2017 台北ショー報告 ②

最新情報によりますと、ユニパーの新しいカーボンリムは24mmハイトと35mmハイトがある様です。
アンドレアス代表は24mmハイトを推しています。
35mmハイトの方がポピュラーだと思うのですが、私が感ずるところは素材や製法を突き詰める
と「使える」24mmハイトのカーボンリムの可能性に挑戦しているみたいです。
f0367991_06133780.jpg




レース用アルミリムホイールを見ると大方がが30mm以下のリムハイトです。
カーボンリムになると35mmや50mmがポピュラーです。
これはなぜでしょう?
おそらく、このブログを読んでいる方の思っている事が正解です。
50mmのアルミリムがあるならば、あなたはきっと「硬くてくそ重たく進まない」と
30mm以下のカーボンリムなら「ふにゃふにゃで進まない」と想像するはずです。

素材によって外形のボリュームは最適なウエイトバランスがあると無意識に理解
しているのです。
例えば、クロモリフレームほどの太さしかない、アルミチューブならば「柔らかい」と
アルミフレームほどある太さの、クロモリチューブならば「ガチガチに硬い」と
乗る前から分かっている自分に気付くはずです。

アンドレアス代表はカーボンでありながらカーボン素材の差別化と製法の違いで
24mmに挑戦しているのではないでしょうか?
期待する商品なのです。早く組み上げたい!!!!!
f0367991_06124956.jpg





この画像(24mmハイト)を見て頂くと分かりますが、上2画像の35mmハイトリム
とは風格(?)が違います。
それならば、わざわざ35mmハイトのリムは必要ではない!と思われるでしょう?
実は35mmハイトは全く違うところで作られた別の性質のカーボンリムなのです。
これはこれで意味があるものらしいのですが、これについては後日レポートします。
f0367991_20360760.jpg





@服部産業株式会社





[PR]
# by hattorisports2 | 2017-03-29 00:00 | 軽量おぢちゃん

2017 台北ショー 報告①

どうやら「ユニパー」は本気になってカーボンホイールを作ってきました。
安価な中華リムではないということです。
昔で言う「LEW」のテクノロジーで作成された、現在でも有力メーカーのリムを
作成しているファクトリーで調達された様です。
f0367991_20360760.jpg



この独特な編み方をされたカーボンファイバーは何かを語っているかのように思えて仕方ないのです。
もう既に量産は開始されていて春過ぎにはリリースが予定されています。
完成形は「2:1」アレンジメントホイール(リムのスポークホールも対応)
一部限定でノーマルアレンジメント用リムも発売が予定されています。
高性能すぎて量産には向いていないのでしょうか?発売時期が遅れに遅れています。
早くサンプルを入手してホイールに組み上げたと思っております。
f0367991_20354088.jpg


詳しい事は言えませんが、乗り心地と剛性感は素晴らしいとアンドレアス代表は熱弁していました。
どうやら2種類のカーボンリムを用意しているみたいです!
今年は「ユニパー」から目が離せませんね?



@服部産業株式会社






[PR]
# by hattorisports2 | 2017-03-28 00:00 | 軽量おぢちゃん

わかやまサイクリングフェスタ編

わかやまサイクリングフェスタに出展させていただきました。
f0367991_07403132.jpg

事前の予報では雨でしたが、曇りスタートで昼頃には晴れ間もあり、参加者の皆さまの日頃の行いに感謝です。
コースは「天空の聖地~高野山センチュリーライド」の160km、「紀の国うまいもん満喫ライド」60km、「サイクリングデビューわくわくライド」10kmと三種類。
県が主体のイベントという事もあり、ゆるキャラさんなども参戦で、幅広い皆様に楽しんでいただけるようなイベントでした。
参加された皆様、お疲れさまでした。

それでは、わかやまサイクリングフェスタにてお会いしたウィリエールオーナー様のご紹介です。
まずは京都よりご夫婦で参加のミヤさん。
旦那様がグランツーリズモRチームです。
奥様が落車によるケガのリハビリのため、60kmに参加という、自転車夫婦!
f0367991_08032064.jpg


グランツーリズモのマツオカさん
ステッラのN2乗さん
香川県よりショップ店長と共に参加のお二人。
ご夫婦で参加とお聞きすると、会社の上司と部下とのこと!! びっくり
今回は60㎞コースに参加です。
普段はサイクリングメインとのことですが、楽しまれたでしょうか?
f0367991_08032173.jpg


香川よりお客様を連れて参戦のショップ店長。
スラムのE-タップで前日に急きょくみ上げたチェントディエチエアー(110Air)のスペシャルカラーで参戦。
フェリーを使うと意外に近く、ライドもグルメも楽しかった!とのことでした。
ビフォー
f0367991_08031962.jpg
アフター
f0367991_07323882.jpg
























160㎞走った後でも余裕がありそうですネ!
話を聞くと『チェントディエチエアーのおかげ』とうれしい一言。


そして未来のオーナーさん?
試乗に来ていただきました。
今回はMTBでの参加でしたがロードバイクに興味深々!
初めての700C、STIレバー、ロードバイク?
お父様と一緒に何度も試乗して楽しそうな姿が印象的でした。
身長が140cmを超えてくると、ウィリエールでは乗れるバイクが見つかるかも?
f0367991_08032254.jpg














また次のイベントでお会いしましょう!
f0367991_07412289.jpg


















@服部産業株式会社

[PR]
# by hattorisports2 | 2017-03-27 08:00 | 私たちの出会ったウィリエール

守山野洲川クリテリウム(滋賀県)編②

イゾアールXPです。
ジャージのイエローとバイクのイエローが効いていますね。
f0367991_16433104.jpg


グランツーリズモRです。
戦闘的なホイールのイエローが車体と合わさって、速そうなオーラが出ています。
f0367991_16440861.jpg


帰りに寄ったコンビニで偶然見かけたお二人もウィリエールオーナー様でした!
そんな出会いにも感謝!の一枚です。
f0367991_16440994.jpg



その後、見学させていただいた某ショップに、店長の計らいで噂を聞きつけたウィリエールオーナー様がわざわざ来てくださいました。
エンリコ氏も感激しておりました。
f0367991_16441081.jpg

f0367991_16502303.jpg

f0367991_16502475.jpg

f0367991_16502695.jpg


お集まりいただいた皆様、ありがとうございました。
突然声をかけてしまった皆様、驚かせて申し訳ありませんでした。
またどこかでお会いしましょう!

















@服部産業株式会社
[PR]
# by hattorisports2 | 2017-03-27 00:00 | 私たちの出会ったウィリエール

守山野洲川クリテリウム(滋賀県)編

2017年3月19日に行われた守山野洲川クリテリウムにてお会いしたウィリエールオーナー様のご紹介です。
今回は何と!
来日中であったウィリエール・トリエスティーナ社のCEOであるエンリコ・ガスタルデッロ氏も一緒に見学させていただきました。
会場では飛び入りゲストとして挨拶までさせていただき、ウィリエールオーナー様のみならず、地元ブースの方々はじめ、たくさんの人々と交流させていただきました。
ありがとうございました。

まずはエンリコ氏あいさつのシーン。
突然でしたが対応していただき、時間をいただけました。
ありがとうございました。
f0367991_16431228.jpg


チェント1エアーのUHCチームカラー。
フレームにサインをさせていただきました!
f0367991_18535067.jpg


ルナアルミのピンクです。
女性に「Wilier」ロゴが似合います。
この年代でもしっかり乗っていただいていることにエンリコ氏も感心しておりました。
f0367991_16431511.jpg


Zero7(ゼロセッテ)で記念撮影。
f0367991_16431630.jpg


イゾアールです。
スペックにエンリコ氏も興味津々でした。
ピンボケで申し訳ありません。
f0367991_16433095.jpg


地元自治会の貴婦人方と。
おいしい豚汁ごちそうさまでした。
エンリコ氏も完食でした。
f0367991_16433259.jpg



もう少し続きます。

















@服部産業株式会社



[PR]
# by hattorisports2 | 2017-03-24 20:00 | 私たちの出会ったウィリエール