カテゴリ:クロップス( 5 )

EZ500mu

クロップスよりオートテールライト「EZ500mu」の紹介です。
f0367991_13590923.jpg



大人気だったEZ400muがさらにパワーアップして登場しました。
点灯、点滅、点滅(チェイスフラッシュ)、そしてオートモードがあります。
オートモードでは、振動と明るさを感知することで、暗くなると自動で点滅してくれます。
トンネルに入った時など、いちいち操作する必要がないので大変便利です。
また、暗いところから明るいところへ出た場合や、振動を感知しなくなった場合も、安全のために約60秒間は点滅し続けます。
(つまり反対に、駐輪などで振動のない状態が続くと、約60秒後に自動で消えてくれるのです。)

センサーの性能が向上し、ボディのパーツが半透明になったことで、明るさを感知しやすくなりました。
f0367991_14074928.jpg

サドル下のような光が届きにくい場所に取り付けた場合でも、地面からの反射光を感知することで誤作動を防いでくれます。
反対に日中のやや明るいトンネルなどでは、地面が陰で反射がなければ、ちゃんと点滅してくれます。


さらに「レッド」はレンズ周辺のパーツも半透明で、横からも見えやすくなっています。
これが意外と便利で、自分(ライダー)からも点灯を確認しやすいです。
f0367991_14075039.jpg

f0367991_13593947.jpg



USB充電式でケーブルも付属します。
付属のブラケットも多彩で、ホーマルのシートポストはもちろん、エアロ形状のシートポストやシートステーにも取り付けが可能です。
f0367991_14074915.jpg


[スペック]
赤色LED×5
生活防水
オートセンサー
電池残量表示機能
重量:約22g
サイズ:68mm×24mm×19mm
連続点灯:約5.5時間
連続点滅:約40時間
チェイスフラッシュ:約200時間
マイクロUSB充電:約2時間(USBケーブル付き)

















@服部産業株式会社


[PR]
by hattorisports2 | 2018-07-16 20:00 | クロップス

SX9-1W

クロップスより、ハンドル下に装着できて防水性に優れた新商品「SX9-1W」の紹介です。

f0367991_18484800.jpg

f0367991_19022354.jpg

ハンドルバーの下に取り付けるデザインになっています。
ハンドル周りがスッキリして見た目がカッコイイですね!



f0367991_19022966.jpg

ロゴも逆?に描かれていて、全体的に高級感があります。



f0367991_19023573.jpg

ボタンが大きく操作がしやすいです。
普通のライトを下向きに付けたら操作しにくそうですね?



f0367991_19024012.jpg

防水性に優れているので(IPX5準拠)突然の雨も気にしなくてOKです。
前照灯BAA適合で、2000カンデラ/100ルーメン。



f0367991_19024370.jpg

単4アルカリ乾電池3本仕様です。
充電し忘れて使えない!という不安はありません。
もしもの時はコンビニでアルカリ乾電池を入手すればOKです。

今日はこれで帰ってみます!















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2018-07-09 20:00 | クロップス

使ってみたいモノ④ クロップス「UniQ(ユニーク)」超便利な短いカギ

弊社S氏が素敵なカギの使い方をしていたので、便利そうだ!と真似することにしました。
クロップス「UniQ(ユニーク/SPD07-SHT)」です。

長さ:30cm(ワイヤー部)
重さ:71g
仕様:3桁式ダイヤルロック
価格:1,600円(税別)
カラー:ブラック、ホワイトレッドピンクグリーンマンゴー
f0367991_18480922.jpg
コンビニで飲み物を買ったり、公園のトイレに立ち寄ったり~
ちょっとだけ自転車から離れる時に、大げさなのは携帯が大変ですが無しもコワイ~
このUniQ(ユニーク/SPD07-SHT)なら、2重に巻いてサドルレールに吊るしておけば目立たないし邪魔にもならない
いちいちバッグから取り出すこともなく施錠できます。カラーバリエーションが豊富なのも良いですね!
私は施錠をアピールするためにもピンクを選びました。

このように二重にして
f0367991_10144501.jpg
サドルレールに吊るします。
f0367991_10314266.jpg

自転車に装着しておけるのが非常に便利です。
f0367991_10322249.jpgf0367991_10323074.jpg

フレームと車輪を施錠します。
f0367991_18481215.jpgf0367991_18481322.jpg

価格も手ごろでギフトにも最適です。


このUniQは、カギをかけています!というアピールにしかなりません。
施錠していたのに高級自転車が盗まれたというニュースは後を絶ちません。
自転車から目を離す際は、自分でしっかりと責任を持ちましょう。


















@服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports2 | 2017-12-11 20:00 | クロップス

LUM100(ラム100)

クロップスよりLUM100の紹介です。

f0367991_17551405.jpg

自転車用のライトでは、400ルーメンを超える明るさのものも少なからずありますが、クロップス社のLUMシリーズは、200ルーメン前後をラインナップしています。
(LUM240の記事はコチラ

LUMシリーズは、以下のことを重視して設計されているそうです。
■街中でライトを使用して自分の存在を自動車などにアピールできる明るさ
■重量と、実質的な明るさを考えた場合の点灯時間

単純に明るさだけを求めるのではなく、日常での使い勝手を重視していると言えそうですね。


Lum100
明るさ:約100ルーメン
モード:点灯1(ハイ)、点灯2(ロー)、点滅
連続点灯:点灯1/約3.5時間、点灯2/約7時間、点滅/約20時間
重量:約55g(電池含む)
4,500円(税抜き)


そしてLUM100には、ヘルメットブラケットが付属しています。
実際にヘルメットに付けるかどうか分からない、という方も多いでしょう。
しかし、いざ付ける際に、ブラケットを新たに購入するのも煩わしいと思いませんか?
使うかも?と少しでも可能性があるなら、最初から付属しているのはありがたいですね。
f0367991_17551410.jpg

リアルな明るさと点灯時間、重量、充電式。
これから自転車に乗り始める方、初めに揃えておくライトとして、ぜひ選択肢に加えてください。


















@服部産業株式会社


[PR]
by hattorisports2 | 2017-09-25 20:00 | クロップス

LUM240(ラム240)

クロップスより新しいライト「Lum240」(ラム240)の紹介です。
商品名が示すように明るさは240ルーメンで、光源が四角いライトです。

f0367991_16571329.jpgf0367991_16575202.jpg

価格も含め、バランスの良いライトです。
実際に使っていますが、夜間でも街灯のある道路を走るときには十分な明るさです。
通勤や通学にピッタリのライトですね!
周りに明かりが少ないような峠道や河川敷などでは、単独では少し心細いかもしれません。
f0367991_17513797.jpg



照らしてみると分かるのですが、光の形がハッキリと四角く、確かに高さを合わせやすいです。
前から来る人や車もちろん自転車が眩しくないように調整しやすいです。
f0367991_17534231.jpg



もう一つがバッテリーインジケーターです。
電源ボタンをダブルクリックすると、通常はグリーン、低電圧の際はレッドに光って知らせてくれます。
これが意外と便利です。
f0367991_17513131.jpg




主な仕様
■ハイ&ローの点灯と点滅モード
■使用時間はハイモード2時間/ローモード5時間/連続点滅11時間
■マイクロUSB充電式/充電時間は約5時間
■φ22-31.8フリーバンドブラケット&31.8ボルトオンブラケット付き
■サイズ:93.8x40.5x39.6
■重量:118g(電池含む)
■参考価格5,900円(税抜き)

ぜひお試しください!


















@服部産業株式会社


[PR]
by hattorisports2 | 2016-12-26 20:00 | クロップス