Cento10Air(チェントディエチエアー)のハンドル&ステムについて

2016年にブランド誕生110周年を迎えるウィリエール・トリエスティーナ。
新たなフラッグシップとして登場したのがCento10Air(チェントディエチエアー)です。
f0367991_15175815.jpg

メモリアルイヤーに満を持して登場しただけあって、販売店からの評価も高いモデルに仕上がっているようです。
実は発表当初から、「通常のハンドル&ステムで」使用できないのか?という問い合わせが少なからずありました。
ウィリエール・トリエスティーナ開発部に話を聞くと、
Cento10Airは「アラバルダ」を使用することで完成形と考えている
ということでした。
しかし今回、ウィリエール・トリエスティーナはやってくれました!
通常のハンドル&ステムで組み上げることを可能にするオプションパーツをリリースしてくれたのです!


f0367991_20213135.jpg
メカニカルケーブルプレートセット:6,500円(税抜き)


f0367991_20214166.jpg
ダストカバー:2,500円(税抜き)

実際に組み付けると、こんな感じになります。
この場合、シフトケーブルはダウンチューブのケーブルプレートまで外装になります。
プレートにアジャスターは付属しないので、市販のケーブルアジャスターなどの仕様をオススメします。
f0367991_20343254.jpg

お好みのハンドルやステムがある方も、是非Cento10Air(チェントディエチエアー)をお楽しみください。


また、Di2プレートも用意しております。
こちらはハンドルの種類にかかわらず、Di2で組み付ける際に使用します。
もちろん、もともと付属しているプレートでもDi2の組み付けは可能です。
よりスッキリとした外観をご希望の際には、是非ご利用ください。
f0367991_20530175.jpg
Di2プレートセット:6,500円(税抜き)


Cento10Air(チェントディエチエアー)
フレーム:440,000円
アラバルダハンドル:72,000円
フレーム+アラバルダハンドル:500,000円
デュラエース/WH-RS9100-C40-CL:910,000円
デュラエース/WH-RS11:710,000円
アルテグラ/WH-RS11

完成車はアラバルダハンドル付です。
価格は税抜きです。


















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2016-11-07 22:00 | Wilier(ウィリエール)
<< 週刊「ユニパー 2:1 ホイー... イワイ・ZING²様主催試乗会... >>