PEAKS5蓼科ラウンドへ向けて② ナゴエボ スペースを使ってみた

こんばんは! 服部産業の堺です。
PEAKS5蓼科ラウンド編の第2段、新しい機材(パーツなど)投入です。

f0367991_20002958.jpg
サドルをプロロゴのナゴエボ スペースに替えました!
PEAKS5は(走行距離193キロ、獲得標高5154m)、単純計算で1キロの獲得標高が26.7m。これを目安に金剛~高野山(123キロ、獲得標高3000m)1キロあたり24.4mを練習コースに設定し、
ペース配分を重視して5月末までに2度走りました。2度ともアベ22キロ前後で走りきれたので、完走ペースは多分把握はず? 
ただ、ペースを重視するとサドルに過重がかかり過ぎ、愛用のサドルがヘタっていることもあり、お尻が痛い…
ロード練習のように高速走行ならハンドル、ペダルに分散されて気にならないが、アベ22キロだと…手持ちのプロロゴ・ディメンションでも辛そうだ。
できれば、当社取り扱いのプロロゴで良さそうなのはないか??? カタログを見ているとパスよりも溝?広く、アンコも多い(3㎜)とある!
以前、パスを使ったときは溝の幅も合わず座面も固く乗りこなせなかったので手放したのですが、スペースは良いかも?
カテゴリーとしてはコンフォートモデルで幅もスタンダードの134㎜より広く141㎜
私はサドルの真ん中~ノーズに座るので広くても問題なし! カタログ重量も235gでまずまず、欲を言えばCPCが付いていれば~色もホワイトが~


f0367991_20003758.jpg
早速サドルを付け替えてお試しライド、午前中は所用があったので13:00頃から金剛ロープウェイへの上りを含む73キロのコースへ
この前に1度150キロほど走ったのですが、ポジションが上手く出せずノーズ側に多く座ることになり、思うような感触では無かったのです。
で、今回は前後、高さ、水平を細かく調整しながらのライド。結果OK!これなら193キロをストレスなく走れそうです。


f0367991_20004331.jpg
ついでにシューズも痛んできてたので買ってもらいました。
初のスピードプレイ専用シューズです。
ダイレクト感があって良い感じ! しかし、シートポストを約1㎝下げました…、見た目的にはトホホです。
それに足の甲や踝が痛かったりするので、現在使用しながらシリコンラバーを当てたり底面の角度を変えたり補正中なのでPEAKSで使うかは???

これでパーツ交換はない予定、後は相棒を Cento1 Airにするか Cento1 SL するか、ホイールは? ギア設定は?
楽しい悩みがいっぱいです(嬉)


















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2018-06-01 20:00 | その他
<< 2019ニューモデル ラグドス... PEAKS5蓼科ラウンドへ向け... >>