タグ:ツールドおきなわ ( 40 ) タグの人気記事

ツール・ド・おきなわ に行ってきた⑦

レースは終わり、月曜日の朝は皆さんが帰り支度をしています。
そんな時に「ウィリエール」を見かけたので「声」をかけさせていただきました。

奄美大島から初参加された「AMAさん」です。


奄美大島では自転車好きが40人ほど集まったコミュニティがあって、そこのメンバーたちと来たようです。
見事に「市民100km」を完走しました!

来年も参加したいと仰っていました~お忙しいところ答えていただき有難うございました。
f0367991_11085205.jpg
チェントウノSR~輪行袋に入れている最中に記念撮影するから、組み立て直して
もらいました・・・ハンドルがあっちの方向を向いているのは、そのせいです。


@服部産業株式会社






[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-29 00:00 | 軽量おぢちゃん

ツール・ド・おきなわ に行ってきた⑤

ツール・ド・おきなわチャレンジ50㎞を走りました~来年は市民50㎞に出たい!

今回走ったバイクはもちろんグランツーリズモRチーム(オススメのニューカラーはコレ
f0367991_09515502.jpg

そう夢のある翼を授けていただきました!

ユニパー「レーシングカーボン35」チューブラーホイールです。
f0367991_11424606.jpg

何よりも、見た目がカッコイイ!
それだけでテンションが上がります。

走ってみた感じは~

まず、踏み出しが軽い!ありきたりな表現でスミマセン。

今回出場した「チャレンジ」は、「市民レース」と違って腕試し的なカテゴリーです。
それでも、今まで参加してきたサイクリングイベントヒルクライムレースとは明らかに違いがあり
~集団が形成されたり、ちぎられたりといった「展開」がありました。
そんな中での急加速やアップダウンに反応できます。

さらに、剛性感がある!
不快な硬さではありません。
全体的に芯のある硬さとでも言いましょうか・・・

レース用ホイールってこんな感じなんでしょうね?

沖縄前に通勤で使った印象では、この硬さは後でキツイのかも?と思っていましたが、私にとってはギリギリセーフ
何とか走り切ることができました完走出来て最高ぅ~!!!


軽量カーボンホイールは、もっと不安定な乗り心地かと思っていました。
パリっとしてトゲのある感じ(←抽象的で申し訳ありません)を予想していました。
しかし、良い意味での普通以上~不安なく体を預けられ、妙な挙動もありません。

チューブラーホイールの利点は何と言っても「軽さ」です!

今回は300g近い重さのタイヤを使いましたが、最近流行りのクリンチャーホイールに
超軽量タイヤを取り付けた総重量より軽く仕上がっています。
私の様な体重のあるライダーが一般道路を走るのには、タイヤの安全性を重視したい
ところです~ただヒルクライムレースなら一発勝負で160gくらいの超軽量タイヤ
使ってみたいですね?
今回の仕様とは違った「異次元」の走りを期待できます!
来年の富士山はコレで決まりです。

ホイール作成者に聞いたところ、スポークテンションはまだ「300N」ほど上げられるという事・・・
さらに硬いホイールに仕上げられるらしいです。
でも、そこまで上げると反応は「ウルトラ良く」なるけど、硬すぎてしんどくなるから必要ない~
寿命も短くなるし~でも一度試してみたいです。

(あくまでもポッチャリ系の私が乗ってみた感想です~年間12,000㎞チャレンジ中~)


いろんな方に試していただきたいホイールです。
f0367991_11463551.jpg

f0367991_11462023.jpg



















@服部産業株式会社




[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-22 08:00 | サイクリング

ツール・ド・おきなわ に行ってきた④

沖縄へ~輪行します。
電車で空港へ、それから飛行機で沖縄に移動します。
久しぶりの輪行、グランツーリズモRチームでは初めてなのが大いに不安で、1週間ほど前から練習しました。

問題発見!
エンド金具を取り付けて自転車を立てるときに、シフトケーブルの方が長く、地面と干渉してうまく立ちません。
リアエンド付近からシフトケーブルが出ていることもあってか、シフトアウターをこれ以上短くすることも難しそうで!?
リディレイラーを外して輪行しようか?
悩んだ挙句・・・
f0367991_18213459.jpg

エンド金具を加工しました。
といっても、大げさなことをしたワケではありません。
ホームセンターでゴム足?を買ってきてネジ止めし、1.5㎝ほど底上げしただけです。
これで何とか立てることができました。
まだスッているように見えますが・・・
f0367991_18164592.jpg

フレームとホイールを固定する際、フレームやクランク、ギア板にカーボンホイールが干渉するので、たくさん養生しました。
帰りに再現できるかな?
f0367991_18081058.jpg


















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-21 20:00 | サイクリング

ツールドおきなわ 参戦記2017 ⑥

急に集団の前に出たオオシロおじさん?
実はAEON前の坂が「得意」だったのです~普段から練習で走り慣れている
コースなのと、やっぱり勝負所!

必死こいてついていくと、下りに入った時にオオシロおじさnが下がってきて
ここが集団の最後だよ!と教えてくれた。

かなり集団の人数が減ったのだ・・・50人くらい?

最終コーナーを曲がる直前にレースは終わった?
そうゴール勝負には参加せずに集団の後方でゴールするというのがオオシロおじさん
との約束であった。
次の日、一緒に飲みに行くので落車したら行けなくなる。というのが理由?
無理は禁物!
それでもゴール前でオオシロおじさんの目の前で落車があり、もう少しで突っ込む
ところであったが回避してゴール!

私はゆっくりゴールしてホテルへ帰る、集団のうしろから10番目くらいだったかな?

f0367991_11223009.jpg
今回使用した「HTR」のチューブレスレディ・ロードホイール
かなり良かった~一昔前の反応の良いカーボンホイールを使って
いるみたいであった。(まだプロトタイプですが・・・)
体が100%回復した時に再び使ってみたいと思います。
ルビノプロ・スピードとの相性がすこぶる良くて、あとは空気圧
をどのくらいにするかですね?
7気圧をちょっと切るくらいで走りましたが、市民50kmのコース
であればスピードが出るキツいコーナーがないからもう少し高め
でも良かった気がします。
8気圧でもOKかな?そうすれば上りはもっと楽に走れたはずです。
これでチューブをフライウエイトにすれば・・・
来年は市民210kmをこれで走るかも?
最近ホビーレーサーの上位入賞者の使うホイールは「手組み」が
増えてきている気がします。
プロが使う完組みは、ホビーレーサーにすればオーバースペック!
元々、このホイールも私自身が使うために用意した手組みなのです。
いろいろと検討するところはありますが、必ず完成させて来年は市民210kmの完走を狙います~もちろんこのホイールで!
ホイールについてはHTR パーツ 準備中③をご覧下さい~




@服部産業株式会社












[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-18 21:23 | 軽量おぢちゃん

ツール・ド・おきなわ に行ってきた③


f0367991_13575155.jpg ウィリエールの名車!
チェントウノ・スーパーレジェラです!

しかも超レアなランプレチームカラーで
アレサンドロ・ペッタキカラーですね。
ツールドフランスでポイント賞を獲得した時に
乗っていたカラーリングです。

レース直後でも余裕のある顔なのでかなりの
実力者なのでしょうね!?
市民100km(40歳以上)で21位。

来年は市民210kmに参加しましょう!




f0367991_13575847.jpgアルミモデルのモンテグラッパです。

スペックはそのままではなく、ハンドルやサドルが
モディファイされていてエントリーモデルながら
走りはその上を目指しているのが分かります。

ダブルボトルにしているところに「おきなわ」を
感じますね!

ゼッケンプレートの取り付け方のも意気込みが
見られる一台でした。

モンテグラッパって軽量アルミフレームで結構走るンですよね。
コストパフォーマンスに優れたバイクだという事を理解した
オーナーだと思うのですが近くにはいなくてバイクのみの
撮影になりました~あしからず?




f0367991_13580056.jpg
宿泊したホテルで撮影した
チェントウノSRです。

スペシャルカラーのブラック/グリーンですね~
カンパの仕上げられています。

今回のツアーでは一番多く見たのがチェントウノSR!
真実(マジ)のレースではやっぱり高剛性のフレームを
選んでしまうンでしょうか。
ウィリエール史上最高の反応があるフレームなのです!

やわな脚だと一発で力を消耗してしまうくらい走ってしまう
少々やっかいな奴~これを乗りこなしたら本物ですよ。



[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-17 06:00 | サイクリング

ツール・ド・おきなわ に行ってきた②

カテゴリーで見ると軽量バイクに分けられるであろう「ゼロセッテ」を多く見かけました。
ツール・ド・おきなわという大会で乗っていただけるのは、うれしいです。
そう、登りはもちろん、平地やスプリントも余裕でこなせるということです。
ヨーロッパのプロがレースで使う機材~我々から見れば、彼らプロのパワーを推進力に変えるだけの剛性があるのはもちろんで、さらに軽さも備えているバイク!というのが正しい見方かもしれません!?

写真はゴール後で、皆さんの笑顔が印象的でした!
ありがとうございました!
市民100km(39歳以下)ゴールシーンを見ていて、立て続けにウィリエールが走ってきてビックリ!!!!

「11位」、「19位」、「10位」になられた方々の愛車がなんとすべて「ゼロセッテ」だったのです!

f0367991_13574626.jpg慌てて、撮影させて頂いたので
詳しいインタビューができませんでした
すみません~

f0367991_13574885.jpg

f0367991_13574945.jpg丸ハンにライトウエイトのホイールが
本気度をうかがえます!

うしろに見えているのは
優勝経験者のS選手~
今回は勝負所で集団から切れて
しまったと悔しい顔・・・




実は市民レーサーの甲子園、「ツールドおきなわ市民210km上位完走を目指すなら
ゼロセッテ」が適していると考えているのです。

超軽量ながら高いフレーム剛性を兼ね備えていて過酷なおきなわのコースを走り切るのには
十分な性能をもっています。

参加した人なら分かると思いますが、与那からの上りを制するのが大事なのです。
ここで集団から遅れてしまうと結果が出ません!
ゼロセッテ」の登坂力はきっと多くのサイクリストをゴールまで導いてくれるでしょう!

今回撮影させて頂いた方々が「ゼロセッテ」を選択は間違いなかったと思います。

ゼロセッテ」はヨーロッパのプロが使える程の剛性があり、世間的にいう「い」という面
があります~
デメリットではないのですが、力を使い切ってしまい脚が攣ってしまい走れなくなったという
経験があります。

上位を狙うならば良いのですが、完走ギリギリの自分にすれば、もう少し「しなって」くれれば・・・
と、感じる人も多いはずです。
そんな時は「ゼロノヴェ」を選択する事をオススメします~「ゼロセッテ」と同じ60Tカーボン
を使用していますがカーボンの設計を変えて「しなり」を多くしています。
絶対的なパワーより「脚を残す」という点では優れているのです。「ゼロセッテ」程ではありませんが
登坂力に優れ、特に後半での短く連続して坂が続く区間では性能を発揮できるはずです!
最後の最後に「羽地ダム」を越えるかどうかという場面で役立つ一台だといえるでしょう!

「ゼロノヴェ」は日本にしかありません!

おきなわ(市民210km)を完走する為に創ったと言っても「過言」ではないのです!
登坂力に優れ後半まで脚が残るというコンセプトで構成されているフレームなのです。
もちろん日本からのオーダーなのでイタリア本国のカタログには載っていません!

来年は「ゼロノヴェ」で市民210kmの完走を狙います。

完走が出来たら次は「ゼロセッテ」でより上位を狙います!!!

撮影させて頂いた皆さん、来年は「市民210km」で会いましょう!








@服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-16 20:00 | サイクリング

ツール・ド・おきなわ に行ってきた①

会場でお会いしたウィリエールのオーナー様を紹介します。
スタート前や、ゴール後のバタバタした中で、キレイなオネーサンとは真逆の私が、声を掛けさせていただきました。
快く写真を撮らせていただいた皆様、ありがとうございました!


グランツーリズモRのブラック/グリーンです。
ジャージはウィリエール・セッレイタリアで、バイクとのコーディネートもバッチリでした。
f0367991_13573594.jpg



グランツーリズモRのブラック/レッドマット。
ランプレチームのジャージにはウィリエールのロゴ入りでした。
f0367991_13573283.jpg



カワイイお子さんをお連れのお父さんは、シャイな方だったので自転車だけです。
無理を聞いていただいて、ありがとぅございました。
f0367991_13573627.jpg


















@服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-16 18:00 | サイクリング

沖縄漫遊記⑪

f0367991_18295583.jpg

空港に到着しました。
荷物をロッカーに預け、自転車で最後の観光へ~瀬長島です。
f0367991_18295743.jpg

空港から自転車で20分くらい?
道中には着陸する飛行機が真上を通るスポットもあります。
f0367991_20132624.jpg

そして現れたのは「ウミカジテラス」。
まさにアイランドリゾート!
f0367991_18295894.jpg

オシャレな店が沢山あります~
ジェラートを食べて優雅な雰囲気を満喫します。
自転車もカッコ良く見えますね?
f0367991_18300117.jpg

f0367991_18300388.jpg

展望台に上がって飛行機を眺めて~旅の余韻に浸って~空港に向かい、帰路に着きました。
f0367991_18300517.jpg

















@服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-14 20:30 | サイクリング

沖縄漫遊記⑩

いよいよ沖縄最終日です。
残念ながら天気は雨~午後には回復してくれることを期待して、ホテルのチェックアウトまで荷造りしながらゆっくり過ごします。
昼食は、以前から行ってみたかった「おきなわステーキ」へ。
何と千円(税込!)で200㌘のステーキが食べられます。もちろんスープとサラダとライス付き、さらにコーヒーも付きます~
f0367991_14182948.jpg

お店を出たら晴れてました!
自転車で空港に向かいます~


















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-14 14:00 | サイクリング

沖縄漫遊記⑨

夜ご飯はTHE沖縄!
まずはステーキ!
500㌘のTボーンを喰らいます。
レースと移動で消耗したせいか、ペロリとたいらげました。
f0367991_10331290.jpg

そして次は山羊料理!
初めていただきました。
癖が凄いんじゃ~
しかし食べると疲れが吹っ飛んだ気がします~沖縄人のパワーの源?
f0367991_10331403.jpg

沖縄の食文化を堪能して眠りにつきました。


















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-14 12:00 | サイクリング