カテゴリ:Wilier(ウィリエール)( 65 )

北陸へ!

こんにちは!
本日は北陸へ向かっております。
4月15日(土)は福井県鯖江市にある白崎サイクルさんでウィリエールの試乗会を行います。
4月16日(日)は富山サイクルフェスティバルに出展させていただきます。
現在の鯖江市に向けて移動中!
道中で、会場で、ウィリエールのバイクを見かけたら、声をかけさせていただきます。
驚かせてしまったら申し訳ありません!
f0367991_08233872.jpg

天気が少し心配ですが、チェントディエチAirをはじめ合計11台を用意して、皆さんの来店をお待ちしています。

















@服部産業株式会社


[PR]
by hattorisports2 | 2017-04-15 08:00 | Wilier(ウィリエール)

MAESTROな「サドル」ポッツァート!

台北ショーが閉幕し、1ヶ月も経ちませんが「ウィリエール」より、ちょっとした情報が入ってきました。
「ポッツァート」選手用のサドルを作るから(レプリカかどうかは分かりません)欲しいか?
f0367991_11343207.jpg



正直、本当に入手出来るかどうか分からない状態。
画像があるという事は実物はあるみたいで、本物か訊いてみると入手には1ヶ月かかるという返事・・・。
今から作るのか?
でも今回限りらしく在庫は持てないという話の様です。

この画像しか情報がなく、詳しいスペックは注文して日本に入ってくるまで分からないというのが海外取引の
醍醐味なのかもしれません?
近い将来、もし入ってくる事があれば、このブログで紹介したいと思っておりますので暫くお待ち下さい。
今から欲しいと思って予約しようとするのは野暮な話なので、ご遠慮くださいまし。

ポッツァート選手は自分専用の部品にこだわりがあるみたいで、いろいろとサプライヤーにオーダーしていて
フレーム、サドル、ホイールなどが有名(?)です。
「ウルサス」社のホイールにいたっては、レプリカすら販売してはいけないと本人が言っていたらしく(TS37)
日本でレプリカバイクを作成しようとした時に実現できなかったのです。

なので今回のサドルが本当に入手できるかどうかは本当に分からないのです。



@服部産業株式会社



[PR]
by hattorisports2 | 2017-04-12 10:10 | Wilier(ウィリエール)

イタリア土産② selle ITALIAのスペーシャルなサドルの画像

イタリア出張に行った際にウィリエール本社において、スペシャルなパーツを発見してきました。
それがこちら!!
f0367991_11465488.jpg

選手供給用」のselle ITALIA SLR TEAM EDITION FLOW です。
どこがスペシャルなのか。
まず1点目はサイドにプリントされているロゴのカラー。
イタリア本国にはレギュラー製品としてイエローカラーが展開されていますが
サイドのロゴカラーはホワイトなのです。
このスペシャルサドルはその部分もイエローでプリントされています。
f0367991_12114598.jpg f0367991_12120165.jpg

      イタリア本国のレギュラー製品                         スペシャルサドル



2点目はベース裏にあります。
通常モデルにはない「PRO TEAM」というロゴがプリントと刻印の2種類の方法で記されています。
もうひとつ気になるのはロットナンバーです。
レギュラー商品は「selle ITALA」の下側に丸い刻印が二つ並んでいます~これはこの商品がいつ生産されたのか
分かる様に金型に嵌め込まれた目印なのです、スペシャルサドルには見当たりません。
f0367991_12175039.jpgf0367991_12180740.jpg

       レギュラー商品のベース裏                      スペシャルサドルのベース裏

目立たない部分にまでプレミアム感を演出し、所有欲を満たしてくれるサドルです!!

3点目はサドルのセンター付近の横幅を見比べてください。
レギュラー商品とスペシャルサドルの横幅を比較するとスペシャルサドルの方がほそくなっており、よりスタイリッシュなシルエットになっています。
シルエット的には「フリクションフロー」と同じなのですがトップのデザインが全然違います!
選手のリクエストに応えるメーカーって大変なんでしょうね!?量産品ではなく、本当に手作りサドルででね。

f0367991_13564034.jpgf0367991_13564867.jpg

         レギュラー商品                    スペシャルサドル



「このサドルどこかで見たことあるような・・・。」
と思われた方。目の付け所が素晴らしいです!!
f0367991_13505836.jpg f0367991_13352664.jpg

そうです!!つい先日、ミラノ~サンレモ(3月18日開催)へ出場しとジロ・デ・イタリア(5月5日開催)への
出場が決定したチーム:ウィリエール・トリエスティーナ・セライタリアのエースである
フィリッポ・ポッツァートのスペシャルカラーバイクのサドルに非常に酷似した製品なのです。

このサドルはぜひとも昨年、限定予約されていたCento10 Airフィリッポ・ポッツァートカラーに
アッセンブルできるといいのですが・・・。

[PR]
by hattorisports2 | 2017-04-10 10:10 | Wilier(ウィリエール)

スーパーレッジェーラ SL レッド✕クロームメッキ

完売となりました!
ありがとうございました!

コロンバスSLチューブ(ニオブスティール)で組み上げられたフレーム
ウィリエールトリエスティーナ社がMade in italyでお届けするスペシャルな
一品です。
カタログには載っていないレッドカラー、フレームサイズ50cm(C~C)
が、3台のみ入荷しました。
フロントフォークはスレッド仕様になっております。
ヘッドラグとバックステーにクロームメッキを施しているのが、たまらなく
美しく見えますね。
f0367991_07291314.jpg



私が乗れるサイズであれば、1本確保しておきたいところです。
が、あいにく2cmほど大きいのです。
我慢して乗るには・・・せっかくのフレーム、格好良くなくなるので
あれば諦めた方が良さそうですね、残念。
f0367991_07290261.jpg



ちょうど、社内にカンパニョーロ社のポテンツァが1セット(シルバー)が
あったので組み上げてショールームに展示してみようかと思います。
ホイールはゾンダがあったかな?
f0367991_07284851.jpg


価格はそれなりにしますが、少しでもお求め易く、努力の服部産業!
気になる方は、ウィリエールの販売店にお問い合わせ下さい。

実はこの手のロー付けフレームはイタリア本国での生産が難しく
なってきて、いつ生産中止になるか分からない状態なのです。
現状でも半年以上の納期がかかり、受注は受け付けておりません。
このようなオーダーカラーになると今後、実現はできないと思います。

最新の情報では、スティールフレームは今後オーバーサイズ+
ラグレスのTig溶接+カーボンフォークのスタイルに変更されて
いくだろうという話・・・アメリカンなフレーム化になるのは
イタリアンブランドでも避けられない事実なのでしょうか?

GETするなら「今」でしょ。



@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2017-04-07 12:00 | Wilier(ウィリエール)

グランツーリズモアール チーム ( GTR TEAM )

ウィリエール・トリエスティーナの2017年モデルを紹介いたします。

グランツーリズモアール チーム(GTR TEAM)
グランツーリズモR SL と同じ型で、46T/30Tカーボンを使い、高い快適性も備えたレーシングバイク。

フレーム:46T/30Tカーボン、メカニカル/Di2兼用(1,190g)
フォーク:カーボン(390g)
サイズ:XS, S, M, L, XL
カラー:ダークマット、カーボン/レッドマット、ホワイト/グレー、レッド

アルテグラ/WH-RS11:295,000円
105/WH-RS010:260,000円
フレーム:200,000円
(表示価格は税抜きです)


ダークマット
f0367991_10562213.jpg



カーボン/レッドマット
f0367991_10561974.jpg



ホワイト/グレー
f0367991_10561789.jpg



レッド
f0367991_10502512.jpg


















@服部産業株式会社




[PR]
by hattorisports2 | 2017-04-05 20:00 | Wilier(ウィリエール)

グランツーリズモアール エスエル(GTR SL)

ウィリエール・トリエスティーナの2017年モデルを紹介いたします。

グランツーリズモアール エスエル(GTR SL)
Zero7のデータを元に開発された、60T/46Tカーボンのオールラウンドレーシングバイク

フレーム:60T/46Tカーボン、メカニカル/Di2兼用(990g)
フォーク:カーボン(390g)
サイズ:XS, S, M, L, XL
カラー:カーボン/レッドマット、アシッドグリーン、イエロー/レッド

デュラエースMix/WH-RS11:480,000円
アルテグラ/WH-RS11:380,000円
105/WH-RS010:340,000円
フレーム:280,000円
(表示価格は税抜きです)


カーボン/レッドマット
f0367991_10225772.jpg



アシッドグリーン
f0367991_10230241.jpg



イエロー/レッド
f0367991_10225977.jpg


















@服部産業株式会社



[PR]
by hattorisports2 | 2017-03-31 20:00 | Wilier(ウィリエール)

2017モデル チェントウノ エスアール(Cento1 SR)

ウィリエール・トリエスティーナの2017年モデルを紹介いたします。

チェントウノ エスアール(Cento1 SR)
60Tカーボンを採用したカムテールデザインのレーシングバイク。SRはスーパーリジダ(とても剛性が高い)を意味します。

フレーム:60Tカーボン、メカニカル/Di2兼用(990g)
フォーク:カーボン(390g)
サイズ:XS, S, M, L, XL
カラー:ダークマット、グロスブラック

デュラエース/WH-RS9100-C40-CL:795,000円
デュラエースMix/WH-RS11:580,000円
アルテグラ/WH-RS11:480,000円
フレーム:380,000円
(表示価格は税抜きです)


ダークマット
f0367991_11293645.jpg



グロスブラック
f0367991_11293944.jpg



















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2017-03-13 20:00 | Wilier(ウィリエール)

2017モデル チェントウノエアー46(Cento1 Air46)

ウィリエール・トリエスティーナの2017年モデルを紹介いたします。

チェントウノエアー46(Cento1 Air46)
46Tカーボンを採用し、快適性を向上させた日本オリジナルのエアロレーシングバイク。

フレーム:46Tカーボン、メカニカル/Di2兼用(1,250g)
フォーク:カーボン(390g)
サイズ:XS, S, M, L, XL
カラー:ステルスブラック、ホワイト

デュラエースMix/WH-RS330:450,000円
アルテグラ/WH-RS330:360,000円
105/WH-RS330:320,000円
(表示価格は税抜きです)


ステルスブラック
f0367991_14282926.jpg



ホワイト
f0367991_14283069.jpg



















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2017-03-11 20:00 | Wilier(ウィリエール)

2017モデル チェントディエチエアー(Cento10 Air)

ウィリエール・トリエスティーナの2017年モデルを紹介いたします。

チェントディエチエアー(Cento10 Air)
イタリア語で110を意味する Cento10 Air は、その名の通り110周年記念として開発された NACA & カムテールデザインのフラッグシップエアロレーシングバイク。
( NACA:1915年創設の航空工学・エアロダイナミクスを研究していた全米航空諮問委員会のこと。後の NASA(米国航空宇宙局)の前身である。)

フレーム:60Tカーボン、メカニカル/Di2兼用(1,040g)
フォーク:カーボン(350g)
サイズ:XS, S, M, L, XL
カラー:ホワイト、マットブラック、レッド

デュラエース/WH-RS9100-C40CL:910,000円
デュラエース/WH-RS11:710,000円
アルテグラ/WH-RS11:585,000円
フレーム+アラバルダハンドル:500,000円
フレームのみ:440,000円
アラバルダハンドル:72,000円
ガーミンマウント:3,500円
(表示価格は税抜きです)


ホワイト
f0367991_11284983.jpg


マットブラック
f0367991_11285032.jpg


レッド
f0367991_11285027.jpg
















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2017-03-10 20:00 | Wilier(ウィリエール)

グランツーリズモRチーム目線<チャレンジ>

私の愛車はグランツーリズモRチームです。
ただいま年間12,000km(月間1,000km)走行にチャレンジ中!
(といっても昨年の12月からなのでまだ3ヵ月目です。)
12月と1月は1,000kmをなんとか超える頑張りを見せました、しかしながら2月は28日しかなく、イベント続きと雨のせいで計画通り走れず、未達成・・・
(言い訳になりますが。)
それでも3ヵ月トータルの距離は、今のところ何とか「+」です。
通勤がメインで休みの日はお気楽にサイクリングをしています。
f0367991_16541616.jpg

「グランツーリズモRチーム」は、疲れてきた時はやや硬さを感じる場面もあり、レーシングバイクであることを思い出させてくれます。
入門モデルでは頼りない、ガチガチのレーシンググレードは自信がないというような方にオススメできる、まさにミドルグレードです。
そういえば過去にお会いしたオーナー様の中には、レースを通して力を出すために「あえて」このグレードを選んでいる方もありました。

今年もいくつかのイベントにエントリーしました。
昨年より良い成績が残せるように頑張ります。

皆様も自転車を楽しんでくださいね。

グランツーリズモRチームの記事を集めました。
↓↓↓

グランツーリズモRチーム試乗車インプレ
グランツーリズモRチーム試乗車

グランツーリズモRチーム③
グランツーリズモRチーム②
グランツーリズモRチーム①

グランツーリズモRチーム目線<ツーリング>
グランツーリズモRチーム目線<点検>
グランツーリズモRチーム目線<ジャージ>
グランツーリズモRチーム目線<レース編⑪>
グランツーリズモRチーム目線<レース編⑩>
グランツーリズモRチーム目線<レース編⑨>
グランツーリズモRチーム目線<レース編⑧>
グランツーリズモRチーム目線<レース編⑦>
グランツーリズモRチーム目線<レース編⑥>
グランツーリズモRチーム目線<レース編⑤>
グランツーリズモRチーム目線<レース編④>
グランツーリズモRチーム目線<レース編③>
グランツーリズモRチーム目線<レース編②>
グランツーリズモRチーム目線<レース編①>
グランツーリズモRチーム目線<番外編③>
グランツーリズモRチーム目線<番外編②>
グランツーリズモRチーム目線<番外編①>
グランツーリズモRチーム目線⑥
グランツーリズモRチーム目線⑤
グランツーリズモRチーム目線④
グランツーリズモRチーム目線③
グランツーリズモRチーム目線②
グランツーリズモRチーム目線①
















@服部産業株式会社


[PR]
by hattorisports2 | 2017-03-06 00:00 | Wilier(ウィリエール)