人気ブログランキング |

HTRのニュープロダクツ 番外編⑤

もう暫くしたら「ホイール」をリリースする予定です。
前後で「1400g」台のアルミレーシングホイール!
チューブレスレディ仕様でホイールアレンジメントは「2:1」~
価格は5万円以下を目指しております。

スポークは「ストレートプル」タイプではなく、トラディショナルな「Jベンド」を
採用しました。
これはスポークが破損した時のアクシデントにおいて、交換を容易にする為です。

もう2年以上ホイールのテストをしてきました。
理由は考えていたより「2:1」のホイールが難しかったのです~

リヤホイールで「24H」で「2:1」組みするとノンドライブ側は「8本」のスポーク
で支える事になります。
大阪でホイール組みを得意にする小売店の店長(知人)に訊いたところ、スポークの
首部で折れてしまう~というアドバイスを頂きました。

いろいろと探し特注したこのスポークのデータを店長に話したところ、それなら
OKかもしれない~
早速、サンプルを作成してもらってホイールにインストールして実走テストを行って
います~今のところ数千km走ってトラブルはありません。
これじゃないと「2:1」は組めない~組んでもまともに走れないという話です。
このスポークには市販されているものにはない「3種類」のテクノロジーが組み込まれて
いるのです。
折れないようにするだけで強いものを作るのは簡単です、それでいて軽くするのが
難しいのです。
f0367991_09152148.jpg


しかしながら他のところでスポーク折れが発生する事が分かったのです。
リム側のニップル付近で折れていました~
体重が80kgオーバーのライダーが使うと「折れ」が早いのです。
これもノンドライブ側での話なのです。。。
「2:1」で組む為にスポーク穴を真下にあけているリムを使っていた
のですが、これが原因だった様で~「8本」で支えるには真下ではストレスが
多いみたいでした。
「2:1」でスポーク穴を振り分けた特注リムを作成する事にしたのです。

大手メーカーの「完組ホイール」の偉大さを痛感しましたね~
でも、これを完成させて「手組みの最高ホイール」を世に出したと考える
今日この頃です!!!!




@服部産業サイクリング部











by hattorisports2 | 2019-06-20 00:00 | 軽量おぢちゃん
<< グルメライド2019 海鮮丼編 2020 ウィリエール ニュー... >>