EZ500mu

クロップスよりオートテールライト「EZ500mu」の紹介です。
f0367991_13590923.jpg



大人気だったEZ400muがさらにパワーアップして登場しました。
点灯、点滅、点滅(チェイスフラッシュ)、そしてオートモードがあります。
オートモードでは、振動と明るさを感知することで、暗くなると自動で点滅してくれます。
トンネルに入った時など、いちいち操作する必要がないので大変便利です。
また、暗いところから明るいところへ出た場合や、振動を感知しなくなった場合も、安全のために約60秒間は点滅し続けます。
(つまり反対に、駐輪などで振動のない状態が続くと、約60秒後に自動で消えてくれるのです。)

センサーの性能が向上し、ボディのパーツが半透明になったことで、明るさを感知しやすくなりました。
f0367991_14074928.jpg

サドル下のような光が届きにくい場所に取り付けた場合でも、地面からの反射光を感知することで誤作動を防いでくれます。
反対に日中のやや明るいトンネルなどでは、地面が陰で反射がなければ、ちゃんと点滅してくれます。


さらに「レッド」はレンズ周辺のパーツも半透明で、横からも見えやすくなっています。
これが意外と便利で、自分(ライダー)からも点灯を確認しやすいです。
f0367991_14075039.jpg

f0367991_13593947.jpg



USB充電式でケーブルも付属します。
付属のブラケットも多彩で、ホーマルのシートポストはもちろん、エアロ形状のシートポストやシートステーにも取り付けが可能です。
f0367991_14074915.jpg


[スペック]
赤色LED×5
生活防水
オートセンサー
電池残量表示機能
重量:約22g
サイズ:68mm×24mm×19mm
連続点灯:約5.5時間
連続点滅:約40時間
チェイスフラッシュ:約200時間
マイクロUSB充電:約2時間(USBケーブル付き)

















@服部産業株式会社


[PR]
by hattorisports2 | 2018-07-16 20:00 | クロップス
<< ゼロセーイを組み立てる③ ウィリエール 2019モデル  >>