服部産業株式会社サイクリング部2017 ⑦

いよいよ今週末はシマノ鈴鹿です!

毎年この暑い時期に行われるビッグレースイベントですね。
木陰が無く、アスファルトの照り返しが最大の敵~
2日間の灼熱地獄!その上なぜが2レースもエントリーしてしまった????

本当なら今週中頃に入荷する「ジャルーン」で参加したかったのですが、ディスクブレーキ
は別枠でレースが存在します。  詳しくは→ジャルーン・クロモリディスク
エントリーしたのは普通のクラスなのでディスクブレーキがついていると参加できません。
f0367991_15125097.jpg



できたら、こいつで大阪から走って行ってレースに参加するっていうのが「夢」だったん
ですけど?
大阪から25号線を走って行き、「加太北在家」のオフロードを知っている方なら分かりますよね!
でも数年前に舗装されたという情報が・・・
後日確認したいと思っております。




@服部産業株式会社






[PR]
# by hattorisports2 | 2017-08-14 12:05 | 平ぱ~兄さん日記

服部産業株式会社サイクリング部2017 ⑥

盆休みを利用して帰省しています。

昨日は盆休み明けにすぐある「シマノ鈴鹿ロード」の出展準備をした
後に夜行バスで帰省しました。
久しぶり(?)の故郷です・・・とか言いながら「シマノ鈴鹿ロード」の翌週も
「石鎚山」があるので帰りますが?

2018ウィリエール・ニューモデルのラインナップを鈴鹿で皆様にお見せできる
のが楽しみです。
「NDR」の展示もあります。
昨年はいち早くディエチエアーの試乗車を用意できたのですが、まだ「NDR」は
展示車のみ、スミマセン!
f0367991_13214002.jpg



一番人気の「ゼロノヴェLTD」も展示していますので見に来て下さいね!
ビッグマイナーチェンジされた「チェントウノエアー60T」もあります。


@服部産業株式会社




[PR]
# by hattorisports2 | 2017-08-11 09:20 | 平ぱ~兄さん日記

ドライパワー&ウェットプロテクト

モトレックスはスイスに本社工場を持つ総合オイルメーカーです。
今年で創業100周年となります。

1917年にレザーとフロアーケア製品を製造販売する会社としてスタートし、現在は産業機械をはじめ、モーターバイクや自動車、マリン、我らが自転車分野までに向けてのオイルやケミカル用品を開発し、ヨーロッパのみならず世界各国に販売しています。

今回はチェーンオイルを紹介します。
「ドライパワー(ドライルブ)」「ウェットプロテクト(ウェットルブ)」です。
成分は変わっていませんが名称が変更になりました。

ドライパワー / ウェットプロテクト
100mlボトル:1,800円
300mlスプレー:2,400円
価格は税抜きです。

イージークリーンでチェーンを掃除し、バイククリーンで車体も洗います。
水分をふき取った後、チェーンに注油します。
コチラを参照ください①
コチラを参照ください②

ボトルタイプとスプレータイプがありますが、私はスプレータイプを使っています。
f0367991_18225470.jpg

スプレータイプの方が勢いでオイルを奥まで浸透させやすそうですが、勢いよく出るのでムダも多そうです?
どちらにせよ、1コマ1コマ丁寧に注油します。
余計なところにかからないよう、ウエスなどでしっかりガードしながら行っています。
f0367991_18225248.jpg

「サラサラ系」ではありません。
浸透した後に簡単に流れてしまわないよう、ある程度の粘度がありながら、汚れがこびりついてしまうようなこともありません。
その辺りは、「アスタナチーム」をサポートしていることからも、実力の高さが感じられます。

たまに、チェーンが音鳴りしているであろう自転車に遭遇します。
せっかくの自転車、洗車と注油だけでも変わりますよ!
ぜひ販売店に相談ください。























@服部産業株式会社

[PR]
# by hattorisports2 | 2017-08-07 20:00 | Motorex(モトレックス)

服部産業株式会社サイクリング部2017 ⑤

乗鞍で岐阜側に下り始めると「雨」が降ってきて
雨具もウィンドブレーカーも携帯していなく、濡れたまま
走りました。

走っている最中は気持ち良くて、爽快(?)だった・・・

帰阪後急に悪寒が走り、風邪で会社を休んでしまいました。
山をなめたらいかん!
そう反省しました・・・・



@服部産業株式会社

先輩の沖縄旅行~
那覇の友人との晩餐会は「ステーキハウス88」らしいです。
観光客が行きそうな店。
那覇の友人曰く、観光客だから観光客が行く店をセレクトした!
らしいですね?
沖縄の友人はグランツーリズモRに乗っているようです。
今年は同じクラスで走るようで(初対決)、結果を楽しみにしています?

晩餐会で〆はいつも「山羊汁」という話。

沖縄に来れば「山羊汁」を食さないと駄目!らしい?
「山羊のお刺身」も必須項目。

アルプスの少女ハイジの「ユキちゃん」を思い出すと食しにくくなるので
注意して下さい?









[PR]
# by hattorisports2 | 2017-08-07 14:29 | 平ぱ~兄さん日記

ユニパー・ニューカーボンホイール・neo35

ユニパーのニューカーボンホイールです。

出来立てホヤホヤのニューデザイン・カーボンリム(チューブラー)で組み上げた
2:1 アレンジメントのロードホイールなのです!
とにかく、カッコイイのです!!!!!
f0367991_08174090.jpg



リム設計は現行モデルよりワイド化、ハイトは若干低くなりました。(20mm→24mm、38mm→35mm)
強度はアップ、スポークテンションは1300Nまで耐えうる優れ物です。
メンテナンス性を上げる為にニップルはインターナルタイプではなく
ノーマルタイプになっています。
リヤホイールの実測重量が「665g」しかありません。
同価格帯のカーボンクリンチャーホイールだとフロントホイールの重量くらいでしょう!?
やっぱり軽さが大事です!!!!!!
画像では分かりにくいのですが、カーボンの編目が美しい~
f0367991_08171294.jpgf0367991_08170417.jpg



他メーカーと大きく違うのが、2:1アレンジメントで「24H」仕様というところ!(他は21Hが多い)
スポーク数が少なくなるとリム強度が必要になり重量増に繋がるし、スポーク1本に対するストレス
も増えます。いろいろな事を考え「24H」を選択したのです。
f0367991_08172904.jpgf0367991_08172211.jpg



そもそも、ホイールの強度は「総テンション数」と考えています。
1本のスポークが何N(ニュートン)で張られているのも重要な話ですが、構成する
総てのスポークのテンションを合計した数値がホイール自体の強度になるのです。

基本的な考えは、スポーク1本のテンションが1000Nだとすると24H(24本)で、合計は24000Nになるでしょう。

リヤホイールだと少し計算が面倒で、ドライブ側だけテンションと反ドライブ側のテンションは違うのは
皆さんも承知の話。
通常のホイール」だと、ドライブ側は1000N×12本=12000Nになり
反ドライブ側はドライブ側に比べて約半分くらいのテンションになってしまうので
仮に計算すると、1000N×1/2×12本=6000Nになり合計が18000Nのホイール強度
になると思うのです。

2:1アレンジメント」だとドライブ側は16本になるから、1000N✖16本=16000Nになり
反ドライブ側はほぼドライブ側と同じテンションなので(構造上)1000N✖8本=8000N
ということで合計は24000Nになります。
机上計算で1.33倍の強度になるのです。

という事は、強度を同じにするならば1本あたりのテンションを下げられるので計算すると
750Nですむのです。
スポーク(ニップル)の緩みの問題があるので下げるのには限界がありますが、ストレスが
少ないホイールに仕上げる事も可能だと思います。

リム自身が現行モデルよりかなり強度が上がっているのもあり、「2:1アレンジメント」で
組み上がったホイールをはめて実際に走ってみるのが、楽しみで堪りません?

加速の良さと上りの軽さを持ち合わせるホイールに仕上げたいと思っています。
スポークテンションはどのくらいにしようかな!?

<考察>
時代はカーボンクリンチャーに向いていますが、重量面(加速、登坂力)を考慮すると
まだまだチューブラーの方が有利だと思います。
ころがり抵抗の少ないクリンチャータイヤが(多くリリースされて)優位になっていますが
平地のタイムトライアルでは使ってみたいけど、ヒルクライムではやっぱり軽さを選びますね。
最近コルサなどころがり抵抗の少ないチューブラータイヤがリリースされているので試して
みたいところです。

アルミ鍛造の後にCNC加工を施した2:1 アレンジメント専用設計されたレーシングハブを使い
それに合わせてオーダーされた今回のニューカーボンリムで組み立てられることにより
ユニパー社の理想的なホイールが完成したのです。
ax-lightnessやtuneの設計に携わっていたアンドレアス氏が長年かけて築き上げた結晶といえます。
生産の安いアジアに拠点を変えて、ブランド料がかからない己のオリジナルでリリースすること
により、コストを限界まで削り込みました。




@服部産業株式会社





More
[PR]
# by hattorisports2 | 2017-08-05 07:00 | Yuniper(ユニパー)