カテゴリ:Wilier(ウィリエール)( 78 )

【販売店向け】2018モデル展示会

展示会に向けて出発します!
f0367991_19370066.jpgf0367991_19365813.jpgf0367991_19365737.jpg

販売店向けなので一般のお客様は来場いただけませんが、最新モデルはこのブログでも紹介していきますので、見てください。
気になるモデルなどありましたら、ぜひ販売店へお問い合わせをお願いいたします。















@服部産業株式会社



[PR]
by hattorisports2 | 2017-07-24 09:00 | Wilier(ウィリエール)

グランツーリズモRチーム目線<触発>

f0367991_16540415.jpg

パー兄さんがローラー台練習をしている姿に触発?されて、Mt.富士ヒルクライム以降行っていなかった朝練コースを走り、いつもの場所でタイムを計りました。
予想に反して、タイムは落ちていない、どころか、新記録!
富士ヒルクライム前は22分58秒だったのが22分33秒と、少しだけ更新しました。
ちょっとうれしくて記念撮影!
しかし実際は走れる方に比べるとまだまだ遅く、通勤でもバンバン抜かれるのですが。
f0367991_16402972.jpg


月間1,000kmを目標に走っているのが、少しは役に立っているのかな?
6月は達成できませんでした、イベントと雨が多くて・・・言い訳なんですが。
それに、走った以上に?食べてしまうので、体重はあまり落ちず、まだまだ「ぽっちゃり系」です。
それでも2年間で8○kg→8○kgと、約6kgは減りました。
酒やたばこや脂にまみれていた頃に比べると、見た目にも効果があるようで、「少し健康的になった?」といわれる機会も増えました。
世のぽっちゃり系お父さん、一緒に自転車に乗りましょう!
今の時期に販売店に行っていただくと、2018モデルのお得な情報が盛りだくさんですよ。

さぁ、次は乗鞍だ!


















@服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports2 | 2017-07-14 20:00 | Wilier(ウィリエール)

2017イタリアから~④

アバーノテルメからバスで約1時間
ロッサーノベネットにあるウィリエールに到着!
f0367991_16170579.jpg
昨年は工事中だった建物も完成しており、大きな建物になっています。
f0367991_16171413.jpg
庭はまだ手が付けられていませんね。これからが楽しみです。
f0367991_16172261.jpg
建物内を見学します。
訪れた日は土曜日と言うことで、人が少なく閑散としていました。

新商品の開発室 秘密が一杯!
f0367991_16173305.jpg

これから組み立てられるフレームたち
f0367991_16174111.jpg
ウィリエール社は組み立てを自社で行っているイタリアでは珍しい会社です。
お客さんの細かな要望にも応えることができます。
これは服部産業にも言えることですね!
f0367991_16175131.jpg
ウィリエールの歴史を語る展示室には不良の事故で亡くなった先代社長のバイクや
ウィリエールバイクで活躍した歴代の選手が乗ったバイクが展示されています!

マルコパンターニ
f0367991_16183645.jpg
不幸にも先日事故で他界したミケーレスカルポーニ
f0367991_16184723.jpg
手前アレサンドロバッラン 奥ダミアーノクネゴ
f0367991_16185586.jpg
他にも歴史を感じる昔のバイクなどもあり
f0367991_16180840.jpg
子供用ロードバイク 可愛い‼
f0367991_16182594.jpg

100周年の記念モデル「チェント
f0367991_16180182.jpg
この後はウィリエールが111年前に創業した地『バッサーノデルグラッパ』にも訪れました。

城壁に囲まれた古い町並みが今でも残る北イタリアの観光地です。
日本人は見かけたことがありませんが…

非常に古い、町の象徴でもあるポンテベッキオ
ポンテは橋 ベッキオは古いと言う意味です!
f0367991_16422023.jpg
この橋の下を流れるのがブレンタ川です。
今は無くなっていますがこの川沿いの工房でウィリエールが誕生したのですね‼
f0367991_16431597.jpg

f0367991_16432493.jpg

f0367991_16434777.jpg

f0367991_16433575.jpg
綺麗な街並みとグラッパ(かなり強い酒)と陶器の町です!


















@服部産業株式会社



[PR]
by hattorisports2 | 2017-07-07 20:00 | Wilier(ウィリエール)

2017イタリアから~③

今日はテストライド2日目にして最終日
日本を出発するときに見ていた天気予報では連日雨の予報でしたがイタリアに着いてから
まだ雨は降っていません。同行する皆さんの日頃の行いが良いからでしょうか?
f0367991_21240940.jpg
せっかくなのでもう少し乗りたい気持ちはありますが仕方がないですね。
今日は昨日より少し長いコースになりました。
f0367991_21244557.jpg
ホテルを出発しテオーロを目指します。
ここまでは峠を一つ越える道ですが、昨日物足りないので走りに行ったコース
と同じでした。昨日一緒に走ったメンバーは口をそろえてデジャヴ!
f0367991_21252605.jpg
緩急織り交ぜた上りが5~6㎞ありますが上りに差し掛かったとたんに
ウィリエール社員でピカイチの登坂力を誇るグレゴリーがペースを上げます。

ついて行けたのは6人ほどでしょうか?
私もあっという間に離されてしまいました。
今日はE-Bikeで参加の女性が追い付いてきたので写真をパシャリ!
f0367991_21253965.jpg
そのあと追いかけましたが全く追いつけないままでした(;´д`)トホホ
恐るべしE-Bike!

上りの頂点には教会などもありしばし撮影会
f0367991_21255564.jpg
テオーロの町は丘の上にあり周辺から多くのサイクリストが集まります。
日本でもロードバイクを見かけるようになりましたが、その数は圧倒的に違い多いですね!
f0367991_21262385.jpg
そのあとは長い下りがあります。
慣れない右側通行とブレーキ操作が逆の右後ろになるので少し不安でしたが
先導のスタッフは危険なコーナーで十便に減速し怖さは感じなかったです。
お陰でトラブルもなく下り終え最後に前日3回上った坂を4たび上りホテル到着です!
f0367991_21313751.jpg
距離にすれば25㎞ほどですが慣れない土地と、久しぶりに上りがハイペースだったこともあり
心地よい疲れが…

ホテル到着後に少しE-Bikeを試乗しました。
3種類のモードから選べるシマノ社製のステップスが付いており一番出力の高いブーストモードは
ペダルに少し足を載せるだけで、構えていなければ振り落とされるのではないかと思う加速を見せます!
f0367991_21325248.jpg
純粋にサイクリングを楽しむことを考えれば、脚力の差に関係なくみんなが楽しめるアイテムなのではないでしょうか?
日本の道路交通法に合う企画で発売されることを祈るばかりです。
価格もお手頃にね!

この後は昼食後にウィリエール本社を訪ねます!
これは後日また記事にします!

[PR]
by hattorisports2 | 2017-07-03 00:00 | Wilier(ウィリエール)

2017イタリアから~②

今日はウィリエールのNEWモデル『チェント10NDR』のテストライドです!
その前に少し特徴を紹介します。
f0367991_13090903.jpg
名前の通り2017モデルとして登場したフラッグシップバイク、チェント10Airと兄弟車(全く似ていないです)
60TカーボンとSEIフィルムを使用
シートチューブとシートステーの接合部に、地面からの振動に対して、トラクションを最適化する機能を持った『ACTIFLEX SYSTEM』を搭載
ダイレクトマウントのキャリパーブレーキ以外にもフラットマウントのディスクブレーキを使用できるコンパーチブル
などなど
今回は6800アルテグラとディスクブレーキの組み合わせです!

早速テストライドに
初日は1時間しか走れないと言う何とも寂しいスケジュールとなっています。
f0367991_13120939.jpg
ポッツァート選手を含むウィリエールトリエスティーナセライタリアの選手も
一緒に走れるのでこれはうれしいですね!

どのようなコースかもわからないまま北サンが他の国や選手たちに日本チームが「ブッチギッテやるぞ!」
と無謀な挑戦状を叩き付けスタートします。
f0367991_13133976.jpg
1周約6㎞の周回コースを結果的に3周しました。
f0367991_13150340.jpg
上りになると皆さんのペースが上がるのは北サンが煽ったのか?
3周目はちぎりあいになりました!

乗り心地は28Cタイヤも手伝いコーナーリングや下りは安定感抜群です!
上りも、重たかったり力が逃げている感じは無くさすがウィリエールバイクと言えますネ!
f0367991_13170341.jpg
さすがに1時間では物足りない人もおり昼食後に希望者と再び走りに行きました。
f0367991_13182607.jpg
ロード班とママチャリ班に分かれます!
f0367991_13202876.jpg
見知らぬイタリアの地で案内役もいないままグーグル先生を頼りに山を登り景色の良いところを目指します。
f0367991_13204147.jpg
f0367991_13211908.jpg

4時までに戻らなくてはならないので大した距離ではなかったのですが非常に楽しい!!
f0367991_13205845.jpg
乾いた汗には水分補給が必要ですね!
f0367991_13214501.jpg


明日のテストライドはもう少し時間も距離も長い事を祈ります!


















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2017-07-01 22:00 | Wilier(ウィリエール)

2017イタリアから~①

イタリアでウィリエールの Taste the Future 2017(テイストザフューチャー)に参加しております。
毎年開催される、ニューモデルの試乗会です。
各国から輸入代理店が集まり、試乗会、プレゼンテーション、ミーティング・・・そう、お仕事ですよ!

関空からドバイを経由して、イタリアのヴェネチア空港に向かいます。
ドバイで成田からのチームと合流です。
f0367991_12530038.jpg


さらにバスで揺られること1時間。

パドヴァの近郊にある温泉の町アバーノテルメに到着(テルメは温泉と言う意味らしい)。
関空出発から計算すると約24時間と長旅でした!
一緒に行った皆さんも少々お疲れ気味です。

現地時間で16時にホテル『レオナルド・ダ・ヴィンチ』に到着
f0367991_13080329.jpg

夕食までの約4時間はみなさん自由に過ごされたようです!
イタリアのオシャレなCafeを堪能。
f0367991_13085411.jpg


夕食は好きなものを食べるバイキング形式。
雰囲気がイタリアーン。
f0367991_13145831.jpg

疲れも少しとれたのかな?
みなさんにも笑顔が(直射日光でまぶしかったようで)

食事後は新車の発表『Cento10 NDR』詳細は後日…
f0367991_13153018.jpg

途中には何と!フィリッポ・ポッツァート選手も登場し握手と撮影会に!
f0367991_13174503.jpg

f0367991_13164951.jpg

プロ選手が気軽に写真に写ってくれる気さくな雰囲気もウィリエールらしく、イタリア気分を盛り上げてくれます。
(そういえば、エンリコ社長も日本に来たときはウィリエールオーナーの皆さまと気軽に写真を撮ってくれます)

明日はいよいよテストライドです!


















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2017-06-30 17:00 | Wilier(ウィリエール)

アゾロ(ASOLO)

ウィリエール・トリエスティーナの2017年モデルを紹介いたします。

アゾロ(ASOLO)
フラットバーを採用した、アーバンスポーツバイク。

スタッフもいろいろお楽しみ中のバイクです。
アゾロのオススメポイント!!
アゾロのオススメポイント②
フラットバーロード「アゾロ」での遊び方①


フレーム:7005 ダブルバテッドアルミ
フォーク:アルミ
サイズ:XS, S, M, L
カラー:シルバー

クラリス:89,000円
(表示価格は税抜きです)


シルバー
f0367991_17553618.jpg

























@服部産業株式会社







[PR]
by hattorisports2 | 2017-05-29 20:00 | Wilier(ウィリエール)

グランツーリズモRチーム目線<ブレーキ交換>

ヴァンガードというブランドのブレーキを使っていました。
f0367991_18261308.jpg

レッドカラーがフレームにマッチしており、速そうに見えるので気に入っていました。
しかしながら軽量系パーツの宿命か、最近ガタが出やすくなった!?
先輩に相談すると、何と!7900デュラエースのブレーキを使って良いとの有りがたきお言葉!
少し前の試乗車についていたようですが、状態も良し!
で早速装着してみました。
f0367991_18262222.jpg

f0367991_18262754.jpg

ホイールが同じシマノ製ということもあってか、よく止まる!
ヴァンガードも違和感なかったですが、より安定感があります。
スピードコントロールがしやすくなって、速くなった、気がします。
カラーはホイールともマッチしていて、派手さはないですが統一感があってgood。
46T&30Tカーボンを使って、レーシングバイクの乗り味と快適性を狙った「良い塩梅」なグランツーリズモRチームのようなモデルは、シマノパーツで乗ってみるのが「らしい」かも?と思いました。



グランツーリズモRチームの記事を集めました。
↓↓↓

グランツーリズモRチーム①
グランツーリズモRチーム②
グランツーリズモRチーム③

グランツーリズモRチーム試乗車
グランツーリズモRチーム試乗車インプレ

グランツーリズモRチーム目線①
グランツーリズモRチーム目線②
グランツーリズモRチーム目線③
グランツーリズモRチーム目線④
グランツーリズモRチーム目線⑤
グランツーリズモRチーム目線⑥
グランツーリズモRチーム目線<番外編①>
グランツーリズモRチーム目線<番外編②>
グランツーリズモRチーム目線<番外編③>
グランツーリズモRチーム目線<レース編①>
グランツーリズモRチーム目線<レース編②>
グランツーリズモRチーム目線<レース編③>
グランツーリズモRチーム目線<レース編④>
グランツーリズモRチーム目線<レース編⑤>
グランツーリズモRチーム目線<レース編⑥>
グランツーリズモRチーム目線<レース編⑦>
グランツーリズモRチーム目線<レース編⑧>
グランツーリズモRチーム目線<レース編⑨>
グランツーリズモRチーム目線<レース編⑩>
グランツーリズモRチーム目線<レース編⑪>
グランツーリズモRチーム目線<ジャージ>
グランツーリズモRチーム目線<点検>
グランツーリズモRチーム目線<ツーリング>
グランツーリズモRチーム目線<チャレンジ>
グランツーリズモRチーム目線<イメチェン>


















@服部産業株式会社



[PR]
by hattorisports2 | 2017-05-26 20:00 | Wilier(ウィリエール)

モンテグラッパ( Montegrappa )

ウィリエール・トリエスティーナの2017年モデルを紹介いたします。

モンテグラッパ(Montegrappa)
ロングセラーのアルミロードバイク。

フレーム:6061 ダブルバテッドアルミ
フォーク:カーボン(アルミコラム)
サイズ:XS, S, M
カラー:マットブラック、ホワイト

105Mix/WH-RS010:140,000円
ソラ/WH-R501:120,000円
(表示価格は税抜きです)


マットブラック
f0367991_19311904.jpg



ホワイト
f0367991_19311856.jpg























@服部産業株式会社







[PR]
by hattorisports2 | 2017-05-22 20:00 | Wilier(ウィリエール)

モンテグラッパ チーム( Montegrappa Team )

ウィリエール・トリエスティーナの2017年モデルを紹介いたします。

モンテグラッパ チーム(Montegrappa Team)
上位グレードのフォルムを引き継いだ新型アルミフレーム。フルカーボンのフロントフォークを採用。

フレーム:6061 ダブルバテッドアルミ
フォーク:カーボン
サイズ:XXS, XS, S, M, L, XL
カラー:シルバー、ホワイト

アルテグラ/WH-RS11:200,000円
105/WH-RS010:165,000円
ティアグラ/WH-R501:145,000円
フレーム:100,000円
(表示価格は税抜きです)


シルバー
f0367991_17501629.jpg



ホワイト
f0367991_17501991.jpg























@服部産業株式会社






[PR]
by hattorisports2 | 2017-05-15 20:00 | Wilier(ウィリエール)