アラバルダハンドルを他モデルのWilierフレームに取り付ける方法その①

Cento10 Airと同時発売されているアラバルダハンドル。
対応ステアリングコラム径は一28.6mmです。
「ステアリングコラム径が28.6mmならば他のフレームに組み合わせることはできないだろうか。」
ということで先日、検証してみました。
まず、その①ではアラバルダハンドルを他モデルのWilierフレームに取り付けることがいかに困難であるかを説明していきます。

「アラバルダハンドルを他モデルのWilierフレームに取り付ける方法だけ知りたいぜい!!」
という方はその②を直接お読みください。
これより以下の3つのパターンを紹介していきます。
①「Cento10 Air」を「アラバルダハンドル」で組み立てる際に必要なダストカバーを使用した場合
②「Cento10 Air」を「ノーマルのステム」を組み立てる際に必要なダストカバーを使用した場合
③通常の円形ダストカバー(トップカバー)を使用した場合



まずは[①「Cento10 Air」を「アラバルダハンドル」で組み立てる際に必要なダストカバーを使用した場合]について検証していきます。
f0367991_16164626.jpg






































上の写真は「Cento10 Air」を「アラバルダハンドル」で組み立てる際に必要なダストカバーです。
(このダストカバーではスペーサーも専用品を使用します。2つの突起物はスペーサーをしっかりと整列させるためのものなのです)


f0367991_16224026.jpg






































写真の囲っている部分を見てください。ダストカバーの外径が大きくトップチューブと接触していますね。
その結果、トップキャップを締めてもヘッドベアリングにうまくコンプレッションが伝わらず
ハンドリング・ブレーキングに悪影響を及ぼしフレームにも傷が入ります。


f0367991_16294398.jpg






































上の写真はCento1 Air 46を真正面から撮影したものです。
フレームからダストカバーがはみ出していて美しくありませんよね。
このようにパターン①では取り付けができません。






次は[②「Cento10 Air」を「ノーマルのステム」で組み立てる際に必要なダストカバーを使用した場合]について検証していきます。
f0367991_18362258.jpg






































このダストカバーは「Cento10 Air」を「ノーマルのステム」で組み立てる際に必要なダストカバーです。
形状はパターン①で紹介したダストカバーによく似ていますが異なるパーツです。
見分けるポイントの一つは2つの突起物がないですよね。
(コラムスペーサーは通常の円形タイプを使用します。)

このダストカバーも若干形状が違えど同じ外寸法なので、パターン①と同様の問題が発生してしまいます。
さらには新たな問題が発生します。
f0367991_08381613.jpg


































上の写真はアラバルダハンドルを固定するコンプレッションデバイスを締め付けた状態のものです。
赤線で囲った部分にコンプレッションデバイスが収まっていますが青線で囲った部分を見ていただくと
下に少しはみ出しているのが確認できます。



f0367991_15540835.jpg






























専用スペーサーでは写真の青線で囲った部分に、はみ出している部分が納まる場所が確保されています。


f0367991_14144655.jpg

































円形コラムスペーサーはコンプレッションデバイスの真下に位置しているため
接触してアラバルダハンドルとコラムスペーサーの間に隙間を生じさせます。
 その結果、振動などによってハンドルの固定力が弱まり
大事故につながる危険性があります。
このようにパターン②では取り付けができません。




最後は[③通常の円形ダストカバー(トップカバー)を使用した場合]について検証していきます。
このパターンでは①,②で問題になったフレームとダストカバーの接触は解決できます。
ただ、②特有の問題であった円形スペーサー(もしくは円形トップカバー)とコンプレッションデバイス(アラバルダハンドル固定器具)の接触は解決されません。
よって、パターン③でも取り付けはできません。


これらのことからアラバルダハンドルを他モデルのWilierフレームに取り付けるためには以下の条件が必要になってきます。
①アラバルダハンドルは専用スペーサーとの併用が必須
②ダストカバーは専用スペーサー・1-1/4サイズのベアリングに対応し、外寸法が小さなものでなくてはならない。

そんな時に救世主が現れました。
その②に続きます。


















@服部産業株式会社


[PR]
# by hattorisports2 | 2017-02-08 08:38 | Wilier(ウィリエール)

フラットバーロード「アゾロ」での遊び方〈近距離編①〉

さぁ、ツーリング(近距離)編です。

このツーリングのルールのとしてナビゲーションは使用しません(緊急時以外)。全ては地図のみで進行していきます。
もちろん、道に迷うことも多々あるでしょう。だからこそ、新たな発見・出会いが生まれるのです。
迷走するのはツーリングの醍醐味の一つです!!
使用する地図はバイカーのバイブル「ツーリングマップル」。
道路状況だけでなくその土地の名物や景色のいいスポットなどの情報も掲載されており、見てるだけでワクワクしてくる本です。
f0367991_19022860.jpg

 























では、いよいよ本題に入っていきましょう!!

今回のスタート地点は柏原市の「リビエルホール」です。
ここは石川サイクリングロードの起点だったりぶどう坂に向かったりなど、サイクリスト御用達の施設なのです。
(きちんとバイクスタンドも設置されていました。)
f0367991_01432573.jpg






















ここから目的地までは石川サイクリングロードを走るだけの非常に単純なルートです。
距離は約15kmです。
事前情報では、このサイクリングロードは通行者が多く道も細いため注意が必要とのことでした。
実際はそんな気になるほど人は多くなく、むしろ非常に静かな環境かつ、桜並木(春には大賑わいになるであろう)や
見た目はきれいな水が流れる石川といった自然を楽しみながら走ることができ非常に気持ちのいい道でした。
 これは「アゾロ」で走ったからこそ楽しめたのでしょう。
馬鹿な私はロードバイクで行ったとすれば絶対にヒィヒィ言いながら走って景色どころではなかったはずです(笑)
f0367991_01553527.jpg






















f0367991_01561060.jpg







































 写真を撮りながらのんびりと走って約1時間30分ほどで目的地の寺内町に到着しました。

f0367991_01575404.jpg


























f0367991_01581517.jpg

























f0367991_01585090.jpg







































江戸時代の街並みが残っている富田林の寺内町。
予想通り、雰囲気は最高ですね。
観光客も少なく非常に物静か(人の気配が全然感じません)なので、心が落ち着きます。
小さな地区なのでとりあえずしらみつぶしに走っていると・・・

f0367991_02064665.jpg

























f0367991_02075595.jpg


























なんと自動車教習所のミニチュアみたいな公園があるではあーりませんか!!
しかもちゃんと信号機も動作しています(大阪らしく多少せっかちな信号機でしたが・・・。)
これには驚きで理由もなく大興奮してしまいました。
こういった発見が楽しいんですね、ツーリングは。
地区内には雑貨屋や喫茶店など足を休めれる店もいくつかありました。
そのうちの一軒で昼食を。
f0367991_02242928.jpg

























f0367991_02250868.jpg






































f0367991_02283772.jpg


























ここのお店も非常に心が安らぐ空間でGOODでした。
このゆっくりとした時間の流れは観光客の多い京都ではなかなか味わえないでしょう。

この後は散策している際に気なったパン屋と喫茶店へGO。
(自転車を中心として手前側がパン屋、奥側が喫茶店でした。)
f0367991_02320147.jpg





























f0367991_02335009.jpg







































パン屋の人気商品であるクリームパンは完売みたいだったので晩食用のパンをいくつか調達して、
身体が冷えてきていたので喫茶店にて甘酒を飲み体温回復を(ちゃんとアルコール0%は確認して注文しました)。
この時期のライド後の甘酒は最高ですね。夏はガリガリ様、冬は甘酒!!
最後に街並みとアゾロのツーショット写真をいくつか撮って帰路へ。
f0367991_02434715.jpg

























f0367991_02450260.jpg

























f0367991_02453478.jpg



































次回は何処へ行きましょうか?
何とか本年中にもう一か所行こうと計画中です。


番外編


帰りのルートはその場でのインスピレーションを頼りに走ってみました。
(時々出てくる青看板は大阪の土地勘が一切ない私には解読不能でした。)

今回の迷走では面白い展開はありませんでしたが、GPSでログだけは記録していたのでご興味のある方は
ご覧ください。






[PR]
# by hattorisports2 | 2017-02-07 19:06 | サイクリング

フラットバーロード「アゾロ」での遊び方①

2017ラインナップに追加されたフラットバーロード「アゾロ(asolo)
アゾロはフラットバーロードなのでクロスバイクよりも軽快な走行感が魅力の一つです!!
主な用途としては、通勤・近隣のサイクリングがすぐに思う浮かぶと思います。
そんなアゾロを使い一つ面白い遊び方を実践してみようと思います。

それはツーリング!!
ツーリングと言っても皆様が思い浮かべるレベルは様々だと思います。
そこで今回は短距離編、中距離編、長距離編に分けて実際に走って楽しんでみたいと思います。
(番外編として来年春か夏くらいに学生時代に行った頭のネジが吹っ飛んだツーリング(4日間かけて獲得標高9000m前後)も妄想中です。体調次第ですが・・・)
まずは、機材の準備ですね!!
車種によってはキャリアが搭載できないこともありますが、このアゾロはリアエンド部とシートステー上部にダボ穴が設けられているため搭載が可能です。
今回使用するキャリアーはTOPEAK製「Super Tourist DX Tubular Rack」を使用していきます。
理由はリーズナブルな価格かつ過去の使用経験から信頼できるからです。
ツーリングではトラブルの発生を少しでも減らしたいので、しっかりとした製品の「アゾロ」と「Super Tourist DX Tubular Rack」は
ベストマッチですね!!
f0367991_08445595.jpgf0367991_08445088.jpg















 
           シートステー部                            リアエンド部



ただ、シートステー部のダボ穴付近はキャリパーブレーキがあるため、プレートに少々加工や細工が必要になります。
これは、アゾロに限ったことではなくキャリパーブレーキを採用しているスポーツバイクではよくあることです。
f0367991_11301038.jpg

















干渉しないように左側のみプレート曲げ部分の位置を調整ながら調整していきます。
f0367991_11444884.jpg
















f0367991_08421406.jpg

 



















眩いメインカラー「シルバー」の中にブラックが加わりバイク全体が引き締まった印象になり更にカッコよくなりました!!



次回はこの仕様で近所をツーリングしてみたいと思います。目的地は自分の第6感にきた富田林の寺内町をゴールに設定します。


続く・・・。

















@服部産業株式会社

[PR]
# by hattorisports2 | 2017-02-07 19:04 | Wilier(ウィリエール)

Wiler ディスプレイスタンド

こんばんは、服部産業の堺です。

先日、以前から考えてた【Wiler ディスプレイスタンド】をやっと購入しました!
昨年の11月に5年ほど遠ざかっていたMTBを手に入れ、再び山で遊んでいます。
残念ながらMTBは大人の事情によりWilierではありませんので悪しからず。
きっかけは同僚新人のHくんから「MTBに乗って山で遊びたい」というリクエストがあったのと
周りでMTBに乗ってるメンバーが増え、自分自身も遊びたくなったんですね。
で、嬉しい?悩みですが手に入れたは良いが置き場所…
我が部屋にはすでに「Cento1Air」「Cento1SL」「ステッラ」の3台が鎮座しております。
それぞれ「オールラウンド」「山岳」「通勤」と必要なため処分できない、したくない。
しばらくは簡易スタンドを使っていたんですが、着脱が面倒なうえ思ったより場所を獲る。

f0367991_19571386.jpg
思いついたのがこれ!! 愛車の着脱を簡単に出来るし、意外と場所を獲らないんですね。

f0367991_19574352.jpg
こんな感じで2台をピッタリ並べて置いています。MTBはハンドルが飛び出して邪魔になるので上段に。

f0367991_19572525.jpg
部屋の入り口に「Cento1Air」。写真には写っていませんが奥には「Zero9」のフレームがぶらさがっています。
これでなんとか狭い部屋ながら、着替えなどの日常生活に支障がないようになりました。

お蔭様で今後も自転車ライフを楽しめそうです。
【Wiler ディスプレイスタンド】については服部産業とお取引のあるお近くのショップ様にお尋ねください。


















@服部産業株式会社

[PR]
# by hattorisports2 | 2017-02-03 20:00 | Wilier(ウィリエール)

サイクルサッカー

「サイクルサッカー」は、自転車に乗って行うサッカーのような競技です。
2人制や5人制がありますが、日本では主に2人制の室内競技が行われています。
使用する自転車はブレーキのない固定ギアで、特殊な形状のハンドルが素早いターンや鋭いシュートを可能にします。

服部産業株式会社では、「サイクルサッカー」のパーツを取り扱っております。
(服部産業㈱一般自転車のページはコチラ

その関係もあって、競技をされている選手や学生様とも縁があります。
先日、うれしい知らせを持ってきていただきました!

f0367991_16515009.jpgf0367991_16514719.jpg

f0367991_16513530.jpgf0367991_16514339.jpg

ドイツ・シュトゥットガルトのポルシェアリーナで行われた2016年12月3日世界選手権Bリーグにて、サイクルサッカー日本代表として出場した[RSV大阪]の村上裕亮選手・岡嶋紘次選手が、優勝されました!
おめでとうございます!!
プロロゴのサドル、モトレックスのケミカルも使っていただいております。

翌12月4日の入れ替え戦でAリーグ6位のベルギーチームとの戦いに残念ながら敗れましたが、日本としては8年ぶりのBリーグ優勝を成し遂げられました。
引き続き応援させていただきます。


















@服部産業株式会社

[PR]
# by hattorisports2 | 2017-01-30 20:00 | その他