イワイ・ZING²様主催試乗会ブース出展のご案内①

11月19日(土)、20日(日)にイワイ・ZING²様主催の2017 NEW MODEL TRIAL RIDE in久留米そしてAUTUMN CYCLE FESTA(糸島半島)にブース出展することになっています。
試乗を希望いただける方は、実際に使用されるペダル・ヘルメットをご用意ください。
フラットペダル等はこちらで準備しています。
(試乗会URL:http://iwaisport.com/news.html#2016festa)
この記事では、今回用意している試乗車の簡単な特徴を紹介していきます。
第1弾は
Gran Turismo R(グランツーリズモ アール)
Luna Carbon(ルナ カーボン)
Gran Turismo R team(グランツーリズモ アール チーム)
Gran Turismo R SL(グランツーリズモ アール エスエル)
Stella SL(ステッラ エスエル)
の5モデルです。



Gran Turismo R(グランツーリズモ アール)

試乗車サイズ:M 適正身長:175cm前後(参考値)
エントリークラスのカーボンロードバイクです。
力のかかる重要な箇所には30Tカーボン(ミディアムモジュラス)や46Tカーボン(ハイモジュラス)
を使い分けているので乗りやすさだけではなく、快適な走り(加速感)を楽しめるでしょう。
通勤ライドでも活躍する一台です。
「ちょっと勿体無いかもしれませんが、フラットバーにして毎日乗っています。」(スタッフ談)
f0367991_11450315.jpg
(試乗車はカラーリングが異なりますのでご注意ください)



Luna Carbon(ルナ カーボン)

試乗車サイズ:XXS 適正身長:155cm前後(参考値)
Grand Turismo R(グランツーリズモ アール)のスモールサイズロードバイクとしてLuna Carbon(ルナ カーボン)というモデルがあります。
塗装やサイズ展開は違いますが走行感は同じです。こちらの試乗車も用意しております。




Gran Turismo R team(グランツーリズモ アール チーム)

試乗車サイズ:S 適正身長:170cm前後(参考値)
インターミディエイトクラスのカーボンロードバイクです。
ロングライドだけではなくヒルクライムやエンデューロ、ロードレースにも出場できる性能を備えた
Gran Turismo R(グランツーリズモ アール)の兄貴分です。
Gran Turismo R(グランツーリズモ アール)に比べ46Tカーボン(ハイモジュラス)を多用し、走りの良さを向上させてくれます。
服部産業のスタッフも乗り続け、各種イベントに参加しています。



Gran Turismo R SL(グランツーリズモ アール エスエル)

試乗車サイズ:M 適正身長:175cm前後(参考値)
       XL 適正身長:185cm前後(参考値)
グランツーリズモ アール シリーズ中トップグレードのロードバイクです。
モデル名のSLはSuper Lightの略称。
その名の通り、フレーム単体の重量は1000gを下回る軽量フレームになっています。
素材はプロレーサーが使用するモデルにもよく採用されている60Tカーボン(ハイモジュラス)
を使用し、どんな方でも満足していただける加速感を味わっていただけるでしょう。
更に46Tカーボン(ハイモジュラス)も使用することで、路面からの振動を不快にならないレベルまで吸収
してくれます。
スタッフH(体重はヘビー級で坂道は大の苦手)も乗っていますが、特に坂道ではずば抜けた軽快な走りを体感でき、坂道が多少楽しく走れるようになりました。



Stella SL(ステッラ エスエル)

試乗車サイズ:XS 適正身長:160cm前後(参考値)
Grand Turismo R SL(グランツーリズモ アール エスエル)のスモールサイズロードバイクとしてStella SL(ステッラ エスエル)というモデルがあります。
塗装やサイズ展開は違いますが走行感は同じです。こちらの試乗車も用意しております。
このモデルはジャパンプロダクツとして発売され、イタリアにてクラフトマンが塗装するというこだわりを持った製品になっています。
(他のモデルのほとんどがアジア工場での塗装です。)
その美しい塗装は女性のみならず男性も魅了されることでしょう!


試乗車は市販されている物とスペック(ハンドル、ステム、シートポストが主です)が異なることもあります。

適正身長は個人の手足の長さや乗り方によって異なる場合もあります。試乗会で実際に乗って確かめるのが一番ですね!?
ご来場心よりお待ちしております!!

続く…
第2弾の記事はこちら
ウィリエール試乗車リスト
Cento10 Air マットブラック Msize
・Cento10 Air ホワイト XSsize
・Gran Turismo R SL カーボン/レッドマット XLsize
Gran Turismo R SL カーボン/レッドマット Msize
Gran Turismo R team カーボン/レッドマット Ssize
Gran Turismo R トリコロール Msize(今年のラインナップには同カラーはありません)
・Stella SL ステッラ XSsize
・Luna Carbon ルナ XXSsize
・Luna Alumi team ルナ XXS
・Luna Alumi マジェンタピンク XXSsize
・Asolo シルバー Msize


[PR]
# by hattorisports2 | 2016-11-04 20:00 | Wilier(ウィリエール)

ユニパー新製品『片側曲面ワッシャー』①

服部が取り扱うスペシャルパーツメーカー
『ユニパー(Yuniper)』から新商品が入荷しました。
それがこちら‼
f0367991_15123154.jpg

f0367991_11092809.jpg


「ン!?なんだこれ?」
と思う人も多いでしょう。
これはリッチーのステムを純正ボルトからユニパー製チタンボルトに
UPグレードする際に必須となる秘密兵器ワッシャーなのです(素材は7075-T6(超々ジュラルミン)です)。
「外径・内径が同じワッシャーならどれでもいいんじゃない?」
答えはNO!です。
リッチー製品を熟知している方は、分かるかと思います。
(新人の私(H)は恥かしながら知りませんでした)

リッチーのWCS-C220ステムと純正ボルトを見てみましょう。

f0367991_14130364.jpg
WCS-C220 フェイスプレートのボルトを装着する穴です。ワッシャーの当たる部分が曲面になっているのがわかりますネ。

f0367991_14123459.jpg
WCS-C220の純正ボルト&ワッシャーです。
もちろんワッシャーもステムの当たり面に合わせた形状になっています。
「このワッシャーを外して、他のボルトに付ければ良いのでは?」
残念ながらボルトからワッシャーが取れない構造になっています。


「なんでこんな形状にしているの?」


これは図で説明します。(手書きで汚いと文句は言わないでください!)
f0367991_11114859.jpg

リッチーならではの、よく考えられている製品ですね… このままでは純正の商品以外使えない

そんなときに冒頭で紹介した秘密兵器ワッシャーが必要になってくるのです。

このワッシャーを使えば、ユニパーのチタンボルトを使用できるようになります‼



続く…

ユニパー新製品『片側曲面ワッシャー』②のリンクはこちら

















@服部産業株式会社

[PR]
# by hattorisports2 | 2016-11-02 15:30 | Yuniper(ユニパー)

週刊「ユニパー 2:1 ホイール」 その①

ユニパーの「2:1」リヤハブ量産品が入荷しました。初回分なのでかなり少量です。
予約を頂いていた販売店様には出荷済!
以前にも書きましたが条件が合えば、市販の24Hリムでカンパやフルクラムの様に
スポークアレンジメントが「2:1」で手組みホイールを作成する事ができるのです。
f0367991_11052776.jpg
早速、ユニパーのアルミリム(ライト)で組み立ててみましょう!!!
リム単体で見ると、ドライブ側とノンドライブ側のスポークホール数が違い過ぎて異様に感じます。
スポーク長さはパソコンに計算式が入っているので、すぐ算出できます。
通常24Hホイールのスポーク長さに「4mm」足した寸法になりました。(ドライブ側)
ノンドライブ側はラジアル組なので、同じ長さです。
f0367991_11051615.jpg








@服部産業株式会社








[PR]
# by hattorisports2 | 2016-11-01 11:01 | 軽量おぢちゃん

グランツーリズモRチーム目線<番外編⑤>

グランツーリズモRチームの限定カラー(レッド)を紹介しました。
「Rosso」はイタリア語「赤」ですね。
先日100円均一のショップに行った時に布製の小さなお買い物バッグを見ていたら
プリントされている言葉が「Rosso Bianco(ロッソ ビアンコ)だったのです。
「Bianco」は「白」。
「赤」×「白」のデザインになっていて、なかなかオシャレでしたがその横に違う色の
バリエーションが並べられていて、ゲッソリしてしまいました。
f0367991_07530010.jpg
ウィリエールは「Rosso Wilier」と謳い、赤いウィリエール推していく様ですね?
f0367991_13555232.jpg
最近の問い合わせで、デュラエース仕様以外はあるのですか?っていうのがあり
答えは、「勿論あります!」です。
通常のグランツーリズモR チームと同価格でご用意させて頂いております。
f0367991_12335370.jpg
グランツーリズモRチームは標準仕様で「WH-RS11」をセットしています。
悪いホイールでは決してないのですが、本来の性能を引き出すのはもう少し上のホイール
セットをはめて頂く事をオススメします。(あくまでも個人的意見ですが・・・)

乗り続けているスタッフは「WH-6800」を使用、大台ケ原もコレで大幅に記録を更新
しました。新入社員君はカンパの「ZONDA」にしたい!と言っています(同感です)が
彼は両方とも持っていません?(他に気になるパーツはポテンツァらしいです。)
硬すぎないホイールが合うって事でしょうか?
いずれカーボンホイールとの相性も調べてみたいと考えております。











[PR]
# by hattorisports2 | 2016-10-31 10:31 | Rosso Wilier

アラバルダ・バー②

もう一つの煩悩が咲いたのです。
チェントディエチエアーのフロントフォークがグランツーリズモR SLに取り付けられるか?
ダイレクトマウントブレーキを取り付けたい、そんな衝動が・・・
f0367991_08115418.jpg

実は結構軽いんですよ、ディエチのフロントフォークは! 「50g」くらい軽くいなるンですよ!?
下側のベアリングは両方「1-1/4」なので寸法的には互換性はあるはず、(設計)形状に不都合があるかどうかですね。
取り付けられてもウィリエールの思想に合わないし、満足な性能を発揮出来ないかも?
あくまでもオススメできるモディファイではありませんので、遊び心でご覧下さい。
f0367991_08113227.jpgf0367991_08113901.jpg

考えているだけでは何も始まらないので、即決行です。
う~ん!? ホーククラウンの所に「段差」が出来るなぁ~このまま作業を進めるには面白くないなぁ~
f0367991_08115074.jpgf0367991_08114579.jpg
中途半端な結果になりますが、今回はこれで終了です。
煩悩は簡単に散ってしまいました。
アラバルダ・バーとダイレクトマウントブレーキを使いたきゃあ、チェントディエチエアーに乗れ!って事でしょうか。。。
これからも更なる煩悩を咲かしてみますので、お待ち下さいませ。



@服部産業株式会社










[PR]
# by hattorisports2 | 2016-10-28 10:28 | 軽量おぢちゃん