ジャパンカップサイクルフェスタ試乗会編②

ジャパンカップサイクルフェスタ in 宇都宮市森林公園の2日目です。
小雨からのスタートでしたが、昼前から雨は上がり、多くの方にお越しいただきました。
ありがとうございました!

そして、何名かのウィリエール・オーナー様ともお会いできました!
バタバタした時間帯もあり、あまりお話しできなかった方、申し訳ありませんでした。

さて、お一人目は 101(チェントウノ)でお越しのコオリヤマさん。
2009年に購入いただいたそうで、日本には2本しか入荷しなかったレアカラーとのこと!
デュラエースも当時のままで非常にキレイに乗りこなしておられます。
ヒルクライムもエンデューロもこなす、マルチな一台。
味が出まくりでカッコイイです。
f0367991_19141455.jpg


二人目は自転車のみで。
07(ゼロセッテ)です。
あまり多くを語られませんでしたが、パーツのチョイスが自転車好きをアピールしていますね!?
f0367991_19141784.jpg
f0367991_19141680.jpgf0367991_19141550.jpg





















@服部産業株式会社

[PR]
# by hattorisports2 | 2016-10-09 20:00 | 私たちの出会ったウィリエール

ジャパンカップサイクルフェスタ試乗会編

栃木県は宇都宮市で開催されましたジャパンカップサイクルフェスタ試乗会にてお会いした方を紹介させていただきます。
f0367991_09351571.jpg

10月8日(土)と9日(日)の二日間の予定ですが、8日(土)はあいにくの雨!!
そんな中、一番に試乗ブースに来ていただいたのが、チェントウノAirのH.K.さん。
デビュー当初は日本未発売だったカラーを展示でご覧いただいて一目惚れ!
その足で?販売店に行ってオーダーしていただいたという、生粋のウィリエール好き。
実は他にもウィリエールのバイクを複数台お持ちという、ウィリエールフリーク!
最新の「110Air(チェントディエチエアー)」を試乗いただきました。
f0367991_13200360.jpg

f0367991_13232909.jpgf0367991_13200202.jpg


足下の悪い中、ありがとうございました!
二日目に続く


















@服部産業株式会社

[PR]
# by hattorisports2 | 2016-10-08 12:00 | 私たちの出会ったウィリエール

グランツーリズモR SL目線<沖縄編④>

初めてお読みの方は <沖縄編①> からどうぞ!

軽くする為には、軽いパーツを集めなくてはなりません!
しかしながら、例外も在ります。
体の触れるパーツ、つまりサドルとハンドルだけは気に入っている
物になります。

サドルはサンマルコのボントラガー、既に絶版になっているレア物です。
入手が超困難なので、数個ストックしています。
f0367991_10133676.jpg

ハンドルはリッチーのスーパーロジック、EVOカーブ。
現行品ですが、いつ無くなるか分かりません、結構高価なので今回は
予備で持っていた1本を使います。
既にST-9000が取り付けられています。
f0367991_13191944.jpg

コンポの重量は決まっているので、軽量化出来るパーツは限られますネ!?

ケーブル類は総て「aican」にしました。ただ、この商品は急な曲がりに
対応しにくく、リヤディレイラーにつながる所は「I-Link」にします。
シマノ製のシフトケーブルアウターは1mで「 32.7g」なのに対し「aican」製
は、「 19.7g」しかありません。
大した重量だと思われないかもしれませんが、この積み重ねが最後に
大きな差になって現れるのです。
f0367991_10140565.jpg

左が「I-Link」右が「I-Link Mini」です。むろん、右の方が軽い(シフト専用品です)。
重量は1mで各「27.6g」と「15.6g」でした。
画像にはありませんが、以前シマノにあった軽量パーツ群「YUMEYA」のシフトアウターは
1mで23.4gです。
f0367991_10140039.jpg

チェーンはKMCのX11-SLにしようとしたら、残念な事に手持ちの物は
現行の11速に対応していないタイプ、対応品を買う予算がなくCN-HG901
になりました。

つづきは<沖縄編⑤>



@服部産業株式会社









[PR]
# by hattorisports2 | 2016-10-07 15:00 | Wilier(ウィリエール)

2017 チェントウノ・エアー46目線<ステルスブラック編③>

ステルスブラック編が、初めての方は<ステルスブラック編①>からお読みください。

今回はサドルを選んでみました。
気になっているサドルが以前からあったので一度、取り付けてみようと思います。

プロロゴの「ゼロC3 パスナック132」です。
カーボンレール+カーボンベースのおかげで、しっかりとしたパッド付きでも重量は軽量で「153.3g」!
デザインもなかなか良いでしょ。
チェントウノ・エアー46のシートポストは「リッチー製」、カーボンレールを取り付けるのには
専用のレール金具が必要になります。
すみませんが、レール金具は国内のリッチー正規代理店でお願い致します。
f0367991_13032281.jpgf0367991_13031775.jpg

ただ価格が男前で税抜き49800円となっております。

予算の届かない人には、「ナゴエボ・スペース Ti-rox 141」をオススメします。実測「230.5g」
こちらだとタイロックスレールなので、そのまま取り付けが可能です。パッドもより厚めで乗車時の
ストレスが減少されるでしょう。
税抜き18700円となっております。
f0367991_13030930.jpg
時間があれば実際に取り付けてみたいと考えております。

@服部産業株式会社


<ステルスブラック編④>へつづく


[PR]
# by hattorisports2 | 2016-10-06 10:06 | Wilier(ウィリエール)

グランツーリズモR SL目線<沖縄編⓷>

初めてお読みの方は <沖縄編①> からどうぞ!

さて、この時期にバイクを新しくするには理由がありまして、11月に開催される「ツールドおきなわ」に参加する為なのです。
近年は「チェントウノ」で走っていたのですが、なかなか完走出来ずにバイクのせいにしてはいけないと考えつつ、乗り換える
事にしました。

実は「チェントウノ」は現行のフロントディレイラーに適していないのです。
インナーケーブルが出てくる位置がやや外側にあり、FD-9000以降の製品は動かしにくいのです。
(画像では分かりにくいですね?)
f0367991_13361705.jpgf0367991_13361338.jpg


その上、ディレイラー台座がリベット2点止めでたわみやすいのです。一応エポキシ樹脂で補強しているのですが・・・
f0367991_13360939.jpg


変速性能が上がると、どうしても台座の強度が必要になります。少し前のフレーム設計では対応出来ないケースが多々ありますネ!?
現行の「ウィリエール」はリベット4点止めになっています。
f0367991_13360444.jpg

2012年に市民210kmに出て、200kmまで走って川上の関門でタイムアウト! もう少しだったのに。。。
この時は、2回目の普久川ダムで変速機不良があり、バイクから降りての修理でタイムロス・・・
今年は万全で望みたいと考えています。

とにかく、坂が苦しい! レース後半は坂ばかりで・・・1gでもバイクを軽くしておきたいところ。

UCIの6.8kg規定は市民210kmには関係ない話、予定では6.5kgを切るまで軽量化を進めます。

以前に完走した時は、確か6㎏ちょうどだったと記憶しております。
(その時はウィリエールではありませんでしたが。)

つづきは<沖縄編④>
をお読みください。(10/7 15時 公開予定です。)


@服部産業株式会社

[PR]
# by hattorisports2 | 2016-10-05 15:00 | Wilier(ウィリエール)