タグ:ユニパーホイール ( 4 ) タグの人気記事

改造日記⑬

改造日記⑥のつづきです。

FH-RS505は「375g」だったので、CX-75にすると「44g」軽くなるのです。
このハブは28Hのみの展開で、リムを探すのに少し困ります?
32Hが欲しい時はFH-RS505しかありません~シクロクロスをしている友人は
MTB用でいいじゃん!って話ですが、MTB用は10Sフリー本体なので11Sの
スプロケットを嵌める事ができません。(MTB用11Sスプロケットは可能なの
ですが、それだと歯数が限定されるし(ローが40T以上)、RディレイラーをMTB用
にしなければならない。そうなるとロード用のSTIが使えなくなる・・・
友人曰く、10Sで構わないとの事?総ての人に当てはまらないがシクロクロスに
参加している人は以前使っていて古くなったパーツでシクロクロス車を組んでいるから
10Sのが多いらしいのです。
でもせっかく新しくホイールを買うなら11S対応の方が宜しいでしょう!
f0367991_13341867.jpg

という事で、早速組み立てます~リヤホイールから始めます。
こちらはスポークテンションを少し高めにしようと考えています?
(WH-RS505仕様はゆるめにしたので・・・)
f0367991_13492977.jpg

仮組みの状態で測定しました~「870g」です。
なかなか優秀な軽さに仕上がりました!
前後ペアの重量がいくらになるか楽しみですね。
f0367991_13492377.jpg




@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2017-10-13 05:00 | 軽量おぢちゃん

改造日記④

ホイールを組み立てます~

アルミクリンチャーで1本「386g」はかなりの軽量ですね。
カーボンリムより軽いんではないでしょうか?
29er(700C)サイズのユニパーリムを使います。
チューブレスレディ仕様なので、専用のバルブとチューブレステープを
使えば、簡単にコンバートできます。

昨シーズンはこのリムを使ったホイールでシクロクロスに参戦実績あり!
なかなかの高評価(?)を頂いております。
詳しくは→ らりるれ日記 をご覧ください。
f0367991_14070734.jpg

今回はシマノのハブで組み立てます。
完成体の価格を少しでも安価に抑える為です~リムの性能は高いので
ハブは少し我慢してもらおうと考えたのです?
今回もシクロクロス用と考えているので常用スピードが低いから回転部の
軽さの差が少ないと判断しました、
使用するのは「RS-505」の前後ハブになりました。
ユニパー製のハブに比べると随分安いのでビックリ!
回転部の軽さが気になるなら「CX-75」にしてもいいかな?
f0367991_14071769.jpg

安いのには理由があって「マレーシア製」だったんですね。
シマノのクオリティーコントロール下で生産されているんだから悪くは
ないでしょ!
f0367991_14072356.jpg

スポークはユニパーホイールに使われているものと同じです。
一台分で「297g」は納得の軽さ。
ただし、このホイール用のスポーク長さではないのでカットしてネジを
切り直す作業が待っています。
f0367991_14072904.jpg

ハブ寸法はシマノのカタログを見れば分かるので、計算すればスポークの長さは
すぐに分かります。
計算ソフトはネット上で公開されているものではなく、エクセルで自作したのを
使います~10年以上前から使っていますが、今でもバージョンアップをしていて
現在はストレートプルや「2:1アレンジメント」にも対応しています。
何人かのホイールビルダーにもこの自作ソフトを提供していますが、最新の
21H+2:1アレンジメント計算式はまだ他人の手に渡っていません。
まぁ、そんなの手組みする所はないでしょうね?
今回計算して組み上げたら、ほぼピッタリ長さでホイール外周方向から見ると
ニップルとスポークが左右で均一、ほぼ面一でした。
リムのサポート長をちゃんと測定しておくのが大事で、今回のリムでは同じ銘柄
なのに昨年測定した時に比べると0.5~1mm違っていた、理由は分からないが
金型が違うのであろう~
f0367991_14074517.jpg





@服部産業株式会社






[PR]
by hattorisports2 | 2017-09-10 00:00 | 軽量おぢちゃん

ユニパー 29er ホイールを検証⑥ 関西シクロ第8戦希望ヶ丘文化公園

1月8日 関西シクロ第8戦希望ヶ丘文化公園
出走74名

今回は苦しい走りになってしまったようです?
前日のクラブの走行会で鍋谷峠をフルパワーで走らされたみたいで~
後方から追撃してくる中学生から逃げ延びるのにレース当日のパワーを使い果たした!
乳酸が抜ききれないままの出走でした?
f0367991_08364209.jpg

以下、試験走行をしてくれた「らりるれさん」のレポートです。

関西クロスの中で長く開催されている希望が丘文化公園のコースは、一部トレランコースとして整地され、シングルトラック区間はダブルトラックとなり、スピードコースとなっていました。
雨予報で、いつ降り出してもおかしくない空模様。
今回も空気圧は、1.8気圧。招集時、スタートグリットは3列目で先頭が見える位置に並べました。
せっかくなので、スタート当時に先頭まで行ってやろうと思いましたが、直前の選手がゆっくり目で走ったので無理をしませんでした。
後方からの速い選手に抜かれまくり、昨年までのシングルトラックならこんなにも抜かれることは無かったと思ういます。
しかし、何とか完走者の63%で、クラス残留を決めれました。
ちなみに1位は、全日本マウンテンバイク選手権2011・12年のマスターチャンピオン山本 朋貴選手でした。

次は、1月15日地元の堺みなとグリーンランドです。


[PR]
by hattorisports2 | 2017-01-12 21:30 | 軽量おぢちゃん

ユニパー 29er ホイールを検証⑤ 関西シクロ第7戦烏丸半島

12月18日 関西シクロ第7戦びわこ烏丸半島
出走85名

このくらいのコースコンディションでは「ユニパー・ホイール」が有利ですね!
「軽さ」が命?
完成体のペア重量が1500gほどに仕上がっております。「ディスクブレーキ&チューブレスレディ」仕様では軽いはず?
前後とも「32H」で組み上げられていて、今どきの完組ホイールの様にスポーク数が
少なくなくて、スポーク1本にかかるテンションが高くないのです。
という事はリム自体のニップル部の強度がおさえられるので、軽くできるのです。
(ロード用の完組ホイールのリムでニップル部だけ肉厚があるタイプがあるでしょ!ニップル部以外を削ったり、ニップルホールに肉盛りやワッシャーを施している。)
ユニパーはチューブレスレディながら、リム単体1本の重量が400gほどしかありません。(そのかわり高圧には不向きですが・・・)
スポーク数が少なすぎると、スポークテンションが高い割に横剛性が低くて乗り味が
悪いホイールになってしまう事もあるので注意したい所ですね?
この「軽さ」ならタイヤをノブの低いタイヤのしてグラベルロードにも挑戦したいかな?
f0367991_12592796.jpg 

後半に余力を残すのにも役立ちます~
f0367991_12591929.jpg

激坂の押しでも「軽さ」は助かるのです!
f0367991_12591288.jpg


以下、試験走行をしてくれた「らりるれさん」のレポートです。


第7戦はJCX第9戦も兼ねて琵琶湖に突き出た烏丸半島で開催されました。
広い芝生エリアと盛り土のキャンバー区間を組み合わせたコースとなっています。
結果は、31位で残留切符2枚目、後1枚で来期もCM2で走れます。
今回の空気圧は、1.8気圧に設定。キャンバーでタイヤがよじれて外れるチューブラーを横目に順位を上げれました。
芝生エリアでも余裕をもって走ることが出来て、完走者の36%で、今季最高の成績でした。
次は、1月8日滋賀県3連戦の最終希望ヶ丘です。




More
[PR]
by hattorisports2 | 2017-01-05 13:14 | 軽量おぢちゃん