ユニパー フルカーボン製トップキャップ入荷!!

軽量パーツメーカーのユニパー(yuniper)から(フル)カーボン製トップキャップが「新型」になって、入荷しました。
画像の如く、エキスパンダにセットされています。
f0367991_16222541.jpg


























新型になったポイントは厚み軽さです。
まずは「厚み」について触れていきます。


f0367991_17003177.jpgf0367991_16495224.jpg
















      現行のカーボン製トップキャップ                   新型カーボン製トップキャップ

f0367991_08121289.jpg

















       Wilier完成車純正のアルミ製トップキャップ

上の写真は様々なトップキャップの厚みを計測したものです。
1・2枚目はトップキャップの外周部付近を計測しました。
3枚目はトップキャップ全体が凹状に変形しているのでセンター部分を計測しました。

厚みは現行のモデルは4.20mmで、新型は2.35mmと約1/2の薄さになりました。
カーボン製のトップキャップでこの薄さは素晴らしいですね!!
なぜ薄くできたのか?
それは負荷が集中する部分のみ厚みを増やしているからです。
ネジが入る中心部分のみ凹状に沈み込むような形にすることにより強度を損なわないようにしています。
(センター部分の厚みは5.77mmあります。)
f0367991_17103519.jpg





























ここで、目にする機会の多いWilier完成車純正のアルミトップキャップとユニパーのカーボン製トップキャップ(新型)を見比べみましょう。
f0367991_17430658.jpg
f0367991_17431750.jpg






















  Wilier完成車純正のアルミ製トップキャップ     ユニパーのカーボン製トップキャップ


このトップカバーならばバイクに取り付け、横から眺めてもステアリングコラムトップがフラットになり見た目が美しくなりますね。
その上ボルトはアルミ製(アルマイト処理)なので、純正のクロモリ製に比べ軽く、錆びに強のです。
f0367991_18045939.jpg
f0367991_18051481.jpg


















f0367991_18085955.jpg
f0367991_18091841.jpg



































  Wilier完成車純正のアルミ製トップキャップ+純正クロモリボルト       ユニパー製カーボン製トップキャップ+チタンボルト

更に、先日ブログで紹介したリッチー製ステムに使用する片側曲面ワッシャー+チタンボルトと組み合わせれば一層美しくなりますね!!




続いては「軽さ」について触れていきましょう。
現行のモデルは3.7gでしたが、新型は2.4gとなり1.3gもの軽量化が成されました。
元からフルカーボン製である現行のモデルから更に1.3gも軽くなったのは素晴らしいですね!!
アルミ製トップキャップと比較すると5.9gも軽くなります!!!
f0367991_16331607.jpg
f0367991_16332711.jpg















      
        現行のカーボン製トップキャップ                新型カーボン製トップキャップ


f0367991_08270964.jpg















       
        Wilier完成車純正トップキャップ



カーボン製トップキャップは単品では販売しておらず、エキスパンダとのセット商品になります。
(エキスパンダのみの販売はあります。)
f0367991_18423662.jpg

 























f0367991_18491526.jpgf0367991_18493119.jpg
















           Wilier純正エキスパンダ                   ユニパー製エキスパンダ

Wilier完成車純正のエキスパンダの重量は36.8gに対し、ユニパー製エキスパンダの重量は13.7gとこちらの商品もとても軽量に仕上がっています。


更にWilier純正エキスパンダ+アルミ製トップキャップとユニパー製エキスパンダ+カーボン製トップキャップの重量を比較してみましょう。
f0367991_18544421.jpgf0367991_18545471.jpg
















    Wilier純正エキスパンダ+アルミ製トップキャップ            ユニパー製エキスパンダ+カーボン製トップキャップ

Wilier純正エキスパンダ+アルミ製トップキャップからユニパー製エキスパンダ+トップキャップへモデファイすると29.2gの軽量化ができます!!
費用対効果を考えると非常にお得ですね(定価:¥3,800(税抜)。

製品を積極的にバージョンアップするユニパー(yuniper)は今後も注目ですね!!


この記事で記載されている数値は個体差や計測機器の関係上、実際の商品とは異なることがあります。

軽量パーツなので、プロショップでの取り付けと定期的なメンテナンスをお願い致します。


















@服部産業株式会社

[PR]
# by hattorisports2 | 2016-11-30 23:57 | Yuniper(ユニパー)

週刊「ユニパー 2:1 ホイール」 増刊号

「2:1」と同時期に組み立てたユニパーホイールの試作機です。
ちょっと変わっているでしょ!?
」の良い方ならすぐに「」がお分かりになるはずです。
f0367991_07532078.jpg
コイツも試乗してからインプレ報告致します♪
f0367991_07531353.jpg

@服部産業株式会社


組み立てるの、面倒くさかったわぁ~・・・
イロイロと次の製品のヒントになるものを探しています?





 緊急予告!

「2:1」ホイール用ハブを開発(発売)しましたが、リムは通常のものを
使いまわしになっています~
「それは違う!」
という事で、専用設計の軽量オールラウンドカーボンリムを開発(中)!
来春より実走テストに入る予定です。
リム穴は「2:1」アレンジメントされていて(ノーマルハブには使えません)
カーボン製のロープロファイルながら強度は、ユニパーのアルミライトリムを
はるかに上回り、ホイール完成重量は1200gアンダーを狙っています。

そのほかに「2:1」以外にも使える超ワイドエアロディープカーボンリムも
開発(中)です。勿論「2:1」用も!
ブランド力は他社に比べると負けていますが、内容では勝てるパーツを用意して
いきます~
おきなわでスタート前に並んでいると「ユニパー」のホイールがついていますね!?
という声を頂きました、あぁ知ってくれている人がいたんだとちょっと嬉しくなる。
来年は「新型カーボンホイール」で参加して、完走を目指します。








[PR]
# by hattorisports2 | 2016-11-29 11:29 | 軽量おぢちゃん

ウィリエールのフラットバーロード「アゾロ」をドロップバーにモディファイする話②

バーテープは巻いていませんが、ほぼ完成状態です。(ペダルもついていませんね!?)
フラットバーがついている時のイメージとはかなり違うと思えます。
どうしても「ウィリエール」って人じゃなくても、見た目だけで選んじゃう事もありそうで?
そんな予感をさせる仕上がりだと自画自賛しております。
(撮影は新しい作業小屋、服部ワークスの前で行いました)
f0367991_20361595.jpg

太めのタイヤ(700×28C)がオススメポイントです。
クリアランスを確保するためにロングタイプのブレーキアーチが装備されています。
(シマノのBR-451のブラック仕上げです。)
この(タイヤの)太さなら、ちょっとしたグラベルも走行可能かと?
出来ればツーリング仕様にモディファイを進めて、いろんな所へ走り出したくなりますネ。
フロントのチェーンリングはダブル仕様で、46T×34Tが標準装備!(チェーンリングガード付き)
リヤのスプロケットが11T~32Tのおかげで、ワイドなギヤレシオが選択できます。
f0367991_09442244.jpg
クロスバイクからドロップバーへ!2度おいしいと思い、今回のモディファイを実行
したのですが~最初からドロップでもイイんじゃないかな~と考えが変わりました。
でも、この仕様は標準ではありません(カタログに載っていないのです)。
どうしても、初めからドロップバー!という方はショップの主(あるじ)に相談して
みては如何でしょうか。
これからもモディファイは続いて行きますのでお楽しみしておいてくださいませ。



@服部産業株式会社










More
[PR]
# by hattorisports2 | 2016-11-26 00:00 | 軽量おぢちゃん

ユニパー新製品『片側曲面ワッシャー』④(終)

ユニパーの片側曲面ワッシャーはM5のボルトに対応しています。
f0367991_20102882.jpg

















今回使用したWCS-C220は、フェイスプレートとステアリングコラムを固定するボルトが全てM5なので、片側局面ワッシャーとユニパー製チタンボルトセットに交換可能です。
f0367991_20184576.jpg
f0367991_20193082.jpg

















          フェイスプレート部のボルト                       ステアリングコラム部のボルト  

ここで注意していただきたいのですが、リッチー製ステムはモデルによりボルトサイズが異なります。手元にあるステムを写真とともに確認してみましょう。


・コンプ 4AXISステム
  フェイスプレート部のボルトは交換可能ですが、ステアリングコラム部のボルトはM6ですので未対応です。
f0367991_20111299.jpgf0367991_20114236.jpg














  

         フェイスプレート部のボルト                       ステアリングコラム部のボルト  


・WCSステム(旧型)
フェイスプレート部・ステアリングコラム部のボルトはともにM5なので、交換可能です。
f0367991_20275051.jpg
f0367991_20291515.jpg















          フェイスプレート部のボルト                       ステアリングコラム部のボルト  


・スーパーロジック C260ステム
フェイスプレート部・ステアリングコラム部のボルトはともにM4なので、未対応です。
f0367991_20302338.jpg
f0367991_20305894.jpg

















          フェイスプレート部のボルト                       ステアリングコラム部のボルト  

こちらのボルトキットは6個販売のみになります。もし、ボルトが余ってしまったらどうすればいいのか?
ステムと同じく錆びやすい、ボトルケージの固定ボルトとして利用できますね!!

締め付けトルクは、WCS C220ステムの最大規定値である5N・mまでは実際に締め付け、問題ないことを確認しています。ただし、こちらはあくまでも軽量パーツなので、販売店での取り付けを強くおススメします。

非常に高品質をつくり、社内スタッフ達からも信頼の厚いリッチー。リッチー製ステムをより完璧な製品に近づけるユニパー製チタンボルト・片側曲面ワッシャーは、自信を持ってオススメできる商品ですね!!



ユニパー新製品『片側曲面ワッシャー』①のリンクはこちら
ユニパー新製品『片側曲面ワッシャー』②のリンクはこちら
ユニパー新製品『片側曲面ワッシャー』③のリンクはこちら



















@服部産業株式会社

[PR]
# by hattorisports2 | 2016-11-25 20:00 | Yuniper(ユニパー)

グランツーリズモR SL目線<沖縄編⑰>

そういえば、おきなわ最終仕様を紹介していなかったので・・・
こんな感じので走ってきました。
いわば通勤仕様そのままでレースを走ってきたのです、レース中~周りは
カーボンホイールのオンパレード!
沖縄内の移動は自転車(自走)がメインだったのでチューブラータイヤでの
パンクがあった時のリスクを少なくしたかったところもあります。
レースと移動のどっちが大切やねん?という指摘がありそうですね!?
カーボンクリンチャーは考えていませんでした。
まぁ一番の理由は面倒くさかった・・・かな。
f0367991_08215322.jpg
気になる(?)最終重量はUCI規則をうっすらと下回った「6465g」でした。
ペダルなしの重量ですが、プラス169g(ペダル重量分)すると「6634g」になり、やっぱりUCI規則を下回ります。
輪行袋に入れて持ち運ぶ時は随分、楽に(軽く)感じました。
以前にも書きましたが、アルミのクリンチャーホイールですよ!それでこの軽さって凄くないですか?
タイヤはヴェロフレックスのコルサ、チューブはヴィットリアのブチル、そんなに軽いものは使っていませんし・・・
f0367991_08211704.jpg
現在はお休み中で、通勤はゼロセッテで走っています。
グランツーリズモR SLよりは硬さを感じますね!?
疲れた脚には少々ひびきます~元気になったら山を攻めてみようと
考えています。
そういえば、気になる事があって・・・ゼロセッテに戻してから
脚が攣って夜中に目が覚めるという現象(?)が再発したのです。
最近は発生しないなぁ~と思っていたんですけど、もしかしたら
フレームの硬さが原因???
暫く様子をみてみましょうか。
結構痛くて一晩に2~3回目が覚めます~体が休まらず疲れがたまります。

新しいシューズを買いました。これでまた一年練習して、おきなわに
挑戦する予定!完走できないのに「まだ走るのか」と怒られそうです。



@服部産業株式会社







[PR]
# by hattorisports2 | 2016-11-25 00:00 | 軽量おぢちゃん