改造日記⑲

改造日記⑯の続きです。

ブレーキ本体のレバーと油圧ピストン部の隙間を3~4mmに設定するのが
なかなか難しいみたいでメーカーの説明書とは違う方法でやってみましょう!
(個人のやり方なので役に立つかどうか?です。)
f0367991_15035377.jpg


まず、ブレーキワイヤーを締め付けボルトで固定する前にブレーキ本体の
レバーを絞り込んで、ブレーキパッドをローターへ圧着させます。
この状態で油圧ピストン部との隙間が3~4mmになる様に、ダイヤル
回して調整します。
狭ければ時計回りに、広ければ反時計回りにして下さい。


測定器具が無い場合に隙間を3mmにするコツは、アーレンキーを使います。
絞り込んだ時に隙間へ3mmアーレンキーを差し込みます~ピッタリにせずスカスカに
嵌まる状態だと3mm以上で、4mmアーレンキーが差し込めなければOKです。


後はブレーキレバーのストロークが適切な状態になる様、ブレーキワイヤーを固定して
下さい。(私はこの方法で取り付け調整しています)


@服部産業株式会社






[PR]
# by hattorisports2 | 2017-10-21 07:00 | 取り付けの極意

改造日記⑱


ユニパーのカーボンホイールを組み立てています~
初回分はこれで完売です。
次に入荷がまだハッキリしていないので組み立て作業はこれが
終わると暫くはお休みになります。

リヤホイールから組み立てていきます
まず左右のオーバーボードキャップを外します。
f0367991_13154617.jpg



こんな風になります。
スポークを曲げて作った工具で簡単に抜けました。
f0367991_13143664.jpg


続いてフリー本体を外します~手で引っ張れば抜けます。
結構、力が要りますが滑り止めのついた手袋を嵌めていれば容易にできます。
フリー本体とハブ本体の間にワッシャーが入っているので無くさない様に~
組み立ての時には忘れずに!
f0367991_13140121.jpg



ノンドライブ側のベアリングを抜く作業に入ります~
これはスポークをハブ本体へ通す為です。
少々面倒くさい工程なんですけど、この手の軽量パーツには付き物ですね?
マニアック感が満載で好きです、「tune」や「dash」も同様です。
f0367991_13134972.jpg



ベアリングプーラーを持っていないのから、旋盤で抜き工具を自作しました。
(こっちの方が面倒くさいか?)
8mmアーレンキーと17mmスパナを使って、回しながら抜きます。
f0367991_13132802.jpg



叩いてもベアリングは抜けますが、この方法だとストレスが少なく抜けるので安心(?)ですね。
ユニパー製のナイトロベアリングが入っています。防錆が高く耐久性に優れた製品です。
f0367991_13124605.jpg



次にドライブ側のベアリングも抜きます。
こちらも同様に自作の工具を使います。
f0367991_13122913.jpg



抜けました。
f0367991_13121893.jpg



この状態でスポークを通していきます。
f0367991_13114079.jpg



冶具の上にのせてニップルを付けていきます。
本当にホイールを組み立てていく作業は地味ですね?
近年はコンプリートホイールが標準になっていて小売店でホイールを組み立てる
という事が少なく(無く)なりました。
全国の小売店で働く人でホイールを組んだ事がない割合はかなり多いでしょう!
技士試験の時にわざわざ練習すると聞きます・・・
私が試験を受けに行った時は某メーカー(ミヤタ)の営業の方が横で組み立てていて
時間内に終わらなかったのを覚えています?
営業で必要?って訊くと、試験の内容や雰囲気を小売店で働いていて、これから
受けるという人に教える為の経験だと答えていました・・・大変ですねぇ~
ホイール組みがメインの店もあるほどで、時代は変わりました。
問屋が組み立てて小売店が販売するのは滑稽かな。。。そう思うのはナンセンス
なのでしょう!
組み立てに自信ありとうたう小売店はやっぱり手組みホイールにも注力して欲しい
ですね、「時間がない」とか「非効率」と言っていると、腕が錆びますよ?
f0367991_13110760.jpg



この工具もスポークを曲げて作りました~ディープ系のリムではかなり有効です。
リムの中にニップルを落とさずに作業できます。
以前のユニパーカーボンリムはインターナルタイプでスペシャルワッシャーも
入れなければならなかったけど、今回のタイプは随分楽になりました。
f0367991_13105405.jpg



おかげで、素早く仮組みが完了です。
ホイール組みは、やっぱり楽しいですね~
f0367991_13103764.jpg



ベアリングを圧入していきます~ノンドライブ側からです。
f0367991_13101039.jpg



再び自作工具でベアリングをハブ本体の底に突き当たる(最後)まで圧入します。
f0367991_13094264.jpg



こんな状態になります。ほぼ面一~
f0367991_13092416.jpg



次にドライブ側のベアリングを圧入します。
左右のベアリングの大きさが違うので間違える事はありません、ベアリングの
表裏もありません。
f0367991_13090781.jpg



アクスルを通しておくのを忘れない様に!
ベアリングを入れた後に通す事は出来ませんので・・・
f0367991_13082404.jpg



真っすぐ入っているのを確認したら
f0367991_13075572.jpg



自作工具で圧入です~この圧入具合で玉当たり調整を行うので慎重に!
結構回転が重いなぁ~と思うくらいがベストです~防水の為に粘度の高いシリコン
グリースと接触シールが施されているので他社の製品に比べて重く感じます。
走り始めるグリースが摩擦熱で溶けてきて軽くなります。
流石にゴリゴリするまで圧入したらOUTですので注意して下さい。
f0367991_13070859.jpg



こんな状態になります~ほぼ面一~
f0367991_13064873.jpg



フリー本体を挿入してスポークを締め付けていきます。
f0367991_13023759.jpg



天ぶれ、横ぶれ、センター出しを終えたら出来上がりです。
スポークテンションは100kgf-cmくらいにしました。
f0367991_13022969.jpg

素晴らしい出来栄えです~




@服部産業株式会社






[PR]
# by hattorisports2 | 2017-10-20 00:00 | 軽量おぢちゃん

改造日記⑰

午前中は「HTR」のハイブリッドハイドロリックディスクブレーキの実走試験でした。
気温12度~豪雨の中十三峠を走ってきました。
天気予報では「曇り」だったのですが・・・
f0367991_14160510.jpg

通行止めスレスレでしたね~
最悪コンディションの下で行う試験は説得力が生まれます。
f0367991_14161243.jpg

5回下ります。
4km×5回=20kmのブレーキングでブレーキパッドの摩耗量を測定します。
これはブレーキ本体に設けられている「アジャスター量」がどのくらいか調べるためです。
下ってばかりでは寒くてたまらないのでコースの 1/4 は自力で上って体を温めてもらうので
思っているよりは過酷なテストです。
f0367991_14162605.jpg

雨対策完全防備でテストに挑みます。
f0367991_14163377.jpg

元ブレーキメーカーの人に聞きましたが、雨中において峠の下りでテストした事は
ありません~らしいです。
f0367991_14164020.jpg

今回、走ってもらいましたが~次回は「絶対にやらない!」という言葉を頂きました。
見ていても「やりたくない」です。
やるならオール自走でいいから、晴天時にしたいと思っております。
f0367991_14164746.jpg


@服部産業株式会社


ちなみに雨中、2人のサイクリストが上ってきました。





More
[PR]
# by hattorisports2 | 2017-10-17 15:00 | 軽量おぢちゃん

Motegrappa Disc Modify bike①

ディスクロードバイクって、どの様なイメージを思われますか?
レース?シクロクロス?MTB? 実は使用用途は自由なんですね。
2018年モンテグラッパディスクは、身近にディスクブレーキバイクを乗って頂きたい!
その思いから、本国では既にラインナップには無いモデルを再生産してもらいました。
f0367991_14400162.jpg
















皆さんこのモデルはどんなイメージですか?
続く。。。


More
[PR]
# by hattorisports2 | 2017-10-17 14:45

Wilierジャージ

こんばんは、服部産業の堺です。
弊社に入社以来、ビブショーツは購入~使用していたのですが、ふと気が付くと半袖ジャージがない…
半袖ジャージは落車等がなければ痛むことが少なく新たに購入していなかったのです。
2017年のカタログを見ていると好みの上下ウェアがあったので本国への発注時に一緒に注文してもらいました。

f0367991_21274091.jpg
注文したのは、WL202(ヴィンテージ.16 半袖ジャージ)とWL203(ヴィンテージ.16 ビブショーツ)、前面はこんな感じ 。


f0367991_21275983.jpg
背面はこちら。ビブショーツの裾口は左右でデザインが違います。


f0367991_21282120.jpg
パットは厚め。サイズ感は小さ目でタイト。特にビブショーツは他メーカー(国内のP社やS社)よりワンサイズ小さいです。
あと、フルジッパーではなく胸元までなのが私の不満点。ですが、デザインはお気に入り!

ご注文の際の参考にして頂ければ幸いです。
[PR]
# by hattorisports2 | 2017-10-16 20:00 | Wilier(ウィリエール)