2018 ウィリエール・ニューモデル⑪

ジャルーン・クロモリ ディスクです。

ウィリエールのグラベル系のバイクです。
クロモリフレームに、スラムのライヴァルハイドロディスクブレーキ(ロード用)を搭載した
ウィリエールでは珍し系の一台といえます~
700✖40Cのセミブロックタイヤはオンロードや、ちょっとしたオフロードでも走行可能です。
f0367991_15125097.jpg



オーバーサイズのクロモリチューブを溶接しています。
ビードがほぼ見えない特殊な溶接技術になっています、美しい仕上がりにイタリア旅行で
日本入荷前のジャルーンを見てきた方々がため息(?)をついていたほどです。
f0367991_15133875.jpg



「JAROON」と書いてジャルーンと読みます。詳しい意味は知りませんが・・・
f0367991_15134871.jpg



フラットマウント(ディスクブレーキ)を搭載するリヤエンド部です。
フロントはΦ160、リヤはΦ140 ローター仕様。
オイルはDOT 5.1。
f0367991_15130119.jpg



ホイールの取り付けは、前後ともスルーアクスルになっています。
ローギヤは42T
スラムの変速システムを搭載。
f0367991_15130873.jpg



勿論、ハイドロタイプのダブルタップ(ライヴァル)、見た目はごついけど
ブラケットの握り心地は満足できる出来に仕上がっております。
f0367991_15132811.jpg



フロントは44Tの1✖(ワンバイ)仕様です。
ロード系にも、この流れは来ているのでしょうか?
フロントチェーンリングはワイドナローを搭載し、チェーンウォッチャーを
省略しています。
ローギヤにすると比率はほぼ「1」になります。
40年以上前はリヤのスプロケットは5枚が標準、フロントがダブルでも
10段変速しかありません。
現在のスプロケットは11枚まで増えていて、1✖(ワンバイ)でも11段変速になり
かなり数が増えているのが分かります。
10段変速の時代はリヤは「13-15-17-19-21」が標準的な組み合わせで
フロントは「52-42」で、比率は「4」~「2」でした。 (画像は参考)
f0367991_10321871.jpgf0367991_10320995.jpg

ジャルーンはリヤが「11~42」フロント「44」なので比率は「4」~「1.05 」
になり、かなりなワイドレシオなのです。
ローギヤでは倍近く軽くなっているので激坂にも対応している(?)です。
半世紀弱で変速の概念が変化したところです。
スプロケットが5枚だった頃は、ローギヤ(比率)を軽くするにはフロントギヤを
ダブル、トリプルへと増やしていったわけですが、フロントを1枚でリヤの
枚数を増やし、歯数を増やすといった発想はなかったんでしょうね?
あったとしても、それを実現化させるテクノロジーがなかったのだと思います。
現在は当たり前の如く存在しているのだから、驚きですね?

今後、ロードレーサー系はダブルのコンパクトギヤ、クロスバイク系は1✖(ワンバイ)が
主流になってくる??
ローギヤはいずれも歯数が増えてロードレーサ系は28Tが標準、30Tオーバーもあり?
クロスバイク系は42Tかな?
f0367991_15131864.jpg


クロモリフレーム(オーバーサイズ ラグレス)

ハイドロディスクブレーキ

スルーアクスル

1✖ (ワンバイ)

700✖40C

<考察>
自転車の新しい方向性を非常に上手く組み合わせたロード系の完成車になっていると思います。
おそらく誰もが一度は乗ってみたくなると・・・試乗会に置いてあればカテゴリーの枠を越えて
人が集まるでしょう。
ただ、ここまで頑張った仕様だと価格は安くはなりません。
コストを下げると必要なパーツ構成から外れてしまい魅力がなくなるのです。
市場がこのような方向に向けば、数の原理でコストは下がると思いますが難しい話でしょう?

この車種はイレギュラーで入荷したものなので展示会のみのデリバリーとなりました。
2018のレギュラー販売はありません。ご了承ください。



@服部産業株式会社







[PR]
# by hattorisports2 | 2017-07-25 13:00 | 軽量おぢちゃん

2018 ウィリエール・ニューモデル⑩

ゼロノヴェ LTD のマットブラックです!

こちらは展示会仕様のデュラエースMix完成車です。
スプロケット+チェーン+BBがアルテグラグレードになっているので少しお買い得?

ブレーキ、クランクもデュラエースです。
価格を抑える為にこの2点を下位グレードやサードパーティにしている
ところもありますが、性能差が出やすいパーツなので揃えました!!!
f0367991_15151810.jpg



いや~っ、やっぱりマットブラックは落ち着いた色なので、高級感が漂ってきますね!?
ブルーとホワイトは発表済み、追加カラーになります。
f0367991_15154133.jpg



乗車した時にトップチューブの先端に目をやると、イタリアントリコロールが見える
デザインがですね。
f0367991_15153146.jpg


勿論、日本限定です。
デザイナーが日本を意識した配色にしているとの事。
f0367991_15155725.jpg



トップチューブに素材や製法に関してのアイコンを表示しています。
ウィリエールではグレードの高い車種のみプリントしているのです。
f0367991_15161096.jpg



















@服部産業株式会社








More
[PR]
# by hattorisports2 | 2017-07-25 12:00 | 軽量おぢちゃん

2018 ウィリエール・ニューモデル 番外編④

東京で服部産業株式会社2018展示会を開催しています。
販売店向けなので、一般のお客様はご来場できません。気になるモデルがあればウィリエールの
販売店にお問い合わせ下さい。

今まで何度か紹介してきたモンテグラッパディスクです。
展示会用の特別仕様になっています~(コラム部分は展示用のため未カットです)
手前味噌になりますがメッチャ格好良いと思っております!
市販モデルとは少しスペックが異なります~
f0367991_11524370.jpg

105仕様11速です。
ロードコンポーネントを使っています、ロードバイクと違う点は
リヤのエンド幅が135mm。
前後ともクィック式でスルーアクスルではありません。
ホイールはシマノ社のWH-RX010を搭載。
f0367991_11523404.jpg

TRP社製のハイドロディスクブレーキ
リヤはセンターロックΦ140ローターを装備しています。(フロントはΦ160)
ワイヤー引きなのでメンテナンスが楽です。
f0367991_11522625.jpg
リッチー社の新しいタイヤ
アルパインJB 700✖30C~スキンサイドに趣があります。
トレッドパターンはオンロードタイプで、フラットダートくらいなら
走行可能だと思います。
ケブラービードのタイヤは軽量かつしなやかで乗り心地満点でしょう!
f0367991_11521826.jpg

<考察>
ハッキリ言って、格好良いでしょ!
他メーカーの同価格帯の商品に比べても、かなりイケてる仕上がりだと自画自賛しております。
ディスクブレーキロードを普及させると思った時に、まず格好良い自転車を!と考えたのです~
いろいろなメーカーのディスクロードを見てきましたが、前衛的なデザインのものとか
とってつけた感のあるものしか目立ちませんでした・・・
ロードバイクは格好良いから、乗ってみたい、思いっきり走ってみたいと普及したと思えるので
ディスクロードも仕上がり(外観)は重要視したのです。勿論中身もこだわっています。



@服部産業株式会社




[PR]
# by hattorisports2 | 2017-07-25 11:00 | 軽量おぢちゃん

2018 ウィリエール・ニューモデル⑨

チェントウノエアー 46T(よんじゅうろく・てぃー) です。
2018モデルで最もイチオシな一台です。
f0367991_15095026.jpg

 

昨年ブレークしたチェントウノエアー 46T が2018バージョンにモディファイしました。
形状がビッグマイナーチェンジした他に進化したところがあります。
ブルーの差し色が入ったホワイトになりました。他にマットブラックもあります。
f0367991_15104513.jpgf0367991_15101073.jpg



46Tカーボンに加え、60Tカーボンで補強されました。より上位機種に近づいたのです。
チェントウノエアー 46 がリリースされた時はグレードダウンされた製品と思われたのですが
エントリーライダーにプロが使うチェントウノエアーをそのまま乗りこなすのは難しいと
考え、日本企画で硬さを調整(柔らかめ)して価格もお求めになりやすくしました。
カーボン素材の差だけで、この価格差は出ません。
メーカーへ、PBに匹敵する生産を依頼した結果での実現だったのです。
2018バージョンは中~上級者にも満足して頂けるように60Tカーボンの追加を決断しました。
価格は若干アップしてしまいましたが、納得できる仕上がりになっています。 シートチューブ部のクリアランスを見ると「25C」が限界かな。
f0367991_15102148.jpgf0367991_15103745.jpg



最大の悩みは、チェントウノエアー(60T)のライバルがチェントウノエアー 46T になった事です。
こちらは展示会仕様なのでレギュラー商品とはちょっと違います。
アルテグラ(R8000)コンポーネント+カンパニョーロ社のゾンダを搭載している注目の一台に仕上がって
います~
f0367991_15100154.jpg

<考察>
平地はチェントウノ46T、ヒルクライムはゼロノヴェ、両方はチェントディエチエアー
プラス快適性ならチェントディエチNDR・・・段々と価格は上がってきますが?

@服部産業株式会社





[PR]
# by hattorisports2 | 2017-07-25 10:00 | 軽量おぢちゃん

【販売店向け】2018モデル展示会

展示会に向けて出発します!
f0367991_19370066.jpgf0367991_19365813.jpgf0367991_19365737.jpg

販売店向けなので一般のお客様は来場いただけませんが、最新モデルはこのブログでも紹介していきますので、見てください。
気になるモデルなどありましたら、ぜひ販売店へお問い合わせをお願いいたします。















@服部産業株式会社



[PR]
# by hattorisports2 | 2017-07-24 09:00 | Wilier(ウィリエール)