グランツーリズモR SL目線<沖縄編⑥>

初めてお読みの方は <沖縄編①> からどうぞ!

1gでも軽くしたいのであれば、カーボンチューブラーホイールを
選択する。かといって、新しい物を買うにはまとまった予算が必要になります。
30万円は覚悟?それ以上も考えておかなければなりません。

なんとか手持ちのパーツで収まらないか?

最低限に必要な物は購入するとしても、出来れば10万円以内がギリギリの
予算、あたりを見まわして見つけたのが以前に組み立てたホイールが2個
どちらもリヤ用なんですけど、20Hと24H。
f0367991_09590918.jpg


これをバラして前後に使えば、1ペアのホイールになるのだ!
最近、どちらも使っていないし素晴らしい案である。
ENVEの1.45カーボンチューブラーリム、300~310g程度の軽量リム!
1本が確か、8万円くらい、これでハブとスポークを用意すれば済むのだ。
(ニップルも!)

軽いハブを探す時にいつも基準にするのは、デュラエース。
カタログ値でフロントが120g、リヤが247g、合計で367gは結構軽量なんですね。
価格は両方ともで5万円弱、優秀なパーツだと思います。
ただ、めっちゃ軽いバイクを組み立てたるには、もう一工夫が必要!

またもやあたりを見まわしていると、灯台下暗し(?)
ユニパーのハブを発見、それも新型!
フロントが75.3g、リヤが184.5gなのでデュラエースより100g以上軽いのです。
あくまでも軽量パーツ、耐久性ではデュラエースの足下にも及びません?
レース一発にかけるなら選択するのは吉とでるはず!
f0367991_09590048.jpg

f0367991_09585539.jpg


新型の素晴らしいのは、リヤハブでスポークのアレンジメントだ「2:1」で組み立て
可能なのです。
フルクラムでは、21Hだから特殊な穴数のリムを用意していますが、ユニパーでは
24Hも用意しています。
つまり、リムのスポーク穴が左右に振らず真下に明いていれば、手組みで「2:1」の
ホイールを組み立てられるのです。
これで、手組みホイールのバリエーションを増やす事が出来ますネ!?
幸いなこと事にENVEは、その条件を満たしているのです。

スポーク長さの計算式は既にパソコンの中にあります。(エクセルで作成)

フロントが271 mm、リヤのドライブ側が282 mm、ノンドライブ側が269 mmに算出。
一度組み立てて補正値を出したいところ、使用するスポークやニップルで微妙に長さが
変わるのです。(あくまでも算出値なので・・・)

スポークは何にするか?軽くてすぐに用意できる物に限ります。



完成目標値は「1100g」以内です?



つづきは<沖縄編⑦>

@服部産業株式会社







[PR]
# by hattorisports2 | 2016-10-12 15:00 | Wilier(ウィリエール)

ジャパンカップサイクルフェスタ試乗会編③

ジャパンカップサイクルフェスタ試乗会 in 宇都宮市森林公園の二日目続きです。

07(ゼロセッテ)イタリアントリコロールでお越しいただいたヨシさん。
恥ずかしがっておられたのを無理やり撮らせていただきました!
八方ヶ原によく走りに行かれるそうです。
強引で申し訳ありませんでした!
掲載許可ありがとうございます。
f0367991_19165575.jpg


こ、これは??
パンターニの自転車でお越しいただいたのは青木さん。
某自転車店でデッドストックのフレームを手に入れられたのを切っ掛けに、当時の自転車を参考にしながら組み上げたそうです。
これ、中古ではなく新品ですよ!
フレームも7700デュラエースも!!
f0367991_19151076.jpg

f0367991_19150752.jpgf0367991_19150639.jpgf0367991_19150888.jpg


天気も悪い中ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。


















@服部産業株式会社
[PR]
# by hattorisports2 | 2016-10-10 18:00 | 私たちの出会ったウィリエール

グランツーリズモR SL目線<沖縄編⑤>

初めてお読みの方は <沖縄編①> からどうぞ!

ステムはハンドルがリッチー製だったので、リッチー製にしたいところ!
手持ちはスーパーロジックとWCSのアルミ製、軽さなら後者なのですが
せっかく高価なハンドルを使うので高価なステムを選びました。
f0367991_13250981.jpg
最近、リッチー製ステムの取り付けボルトは錆び易く、少々困っていて
仕方なく自腹でステンレス製のボルトに交換しています。

チタン製があればと考えていましたが、ボルトの規格が「M4」サイズ、
強度が不安で今回は見送りました。
f0367991_10133109.jpg

ハンドル周りがリッチー製なら、シートポストも合わせるところですが
サドルポジションを出すには、どうしても「FSA」製しか使えず断念した。
f0367991_10132784.jpg


「K-Force Light」をチョイス
f0367991_09562105.jpg
軽いカーボン製で助かった、どうしてもセットバックが30mm以上必要だったのだ。

後はホイールのみ?
手持ちの物で済ませるか、奮発して新しい物をGETするか迷う処である。
でも一番迷う点は、チューブラーにするか、クリンチャーにするかです。


つづきは<沖縄編⑥>



@服部産業株式会社







[PR]
# by hattorisports2 | 2016-10-10 10:10 | Wilier(ウィリエール)

ジャパンカップサイクルフェスタ試乗会編②

ジャパンカップサイクルフェスタ in 宇都宮市森林公園の2日目です。
小雨からのスタートでしたが、昼前から雨は上がり、多くの方にお越しいただきました。
ありがとうございました!

そして、何名かのウィリエール・オーナー様ともお会いできました!
バタバタした時間帯もあり、あまりお話しできなかった方、申し訳ありませんでした。

さて、お一人目は 101(チェントウノ)でお越しのコオリヤマさん。
2009年に購入いただいたそうで、日本には2本しか入荷しなかったレアカラーとのこと!
デュラエースも当時のままで非常にキレイに乗りこなしておられます。
ヒルクライムもエンデューロもこなす、マルチな一台。
味が出まくりでカッコイイです。
f0367991_19141455.jpg


二人目は自転車のみで。
07(ゼロセッテ)です。
あまり多くを語られませんでしたが、パーツのチョイスが自転車好きをアピールしていますね!?
f0367991_19141784.jpg
f0367991_19141680.jpgf0367991_19141550.jpg





















@服部産業株式会社

[PR]
# by hattorisports2 | 2016-10-09 20:00 | 私たちの出会ったウィリエール

ジャパンカップサイクルフェスタ試乗会編

栃木県は宇都宮市で開催されましたジャパンカップサイクルフェスタ試乗会にてお会いした方を紹介させていただきます。
f0367991_09351571.jpg

10月8日(土)と9日(日)の二日間の予定ですが、8日(土)はあいにくの雨!!
そんな中、一番に試乗ブースに来ていただいたのが、チェントウノAirのH.K.さん。
デビュー当初は日本未発売だったカラーを展示でご覧いただいて一目惚れ!
その足で?販売店に行ってオーダーしていただいたという、生粋のウィリエール好き。
実は他にもウィリエールのバイクを複数台お持ちという、ウィリエールフリーク!
最新の「110Air(チェントディエチエアー)」を試乗いただきました。
f0367991_13200360.jpg

f0367991_13232909.jpgf0367991_13200202.jpg


足下の悪い中、ありがとうございました!
二日目に続く


















@服部産業株式会社

[PR]
# by hattorisports2 | 2016-10-08 12:00 | 私たちの出会ったウィリエール