モンテグラッパ ディスク

2018から継続のモデルです。

一見すると、ありふれた~アルミフレームのディスクブレーキ仕様ロードバイク(エントリークラス)
なのです・・・が、結構こだわりがある一台に仕上っています。
レッドカラーはイタリア本国には無いジャパン専用色なのです!!!!!
f0367991_21304970.jpg

画像の一台はスタッフの通勤用スペシャルモデルです。
市販のモデルとは仕様が違います~
フレーム販売もしていますので、己の好みで組み上げる
のも、宜しいのでは?
フレーム販売はディスクブレーキ本体付きです!
お手持ちのパーツがあれば(クランクや変速機)費用も
そんなにかからないはず?
タイヤサイズは35C相当までOK!
650Bホイールを嵌めてみるのも面白いですね!?
近年の傾向でディスクブレーキロードバイクといえば
①スルーアクスル
②ハイドロ(ホース)ディスクブレーキシステム
となる場合、ちょっとメンテナンスが面倒なのと価格が高くなるという
デメリットが出てきます。

モンテグラッパ ディスクは
❶5mmクィック(フロント100mm、リヤ135mmエンド幅)
ワイヤー引きハイドロ(油圧)ピストンディスクブレーキシステム(通常のブレーキレバーで操作できます)
ディスクブレーキ仕様のロードバイクが普及するのには、なるべく既存のシステムが使える方が
良いと考えたのです。
こんなの「古い」と思われるかもしれませんが、扱いやすいんですよ!
出先でアクシデントが発生しても対応しやすいのが一番ではないでしょうか?

「ディスクブレーキ」=「頑丈」ってイメージがあるのか、重たいホイール
普通なんですよね(あくまでも個人の意見ですですが・・・強烈なストッピングパワーを受け止めないといけないからなぁ~)
軽くてリーズナブルな価格のものがあれば、もっと軽快に走られて楽しくなると
思うんやけどなぁ~
完成車を持った時に「ずっしり」とするのがマイナスポイントだと感じています~




あぁ、軽いディスクブレーキ用ホイールが欲しいぃ~!?






@服部産業株式会社









[PR]
by hattorisports2 | 2018-08-05 22:07 | 軽量おぢちゃん
<< アンドレア~ニッポンビジネス旅行② アンドレア~ニッポンビジネス旅行① >>