タグ:アゾロ ( 11 ) タグの人気記事

Hattori Lab.

アゾロです。ドロヨケを取り付けようと奮闘中です。結構時間がかかっています。
仕上がったら、ちょいと街乗りに出かけようと思っているのですが完成はまだまだ
かな?もしかしたら来年あたりドロヨケ付きのアゾロがリリースされるかもしれませんよ?
イタリア本国ではタイヤとフレームとのクリアランスが広いのは、太いタイヤを
嵌める為ではなくドロヨケを取り付けられる様にしていると説明がありました。
右手に見えるのはヒルクライム用のアルミロードバイクで4.7kgに仕上がっています。
来年あたり乗鞍はこれで走ってみようと思っています~軽い分恥ずかしい走りは出来
ませんよ。
半分しか見えていませんがその横は10年くらい前に販売していたアルミカーボンバックの
ラ・トリエスティーナです。ユニパーのカーボンホイール付きで5kg台に仕上がって
いると思います~軽さは「命」?
ショールームには展示できない亜流なバイクは、この様に倉庫の奥に隠して並べています。
f0367991_14482071.jpg





@服部産業株式会社

つづき
--↓--


More
[PR]
by hattorisports2 | 2017-09-28 00:00 | 軽量おぢちゃん

大台ヶ原へ④

おはようございます

朝4時半に起床、朝食をすませ
これからウォーミングアップです。

さすが山の中、寒さ(?)で目が覚めました。

ガッツリ食べてレースに挑みます~
とはいえ、ヒルクラムなので体重増加は大きな
デメリット!
最小限に上れるだけのエネルギーを補給する
イメージの量をとります。


今日は暑くなるか?
ボトルに入れる「水分」の量も気になるところです。
脚にスタートオイルを塗るか?

目標タイムは乗鞍と同じく2時間なのですが
ここは距離が長い分、達成が困難です。

最初のクラスが7時にスタートして、ゴール関門が
最終10時、実は乗鞍より完走が難しいのです。
f0367991_19362878.jpg


















出走順はクラス毎ではなく、申し込み順になっているから
完走が危ぶまれる方はエントリーが始まったらすぐにやる
のが宜しいですね?
もしくはチャンピオンクラスは最初にスタートするので
いかがですか?

そろそろ着替えてローラー台にのります!




@服部産業株式会社







[PR]
by hattorisports2 | 2017-09-10 05:09 | 軽量おぢちゃん

「アゾロ」サイクリング 吉野編


さぁ、桜の綺麗な季節がやって来ましたね。
と思っていたらいつの間にか桜の木、全体が緑色に・・・・。
今年こそは!花見をしようと思っていたのに!(友人がいないのでボッチで夜桜花見をしようと思っていたのです)
ということで、偉大なる先輩にお願いして奈良県吉野の千本桜に連れて行ってもらいました。
メンバーは、S尾さん、Jさん、私の3人です。
あれ?このメンバー見覚えがあるような・・・・。

「ハッ!!!!これは昨年の悪夢の六甲山ライドの再現ではないか当時の記事!!!」
お陰様でこの2週間は胃がキリキリしていました(笑)。
でも、ずっと憧れていた吉野の千本桜。楽しみな気持ちもあっての運命の日を迎えました!!
バイクは、いじるのが面白くなってきた「アゾロ」のスペシャル仕様です。
今回は前回の記事でも紹介していたように、身の回りに眠っているパーツを寄せ集めてみました。
「今回はどういった仕様に改造しようかなー。」
こんなことを考えている時間は至福のときですねー。
f0367991_19595690.jpg
























通常、観光客は「吉野駅」経由で下千本を目指しますが、車や人が多いので裏道を選択しました。
入院中の先輩から教えてもらった極秘ルートです、道は狭いけど走りやすい環境に驚きました?
f0367991_20183850.jpg




大きな道に出てからも車は少なく、交通規制があって一般車両が通れない状態になっていました。
勿論、自転車はフリーです。
駐車場まではこういう状態が続きます、本当にテレビで見るような大混雑の「吉野桜」に向かっている
のでしょうか?不安になります。
先輩曰く、この道は桜の時期のみ混雑を避ける為に旅館へ宿泊する人の専用道路になっているみたいです。
f0367991_20011806.jpg
























駐車場までは空いていますが、そこからは観光客で大混雑らしい・・・という情報。
f0367991_20201686.jpg

























吉野神宮を通過して下千本の駐車場までは余裕を持って進むことが出来ました。(だったような気がします・・・。)
情報通り、そこから先は多くの観光客と時折現れる激坂に悪戦苦闘しました。
ただ、意地で足だけはつきませんでしたよ!!観客が大勢いましたので(笑)。(余裕がなかったので画像はなし)
中千本あたりからは人も少なくなり、淡々と登りが続きます。



f0367991_20284660.jpg

























余裕の表情を浮かべるJさんです。



f0367991_20325503.jpg

























いやー、アゾロいいですね~。
リアに32Tのローギアが付いているおかげで、無理をしなくても一歩一歩確実に前に進んでくれます。
いつもガムシャラな私に「焦らず、ゆっくり走ろうや。」と語りかけてくるようなバイクなので
苦しいながらも景色や空気を楽しんで走れましたよー。
坂道が楽しいって感じたのはいつが最後だったのかなー。



f0367991_20353684.jpg




























f0367991_20355177.jpg

























もうすぐ目的地です。



f0367991_20361096.jpg

























見事、奥千本に到着しました。残念ながら桜はピークを少し過ぎていましたが
苦労してのこの景色は堪らないですね。
(空腹のあまり真面目な風景写真を撮るのを忘れていました。気になる方は来年行ってみてくださいね。)



f0367991_20362965.jpg




























f0367991_20365215.jpg

























でも、ここがゴールではありません。名も無き道を青根ケ峰方面へ進んでいきます。



f0367991_22574062.jpg

























この区間だけは、さすがにキツくて下しか見ていませんでした。

f0367991_23020947.jpg

























この道は土や枝が散らばっていて、ちょっと警戒しながら走らないといけないですね。



f0367991_23040236.jpg


























最後は分岐点で黒滝村に降りていく道を選択して、凄まじい悪路のダウンヒルを楽しみながら帰りました。
最後に一言
「自転車は楽しい!!」




補足
帰り道、道の駅黒滝によると自然薯が激安で販売していました。
バックパックはウィンドブレーカーなどで一杯だったのですが、幸いサイドバッグを
搭載していたので買って帰ることが出来ました。サイドバッグありがとう!!
f0367991_23265434.jpg





























リンク








[PR]
by hattorisports2 | 2017-05-09 17:03 | 平ぱ~兄さん日記

吉野サイクリング 準備編

今週の休日に計画している吉野の桜サイクリング。
今回も、色々な遊び方ができる「アゾロ」で走ってきますよ~。

先輩の噂によれば吉野は道も荒れていて何より激坂が多いとのこと。
ということで、手元にある軽量パーツを惜しげもなく使用し「スペシャルアゾロ」を制作してみました。

f0367991_22370897.jpg

























f0367991_10312351.jpg







































ブレーキはオフセットブレーキシューを利用して105を装着してみました。

f0367991_10341270.jpg







































f0367991_10302750.jpg






































ホイールはキシリウム ESにしてタイヤも23cに換装してみました。

f0367991_10294204.jpg






































初代ゼロ7の軽量カーボンシートポストにアップグレードさせました。
そして、先日実家から送ってもらった学生時代からの相棒、オーストリッチ製のサイドバッグを取り付けてみました。
「軽くしたいんだったらサイドバッグも外せば?」
私も一瞬分考えましたが、こちらのほうが輪行バッグなどの万が一の時の装備が持ち運べ、地元の名産品(あるのかは不明ですが)も
遠慮無く買って帰ることができるので取り付けてみました。
それに、意外にもかっこいいですよね?(会社の先輩にアンケートを取ってみると3人中2人が肯定的な意見でした)
さぁ、残る問題は花粉症で数ヶ月何も運動できていない私が無事に帰ってこれるのか?ということですねー。



アゾロシリーズ
フラットバーロード「アゾロ」での遊び方①
フラットバーロード「アゾロ」での遊び方〈近距離編①〉



追記

昨日、先輩が「スペシャルアゾロ」で暗峠(最大勾配31%!!!!!!)経由で帰宅したそうです。
ロードバイクだと降りて歩いていたのが「スペシャルアゾロ」では足はついたが歩かずに登頂できたとのことでした。
ギアがワイドレシオなのも一つの理由なのでしょうが、一番はゆっくりながらも着実に前進するアゾロだからこそ
行けたんだと感動されていました。

















@服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports2 | 2017-04-21 20:00 | 平ぱ~兄さん日記

アゾロのオススメ・ポイント②

アゾロをお買い求めになったお客様の話を聞いていて、こんな理由で選んだというオススメ・ポイントを紹介します!

既にロードバイク(TT車)に乗っているんだけど
近所のサイクリングや移動の為にもう1台欲しい!!

店主は、そんなお客様にフラットバー仕様の「アゾロ」をススメました。
理由①
前回と同じくロードバイクの設計になっているので、今乗っているバイクとの互換性が
高い!シマノパーツでまとめられた点も高評価。

理由②
パーツの統一性~今回お買い求めのオーナーは以前からスポーツバイクに乗っているせいか
廉価版の自転車はメーカーをまたぐミックスコンポが多々あり、性能面での不安があった。
完組ホイールを使用していないアゾロはハブに至るまでシマノのクラリスを使用!
これだけで安心してしまう。
リムは「MADDUX」社製、一般的に聞きなれないメーカーであるが、大手メーカーOEM元~
業界では、ここで作成されているレーシングリムは評価が高いのです。

理由③
ドロヨケを装着したい! (画像は社内のサンプル車です。)
f0367991_08410836.jpg

簡易タイプではなく、しっかりとしたステー止めタイプが要望~
ステー取り付け金具が取り付けられる様に、エンドにネジ穴がちゃんと設けられているかが
カギでした。アゾロは前後ともバッチリですね!?(画像は社内のサンプル車です。)
f0367991_08410165.jpgf0367991_08405543.jpg


他のお客様では、サブで買ったアゾロの方が乗る機会が増えて困っている(?)というパラドックスな
意見もありました。



@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2017-02-16 08:50 | Wilier(ウィリエール)

フラットバーロード「アゾロ」での遊び方〈近距離編①〉

さぁ、ツーリング(近距離)編です。

このツーリングのルールのとしてナビゲーションは使用しません(緊急時以外)。全ては地図のみで進行していきます。
もちろん、道に迷うことも多々あるでしょう。だからこそ、新たな発見・出会いが生まれるのです。
迷走するのはツーリングの醍醐味の一つです!!
使用する地図はバイカーのバイブル「ツーリングマップル」。
道路状況だけでなくその土地の名物や景色のいいスポットなどの情報も掲載されており、見てるだけでワクワクしてくる本です。
f0367991_19022860.jpg

 























では、いよいよ本題に入っていきましょう!!

今回のスタート地点は柏原市の「リビエルホール」です。
ここは石川サイクリングロードの起点だったりぶどう坂に向かったりなど、サイクリスト御用達の施設なのです。
(きちんとバイクスタンドも設置されていました。)
f0367991_01432573.jpg






















ここから目的地までは石川サイクリングロードを走るだけの非常に単純なルートです。
距離は約15kmです。
事前情報では、このサイクリングロードは通行者が多く道も細いため注意が必要とのことでした。
実際はそんな気になるほど人は多くなく、むしろ非常に静かな環境かつ、桜並木(春には大賑わいになるであろう)や
見た目はきれいな水が流れる石川といった自然を楽しみながら走ることができ非常に気持ちのいい道でした。
 これは「アゾロ」で走ったからこそ楽しめたのでしょう。
馬鹿な私はロードバイクで行ったとすれば絶対にヒィヒィ言いながら走って景色どころではなかったはずです(笑)
f0367991_01553527.jpg






















f0367991_01561060.jpg







































 写真を撮りながらのんびりと走って約1時間30分ほどで目的地の寺内町に到着しました。

f0367991_01575404.jpg


























f0367991_01581517.jpg

























f0367991_01585090.jpg







































江戸時代の街並みが残っている富田林の寺内町。
予想通り、雰囲気は最高ですね。
観光客も少なく非常に物静か(人の気配が全然感じません)なので、心が落ち着きます。
小さな地区なのでとりあえずしらみつぶしに走っていると・・・

f0367991_02064665.jpg

























f0367991_02075595.jpg


























なんと自動車教習所のミニチュアみたいな公園があるではあーりませんか!!
しかもちゃんと信号機も動作しています(大阪らしく多少せっかちな信号機でしたが・・・。)
これには驚きで理由もなく大興奮してしまいました。
こういった発見が楽しいんですね、ツーリングは。
地区内には雑貨屋や喫茶店など足を休めれる店もいくつかありました。
そのうちの一軒で昼食を。
f0367991_02242928.jpg

























f0367991_02250868.jpg






































f0367991_02283772.jpg


























ここのお店も非常に心が安らぐ空間でGOODでした。
このゆっくりとした時間の流れは観光客の多い京都ではなかなか味わえないでしょう。

この後は散策している際に気なったパン屋と喫茶店へGO。
(自転車を中心として手前側がパン屋、奥側が喫茶店でした。)
f0367991_02320147.jpg





























f0367991_02335009.jpg







































パン屋の人気商品であるクリームパンは完売みたいだったので晩食用のパンをいくつか調達して、
身体が冷えてきていたので喫茶店にて甘酒を飲み体温回復を(ちゃんとアルコール0%は確認して注文しました)。
この時期のライド後の甘酒は最高ですね。夏はガリガリ様、冬は甘酒!!
最後に街並みとアゾロのツーショット写真をいくつか撮って帰路へ。
f0367991_02434715.jpg

























f0367991_02450260.jpg

























f0367991_02453478.jpg





































番外編


帰りのルートはその場でのインスピレーションを頼りに走ってみました。
(時々出てくる青看板は大阪の土地勘が一切ない私には解読不能でした。)

今回の迷走では面白い展開はありませんでしたが、GPSでログだけは記録していたのでご興味のある方は
ご覧ください。






[PR]
by hattorisports2 | 2017-02-07 19:06 | サイクリング

フラットバーロード「アゾロ」での遊び方①

2017ラインナップに追加されたフラットバーロード「アゾロ(asolo)
アゾロはフラットバーロードなのでクロスバイクよりも軽快な走行感が魅力の一つです!!
主な用途としては、通勤・近隣のサイクリングがすぐに思う浮かぶと思います。
そんなアゾロを使い一つ面白い遊び方を実践してみようと思います。

それはツーリング!!
ツーリングと言っても皆様が思い浮かべるレベルは様々だと思います。
そこで今回は短距離編、中距離編、長距離編に分けて実際に走って楽しんでみたいと思います。
(番外編として来年春か夏くらいに学生時代に行った頭のネジが吹っ飛んだツーリング(4日間かけて獲得標高9000m前後)も妄想中です。体調次第ですが・・・)
まずは、機材の準備ですね!!
車種によってはキャリアが搭載できないこともありますが、このアゾロはリアエンド部とシートステー上部にダボ穴が設けられているため搭載が可能です。
今回使用するキャリアーはTOPEAK製「Super Tourist DX Tubular Rack」を使用していきます。
理由はリーズナブルな価格かつ過去の使用経験から信頼できるからです。
ツーリングではトラブルの発生を少しでも減らしたいので、しっかりとした製品の「アゾロ」と「Super Tourist DX Tubular Rack」は
ベストマッチですね!!
f0367991_08445595.jpgf0367991_08445088.jpg















 
           シートステー部                            リアエンド部



ただ、シートステー部のダボ穴付近はキャリパーブレーキがあるため、プレートに少々加工や細工が必要になります。
これは、アゾロに限ったことではなくキャリパーブレーキを採用しているスポーツバイクではよくあることです。
f0367991_11301038.jpg

















干渉しないように左側のみプレート曲げ部分の位置を調整ながら調整していきます。
f0367991_11444884.jpg
















f0367991_08421406.jpg

 



















眩いメインカラー「シルバー」の中にブラックが加わりバイク全体が引き締まった印象になり更にカッコよくなりました!!



次回はこの仕様で近所をツーリングしてみたいと思います。目的地は自分の第6感にきた富田林の寺内町をゴールに設定します。


続く・・・。

















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2017-02-07 19:04 | Wilier(ウィリエール)

アゾロのオススメ・ポイント!!

アゾロをお買い求めになったお客様の話を聞いていて、こんな理由で選んだというオススメ・ポイントを紹介します!

スポーツとして自転車を楽しみたいので「ロード系」が欲しい!
でも、いきなりドロップハンドルには抵抗がある!?
店主は、そんなお客様にフラットバー仕様の「アゾロ」をススメました。
理由①
フレーム自体は一般的なロードバイクの設計になっている~というのは、クロスバイクの多くはマウンテンバイクと
同じ、「Vブレーキ」が装備されています。アゾロは「キャリパーブレーキ」なのです。
つまり後々ドロップハンドル仕様に変更が容易にできるのです。(Vブレーキだと力率が違うのでSTIと組み合わせられない)
お客様のリクエストに合致しているスペックだった様です。

理由②
変速システムや駆動系、ブレーキなどが全て「シマノ」製(クラリス)をついています。
この点も後々メンテナンスやバージョンアップの時に入手し易い部品がスペックされているのが利点!
これは店主の作業が、になるからでしょう?
楽=早い!~お客様の利点にもつながります。

理由③
伝統あるヨーロッパブランド!

画像は服部社内でツーリング風にモディファイしたアゾロです。
リヤキャリアを利用すればバックパックを背負わなくても済みそうですね!?
夏場は汗をかくのでリヤバッグを使いたいところです。
f0367991_11425750.jpg
f0367991_11425087.jpg


少しブログの記事にする為に脚色しましたが、ほぼアンケートのお答え通りです。





@服部産業株式会社








More
[PR]
by hattorisports2 | 2017-01-24 12:00 | Wilier(ウィリエール)

アゾロ×輪行

アゾロで輪行してみました。
(大阪から首都圏のショップさんを訪問させていただきました。)

まずは新大阪駅に向かいます。
f0367991_19205607.jpg
新幹線で新大阪を出発します。
f0367991_19210831.jpg
新幹線では3列の一番後ろの席に座るのがオススメです。
席の後ろにスペースがあるので、自転車を置きやすかったです。
f0367991_19211105.jpg
在来線ではできるだけ壁際(一番前や一番後ろの連結がない車両の端や、可能であれば車いすの方優先スペース)がオススメです。
他の乗客の迷惑にならないよう、最大限の注意を払いましょう。
スケジュールを朝の通勤時間帯は下り、夕方の帰宅時間帯は上りに設定できると、混雑が避けれるかもしれません。
自転車を出し入れする際も、人通りの少ない壁際が便利です。
f0367991_19211818.jpg
今回はまず新大阪から東京駅を経て昭和レトロの街「青梅」まで輪行しました。
f0367991_19214781.jpg
次に小江戸「川越」を目指します。
調べると電車では1時間半以上かかるようですが、距離は30kmほど。
乗り継ぎや輪行準備も考えると、時間的にはそんなに変わらないと考えて、自転車で行くことにしました。
(青梅のショップの店長に走りやすい道を教えていただきました。)
f0367991_19215111.jpg
田園風景の中を走ります。
写真には撮れなかったのですが、一面が茶畑で車通りも少なく、予想外に気持ちよく走れました。
f0367991_19241184.jpg
観光地に輪行で行って、自転車で回るというのも、思っている以上に広い範囲を効率よく回れるかもしれません。
アゾロ(フラットバーロード)であれば、乗る際もレーシングジャージでなく普段着+スポーティーな服装でOKでしょう。
買い物や休憩のカフェなど、お店にも気兼ねなく入れますね。

プランに合わせてルートや持ち物(カギ、ライト)など、ショップさんに相談してみてください。

(途中で見かけたウィリエールです。)
f0367991_19543842.jpg

















@服部産業株式会社


[PR]
by hattorisports2 | 2016-12-30 20:00 | Wilier(ウィリエール)

ウィリエールのフラットバーロード「アゾロ」をドロップバーにモディファイする話④

リッチー社で面白いシートポストがありまして~
LINK SYSTEMポストです、画像はWCSカーボングレードです。
画像の状態でセットバックは15mm
f0367991_13381098.jpg

ヤグラの前後を変えるとセットバックがほぼ0mmになります。
極端にポジションを変更したい時に大変役に立つと思われます~
f0367991_13381776.jpg

という事で・・・今回はTT風にモディファイしてみました!
f0367991_13371071.jpg

なかなか戦闘的な仕上がりになりました。
アウターギヤは53Tをインストールしています。
もうアゾロではなくなってきた気がしますよ?
f0367991_13370469.jpg



@服部産業株式会社






[PR]
by hattorisports2 | 2016-12-16 16:16 | 軽量おぢちゃん