Asolo(アゾロ)カラー紹介

Asolo(アゾロ)
フラットバーロード アルミ
クラリス:89,000円(税抜き)

f0367991_10372469.jpg
シルバー
ご注意:写真はイメージです。
実際の自転車とはホイールの仕様などが異なります。
サドル、クランクはブラックになります。
詳しい情報は、ぜひ販売店へ!















@服部産業株式会社
[PR]
# by hattorisports2 | 2016-08-05 20:00 | Wilier(ウィリエール)

グランツーリズモRチーム目線⑥

私の愛車はグランツーリズモRチームです。

フラッグシップに近い性能をお求めの方には、同型でより高弾性なカーボンを使った「グランツーリズモR SL」をオススメします。

その逆で、もう少し手軽に気軽に、レーシングカーボンバイクを楽しみたい!という方にオススメなのが、「グランツーリズモR」です。
f0367991_2025465.jpg

ブラック/レッドマット


f0367991_2031116.jpg

ブラック/グリーン


グランツーリズモRは、2013年モデルで登場して以来、前身の「グランツーリズモ」と合わせて近年のウィリエールの顔としてミドルグレードを支えているモデルです。
そう、現在はウィリエールの中で最もお手軽なカーボンモデルとしてラインナップされていますが、ついこの間までは上級者までカバーするミドルグレードの位置づけでした。
そしてその中身は全くと言っていいほど変わっていません。
ワイヤールーティングなどのマイナーチェンジはありましたが、使用されているカーボンなどは変更されていないのです。

エアロ効果を意識しているであろうボリュームのあるダウンチューブやブレード型のフロントフォーク。
f0367991_2061778.jpg


剛性感やハンドリング性能を高める、上下異径のヘッドチューブ。
f0367991_2063774.jpg


バランス最適化のため、もちろん最上位モデルにも採用されている左右非対称チェーンステー。
f0367991_207273.jpg


縦方向の衝撃吸収性を高める、扁平したシートステー。
f0367991_2071931.jpg


まだまだ色あせない機能や性能がてんこ盛りです。
そんなモデルが、エントリーグレードとして選択できるとは、技術の進化は素晴らしい!

これからカーボンロードバイクに乗ってみようとお考えの皆さま、ぜひウィリエールの販売店を覗いてみてください。















@服部産業株式会社
[PR]
# by hattorisports2 | 2016-08-01 21:00 | Wilier(ウィリエール)

Zero6(ゼロセーイ)カラー紹介

Zero6(ゼロセーイ)

三菱ダイアリード65Tカーボン+MR70パイロフィル+S.E.I
メカニカル/Di2兼用

110周年記念カラー、マットブラック

フレーム:650,000円(税抜き)
デュラエース/WH-R9100-C40-CL:1,100,000円(税抜き)
デュラエース/WH-RS11:900,000円(税抜き)

e0253769_18434551.jpg

110周年記念カラー


e0253769_1844886.jpg

マットブラック















@服部産業株式会社
[PR]
# by hattorisports2 | 2016-07-29 20:00 | Wilier(ウィリエール)

グランツーリズモRチーム目線⑤

私の愛車はグランツーリズモRチームです。
これまではアルミカーボンバックのエバーションや、スチールのジョイエッロ・ラマートに乗っていましたが、それらと比べると、適度に硬く軽い、バランスの取れたモデルだと思います。
新しいロードバイクが欲しい、しかし用途や予算その他の事情でフラッグシップまでは必要ない~そんな人にはグランツーリズモR SLとともに、オススメのモデルです。
ところで・・・もう一つ気になるモデルが出てきました!

朝6時ぐらいだと明るさも十分でやや涼しく気持ち良い!
こんな長い直線を走っていると、最近の流行?エアロロードも気になります。
f0367991_7104141.jpg


そこでオススメしたいのがコチラ。
Cento1 Air 46(チェントウノエアー46)です。
グランツーリズモRチームと同じく、いわゆるミドルグレードに分類されるモデルです。
こちらは何と、トップグレードで大人気のCento1 Air(チェントウノエアー)を、ルックスはそのままで使用するカーボンやカラーリングをアレンジし、より快適性を高めたモデルなんです。
抑えられた予算(?)でホイールなどを変更して楽しんでみてはいかがでしょうか。
カラーは2色。
角度や光の加減で姿を現すロゴが粋な「ステルスブラック」と、最近は黒系に押され気味ですが安定で間違いなしの「ホワイト」です。
f0367991_15352046.jpg
f0367991_1535365.jpg



イタリアンレーシングバイク×エアロロード×ミドルグレード!
ぜひ、お近くのウィリエール取り扱い店を覗いてみてください。


















@服部産業株式会社

[PR]
# by hattorisports2 | 2016-07-25 20:00 | Wilier(ウィリエール)

Montegrappa team(モンテグラッパ チーム)カラー紹介

Montegrappa Team(モンテグラッパ チーム)
アルミフレーム
カーボンフォーク

シルバー、ホワイト
フレーム:100,000円(税抜き)
アルテグラ/WH-RS11:200,000円(税抜き)
105/WH-RS010:165,000円(税抜き)
ティアグラ/WH-R501:145,000円(税抜き)



シルバー
e0253769_19185321.jpg

f0367991_1445921.jpg



ホワイト
e0253769_19192795.jpg

f0367991_14453994.jpg











@服部産業株式会社
[PR]
# by hattorisports2 | 2016-07-18 00:00 | Wilier(ウィリエール)