タグ:服部産業 ( 233 ) タグの人気記事

HTR パーツ 準備中②

プロトタイプのロードバイクリムでホイールを組み上げました!

もちろん、ユニパーの「2:1 アレンジメントハブ」とのコラボです~
f0367991_11104251.jpg

リムの精度が高いおかげで組み立て調整がスムーズに行えました~
ユニパー製のリムに比べると若干重量増になりますが、それ以上の剛性が期待できる
感触なのです!
週末のレースに実戦投入する予定です~まだフロントを組まなければなりませんが・・・・・・
f0367991_11103541.jpg

組み上げてから、こうやって撮影するとリム(穴)がオフセットしているのがよく分かります。
センターから約1.5mmオフセットしているので視覚的には3mmの左右差が確認できるでしょう~
f0367991_11102976.jpg

タイヤ側から見るとニップル穴がオフセットしているのが確認できますね~
ギリギリの寸法設計です、これ以上はチューブレスタイヤのフック部にかかってしまうので
無理だと思います。
11速化によりリヤホイールのオチョコ量が増えて、ホイールの横剛性気になるところ
オフセットリムはこんな時に、もの凄く強い味方になるのです。
f0367991_11102340.jpg

あぁ、早く組み上げてテストライドに出かけたいです。




@服部産業株式会社




[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-07 11:50 | 軽量おぢちゃん

モンテグラッパ②~モンテグラッパチーム

②モンテグラッパチームは発売されて、2シーズン目を迎えました。新たにレーシングレッドカラーがラインナップしました。
f0367991_11080752.jpgf0367991_11081683.jpg

ハイドロフォーミング製のアルミパイプを駆使して、バックステーの造形カーボン並みに
仕上げられているモデルになっています。
f0367991_11075930.jpg

乗り味は従来のモンテグラッパに比べると、ガッチリ目でアルミらしい反応の良いモデルで
硬さを感じます。それが不快感にならないようにフルカーボンフロントフォークを採用して
ステアリング部への振動を和らげているのです。 (モンテグラッパはアルミコラムを採用)

ボトムブラケットはモンテグラッパと同じくBSC(JIS)ねじ切りタイプです。
ヘッド部がアヘッドの1/1/8インチ(上部)+1-1/4(下部)の組み合わせになり、ステアリング部の安定性が向上しています。
シートポスト径はΦ27.2になっております。
f0367991_11075089.jpgf0367991_11074316.jpg

モンテグラッパの同サイズで比べると、シートチューブのサイズ(長さ)は極端に短くはなくて「XSサイズ」で460mm
「XXSサイズ」は430mmになっております。カーボンモデルのGTRに比べると短めですね!?
モンテグラッパでは設定されていない「XXSサイズ」を設ける事により細やかなサイズ展開を実現しました。
エントリーモデルとして人気のある一台です。
f0367991_11073014.jpg


おすすめのモディファイはリッチー製のカーボンシートポスト(LINK-フレックスコントロールシステム)へ交換する事です。
各サイズ、短めにシートチューブ長が設計されているのでシートポストを長めに突き出す事ができ、細め(φ27.2)の
振動吸収に優れるカーボンシートポストを使用する事により走行中の路面からのストレスを軽減させます。
これはウィリエールの上級カーボンモデルでも採用されているテクノロジーなのです
f0367991_11071373.jpgf0367991_11070792.jpg
f0367991_11071959.jpg




@服部産業株式会社










[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-07 11:20 | 軽量おぢちゃん

HTR パーツ 準備中①

シマノ社の新しいロードホイールです。WH-RS700が入荷しました!
もちろんウィリエールの完成車にインストールする為です。
f0367991_13342316.jpg
フロントホイールは「631g
リヤホイールは「946g」なのでペアだと1577gになりますね!
ハブのデザインがかなり格好良くて気に入ってしまいました~
f0367991_13340867.jpgf0367991_13341594.jpg 

なんとフロントとリヤでリムの高さが違うのです~リヤのハイトを考えるとこの重量は
かなり優れているとおもいます。
チューブレスリムにカーボンラップで補強!見た目も素晴らしいではありませんか!?
f0367991_13335181.jpg
高級感があるハブの仕上げはどうしているのか?
ブラックアルマイトの後に本体を磨いているのでしょうか?
「2:1」アレンジメントのおかげでノンドライブ側のスポークテンションもキンキンです。
f0367991_13333828.jpg
今までのチューブレスホイールと違う所があって~
ニップルがノーマルタイプなのです!今まではリムに目ネジを溶接していたんですけど・・・
ニップルは反対側から通すので~
リムのタイヤが収まる面にはチューブレス用のリムテープが貼られているのです。
この方が「軽量化」できるはず?
でもスポーク折れの時などで、ニップルを交換するとなると、リムテープを剥がさなければならず~面倒くさい作業かな?
めったにない事だから許しておこうって考えでしょう。
f0367991_13331498.jpgf0367991_13330727.jpg
ゼロノヴェやチェントウノエアー46Tに似合うんじゃないかな?


@服部産業株式会社


こちらも読んでね!


More
[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-07 00:00 | 軽量おぢちゃん

チェントディエチNDRからのお知らせです。

ブレーキシステムに関してのお知らせです!

チェントディエチNDRはディスクブレーキ仕様にも対応したフレーム設計に
なっております。
ロードバイク用の「フラットマウント」ディスクブレーキ台座を有していますが
シマノ社製の「フラットマウント→ポストマウント変換アダプター」を使用しても
ポストマウント仕様のディスクブレーキが取り付け出来ない事が分かりました。
f0367991_13260953.jpgf0367991_13270075.jpg



HTR」や「テクトロ」のディスクブレーキだけではなく他社製も同様で、シマノ社製の「BR-M485
で確認しても取り付けできませんでした。
f0367991_13254180.jpgf0367991_13252704.jpg



フラットマウント仕様のディスクブレーキは問題なく取り付け出来ます。
f0367991_13255717.jpg



チェントディエチNDRはシマノ社製の「フラットマウント→ポストマウント変換アダプター
の使用に対応していないので注意下さい。
今回はリヤブレーキで確認した結果です。フロントブレーキでは後日サンプルを入手次第
報告出来ると思います。





@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-06 13:30 | 軽量おぢちゃん

2017熊野古道ヒルクライムで見かけたウィリエール

今シーズも終盤に差し掛かった11月5日に和歌山県の勝浦町で行われた
熊野古道ヒルクライムで見かけたウィリエールです。

前日の受付でも写真を頂いたグランツーリズモR-SLの『ハマグチ』さんです。
地元勝浦からの参加です。
f0367991_20354608.jpg
f0367991_20420077.jpg
f0367991_20372837.jpg
途中の目標通過タイムをステムに貼って気合を入れています。
今年は練習不足がたたり昨年よりもタイムを落としてしまいました。来年はミッチリ練習してベストタイムを出してください!

この方も地元から参戦したグランツーリズモR-Teamの『イド』さんです。
ロードバイクに乗り始めて3年経ち健康になったそうです。自転車は体への負担が少なく長く乗れるので良い運動になりますね。
f0367991_20365750.jpg
f0367991_20361662.jpg

メリダからウィリエールに乗り換え、乗った感じがとても良く気に入っていただいてるようです。
今回は完走が目標とのことですが来年は是非ベストタイムを狙ってください!


スタート前で写真だけ頂きました!
地元からチェントウノSRⅡで参戦です。
f0367991_20375784.jpg

今年は距離の短いBコースに参加されたようですが、来年はAコースでの参戦を待っています!
この3人は地元『BEI CYCLE』のチーム員です!2年前はウィリエールに乗っている人が1人でしたが、毎年増えてきています。
ありがたいですね。店長さんはレース中オートバイで機材サポートを行っていました。ありがとうございます!
f0367991_20462989.jpg




この方もスタート直前に見かけました。レース後に探しましたが見当たらず…
グランツーリズモRのホワイト/ピンクで参戦です。
f0367991_20470270.jpg



最後は大阪から参戦の『ヤマコウ』さんです。バイクはチェントウノSRです!
仕事が忙しい中、強行参戦です。明日から東京へ出張し帰ってすぐに、来週の「ツールドおきなわ」へ向かうとのこと。
f0367991_20473385.jpgアウターギヤを50Tから52Tに変えようか迷って
いるらしい・・・です。
レース前に自転車をいじるとろくなことがないので
やめといた方が良いとアドバイスしておきました。

ギヤなどの変速関係は使い慣れたものが一番!
出発前にお世話になっているショップさんで
最終点検(調整)してもらう程度がベストかな?

タイヤは信頼できるものを使いましょう!

レースでは無理な走行は禁物~
レース後は、その日のうちに帰阪するとのこと。
小学校の遠足じゃないけど、家に帰るまでが
レースなんだよね!!!

元気に月曜日は出社すること!
f0367991_20490161.jpg
f0367991_20494600.jpg
今日は沖縄の「市民210㎞」を完走する為の調整での参加でしたが、スプロケットの摩耗によりギア飛びが激しく
思うように走れなかったようです。チェーンだけ新しいものに交換したようです?
ただ、本番前に機材の不具合が見つかり良かったですね~来週は頑張ってください!

また来年もお会いしましょう!!



@服部産業株式会社




[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-05 21:00 | 私たちの出会ったウィリエール

2017熊野古道ヒルクライム②

大会が行われる和歌山の勝浦に向けて出発!
私の住んでいる奈良からは隣の県ですが高速がなく約5時間かかります (ToT) 高速道路がありません。
腹ごしらえの昼食 台湾ラーメン+チャーハン¥680なり
f0367991_19031841.jpg
ラーメンは普通サイズですがチャーハンが巨大!コスパが高い~9月にも来店した「福源」さんです!
f0367991_19040182.jpg
大台ヶ原近くは紅葉が綺麗ですが、一人旅は物悲しい!
f0367991_19095839.jpg
会場は那智の海岸です。時は既に夕暮れ時・・・駅裏に位置し周りには何もありません。
海水浴シーズン観光客でいっぱいなんですけどね!?
f0367991_19050840.jpg
f0367991_19063787.jpg
早速ウィリエールオーナーの『ハマグチ』さんに遭遇!
f0367991_19052703.jpg
毎年この大会で見かけます。今年は大台ヶ原ヒルクライムでもお逢いしました。
練習不足と言うことですが、明日頑張ってください!

宿はいつもお世話になっているシーハウス熊野灘です。まるで合宿所ですネ。温泉もあり日帰り入浴も¥300!
f0367991_19055576.jpg
明日も早いので早めに夕食。マグロの町、勝浦なので、生マグロ中落ち丼を頂きました。これで¥800!信じられない!
f0367991_19061622.jpg
お腹も満足!温泉に浸かり就寝します!
去年のタイム短縮なるか~?




@服部産業株式会社








[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-04 21:30 | サイクリング

モンテグラッパ①

ウィリエールの人気車種である、モンテグラッパを紹介させて頂きます。
モンテグラッパはロードバイクで基本になるモデルであり、その兄弟は多々存在するのであります。
①モンテグラッパ
②モンテグラッパチーム
③モンテグラッパディスク
④ルナアルミ
⑤ルナアルミチーム
⑥モンテグラッパチーム TT

アルミフレーム製のエントリーモデルでありながら優れた性能を発揮するロードバイクです。

①モンテグラッパは現在のモデルが発売されてから数年が経ちます。
10数年前に服部産業がウィリエールを販売し始めた頃にはなかった名称で、その頃のエントリーモデルは
エスケープ」!ガチガチのアルミフレームでした。
その他のアルミモデルは「ラヴァレード」や「チームアル」があり、中級から高級モデルだったのです。
まだアルミが全盛期だったのが分かるラインナップですね?
まもなく、エントリーモデルとしてリニューアルされた「ラヴァレード」が発売されました。
この頃はカーボンバックのアルミが主流で「ラ・トリエスティーナ」というモデルが爆発的な人気が
あり~服部に一台だけ展示車として残しています。
それ後、フルアルミにリニューアルした「ラ・トリエスティーナ」がアルミのエントリーモデルの代名詞になりました。
長い間その座を守り続けていましたが、2014年に「モンテグラッパ」が発売されたのです。(画像はフルアルミのラ・トリエスティーナです)
f0367991_09160513.jpg
この数年前にSORAで組み上げられた初心者用の「初代モンテグラッパ」が販売されていましたが同じ
ものではなく、どちらかというと現行のアゾロのドロップバー仕様でした。(画像は初代モンテグラッパです)
f0367991_09161361.jpg
2016年には、兄貴分のモンテグラッパチームが発売され~人気を二分しています。

モンテグラッパは軽量なアルミフレームで走り出しが軽く、ストレスの少ないとても乗りやすいロードバイクに
仕上がっています。
ボトムブラケットは標準的なBSC(JIS)ねじ切りタイプで緩みや音鳴りの心配が極めて少ない安心できる仕様です。
ヘッド部がアヘッドの1/1/8インチ、シートポスト径はΦ31.8になっております。
ウィリエールのカーボンモデルのフレームと同サイズで比べるとトップチューブ長さは大差ありませんが、シートチューブの
サイズ(長さ)は短く設計されていて「XSサイズ」でカーボンモデルは470mm、モンテグラッパは420mmになっており
ジュニアライダーにも乗りこなせると思います。(画像は現行のモンテグラッパです)
f0367991_09155484.jpg
105(5800)仕様で145000円という価格はイタリアンブランドでは考えられないくらいのお値打ち品だと
自信を持っております~限定品ではありますがSORA仕様が100000円で販売されているので店頭在庫をご確認
くださいませ。(いずれも税抜希望商品小売価格です) 画像は発売された当時のモノです。
f0367991_09052106.jpg


2018モデルは6月から販売が始まっていて、完売となったサイズやカラーが既に出てきております。
今期の追加入荷予定はありませんので、購入予定の方はすぐに販売店に行って相談して頂く事をオススメします。




@服部産業株式会社




[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-04 12:02 | 軽量おぢちゃん

2017熊野古道ヒルクライム①

風が冷たく、冬の足音が聞こえそうな季節になってきましたね。


11月5日は私にとって毎年シーズンを締めくくるイベント『熊野古道ヒルクライム』です。
昨年はMTBカテゴリーで参加しましたが、今年は無くなってしまったのでロードで走ります。
(エントリーが3人で出走したのが2人だったので、無くなりますよネ)
バイクはウィリエールが誇る軽量バイク『ゼロセッテ』にします!
f0367991_05201020.jpg

チェントディエチAir」と悩みましたが、ココのコースはヒルクライムなのに激下り区間があり、
乗りなれているゼロセッテを選びました。

ホイールはユニパーのエアロアルミ2:1の24ホールにします!
f0367991_05202524.jpg
f0367991_05202923.jpg


1:1に比べ9gも、軽くなりました!よく見るとユニパーのハブが少し進化して軽量化されています。

少しでも軽くしようと、サドルはプロロゴのナックレール(カーボンレール)にしました。
f0367991_05201913.jpg
CPC(滑り止め)が付いているのは、上りで疲れてきた時もサドルとお尻がズレないので安定したペダリングが出来ます!
リッチーのシートポスト、スーパーロジックLinkと組み合わせて真っ黒なサドル周りになりカッコ良くなりました。

使い慣れたパーツから新しいものに変えるのは期待と不安が入り混じる複雑な気持ちですネ!

少しでも軽くなりこれで過去の自分に勝てるかな?
結果はまた報告します…
大会に参加のウィリエールオーナー様は声をかけさせてもらいます!!




@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-04 12:01 | サイクリング

エンリコ社長が来日⑭~やまめの学校

f0367991_15325035.jpgエンリコ社長は、泊まってるホテルから近い
自転車の学校をしている「やまめの学校」へ!
校長の堂城賢先生はキタさんと20年の付き合いらしい。
先生はチェントルロアをコレクションしているのです。
エンリコ社長も懐かしそうです。






























@服部産業株式会社


[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-03 20:00 | エンリコ日記2017

エンリコ社長が来日⑬~ワサビ

f0367991_15324821.jpgエンリコ社長は、夕食に出たワサビのクオリティーに大変驚き
スケジュールの余裕が無いのに

「ワサビ農園に行くぞ!ワサビ好きのクラウディオのために本ワサビを買うのだ!」・・・

またもや列車に遅れるのは確実となった。
作務衣を着てワサビを摺るエンリコ社長

クラウディオさんとはウィリエールの「リチャードギヤ」と呼ばれている
敏腕社員なのである~ウィリエールにとっては無くてはならない漢なのだ!



f0367991_15324931.jpgワサビ農園の広さと水の清らかさご満悦!


「あと10年経ったら、日本に移住してワサビ農園をしながら蕎麦をうつ!」
と言い出しかねない、エンリコ社長なのでありました。

ちなみに奥様は本当に日本で住みたいと申しております。



























@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-03 15:00 | エンリコ日記2017