<   2017年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

チェントディエチ・エアーに乗る!②

ついでなので
気になる新しいサドル
を、取り付けました。
f0367991_09215232.jpgf0367991_09214417.jpg

一度にインプレできるので!


@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2017-12-12 09:30 | 軽量おぢちゃん

使ってみたいモノ④ クロップス「UniQ(ユニーク)」超便利な短いカギ

弊社S氏が素敵なカギの使い方をしていたので、便利そうだ!と真似することにしました。
クロップス「UniQ(ユニーク/SPD07-SHT)」です。

長さ:30cm(ワイヤー部)
重さ:71g
仕様:3桁式ダイヤルロック
価格:1,600円(税別)
カラー:ブラック、ホワイトレッドピンクグリーンマンゴー
f0367991_18480922.jpg
コンビニで飲み物を買ったり、公園のトイレに立ち寄ったり~
ちょっとだけ自転車から離れる時に、大げさなのは携帯が大変ですが無しもコワイ~
このUniQ(ユニーク/SPD07-SHT)なら、2重に巻いてサドルレールに吊るしておけば目立たないし邪魔にもならない
いちいちバッグから取り出すこともなく施錠できます。カラーバリエーションが豊富なのも良いですね!
私は施錠をアピールするためにもピンクを選びました。

このように二重にして
f0367991_10144501.jpg
サドルレールに吊るします。
f0367991_10314266.jpg

自転車に装着しておけるのが非常に便利です。
f0367991_10322249.jpgf0367991_10323074.jpg

フレームと車輪を施錠します。
f0367991_18481215.jpgf0367991_18481322.jpg

価格も手ごろでギフトにも最適です。


このUniQは、カギをかけています!というアピールにしかなりません。
施錠していたのに高級自転車が盗まれたというニュースは後を絶ちません。
自転車から目を離す際は、自分でしっかりと責任を持ちましょう。


















@服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports2 | 2017-12-11 20:00 | クロップス

チェントディエチ・エアーに乗る!①

チェントディエチ・エアーです!
試乗車なんです。
という事で年末から年始にかけて、試乗会へ出動する用事がないので乗ります。
せっかくですから、ポジションをに合わせてみました。
やっぱり、そこまでしないとちゃんとした比較(インプレ報告)が
できないでしょうから。
f0367991_11500393.jpg

ハンドルステムは限界まで下げました。
これでも普段乗っている「ゼロセッテ」に比べると5mm程高くなります。
特性のコラムスペーサーを作成して、アラバルダの上にのせています~
(通常のコラムスペーサーだと使用できません)
ついでにスピードメーターを取り付けました~人間が古臭いせいか、コードレス
タイプは馴染まないのでコード付きです。
見た目をスッキリさせる為に、アラバルダの中に通しました~センサーもフロント
フォークの内側に装備して目立たない様にしています。ホイールの脱着時に気を
付けないとひっかかりますので注意が必要ですね。
f0367991_11493141.jpgf0367991_11495028.jpg

スピードメーターマウントは両面テープで固定(?)
結構しっかりと固定されているのでこのまま走ります~少々不安はありますが。
おかげでハンドル回りは非常にスッキリしています。
f0367991_11492439.jpgf0367991_11491959.jpg

サドルはプロロゴの「ナゴエヴォ」にしました。先端部が超細目で内腿がペダリング時に
擦れないところが気に入っています~すこし表面が滑りやすいかも?CPCにすれば滑り
にくくなりますね!?
f0367991_11495729.jpg
ホイールが「WH-RS11」がついています。
ユニパー」か「HTR」に交換する予定です~カーボンホイールでもいいかな?
ロルフプリマ」も候補に上がっています。




@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2017-12-10 00:00 | 軽量おぢちゃん

気になる新しいサドル

プロロゴの新製品「ディメンション」です。

プロロゴ本社からのインフォメーションの段階で気になっていて
「コレって、いいなぁ~!」
だったんですが、実物を見ると
「使いたい!」
になったのです。

という事で取り付けです。
毎回、新しいサドルは「BIKE SIZE」で合わせながら作業します。
f0367991_11431231.jpg

サドル高さはサドルの先端から「140mm」の場所で決めるのですが
ショートノーズの「ディメンション」は通常のタイプに比べて
先端部が40mmほど短くなっているから、先端部から「100mm」の
場所に合わせようかと・・・・
f0367991_11432049.jpg


しかしながらサドルの特徴からいうと前乗り設計だと思われるので
あえて「140mm」にしました。
前乗りでも先端の細い場所に乗るのではなく、お尻の収りの良い広さ
が使えるのが良い!のです。
f0367991_11432709.jpg


それだったら通常のサドルを前付けしたら?と思われるかもしれませんが
「UCI」の規則で出来ない(レースに出なきゃ関係ない話ですが)のです。

そんなことより見た目が「カッコイイ」~それだけが決め手なのです。

今回取り付けたのは「NACK」レールです。カーボン製のレールなのでとても軽く
実測で「158g」ほどでした~(タイロックスレールもあります。)
見た目なんですけど、ベースはカーボンで強化されたナイロン製で強度が
あるうえ、ペダリングにあわせて適度に「しなる」のでパッドがすくなくても
快適に走行できると予想します。

詳しい使い心地は、後日報告いたします。


@服部産業株式会社






More
[PR]
by hattorisports2 | 2017-12-09 00:00 | prologo(プロロゴ)

Motegrappa Disc Modify bike⑤

小出しのMontegrappa Disc Modify bike.
全体像を見て、おや?っと思いませんでしたか?
f0367991_14213619.jpg





















お気付きになった方は、通ですね。
ステムの角度が異常に下がってるんです。
なんと、30度。何だその前下がりは!と思いますが、
上記画像の、ブレーキレバーの位置をご覧ください。
ちゃんとポジションが出てるんですね。

f0367991_14371676.jpg
























これは、ハンドルがRITCHEYのVENTURE MAXと言うエルゴバイオベンドドロップ
形状のアドベンチャーライド用に設計された物を使用しているからです。
カッコ良さ、ブレーキレバーポジションがマッチしています。
このポジション出しには苦労しました。頭の中では、スペックを考えて作ったのですが
どうしても普通のドロップバーでは、ブレーキレバー位置がダサい。
そこで、RITCHEY COMP 4AXIS 30Dを選択。正解でしたね。
カッコ良さ、実用性を兼ね備える事ができました。
f0367991_14551732.jpg

























実は、このステム弊社で取り扱ってますが、更に手が加えられてます。
詳細は、次回に!











More
[PR]
by hattorisports2 | 2017-12-08 12:57 | サキちゃん日記

改造日記Ⅱ⑤

ホイールの事でいろいろと進めている事がありまして~
アルミ製のフリー本体に「食い込み防止バー」を追加してテストしています。
合計で3か所入れています。
f0367991_13282296.jpg


1年以上使い続けると、結構スプロケットがフリー本体に食い込んでいるのが目視できます。
自作した「食い込み防止バー」で10日間ほど走行して、状態をチェックしてみました。
f0367991_13281693.jpg


うっすらとスプロケットが食い込んだ跡が見えますが変形等不都合は見られません。
引き続きテストを行っていきます。
ちなみにこの「食い込み防止バー」はスポークを削って作成しましたが、かなり優秀だと思います。
f0367991_13280449.jpg




@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2017-12-08 00:00 | 軽量おぢちゃん

改造日記Ⅱ④

「HTR」のハイブリッドハイドロリックディスクブレーキを使って
ハイブリッドなバイクを組み立てます。
f0367991_13241882.jpgf0367991_13274702.jpg

ハイブリッドなバイクとはどういう意味かは後ほど・・・

勿論、モンテグラッパディスクに組み付けます
f0367991_13233245.jpg

以前ヒルクライム用にモディファイ途中のものを使います~
モンテグラッパ・クロス(バイク)
1✖(ワンバイ)仕様にします~気に入っているので・・・それは・・・
バイクを作成するうえで大事なのが軽量化! 「1g」でも軽くなるのに繋がります。
チェーンリングは1✖用のナローワイド、用心の為に脱落防止を取り
付けておきます。シンプルイズベストかな?
f0367991_13232705.jpgf0367991_13234516.jpg


クランクは軽さを追求してAX-lightnessのモルフェスにしようかと
検討中です。
カーボン製なので適度なしなりがあって脚に疲れがたまりにくい
という利点が考えられます。
f0367991_13235548.jpg

ホイールはユニパー650Bホイールです~タイヤはグラベルキングの1.75インチ
前後ペアで1400g台の軽量決戦ホイールを装着しました!
フレームは700Cホイール対応ですが、650Bホイールを嵌めても使えます~
タイヤの太さは1.75インチが限界だと思います。
6月の展示会で試験的に650Bホイール仕様を販売しました。
f0367991_13240343.jpg



ちょっと他とは違うところがありまして~

シフターはアップバーを握って走る事が多いので、いろいろと試した結果
ココになりました!
f0367991_13274163.jpg

手前味噌ですが大変気に入っています。

マウンテンバイク用の「XT」を流用~フロントギヤが1枚のところを
ワイドレシオのスプロケットでカバーしています。
f0367991_13230398.jpg


シフターをマウンテンバイク用を使う事によって利点がありまして
ハンドルをMTBタイプにモディファイする事が容易にできます。
f0367991_13230972.jpg

ワイヤー引きの「HTR」のハイブリッドハイドロリックディスクブレーキ
を使う事も容易にできる要因です。
ハイドロホース式なら手こずる作業になるでしょう!
フラットタイプのハンドルにすれば春先の「伊吹山ヒルクライム」の
マウンテンバイククラスに参加できるスペックに早変わりですね!?

もうひとつ違うところがありまして~

左のブレーキレバーのみ変速レバーが装備されています。(エルゴパワーです)
これは、フロントダブルにモディファイする事も容易にする為です。
f0367991_13232168.jpgf0367991_13233950.jpg

この様にいろいろな方向性をもった仕様をハイブリッドなバイクと冒頭で
述べた理由になるのです。

まだ作成途中です~ちゃんと乗れる様に仕上げて行きましょう!



@服部産業株式会社









[PR]
by hattorisports2 | 2017-12-07 00:00 | 軽量おぢちゃん

使ってみたいモノ③ KMC「X11」チェーン

チェーンチェッカーでNG判定となったので、チェーンを交換します。
KMC社のXシリーズから「X11-EL Ti-ゴールド」を使います。


X11 EL
Ti-ゴールド(税別 6,800円)、ブラック(税別 7,300円)
f0367991_17490686.jpg

f0367991_17490662.jpg

プレートに肉抜き加工がされていますね。
測ってみると今まで使っていたHG-700チェーンより9g軽い!
f0367991_17495479.jpgf0367991_17495561.jpg


変えました~
ゴールドは高級感があって見た目もGoodです。
(ブラックとゴールドは表面加工は違うとのことです。)
f0367991_17501008.jpgf0367991_17500987.jpg


走りました~
変速が滑らかに、パチリと決まります。
剛性があって力がダイレクトに伝わる感が、すごく気持ちイイです。

Xシリーズの特徴は「Xブリッジ」といわれる構造です。
プレートが「X」型に加工されています。
さらに面取りもされていて、シフティングやギアチェンジのパフォーマンスが高められているのです。
見るからにスムーズに動きそうです。
また、ピンの強さは業界一を謳っています。
これは、某S社のOEM生産を請け負っている実績からも、メーカーの自信がうかがえます。
さらには無方向性でどちら向きにも取り付け可能、最新のモデルはどんな駆動系パーツとも互換性があります。

これは、上のグレードも使ってみたくなります・・・

↓↓↓

X11 SL-1
Ti-ゴールド / CPシルバー(税別 11,550円)
f0367991_17575892.jpgf0367991_17575779.jpg
さらに強度を増したピンに、穴あき加工が施されています。
勝負ドコロでは使ってみたいですね!?


X11 SL-DLC
レッド / オレンジ / ブルー / グリーン / イエロー / ピンク / チェレステ(税別 19,250円)、ブラック(税別 18,700円)
f0367991_18001030.jpg

f0367991_18000972.jpg

f0367991_18000906.jpg

f0367991_18000940.jpg

f0367991_18001048.jpg

f0367991_18000931.jpg

f0367991_18000874.jpg

f0367991_18000943.jpg

何と、受注生産です!
あなたのためにコーティングします!
「DLC」とはダイヤモンドライクカーボンの略で、ダイヤモンドの特質を持った、硬くて耐久性のあるコーティングが施されています。
表面硬度が高く耐擦過性耐腐食性に優れています。
低摩擦抵抗性のおかげで、シフティング効率が良く、少ない潤滑剤でokでメンテナンスも行いやすいです。
明らかにペダリングが軽い!と感じることができ、1度使ってやめられない人もいるそうです!!



来年のヒルクライムで使ってみたい!





















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2017-12-04 20:00 | KMC(ケイエムシー)

アドベンチャーなバイク「ジャルーン」でぶらりサイクリング②

さぁ、エネルギー補給も済んだので出発です。
いい加減、下りが欲しい・・・。
序盤は比較的路面も平らで傾斜も厳しくないので快適に走っていきます。
舗装路に出てしばらくすると、なんとも趣のある建物が。



f0367991_17255362.jpg






























現代のこんな山奥で古い茶屋が現存していることに驚きです。
さすがは十兵衛街道!!!
(正式名称は柳生街道です。すでに疲労困憊だったので柳生と十兵衛が脳内で入れ替わって十兵衛十兵衛と連呼していました。)
店は営業しているのかしていないのか判別できませんでした。
中は薄暗いのですが窓は開いていました。人の気配もしたような・・・。

そこから微小のアクシデントに見舞われながらも分岐点へ到着しました。
このまま舗装路を行くルート、地獄谷へ降りていくオフロード。
オフロードの方は依然S先輩がMTBで走った経験があったらしいのですが、かなり険しかった記憶があるとのこと。
しかーーし、ここで舗装路を選択したら何のためのジャルーンなのかわかりません!!
ということでオフロードを選択。
早々に稜線上にでて景色は絶景。



f0367991_17551184.jpg
f0367991_17551184.jpg

































f0367991_17573784.jpg































この幸せな時間はほんのひと時で直ぐに下り階段と徒歩でないと進めない傾斜の道の連続。
そして、極端に道幅が狭く、ぬかるんでいて壁に鎖があるセクション登場。
ただ、最近岩稜歩きにはまりつつある私は「もうちょっとスリルが欲しいなー。」とアホなことを思ってしまいました。

f0367991_18055331.jpg







































ここからは登り登り登り登り・・・。
しかもバイクを押さなければならないほどの。
しかし、この時点で変なスイッチが入ったのか、はたまた登山要素が強くなったからなのか急に元気になってグイグイ登っていく私。
それを見たS先輩の目は「この馬鹿はなんでいつも登り(自転車を押して上がる状況限定)になると元気なんだ?」と語っていました。
結構な距離を押し進んで何とか地獄谷に到着ーーー。
f0367991_17290342.jpg
f0367991_17291896.jpg







































ここから先は予定していたルートが先日の台風の影響で通行止めだったので春日大社裏に出る林道を疾走。
ここは紅葉のピークで路面も整備されたオフロードだったので2人ともこの日一番楽しめたポイントでした。
でも、写真がブレブレのばかりで掲載できるものがありませんでした。

帰り道、ハンガーノックでS先輩お勧めのデカ盛り系定食屋へ行ってきました。
f0367991_17362632.jpg
f0367991_17361750.jpg

























唐揚げ10個も食べれるのか不安でしたが、ぺろりと平らげ更にカレーライス2杯・S先輩の唐揚げを強奪したのでした。
これは痩せんわーー。
がっつりとエネルギー補給の後、恐怖の阪奈道路⇒ゴール直前の激坂に完全に足が攣ってしまい泣きながらも無事「柳生サイクリング(?)」は終了したのでした。
f0367991_17435444.jpg
f0367991_17440696.jpg





















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2017-12-01 12:00 | 平ぱ~兄さん日記