気になるモデル④ 番外編グランツーリズモRチーム

今年も「Mt.富士ヒルクライム」「マウンテンサイクリングin乗鞍」に参戦予定なので、そろそろ練習を始めないと・・・
ということで、グランツーリズモRチームでの通勤を再開しています。
f0367991_14022279.jpg

モンテグラッパディスクから乗り換えてみると、レーシングバイクだということを感じさせてくれます。
踏み込んだ力(体重多め)が推進力に変わるような感じは気持ち良いです。
硬めの46Tと30Tを合わせて使うことで、不快にならない硬さが導き出されているのでしょう。
60Tカーボンの「Zero.9(ゼロノヴェ)」を使いこなす自身のないワタシにはピッタリだと思っています。
よく走ります。

コチラ①も参照ください。
コチラ②も参照ください。
(過去記事のため、価格その他の情報は当時のものです。ご了承ください。)


気になることがありまして・・・
出荷業務を行う際にお嫁入りするフレームを準備するのです。
グランツーリズモRチームのマットブラックがカッコイイ。
f0367991_14022741.jpgf0367991_14023256.jpg

私はカラーに関して迷った結果、ホワイト/グレーに決めました。
さわやかで長く使えそうなので大変気に入っています。
それでも、「Zero.7(ゼロセッテ)」を思わせる、どことなく高級感のある、早そうな「マットブラック」は気になるのです。
ということで、番外編でした。
f0367991_14070583.jpg



















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2018-04-27 00:00 | Wilier(ウィリエール)
<< ワールドサイクル・ベックオンフ... 富山サイクリングフェスティバル >>