かけなかった。残念⤵

和歌山の勝浦にあるウィリエール販売店の店長「柴原」さんは見事CM3で2位に入りました。
f0367991_17295498.jpg
4戦目にしてCM2に昇格です!来シーズンは是非ウィリエールで参加してほしいものです!!

いつもは昼に帰りますが、今日は平ぱー兄さんと一緒に最高カテゴリーC1を少し観戦しました。
f0367991_17342788.jpg
スタートから小坂光選手と竹之内悠選手の一騎打ち?さすがに日本のトップ選手ですね。
信じられない速さで難しいセクションをこなしていきます!
f0367991_17391364.jpg
今シーズン関西でシクロクロスは終わりです。
来シーズンは30分の地獄に挑戦!?かなぁ…



















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2018-02-15 00:00 | Yuniper(ユニパー)

くろんど池CX シクロクロス

奈良県生駒市のくろんど池で行われたシクロクロス大会を見に行きました~!
8時の時点で気温は マイナス2度ォ~。 池もカチンカチンに凍っています。
f0367991_07505708.jpg

CM2(おじさんカテゴリー)のスタート時刻9時45分でも0度ぐらいだった。
いつも
「HTR」のハイブリッドハイドロリックディスクブレーキ&「ユニパー」の軽量ホイール
で参戦する、らりるれさん(村田さん)は最前列スタートでした!スタート順はくじ引きのようです。
f0367991_07484999.jpg

今回は新たに投入のカーボンバイクを使用しており、クロモリ製エクタープロトン&「HTR」「ユニパー」号はスペアバイクとして待機でしたぁ
145.png

f0367991_07503905.jpg

そんな中ウィリエールを発見!!
f0367991_07485509.jpg

名古屋から参戦の「タナベ」さんです!CM2カテゴリーを愛車ウィリエールのシクロ車クロスディスクカーボンで激走されました!
実戦で初めて見かけました。激レアです。いつもは中部地方のレースに参戦し前回カテゴリー昇格したとのことです!
大台ケ原ヒルクライムや鈴鹿サーキットでも、よくお見掛けし、チェントウノSRを含めウィリエールを複数台所有しています。
「花道」と書かれた黄色いジャージはどこにいても目立っておりカッコイイ!

f0367991_07500141.jpg
f0367991_07500622.jpg


このコースは階段があり、早い人は駆け上がってきます!!
f0367991_07501723.jpg

自然の地形を利用したアップダウンのあるコースです。
試走時間に私も走らせてもらいましたが、テクニカルでしんどいコースでした…
f0367991_07503782.jpg

約30分4周回を走り終えヘロヘロ~な感じです!
f0367991_07504833.jpg

昼前には少し気温も上がり氷も解け始めました。
私も機会があれば参戦してみたい?と感じたかな…





@服部産業株式会社






[PR]
by hattorisports2 | 2018-01-31 08:20 | 私たちの出会ったウィリエール

改造日記④

ホイールを組み立てます~

アルミクリンチャーで1本「386g」はかなりの軽量ですね。
カーボンリムより軽いんではないでしょうか?
29er(700C)サイズのユニパーリムを使います。
チューブレスレディ仕様なので、専用のバルブとチューブレステープを
使えば、簡単にコンバートできます。

昨シーズンはこのリムを使ったホイールでシクロクロスに参戦実績あり!
なかなかの高評価(?)を頂いております。
詳しくは→ らりるれ日記 をご覧ください。
f0367991_14070734.jpg

今回はシマノのハブで組み立てます。
完成体の価格を少しでも安価に抑える為です~リムの性能は高いので
ハブは少し我慢してもらおうと考えたのです?
今回もシクロクロス用と考えているので常用スピードが低いから回転部の
軽さの差が少ないと判断しました、
使用するのは「RS-505」の前後ハブになりました。
ユニパー製のハブに比べると随分安いのでビックリ!
回転部の軽さが気になるなら「CX-75」にしてもいいかな?
f0367991_14071769.jpg

安いのには理由があって「マレーシア製」だったんですね。
シマノのクオリティーコントロール下で生産されているんだから悪くは
ないでしょ!
f0367991_14072356.jpg

スポークはユニパーホイールに使われているものと同じです。
一台分で「297g」は納得の軽さ。
ただし、このホイール用のスポーク長さではないのでカットしてネジを
切り直す作業が待っています。
f0367991_14072904.jpg

ハブ寸法はシマノのカタログを見れば分かるので、計算すればスポークの長さは
すぐに分かります。
計算ソフトはネット上で公開されているものではなく、エクセルで自作したのを
使います~10年以上前から使っていますが、今でもバージョンアップをしていて
現在はストレートプルや「2:1アレンジメント」にも対応しています。
何人かのホイールビルダーにもこの自作ソフトを提供していますが、最新の
21H+2:1アレンジメント計算式はまだ他人の手に渡っていません。
まぁ、そんなの手組みする所はないでしょうね?
今回計算して組み上げたら、ほぼピッタリ長さでホイール外周方向から見ると
ニップルとスポークが左右で均一、ほぼ面一でした。
リムのサポート長をちゃんと測定しておくのが大事で、今回のリムでは同じ銘柄
なのに昨年測定した時に比べると0.5~1mm違っていた、理由は分からないが
金型が違うのであろう~
f0367991_14074517.jpg





@服部産業株式会社






[PR]
by hattorisports2 | 2017-09-10 00:00 | 軽量おぢちゃん

ユニパー 29er ホイールを検証①

友人が「シクロクロス」に参戦する。という話から始まりました。

チューブレスホイールにするらしい~
問題点(?)があって、コンプリートホイールは高価でありシーズンが短い
競技では機材に投資しづらいとの事。

手組みで済ませる事になった。

しかしながら、選べるリムが少ない。
某アレックス社製は安価であるが重量がある~1本で500gくらいはありそうだ。
チューブレスレディであり、チューブレスリムテープ+シーラントが必要になってくる。

ハブは何を使ったのか分からないがディスクブレーキ対応で組み上げたら、前後で
1800gくらいになったようだ。

シーラントでタイヤとリムの隙間をうめたのだが、バルブに行き渡らずバルブ付近から
エアーが漏れてしまい使い物にならなかった・・・
シーラントはバルブから適量を入れるのをオススメする。

実は友人のホイールを組み立てる話が出始めた頃から気になっていた事があり
動き始めたのです。
何かというとマウンテンバイクの「29er」は「700C」と同じ規格のはず!?
ならば、シクロクロス車でも使えるンじゃないかと!!!!
ユニパー製で「29er」がありリムの内幅は17mm、28C以上なら問題ないと考えついたのだ。

という事でレース直前にホイールを失った友人に早速連絡して使ってもらう事にした。
一応渡す前にクロスバイクのタイヤ(700×28C)をチューブドで嵌めてみたが問題はなさそう
であった。
12月3日と4日のレース(美山)で使ってもらう。
前後で1500g程に仕上がっているユニパー29erチューブレスホイールの使い心地は如何なもので
あったのでしょうか?
規格は同じであっても、リムとタイヤの相性があるからネ?ロードバイク用でも使える使えないが
あるみたいで・・・・




@服部産業株式会社






[PR]
by hattorisports2 | 2016-12-03 18:31 | Yuniper(ユニパー)