人気ブログランキング |

タグ:サイドスタンド ( 4 ) タグの人気記事

HTRのニュープロダクツ 番外編 ⑧



雨天時の通勤バイクに取付けてみました。
まだ通勤一往復だけですが緩み等不都合は発生していなくて
良好です。
f0367991_15183100.jpgf0367991_15182939.jpg

フレームは90年代に生産されたクロモリ製です。
30年弱の歴史がある世の中ではヴィンテージと呼ばれる部類かも
しれませんが、ただの古いロードバイクです。
ブレーキはそれよりもちょっと古い吉貝製のロイヤルグランコンペ
刻印付きです~このブレーキは後にマークがパッド印刷になったので
値打ちあるかなぁ~?
ブレーキパッドはさすがにオリジナルではなく、シマノ製を取り付けて
あります。オリジナルはシューホルダー部分がアルミ鍛造で「ROYAL」
の文字が刻印されたとてもいかした物なのですが、現存しても劣化した
ブレーキシューは効かないでしょうね?
f0367991_15182763.jpg




@服部産業サイクリング部





スタンドを取り付けていても駐輪時のはつい壁にもたれかかせて
しまいますね



by hattorisports2 | 2019-07-19 15:45 | 軽量おぢちゃん

HTRのニュープロダクツ 番外編 ⑦

HTRのニュープロダクツ 番外編 ⑥ からお読みください。
サイドスタンドをロードエンドに取付けます。

最近は見かけなくなりましたね!?昔はクロモリロードフレームといえば
ロードエンド(逆爪)が標準、現在はストレートエンドが主流になりました!
カンパニューロのショートエンドは格好良かった~
影響をうけて色々なメーカーが同形状の製品をリリースしていましたね!?
f0367991_13145405.jpg

サンツアーの「シュパーブプロエンド」です。
f0367991_13145208.jpg

元祖!「カンパニューロのショートエンド」です~
f0367991_13144968.jpg

個人的にはシマノの「UFエンド」が好きでした~
f0367991_13144642.jpg

それでは早速取り付けてみましょうか。
f0367991_13144387.jpg

さて、爪(ツメ)の角度に合わせて回転止めを取り付けるとスタンド本体に対して
あさっての方を向いてしまいます。スタンド本体を正常な角度に取付けると
穴位置はかなりズレてしまいます。
さて、そうしたものでしょうか?????
f0367991_13144083.jpg

裏技的な方法なんですけど、コレならなんとか使えそうだった
ので紹介いたします。
まず、回転止めの金具についているボルトを取り去ってからイモネジも
外します。
f0367991_13143707.jpg

次に外した「イモネジ」を、ボルトを外したねじ穴へ裏からねじ込む
のです~反対側に出っ張らない程度にしておいて下さい。
f0367991_13143535.jpg

スタンド本体をフレームに取付けた後に裏側から「イモネジ」を回します。
f0367991_13143215.jpg

「イモネジ」をスタンド本体に圧着させるのです。
キツ過ぎてもユル過ぎてもダメです~加減が難しいところで・・・
スタンドを軽く操作しても動かない程度ですね~
キツく締め込みすぎるとスタンド本体がフレームから浮いてしまい
肝心の固定力が低下しますので注意ください~
f0367991_13142817.jpg

「イモネジ」をスタンド本体へ十分密着させるためには少しスタンドは
前寄りになりました。
f0367991_13153970.jpg

「イモネジ」をスタンド本体に圧着(密着)させるので画像の様に傷がついて
しまいますので、ご了承下さい。
f0367991_13153753.jpg

「イモネジ」を締め込むのには先が短いアーレンキーが必要になります。
~画像下側~
f0367991_13153556.jpg

今回は「HOZAN」のW-113を使用しました。
f0367991_13153417.jpg




@服部産業サイクリング部




雨天時の通勤バイクがロードエンド(逆爪)なので、この方法を使って取り付けて
みようと思っています。会社の帰り道で買い物するのに役立ちそうな気がします~


More
by hattorisports2 | 2019-07-16 14:00 | 軽量おぢちゃん

HTRのニュープロダクツ 番外編 ⑥

以前から紹介している「サイドスタンド」です。
スポーツ車に取付けるのは?って少し抵抗がある意見を時々耳にします。
しかしながら一度使うと「超便利!」反対に外せなくなってしまうのですが・・・
スタンド=軟弱、ママチャリ、格好悪い~というイメージがあるようで~
という事でもう少し外観を考えてみようとクィックレリーズのナットを工夫してみました。
f0367991_19263715.jpg

みなさんに見せたら「格好良い!」とお褒めの言葉を頂きました~超嬉しい!
これ一個のモディファイだけでかなり印象が変わってくるのです。
まだまだ企画段階で商品化はいつになる事やら????
f0367991_19263186.jpg

次回はロードエンドに取付ける事は可能か?を書きます。



@服部産業サイクリング部




つづく。

by hattorisports2 | 2019-07-09 00:00 | 軽量おぢちゃん

HTRのニュープロダクツ 番外編 ③

「HTR」のサイドスタンドを取り付ける場合はクィックレリーズを左右逆に
する事を推奨しています→HTRのニュープロダクツ番外編をご覧ください。
幾つかのクィックレリーズはレバー部をスタンド本体に差し込むと収まりが
悪く浮いてしまう事があります。
f0367991_11060709.jpg

これは回転防止の締め付けボルト(右側)の頭がレバー部と干渉してしまうからです。
通常のキャップボルト(左側)と比べてみると外径の寸法が大きいのが分かります。
f0367991_11060426.jpg

わずかな寸法ですが、交換して確認すると
f0367991_11055966.jpgf0367991_11060244.jpg

きれいに収まります(左側)~右の画像では収まっていないのが分かりますね?
しかしながら、ボルトを交換すれば「OK!」というわけではありません!
f0367991_11055555.jpgf0367991_11055775.jpg

実はクィックレリーズ(レバー)が締まり切らない場合もあるという事が
確認されています。
スタンド本体にレバー部が入り込みすぎているからです。
スタンド本体凹み部分が組み合わせているレバー部に対し深いと考えられます。
f0367991_11071581.jpg

スペシャルワッシャーを用意して確認してみましょう!?
スタンド本体の凹みを「1.5mm」浅くするものです~
f0367991_11071386.jpgf0367991_11071168.jpg

このように差し込みます。
f0367991_11070965.jpgf0367991_11070785.jpg


ピタッと収まりましたしレバーも締まり切っています。
(スペシャルワッシャーテスト用に作成した物なので販売はしていません)
f0367991_11070578.jpg
という事でクィックレリーズを通常の方向で使用しようとする時は
スタンド本体からレバー部が浮いていたりレバーが締まり切らない
場合が確認できた時は、クィックレリーズを左右逆(レバーをドライブ側)
にする様にして下さい。



@服部産業サイクリング部





by hattorisports2 | 2019-06-11 00:00 | 軽量おぢちゃん