カテゴリ:Wilier(ウィリエール)( 131 )

シクロクロスでウィリエール

2019柏原シクロクロスを見に行ってきました。
そこでお会いしたウィリエールオーナー様を紹介します。
「花道」のタナベさん~もはやシクロクロスのウィリエール広報大使です。
愛車は「クロスディスクカーボン」。
今回はあと一歩のところで表彰台を逃してしまいました~そして来シーズンはカテゴリーを昇格されるとのこと。
そのうち表彰台に立つ姿をぜひ撮らせてください!
f0367991_18080604.jpg
f0367991_18080987.jpg

天気は雪もチラつく寒さながら、熱気に包まれておりました。
飲食ブースも出て賑やかでした。
f0367991_18075823.jpg
f0367991_18080298.jpg

子供の部も充実しており、未来のライダーたちの姿が頼もしかったです。
f0367991_18081291.jpg

レースや応援に参加された皆様、お疲れさまでした!


















@服部産業株式会社

by hattorisports2 | 2019-02-11 18:00 | Wilier(ウィリエール)

スチールバイクに乗る④

「ぶどう坂~信貴山~十三峠」に行ってきました。
今日は一人だったので写真を撮りながら、ゆっくり登りました~このコースは服部産業サイクリング部の朝練コースとなっていて、遅い私はいつも時間に追われており、景色を見る余裕などないのです。
今回は初めて写真を撮りながら走ることができました。
同じコースでも違った景色に見えるものですね。

以前にカフェライドの集合場所となったコンビニから「ぶどう坂」がスタートします。
f0367991_15552595.jpg

途中、ブドウ園がたくさんあります・・・が、時代の流れか?多くの畑に太陽光パネルが設置されていました。
何だか悲しかったので、写真は撮っていません。
f0367991_15552119.jpg

いつも鳥居が一瞬目に入る小さな神社?
今日は写真を撮りました。
次は上ってみるか?
f0367991_15551669.jpg

ぶどう坂で練習する人たちのゴール地点となっているであろう変電所~を今日は通過して、信貴山(しぎさん)方面へ向かいます。
「信貴山のどか村」です。農園や牧場、バーベキュー場などがあり、お子様連れの方などから人気のスポットです。
f0367991_15551124.jpg
f0367991_15550736.jpg

「信貴山朝護孫子寺(しぎさんちょうごそんしじ)」「信貴山温泉」です。
いくつかの宿や門前町もあり、時間帯によっては初詣の人でごった返すことでしょう。
近辺にお手洗いもありますよ。
f0367991_15550296.jpg
f0367991_15545797.jpg

「信貴フラワーロード」を経て「十三峠」を目指します。
アップダウンがあって私には走りごたえがあります。
大阪からとは反対側、裏から十三峠を登るイメージでしょうか?
何名かのサイクリストとすれ違いました。
この辺りを走っている皆さんは早そうに見えます。
f0367991_15545322.jpg

登りきると、大阪が一望できます!
なかなか気分が良いです。
夜景スポットとしても有名みたいですね。
f0367991_15544965.jpg

そのまま大阪側に下り、ちょっと遠回りをして帰ろうと南下していると、自転車駐輪可的看板を発見。
倉庫を改装したような大きなカフェ?
ラックが置いてある・・・自転車乗りに優しいお店に違いない?
f0367991_15541612.jpg

入ってビックリ!
というか自転車で入れます。
2階は自転車専用?
バウムクーヘンとコーヒーといただきました。
日本かここは?
f0367991_15542554.jpg


f0367991_15543445.jpg
f0367991_15544106.jpg




















@服部産業株式会社
by hattorisports2 | 2019-01-28 20:00 | Wilier(ウィリエール)

スチールバイクに乗る③

こんなところがあるよ~と教えていただいたのは「奥河内くろまろの郷」~道の駅です。
大阪府河内長野市にあり、関西サイクルスポーツセンターのお膝元ということもあってか、自転車に優しい場所のようです。
片道約30km~半分くらいは川沿いのサイクルロード、天気は快晴~スチールバイクでのんびり走るには良さそうということで、行ってきました。

まずは石川サイクルロードを目指します。
f0367991_14332591.jpg


少し距離を延ばすために、聖徳太子で有名な大阪府南河内郡太子町を通過します。
叡福寺~聖徳太子のお墓があるらしいです。
f0367991_14334421.jpg
f0367991_14342241.jpg



サイクルロードに入ってひたすら南下します。
花火で有名な「PLの塔」を見ながらのんびり進みます。
近くには長年ウィリエールを取り扱っていただいている「バイシクルランド サカタニ」さんもありますよ!
f0367991_14344685.jpg



河内長野駅を超えて外環状(R170)に合流すると間もなく到着です。
まさに「郷」!
広い駐車場と「ビジターセンター」「レストラン」「JA」の3つの建物で構成されています。
f0367991_14351923.jpg



JAは開店前から長蛇の列!
地元の人々に人気のようです。
f0367991_14355105.jpg



こちらはビジターセンター。
木製のバイクラックがいくつか用意されており、入り口にはレンタサイクルも用意されていて、噂通り自転車には優しそうです。
パン屋さんが併設されており、イートインコーナーもあって、なんだかオシャレです。
何名かのサイクリストが来られていました。
車で来られて、ここを拠点に「金剛山」へ走りに行く方も多いようです。
欲張ってパンを二つ(カレーパンと栗あんパン)も食べてしまいました。
f0367991_14361654.jpg
f0367991_14364663.jpg
f0367991_14372883.jpg



見た目カタそうで実は心配していたサドルも、意外に快調!
もし製品化になれば、こちらで紹介できるでしょう。


















@服部産業株式会社
by hattorisports2 | 2019-01-04 20:00 | Wilier(ウィリエール)

スチールバイクに乗る②

スチールバイクに乗る②

台北ショーに行った際に、変わったサドルを見つけました。
ナイロンむき出し?
もしかしてクラシックなスタイルのバイクに似合うかも?と思ってサンプル購入。
日本に持ち帰ることにしました。
f0367991_13562557.jpgf0367991_13565254.jpg

ウィリエールの新しいスチールバイクが登場予定~ということで、久しぶりにスチールバイクに乗り換えています。
そのバイクに取り付けてみました。
ついでに?ではないですが、スレッド化して、よりクラシックな趣のバイクに仕上げました。
バーテープは革製を巻いています。
f0367991_13571750.jpg


ガラっと印象が変わりました。
以前の方が(写真映えは)良いでしょうか??
長らく使用していなかったこともあり、メカニックのS氏とH氏に点検調整メンテナンスのチェックをお願いしたところ、ポジションは戦闘的にセッティングされていました?!
しばらく乗ってみようと思います。
ビフォー
f0367991_13574152.jpg

アフター
f0367991_13581423.jpg

f0367991_13584362.jpgf0367991_13590938.jpg




















@服部産業株式会社

by hattorisports2 | 2019-01-02 20:00 | Wilier(ウィリエール)

完成! Cento10 プロ! スペックは?

こんにちは、服部産業の堺です。
何をしようか悩んだ末に買った「Cento10 プロ」! 先日、組み上がったので報告させて頂きます!

f0367991_13591260.jpg
サイズは「XS」、カラーはレッド、コンポは主に9000デュラエース(ブレーキキャリパー、チェーン、スプロケットはアルテグラ)
XSにして正解! 我ながらバランス良く組み上がったと思っています←自画自賛


f0367991_13593006.jpgf0367991_13592423.jpg
クリアカラーのため非常に見えにくいですが、チェーンスティー、ヘッドチューブの左右には、「マジックワン」製の「プロテクターフイルム10」を貼り付け、
各アウターにはジャグワイヤー製のチューブトップを付けて、少しでもキズを防止します。
Cento10でアラバルダやステンマの内装専用パーツを使わない場合、写真のダストキャップ(別売)を使えば通常の仕様にできます。


f0367991_13591747.jpgf0367991_13593603.jpg
ハンドルはリッチーの「WCS ネオクラシック」400㎜(エンド部)、ステムは3T「アークス チーム」±6° 110㎜、バーテープは3T「コリウス チーム」ホワイト
サドルはプロロゴ「ディメンション NDR」ホワイト、リアライトにクロップス製「EZ500mu」レッド、サドル下に携帯の鍵もクロップス製「SPD07 UniQ」ブラック


f0367991_13594224.jpg
ペダルは長年(8年?)使用のスピードプレイ「Zero ステンレス」レッド


f0367991_13590642.jpg
ボトルはこんな位置になりました。シートチューブのボトルは脚(膝)と干渉しないよう、できるだけ下に付くものを。
ダウンチューブにはボトルケージの取り付け穴が3か所あり、上側の2つを使ってこの位置です。


f0367991_13585516.jpg
ホイールはロルフプリマ製の「ヴィガーα」! お気に入りで少々の上りなら全てコレで大丈夫。
タイヤは旧品を買い置きしていた ビットリア「オープン コルサCX」23C

自転車の総重量(ボトル、鍵、ガーミン、サドルバッグ、リアライト省く)で7.2kgほどでした。
他データ、スペックは、身長164㎝、体重54kg、シューズ38or39(23.5~24㎝)、サドル高665㎜、年齢59歳と9か月(要らない?)
クランク長170㎜、フロント50×34、リア12,13,14,15,16,17,18,19,21,23,25

来シーズンからのメインバイクになります! 
レース、イベントでご一緒のときはお手柔らかにお願いいたします。

















@服部産業株式会社

by hattorisports2 | 2018-12-14 20:00 | Wilier(ウィリエール)

ようこそ、わが家へ! Cento10 プロ!

こんにちは! 服部産業の堺です。
11月に「Cento1 SL」トップチューブにクラックが~⁉ の投稿以降、還暦祝いを兼ねてのNew愛車を何にするか?
見た目が好みでコスパNo1の「Zero9」? 軽い乗り味が評判の「ステッラSL=GTR SL」? 
オールラウンドに使えて、今流行りのエアロロード「Cento10シリーズ」?
ヒルクライム重視で「Zero7」? こんな時しか買えないだろう「Zero6」?
約1か月、悩みに悩んでやっと決まりました


f0367991_14295927.jpg
「Cento10 プロ」です‼  Cento1 SLのようなノーマルタイプなら「S」サイズを選ぶんですが、Wilierのエアロロードはトップチューブ形状が水平に近く、
シートチューブが少し長いのでシートポストが出るように「XS」をチョイス。ディレクトエネルジー(イエロー)と迷った末、メタリック調のレッド。
※SサイズとXSサイズのリーチ差は4㎜だけ


f0367991_14300703.jpg
通常はハンドル、ステム「ステンマ+バッラ」付属の販売のため、ダウンチューブのプレートは「アラバルダ」も含め内装仕様のもの。
ステム長を替えたり、ハンドル形状や角度を気にする私は利便性も考えノーマル仕様のプレートにします。
ダストキャップもノーマル用に交換する必要があるので、こちらも用意。



f0367991_14301311.jpgf0367991_15584315.jpg
ダウンチューブのプレートをノーマル仕様に交換。我が家にプレスフィットの圧入工具は無いので時間を見て社内で圧入~!



f0367991_15585091.jpgf0367991_15585526.jpg
同じくレースクラウンの圧入工具も無いので会社で。ついでにフォークコラムもカット! いつもは165㎜ですが、少し長いと感じていたので、今回は思い切って160㎜! 大丈夫か???

さぁ、後はお家でゆっくりと楽しみながら組み上げていきます。


















@服部産業株式会社

by hattorisports2 | 2018-12-07 00:00 | Wilier(ウィリエール)

インペリアーレ

2019年度からウィリエールの取り扱いを復活いただいた、帰り道(からちょっと逸れた場所)にあるお店に挨拶がてらに伺った。そこで発見!

f0367991_11495417.jpg

今でも問い合わせのある名機「インペリアーレ」!
店主お気に入りの一台で、幾たびかの商談を潜り抜けて未だ嫁入りせず。
売れ残り、と言ってしまえばそれまでですが、ダウンチューブやチェーンステーのユニークなエアロ形状は、好きな人の心に刺さるはず?
思わず写真を撮ってしまいました。

自分だけの一台を組み上げるのに相応しい、たくさんの吊るしフレームと、頼りになる店長さんが迎えてくれるお店です。
f0367991_11503735.jpg


今では珍しい?
f0367991_11504236.jpg




















@服部産業株式会社
by hattorisports2 | 2018-11-30 11:11 | Wilier(ウィリエール)

備えあれば・・・

販売店よりリプレイサブルエンドをご注文いただいた時の話。

何でもウィリエールのオーナー様から、
「一緒に走っていた友人が転倒した際にリプレイサブルエンドが曲がってしまった。その後、お店に注文したり何だかんだのやり取りで、乗れるようになるまで時間がかかりそうなので、持っておきたい。」
ということで、予備として購入したいというご要望をいただいたそうです。
そういえば、特に経験値の高いライダーツールケースにリプレイサブルエンドを忍ばせている方もありますね!

トラブルは起きない方が良いですが、備えあれば憂いなしということで、この機会に購入をご検討いただける方は、ぜひ販売店にお問い合わせください。

なお、同じモデルやカラーでも生産ロットによってリプレイサブルエンドの形状が異なる(複数タイプ存在する)場合があります。
バイクをお買い上げいただいた販売店でご確認ください。
その際はリプレイサブルエンドが曲がっていないかなど、メンテナンスも含めて相談されることをオススメします。

不安は少しでも取り除いて、快適に乗りましょう!



















@服部産業株式会社


by hattorisports2 | 2018-11-26 20:00 | Wilier(ウィリエール)

2019 グランツーリズモR チームのニューサイズXXS

2019モデルのグランツーリズモR チームにて「XXS」サイズがラインナップされました!!
46tonカーボンを使用したレーシングフレームをより小柄な方にも選択いただけるように日本オリジナルサイズとして登場です。
XXSのカラーラインナップは「ホワイト」「レッド」「マットブラック/シルバー」になります。

f0367991_14102282.jpg

























ホワイト



f0367991_14123334.jpg
























レッド



f0367991_14143128.jpg
























マットブラック/シルバー







f0367991_17130575.jpg
f0367991_17132085.jpg





















サドル高はどの高さまで下げることができるか?
実際に組み立てて調べてみました。

使用したシートポストは完成車にスペックインされているリッチー コンプリンク、サドルはプロロゴ スクラッチRSです。
サドル高は約540mm(BBセンター~サドル上面)まで下げることができました。

f0367991_14482032.jpg
f0367991_14501693.jpg






































シートポストによっては径が変形する部分からヤグラまでの長さが異なりますので、さらに低くすることも可能かも?
f0367991_16504085.jpg







































続いてはサドル先端からSTIレバー頂点までの距離感を測りました。
シートポストはオフセット10mmのリッチー コンプリンク、ステムはリッチー コンプ(80mm、84°)
ハンドルはリッチー コンプカーブ(幅380mm、リーチ73mm)を取り付けています。
STIレバーはハンドルと平行になるように取り付けました。


f0367991_15281235.jpg
f0367991_15310169.jpg







































距離は約594mmになりました。
この数値もオフセット0mmのシートポストや短いステム(リッチーでは最小60mm)にすることでさらに近づけることができます。
f0367991_15153339.jpg
f0367991_15193986.jpg






































ここまでサドルを下げ、ブラケットまでの距離を短くできました。
グランツーリズモR チームは小柄な方から幅広く対応できるモデルですね。
実際の適正なフレームサイズやポジションはお近くのウィリエール販売店までご相談ください。























@服部産業株式会社


by hattorisports2 | 2018-11-16 17:00 | Wilier(ウィリエール)

さらば? Cento1 SL

こんにちは! 服部産業の堺です。
先日行われた「熊野古道ヒルクライム」に参戦した時のことです。
パレード走行のため並んで、愛車「Cento1 SL」のトップチューブにふと目をやると…149.png

f0367991_13405573.jpg

クラックのようなキズが~!(写真は帰宅後、わかりやすいように加工したもの) 爪でなぞると引っかかる。
現場ではどうしようもないので、そのまま走りましたがコース上の荒れた下りでは内心ビクビク122.png
路面がウェット176.pngだったこともありビビリながらの下りは多くの選手に抜かれました105.png
※ちなみに結果は、1時間14分15秒16 年齢別6位/36人 総合62位/183名
原因は先月あらぎ島での落車? あの後、400キロほど走ったのに気付かず。無事で良かった~
来年の還暦祝いに新車購入の約束を取り付けているので、少し早くなったけど買ってもらう予定。
Cento1 SLを手放すのは残念ですが、買える楽しみができウキウキ169.pngしているのも事実
さて、新規購入の候補は、乗り味が軽いと評判の「ステッラSL」、人気で見た目も好みの「ZERO9」
来年はヒルクライムも頑張りたいので予算が許されれば「ZERO6」or「ZERO7」

後日、クラックと思われる個所を紙ヤスリで軽く擦ってみました。
すると、キズが分からなくなる! 単なる塗装面の引掻きキズだったのか? 奥様には、まだ内緒です155.png

by hattorisports2 | 2018-11-12 00:00 | Wilier(ウィリエール)