カテゴリ:軽量おぢちゃん( 177 )

2018 ジュニアロードを作る!②

2018 ジュニアロードを作る!①
からお読みください。
あとはワイヤー類とホイールのみになりました。
f0367991_14571184.jpg

ただ(?)、24インチのロードホイールって入手が困難なんですよね?
という事で、これから探す旅に出かけます。
見つかったら続きを書きますのでご期待くださいませ。
f0367991_14571425.jpg





@服部産業株式会社






[PR]
by hattorisports2 | 2018-03-04 00:00 | 軽量おぢちゃん

3月3日午前10時~

いよいよエントリー開始です。
今年は軽量アルミモデルで参加する予定です~(2019新型)
参加するのも自転車に乗るのも大変楽しみにしています。
まずエントリーを滞りなくすまさなければなりませんね!?

参加費は9000円

最近エントリー費が高くなってきた気がします。
でもあんなに大きな大会だったら、かなりの費用がかかっているはず~
あのロケーションで走れるのは最高だし!(天気さえ良ければ)

今年は1時間半以内でゴールしたい!


@服部産業株式会社






[PR]
by hattorisports2 | 2018-03-02 21:01 | 軽量おぢちゃん

2018 ジュニアロードを作る!①

ジュニアロードを作ります。
手元に「フォンドリエスト」の24インチロードフレームがあったので使いました。
ジュニアのトライアスロン大会で乗ってもらえたらイイかなぁ~と思っています!?
ここまで組み上げて「チェーンホイール」が無いのに気が付きました!!!!!
f0367991_11332647.jpg
という事で長いクランクを使って152mmの位置にドリリングしてみましょう!
4段階くらいに分けて下穴を作成します~
f0367991_11331532.jpgf0367991_11330948.jpg
ちょうど、ペダルタップがあったので助かりました(?)
f0367991_11330289.jpg
要らない部分をカットして完成(?)です。
切った事が分かるように、あえて元々あったペダル穴の面影を残しています。
f0367991_11325239.jpgf0367991_11324752.jpg

これで手応えがあれば「HTR」ブランドで進めたいと考えているところです。


@服部産業株式会社

完成車になるのにはまだまだ時間がかかりそうです。



左クランクも同様の作業が待っています。。。。







[PR]
by hattorisports2 | 2018-03-01 00:00 | 軽量おぢちゃん

ゼロノヴェを組み立てる④

ゼロノヴェを組み立てる③  からお読み下さい。

まず、ハンドルとサドルをチョイスします。
ハンドルはリッチー社の「エヴォカーブ」!
f0367991_11282404.jpgf0367991_11283736.jpg

アップバーが扁平加工された上にバックスウィープしていて、上り坂
などで握った時に脇が締まって上半身が固定されてペダリングに力が
入ります。
f0367991_11281935.jpgf0367991_11283281.jpg

大変、気に入っているハンドルです~今のところコレ以外は使う気が
起こりません。
実は現在乗っている「ゼロセッテ」や沖縄に行く時に乗る「GTR-SL
にも使っています。
上記の2台は最上位モデルでカーボン製の「スーパーロジック」を
使用しています~
アルミ製の「コンプ」はお手頃価格なので、みなさんも試してみては?
今回は「コンプ」を使用しようかと・・・・思案中。。。

以前は3T社の「エルゴノヴァ」はいいなぁ~と気に入っていたけれど
エヴォカーブ」と出会ってからは、コレばかりになりました!

ステムはメーカーを合わせて「WCS C220」にしようと考えています。
勿論、ボルト類はユニパー社のチタンボルトに交換します。
汗かきなので、リッチー標準のクロモリボルトはすぐに錆びさせた経験が
あるから、軽量化と錆び対策に役立ちます~個体差はありますが実測「107g」
に仕上がりました。
f0367991_11281298.jpg

サドルはプロロゴ社の「ディメンション」です。
軽量なのと適度なしなりがあって、乗り始めは違和感と思えるかも?
でも慣れてくるとクセになる一品です。

シートポストはポジションを出す関係でFSA社の「K-FORCE-LIGHT 32
を使用します。
合計で「362g」は嬉しい軽さですね!?
f0367991_11280730.jpg


@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2018-02-28 00:00 | 軽量おぢちゃん

ゼロノヴェを組み立てる③


電動変速を検討していて、バッテリーを外装にするかもしれません。
という事で「e-tube」を2本出す為にグロメットを自作しました~
ホームセンターへ行って代用できるものを購入し手を加えたのですが
思っていたより美しい仕上がりに満足しております。
ウィリエールは近年、内装タイプバッテリーにしか対応していないので
この様な加工が必要(?)になった次第です。
f0367991_11234030.jpg

既製品を加工したので防水性は劣りますが無いよりマシですよね!
現物合わせなので、もうひとつ「作れ!」と言われると辛いかな?
f0367991_11234589.jpg


@服部産業株式会社






[PR]
by hattorisports2 | 2018-02-26 11:40 | 軽量おぢちゃん

ゼロノヴェを組み立てる②

ゼロノヴェを組み立てる①からお読みください。

組み立てを進めます。
f0367991_15012348.jpg

とある理由があってBB下ワイヤーリードに手を加えております。
f0367991_15011787.jpg

取付ねじをアルミ製にモディファイしました。
マイナス頭のねじにすると「特別感」が出て格好イイと思います!
f0367991_15011118.jpg
f0367991_15010635.jpg



フレームは実測で「952g」です~シートクランプを加えても「972g」!
もっと軽いシートクランプにする事も可能ですね。
内臓のガイドの為にライナー管が入っているので取り除いてから計測します~結構重量がありますので
付いたままだと「1000g」を超えてしまいます。
実は「GTR-SL」も所有しているのですが、フレームの重量はほぼ同じなのです。
まだ乗っていませんが同僚のインプレを聞くと、比べ物にならないくらい「剛性」があるという事です。
長距離ライドを意識した設計の「GTR-SL」に対し、リアルレーシングモデルに仕上げられているのでしょうか!?
組み上げて、早く走りに行きたい気持ちです。
f0367991_15005231.jpg
f0367991_15004875.jpg


@服部産業株式会社




[PR]
by hattorisports2 | 2018-02-16 15:12 | 軽量おぢちゃん

クロモリ製ロードバイク①

クロモリ製ロードバイクの可能性も考え直しています。
これはイメージ車種になります。(もう嫁ぎ先が決まっている一台ですが・・・)
f0367991_11515367.jpg
オーナーになる人はロードバイク乗りというよりはクロモリ製ロードバイクが気に入っている
ナイスな紳士なのです。
自転車に乗りたいから、どんなモノにするか考えているのではなく、このクロモリ製ロードバイク
に、乗りたいから手に入れる!というロジックを持っているのです。
f0367991_11514722.jpg
動機」は乗る人によって色々あるのだと知った今日この頃です。
f0367991_11514234.jpg
2019モデルはどんなモノに仕上がって夏ごろに皆様の前へ披露できるか、ドキドキする日々を
過ごしています。

イタリア本社でのミーティングが終わって、そろそろアンバサダーが帰国する頃です~楽しみですね。




@服部産業株式会社







More
[PR]
by hattorisports2 | 2018-02-10 00:00 | 軽量おぢちゃん

プロトタイプ ②

完全体ではありませんが~一応、「かたち」になりました。

見た目は何の変哲もないアルミロードバイクです。
f0367991_11513656.jpg

実測すると「6735g」しかありません!(ペダルレスですが・・・)
UCIのレギュレーション以下です(ペダルを取り付ければOKですが・・・)
f0367991_11513073.jpg
特別すぎるパーツは使用していないから、このままで十分走り出せます。

アルミバイクの可能性を考えています。
まだまだカーボンバイクより優位に立てるのでは?と・・・
フレームとパーツのバランスを取りながら構成を決めている最中です。

本番のフレームは(形状&カラー)は極秘にウィリエールで進められています。
何度も書きますが、6月に間に合えば・・・という今日この頃です。


@服部産業株式会社


まだパーツ構成は変更していくので「かたち」になれば公開していきます。











[PR]
by hattorisports2 | 2018-02-09 00:00 | 軽量おぢちゃん

関西シクロクロス参戦記2017~2018 ②

「らりるれさん」のシクロクロス参戦記・後半です~

第5戦 ビワコマイアミランド
琵琶湖湖岸に面するビワコマイアミランドで行われた。砂浜を走るテクニックが問われる特殊なコースで、ランや担ぎといったシクロクロスらしいステージともいえる。
エントリー85名 出走79名 スタート順65番と後方からのスタート。後ろからだとスタートしても前は全然見えません。
砂にめり込んでも走れるかなと思って、ホイールをデープリムに替えました。とにかく少しでも前に上がろうとするが、また抜き返されてあまり順位に変動なし。後半は、疲れて遅れてきてた選手をちょっとかわしてゴール。
38位48%でした。


第6戦 烏丸半島
コースは急なキャンバーと平地を組み合わせた、晴れて乾いた路面と相まってスピードコースとなった。
エントリー100名 出走85名 スタート順74番、ついにエントリー数100名に達した。下から毎回4~6名上がってきて、上がれるのはは、2名
当然人数は増える。その中で後方スタートは辛い。
結構キャンバー不得意の選手が多く、スピードコントロールをしやすいブレーキ、タイヤのグリップ感も伝わるホイールで順位を上げてゴール。
33位38%でした。

f0367991_14061123.jpg
f0367991_14055763.jpg
f0367991_14054189.jpg

第7戦 希望が丘文化公園
例年寒い気象条件になる年明けの希望が丘、今年は暖かいと感じるほどの晴天となった。コースは昨年からトレランルートになった箇所は走りやすくなり、ペースが上がるスピードコースとなった。
エントリー101名 出走86名 スタート順34番 抽選では、前方でのスタート。しかし、登り下りのハードなコースで、前スタートでは、強い人のペースについて行こうと頑張り、1周でペースダウン。
マイペースに落とすも、かなり遅いペースになってしまい後半抜かれまくってゴール。
48位55%でした。

f0367991_14071241.jpg
f0367991_14070183.jpg
f0367991_14064901.jpg

第8戦 堺みなとグリーン広場
平坦でスピードが求められる芝生と攻略が難しい砂場セクションを組み合わせた堺。今年は海からの風は弱かった。
エントリー103名 出走79名 スタート順102番 最悪のスタート順。グリットに並ぶと私が一番後ろ。唯一の救いは、出席率が8割を切った事か。
他のクラスは、7割くらいしか出走しないが、一番大人数の私のクラスの出席率は異常です。地元なので頑張らなきゃと言う事すらできませんでした。
50位 63%でした。

f0367991_14080083.jpg
f0367991_14075258.jpg
f0367991_14074145.jpg

第9戦 スチールの森日吉
珍しく1月開催となって雪の心配があったスチールの森京都(府民の森ひよし)。エントリー99名 出走77名 従来とはコースレイアウトが少し変わり、路面は石つぶでパンクしやすい。
新しいバイクにちょっと浮気して臨みました。
47位 61%でした。

f0367991_14083296.jpg
f0367991_14082466.jpg

第10戦 桂川緑地公園
恒例となった千秋楽、桂川の河川敷で行われ、秋の台風の影響も少し残った状態。
エントリー115名 出走92名 スタート順36番 シリーズ最終戦。毎年天候に泣かされるコースですが、今年は晴天。でも、コースは、朝霜が融けてヌルヌルとキャンバー区間は滑る。
こんなコースは、他が勝手に崩れてくれるので面白いように抜いて行きゴール。
シーズン最後で初めて次走のシード権を獲得。同じレギュレーションなら、次(来季)は、シードで前からスタートできます。
18位 19%でした。

f0367991_14104778.jpg
f0367991_14103313.jpg
f0367991_14102363.jpg

10戦で、8戦完走(1戦中止・1戦DNF)完走した全て残留基準(66%)達成!19%は、1発残留です。



@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2018-02-07 00:00 | 軽量おぢちゃん

ゼロノヴェを組み立てる①

Mt.富士ヒルクライムにエントリーを済ませて、次はバイクを用意します。
まず、軽量化が大事になります。
下の画像はフレーム小物を取り付ける「小ねじ」になります~
BB下ワイヤーリード、リヤエンド、アウター受けに合計6本の「小ねじ」を使用しています。
f0367991_14440751.jpg

スティール製の「小ねじ」は合計で「5.16g」あります。
小さなねじでも数が集まれば結構な重量になります?
f0367991_14440240.jpg
チタン製に交換してみましょうか!?
合計で「3.16g」になりなんと「2g」の軽量化達成です!
試してみる価値はありますね。。。
f0367991_14435715.jpg
アルミ製に交換すると~なんと「1.74g」になりました。

f0367991_14435208.jpg
実は一番手前の「小ねじ」はマグネシウム製なのです!スティール製が「0.46g」なのに対し
「0.09g」しかありません。
これは「2kg」のスティール製フレームに換算すると「391g」のフレーム重量に匹敵するのです!
驚異的な軽さなのが分かりますね!!!!
f0367991_14434708.jpgf0367991_14434100.jpg


組み立ては始まったばかりです!


@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2018-02-06 00:00 | 軽量おぢちゃん