タグ:2018 ( 24 ) タグの人気記事

服部産業株式会社サイクリング部2017 ⑨

2018ニューモデルの「ゼロノヴェ LTD」の入荷が始まりました。
まだ全数の入荷はありませんが順番にアッセンブルして出荷していきます。
ちょっと忙しくて大変?
汗だくになって仕事しております~水分補給は大切ですね。
f0367991_13041240.jpg

人気のブルーです。早ければ週末には店頭で並ぶはずです。
勿論、鈴鹿でも展示しますのでウィリエールのブースまでお越しくださいませ。
f0367991_13040031.jpg




@服部産業株式会社







[PR]
by hattorisports2 | 2017-08-17 13:11 | 平ぱ~兄さん日記

ユニパー・ニューカーボンホイール・neo35

ユニパーのニューカーボンホイールです。

出来立てホヤホヤのニューデザイン・カーボンリム(チューブラー)で組み上げた
2:1 アレンジメントのロードホイールなのです!
とにかく、カッコイイのです!!!!!
f0367991_08174090.jpg



リム設計は現行モデルよりワイド化、ハイトは若干低くなりました。(20mm→24mm、38mm→35mm)
強度はアップ、スポークテンションは1300Nまで耐えうる優れ物です。
メンテナンス性を上げる為にニップルはインターナルタイプではなく
ノーマルタイプになっています。
リヤホイールの実測重量が「665g」しかありません。
同価格帯のカーボンクリンチャーホイールだとフロントホイールの重量くらいでしょう!?
やっぱり軽さが大事です!!!!!!
画像では分かりにくいのですが、カーボンの編目が美しい~
f0367991_08171294.jpgf0367991_08170417.jpg



他メーカーと大きく違うのが、2:1アレンジメントで「24H」仕様というところ!(他は21Hが多い)
スポーク数が少なくなるとリム強度が必要になり重量増に繋がるし、スポーク1本に対するストレス
も増えます。いろいろな事を考え「24H」を選択したのです。
f0367991_08172904.jpgf0367991_08172211.jpg



そもそも、ホイールの強度は「総テンション数」と考えています。
1本のスポークが何N(ニュートン)で張られているのも重要な話ですが、構成する
総てのスポークのテンションを合計した数値がホイール自体の強度になるのです。

基本的な考えは、スポーク1本のテンションが1000Nだとすると24H(24本)で、合計は24000Nになるでしょう。

リヤホイールだと少し計算が面倒で、ドライブ側だけテンションと反ドライブ側のテンションは違うのは
皆さんも承知の話。
通常のホイール」だと、ドライブ側は1000N×12本=12000Nになり
反ドライブ側はドライブ側に比べて約半分くらいのテンションになってしまうので
仮に計算すると、1000N×1/2×12本=6000Nになり合計が18000Nのホイール強度
になると思うのです。

2:1アレンジメント」だとドライブ側は16本になるから、1000N✖16本=16000Nになり
反ドライブ側はほぼドライブ側と同じテンションなので(構造上)1000N✖8本=8000N
ということで合計は24000Nになります。
机上計算で1.33倍の強度になるのです。

という事は、強度を同じにするならば1本あたりのテンションを下げられるので計算すると
750Nですむのです。
スポーク(ニップル)の緩みの問題があるので下げるのには限界がありますが、ストレスが
少ないホイールに仕上げる事も可能だと思います。

リム自身が現行モデルよりかなり強度が上がっているのもあり、「2:1アレンジメント」で
組み上がったホイールをはめて実際に走ってみるのが、楽しみで堪りません?

加速の良さと上りの軽さを持ち合わせるホイールに仕上げたいと思っています。
スポークテンションはどのくらいにしようかな!?

<考察>
時代はカーボンクリンチャーに向いていますが、重量面(加速、登坂力)を考慮すると
まだまだチューブラーの方が有利だと思います。
ころがり抵抗の少ないクリンチャータイヤが(多くリリースされて)優位になっていますが
平地のタイムトライアルでは使ってみたいけど、ヒルクライムではやっぱり軽さを選びますね。
最近コルサなどころがり抵抗の少ないチューブラータイヤがリリースされているので試して
みたいところです。

アルミ鍛造の後にCNC加工を施した2:1 アレンジメント専用設計されたレーシングハブを使い
それに合わせてオーダーされた今回のニューカーボンリムで組み立てられることにより
ユニパー社の理想的なホイールが完成したのです。
ax-lightnessやtuneの設計に携わっていたアンドレアス氏が長年かけて築き上げた結晶といえます。
生産の安いアジアに拠点を変えて、ブランド料がかからない己のオリジナルでリリースすること
により、コストを限界まで削り込みました。




@服部産業株式会社





More
[PR]
by hattorisports2 | 2017-08-05 07:00 | Yuniper(ユニパー)

2018 ウィリエール・ニューモデル 番外編⑩

グランツーリズモR のニューカラーです。
f0367991_15354515.jpg

グロス・ブラック/シルバー・カラーが入荷しました~
エントリーモデルでありながら、30T46Tをミックスしたカーボンフレームで
エンデューロやヒルクライムが得意なロードバイクなのです。
f0367991_15353892.jpg



新しいアルテグラで組み上げました。
今までのグランツーリズモRとは少し印象が違いますね!?
展示用に「赤いバーテープ」をチョイス!気に入っています。
ステム、ハンドル、シートポストはウィリエールのロゴ入りです(FSA製)。
ダウンチューブのシルバーの胴抜きがしぶい!画像では白っぽくみえますがシルバーです。
レッドも鮮やかで格好良いですね!?
f0367991_15352319.jpgf0367991_15351535.jpg



@服部産業株式会社

個人的には大好きな車種です。
グランツーリズモR Teamになるとフレーム設計がグランフォンドよりになるので
ハンドルポジションが2cmほど高くなります。
上の画像を見て頂くとグランツーリズモRのヘッドチューブの短さが分かりますね!?
上位機種のチェントウノ譲りのフレーム設計なのです。
上りでハンドルポジションが高くなるとペダルに体重がのらなくて進んだ気がしません(?)
この価格帯のロードバイクの中では優れていると思っていて、ホイールをカーボンへ
交換するだけでバリバリのレーシングモデルにモディファイできると確信しています。
ユニパーの新しいカーボンホイールを嵌めて乗鞍を走ってみたいですね?→ユニパー



[PR]
by hattorisports2 | 2017-08-02 10:00 | 軽量おぢちゃん

2018 ウィリエール・ニューモデル⑫

チェントディエチ NDR です。

イタリア旅行で乗ってきたニューバイクです。やっと皆様に紹介できます!
f0367991_14342481.jpg

60Tカーボン+S.E.Iフィルム仕様でゼロセッテ譲りの素材を使った、2018 ウィリエールの
ハイエンドモデルです。
リヤステーには小さなリンクが設けられていて、エラストマーダンパーを介して路面(悪路)からの
ストレスを軽減します。
f0367991_13214002.jpgf0367991_13213977.jpg



基本はレーシングモデルのチェントディエチ、来期にチームがヨーロッパのコンディションが
良くないコース(路面)で走行する時に有利な仕様になっていて、パヴェでの使用を予定しています。
他のメーカーのものに比べて、ダンピング時の剛性が高く、ポジション変化が極めて少ない設計
になっているところがオススメポイントなのです。

パヴェを走行する時はおそらく、ディスクブレーキ仕様になっているでしょう。
画像のチェントディエチ NDR はシマノのダイレクトマウントブレーキが搭載されていますね?
ディスクブレーキ仕様のフレームは他に用意されるのではなく、このフレームをディスクブレーキ
仕様にモディファイする事が出来るのです。
f0367991_15353726.jpg



別売りのエンドとスルーアクスルを用意すれば、100✕142 スルーアクスル仕様になるのです。
フラットマウントディスクブレーキ台座は最初からフレームに搭載されていて、要するに
チェントディエチ NDR はダイレクトマウントブレーキとフラットマウントディスクブレーキの
両方が使える仕様になっているのです。
今後、ディスクブレーキ(ハイドロ)は増えてくると考えられますが、まだ市場では慣れ親しんで
いない状況なのです。
最初はダイレクトマウントブレーキ仕様で乗っていて、将来にディスクブレーキの選択肢が
増えてくるのを待ってモディファイするという楽しみ方ができるのです。
f0367991_15365612.jpgf0367991_15370972.jpg



アルテグラグレードでDi2+ディスクブレーキがリリースされるのを待っています?

ステアリング部はバッラ(ハンドル)とステンマ(ステム)で構成されています。
チェントディエチエアーではエアロダイナミクスを追求した一体型のアラバルダを構成していますが
チェントディエチ NDR では組み合わせを重視したセパレートタイプになっています。
シフトケーブルのルーティングは、アラバルダと同様の内蔵タイプでハンドル~ステム~フレーム
を経由するのでステアリング部での露出はありません。
f0367991_15382788.jpg



ディスクブレーキにモディファイした時はフロントのブレーキホースも内蔵され、フロントフォークの
ブレード内側から出てくるまで露出はありません。

シートポストはラウンドタイプのΦ27.2が取り付けられていて、他のブランドへモディファイする事が
容易に行えます。標準スペックはリッチー社のスーパーロジックLINKカーボンが付属していて、震動吸収性に
優れた組み合わせになっています。

イタリアでの試乗会においてスポイル無き乗り心地の良さとブレーキ性能(ディスク)の高さに試乗した
方々からお褒めの言葉を頂きました。




@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2017-07-26 15:00 | 軽量おぢちゃん

2018 ウィリエール・ニューモデル 番外編⑦

チェントディエチ エアーです。

前回少しだけお話しした「ロルフ・ヴィガー」仕様です。
めっちゃお買い得くな価格設定になっております~ここではこれ以上書けないので
本当に興味がある方は、ウィリエールの販売店に相談してください。
ロルフホイールはアメリカで1本、1本ハンドメイドで組み上げられています。
その為に注文してからある程度の納期が必要になります。
その為このモデル(仕様)は通年において生産が困難になり、受注は今回の展示会
のみとなりますにでご了承下さい。
f0367991_14103814.jpg

フレームとホイールのマッチングが最高です(?)
f0367991_14102809.jpg



@服部産業株式会社


[PR]
by hattorisports2 | 2017-07-26 12:00 | 軽量おぢちゃん

2018 ウィリエール・ニューモデル 番外編⑥

こちらも東京展示会用に組み立てた、「モンテグラッパチーム」です!

アルミフレーム+カーボンフォークのエントリーモデルです。
標準とは違うシルバーパーツで組み上げてみました。
かなり印象が変わってくるのでビックリ!
メインコンポは105(5800)、ホイールはWH-RS11ほかリッチー、プロロゴ、ヴィットリア
がアッセンブルされています。
f0367991_10153635.jpg



全体的なイメージが今までの「ウィリエール」とは違っていると思えます。
ちょっと目立って乗りましてみませんか~レッドはカタログ外のカラーで
限定生産品になっております。
f0367991_10152870.jpg



ハンドルはエルゴタイプではなくトラディショナルな「丸ハン」を搭載しました。
赤いスエード調のバーテープがおしゃれ感を際立てています。
f0367991_10152115.jpg



サドルはなんとプロロゴ社のナゴエボCPCタイロックスが取り付けられています!
ホワイトカラーがまた似合っていますね!?
f0367991_10150821.jpg


試験的に組み立てたものなので生産予定数はかなりの極少です!!!
興味のある方はウィリエールの販売店にお問い合わせ下さいませ。



@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2017-07-26 11:00 | 軽量おぢちゃん

2018 ウィリエール・ニューモデル 番外編⑤

東京展示会用に組み立てた「ストラーダ・クロモリ」です!

オーバーサイズのクロモリチューブをTig溶接した一寸クラシカルなロードバイクなのです。
f0367991_14044394.jpg


105(5800)11速コンポーネントで組み上げられたスマートな一台になっていると思います。
f0367991_14043606.jpg


ステムは地面と平行にしたいと考え、17度をチョイスしました。(販売時はリッチーの6度になる予定です?)
胴抜きのマーキングがお気に入りポイントですし、クロモリフォークも格好良いと
思っております。
白いバーテープも合っているでしょ?
f0367991_14042368.jpg


サドルは全体のイメージを演出するために、革張りの「リーガル」をチョイス!
今すぐにまたがって、郊外へ走りに行きたくなりますね?
f0367991_14041559.jpg


今回、なぜこの「ストラーダ・クロモリ」を組み立てたのかというと、ブレーキ部を見て頂ければ
分かります!
「ストラーダ・クロモリ」のブレーキ寸法はラージサイズ、そこへ105(5800)のブレーキを取り付ける
事は出来ません。しかしながら今回は可能にしたのです。
「HTR」のオフセットブレーキシューを組み合わせれば、この通り使えるようになりました。
f0367991_14040697.jpg


オフセットブレーキシューの取り付け用展示車なのです。
せっかくなのでこの仕様で少数だけ販売する事にしました~販売時には少し変更があるかも?です。

<考察>
BR-5800はもともと、Maxで53mmありオフセットブレーキシューを組み合わせると63mmまで
リーチサイズを伸ばせます。
小径車などで使用できるブレーキの幅が増えると思っています。
ただ、リーチサイズが増えるとブレーキの制動力が若干低下するので気を付けなければならない点です。
著しく不安に思える時は使用を控えた方が良いですね?
今回のフレーム設計の範囲では十分な制動力が確保されているでしょう。



@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2017-07-26 10:00 | 軽量おぢちゃん

2018 ウィリエール・ニューモデル⑪

ジャルーン・クロモリ ディスクです。

ウィリエールのグラベル系のバイクです。
クロモリフレームに、スラムのライヴァルハイドロディスクブレーキ(ロード用)を搭載した
ウィリエールでは珍し系の一台といえます~
700✖40Cのセミブロックタイヤはオンロードや、ちょっとしたオフロードでも走行可能です。
f0367991_15125097.jpg



オーバーサイズのクロモリチューブを溶接しています。
ビードがほぼ見えない特殊な溶接技術になっています、美しい仕上がりにイタリア旅行で
日本入荷前のジャルーンを見てきた方々がため息(?)をついていたほどです。
f0367991_15133875.jpg



「JAROON」と書いてジャルーンと読みます。詳しい意味は知りませんが・・・
f0367991_15134871.jpg



フラットマウント(ディスクブレーキ)を搭載するリヤエンド部です。
フロントはΦ160、リヤはΦ140 ローター仕様。
オイルはDOT 5.1。
f0367991_15130119.jpg



ホイールの取り付けは、前後ともスルーアクスルになっています。
ローギヤは42T
スラムの変速システムを搭載。
f0367991_15130873.jpg



勿論、ハイドロタイプのダブルタップ(ライヴァル)、見た目はごついけど
ブラケットの握り心地は満足できる出来に仕上がっております。
f0367991_15132811.jpg



フロントは44Tの1✖(ワンバイ)仕様です。
ロード系にも、この流れは来ているのでしょうか?
フロントチェーンリングはワイドナローを搭載し、チェーンウォッチャーを
省略しています。
ローギヤにすると比率はほぼ「1」になります。
40年以上前はリヤのスプロケットは5枚が標準、フロントがダブルでも
10段変速しかありません。
現在のスプロケットは11枚まで増えていて、1✖(ワンバイ)でも11段変速になり
かなり数が増えているのが分かります。
10段変速の時代はリヤは「13-15-17-19-21」が標準的な組み合わせで
フロントは「52-42」で、比率は「4」~「2」でした。 (画像は参考)
f0367991_10321871.jpgf0367991_10320995.jpg

ジャルーンはリヤが「11~42」フロント「44」なので比率は「4」~「1.05 」
になり、かなりなワイドレシオなのです。
ローギヤでは倍近く軽くなっているので激坂にも対応している(?)です。
半世紀弱で変速の概念が変化したところです。
スプロケットが5枚だった頃は、ローギヤ(比率)を軽くするにはフロントギヤを
ダブル、トリプルへと増やしていったわけですが、フロントを1枚でリヤの
枚数を増やし、歯数を増やすといった発想はなかったんでしょうね?
あったとしても、それを実現化させるテクノロジーがなかったのだと思います。
現在は当たり前の如く存在しているのだから、驚きですね?

今後、ロードレーサー系はダブルのコンパクトギヤ、クロスバイク系は1✖(ワンバイ)が
主流になってくる??
ローギヤはいずれも歯数が増えてロードレーサ系は28Tが標準、30Tオーバーもあり?
クロスバイク系は42Tかな?
f0367991_15131864.jpg


クロモリフレーム(オーバーサイズ ラグレス)

ハイドロディスクブレーキ

スルーアクスル

1✖ (ワンバイ)

700✖40C

<考察>
自転車の新しい方向性を非常に上手く組み合わせたロード系の完成車になっていると思います。
おそらく誰もが一度は乗ってみたくなると・・・試乗会に置いてあればカテゴリーの枠を越えて
人が集まるでしょう。
ただ、ここまで頑張った仕様だと価格は安くはなりません。
コストを下げると必要なパーツ構成から外れてしまい魅力がなくなるのです。
市場がこのような方向に向けば、数の原理でコストは下がると思いますが難しい話でしょう?

この車種はイレギュラーで入荷したものなので展示会のみのデリバリーとなりました。
2018のレギュラー販売はありません。ご了承ください。



@服部産業株式会社







[PR]
by hattorisports2 | 2017-07-25 13:00 | 軽量おぢちゃん

2018 ウィリエール・ニューモデル⑩

ゼロノヴェ LTD のマットブラックです!

こちらは展示会仕様のデュラエースMix完成車です。
スプロケット+チェーン+BBがアルテグラグレードになっているので少しお買い得?

ブレーキ、クランクもデュラエースです。
価格を抑える為にこの2点を下位グレードやサードパーティにしている
ところもありますが、性能差が出やすいパーツなので揃えました!!!
f0367991_15151810.jpg



いや~っ、やっぱりマットブラックは落ち着いた色なので、高級感が漂ってきますね!?
ブルーとホワイトは発表済み、追加カラーになります。
f0367991_15154133.jpg



乗車した時にトップチューブの先端に目をやると、イタリアントリコロールが見える
デザインがですね。
f0367991_15153146.jpg


勿論、日本限定です。
デザイナーが日本を意識した配色にしているとの事。
f0367991_15155725.jpg



トップチューブに素材や製法に関してのアイコンを表示しています。
ウィリエールではグレードの高い車種のみプリントしているのです。
f0367991_15161096.jpg



















@服部産業株式会社








More
[PR]
by hattorisports2 | 2017-07-25 12:00 | 軽量おぢちゃん

2018 ウィリエール・ニューモデル 番外編④

東京で服部産業株式会社2018展示会を開催しています。
販売店向けなので、一般のお客様はご来場できません。気になるモデルがあればウィリエールの
販売店にお問い合わせ下さい。

今まで何度か紹介してきたモンテグラッパディスクです。
展示会用の特別仕様になっています~(コラム部分は展示用のため未カットです)
手前味噌になりますがメッチャ格好良いと思っております!
市販モデルとは少しスペックが異なります~
f0367991_11524370.jpg

105仕様11速です。
ロードコンポーネントを使っています、ロードバイクと違う点は
リヤのエンド幅が135mm。
前後ともクィック式でスルーアクスルではありません。
ホイールはシマノ社のWH-RX010を搭載。
f0367991_11523404.jpg

TRP社製のハイドロディスクブレーキ
リヤはセンターロックΦ140ローターを装備しています。(フロントはΦ160)
ワイヤー引きなのでメンテナンスが楽です。
f0367991_11522625.jpg
リッチー社の新しいタイヤ
アルパインJB 700✖30C~スキンサイドに趣があります。
トレッドパターンはオンロードタイプで、フラットダートくらいなら
走行可能だと思います。
ケブラービードのタイヤは軽量かつしなやかで乗り心地満点でしょう!
f0367991_11521826.jpg

<考察>
ハッキリ言って、格好良いでしょ!
他メーカーの同価格帯の商品に比べても、かなりイケてる仕上がりだと自画自賛しております。
ディスクブレーキロードを普及させると思った時に、まず格好良い自転車を!と考えたのです~
いろいろなメーカーのディスクロードを見てきましたが、前衛的なデザインのものとか
とってつけた感のあるものしか目立ちませんでした・・・
ロードバイクは格好良いから、乗ってみたい、思いっきり走ってみたいと普及したと思えるので
ディスクロードも仕上がり(外観)は重要視したのです。勿論中身もこだわっています。



@服部産業株式会社




[PR]
by hattorisports2 | 2017-07-25 11:00 | 軽量おぢちゃん