カテゴリ:クロップス( 2 )

LUM100(ラム100)

クロップスよりLUM100の紹介です。

f0367991_17551405.jpg

自転車用のライトでは、400ルーメンを超える明るさのものも少なからずありますが、クロップス社のLUMシリーズは、200ルーメン前後をラインナップしています。
(LUM240の記事はコチラ

LUMシリーズは、以下のことを重視して設計されているそうです。
■街中でライトを使用して自分の存在を自動車などにアピールできる明るさ
■重量と、実質的な明るさを考えた場合の点灯時間

単純に明るさだけを求めるのではなく、日常での使い勝手を重視していると言えそうですね。


Lum100
明るさ:約100ルーメン
モード:点灯1(ハイ)、点灯2(ロー)、点滅
連続点灯:点灯1/約3.5時間、点灯2/約7時間、点滅/約20時間
重量:約55g(電池含む)
4,500円(税抜き)


そしてLUM100には、ヘルメットブラケットが付属しています。
実際にヘルメットに付けるかどうか分からない、という方も多いでしょう。
しかし、いざ付ける際に、ブラケットを新たに購入するのも煩わしいと思いませんか?
使うかも?と少しでも可能性があるなら、最初から付属しているのはありがたいですね。
f0367991_17551410.jpg

リアルな明るさと点灯時間、重量、充電式。
これから自転車に乗り始める方、初めに揃えておくライトとして、ぜひ選択肢に加えてください。


















@服部産業株式会社


[PR]
by hattorisports2 | 2017-09-25 20:00 | クロップス

LUM240(ラム240)

クロップスより新しいライト「Lum240」(ラム240)の紹介です。
商品名が示すように明るさは240ルーメンで、光源が四角いライトです。

f0367991_16571329.jpgf0367991_16575202.jpg

価格も含め、バランスの良いライトです。
実際に使っていますが、夜間でも街灯のある道路を走るときには十分な明るさです。
通勤や通学にピッタリのライトですね!
周りに明かりが少ないような峠道や河川敷などでは、単独では少し心細いかもしれません。
f0367991_17513797.jpg



照らしてみると分かるのですが、光の形がハッキリと四角く、確かに高さを合わせやすいです。
前から来る人や車もちろん自転車が眩しくないように調整しやすいです。
f0367991_17534231.jpg



もう一つがバッテリーインジケーターです。
電源ボタンをダブルクリックすると、通常はグリーン、低電圧の際はレッドに光って知らせてくれます。
これが意外と便利です。
f0367991_17513131.jpg




主な仕様
■ハイ&ローの点灯と点滅モード
■使用時間はハイモード2時間/ローモード5時間/連続点滅11時間
■マイクロUSB充電式/充電時間は約5時間
■φ22-31.8フリーバンドブラケット&31.8ボルトオンブラケット付き
■サイズ:93.8x40.5x39.6
■重量:118g(電池含む)
■参考価格5,900円(税抜き)

ぜひお試しください!


















@服部産業株式会社


[PR]
by hattorisports2 | 2016-12-26 20:00 | クロップス