カテゴリ:平ぱ~兄さん日記( 38 )

日帰り香川県うどんサイクリング③

最後は宇多津のオリーブサイクルさんに行ってきました。
f0367991_08303947.jpg


























店頭には貴重なZero.7(初期型)のゴールドカラーや世界に一台だけのCento10 Air プレミアムカラー(店長バイク)が鎮座していました。
ウィリエール好きにはたまらないラインナップですね。
f0367991_08441022.jpgf0367991_08453048.jpg


























店内で体を温めさせていただきながら会話を楽しんだ後電車にて高松駅に向かいました。

ちなみにこの日に乗ったバイクは試乗車としてオリーブサイクルさんに置かしていただいております。
・Cento10 NDR マットブラック Msize
・Zero.9 マットブラック Ssize
こちらのバイクの購入を検討されている方はぜひ店舗にご来店ください。
1/27日の試乗会まで先行で試乗していただけます~。

これにて全てのミッションが完了したので駅にて一杯~♪
f0367991_08462523.jpg

























更に帰りのフェリーでもグビグビと~~♪
f0367991_13304884.jpg

























そして潰れる~~~。 (°∀°)アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒゴッ!!!ゴホッ!ゴホッオエェェェー!!!
f0367991_13315958.jpg


























フェリー移動はこれができるんでいいですね。
久々に安心しながらサイクリングでき、充実した1日でした。やっぱり四国はいいですね。
春には高知初カツオライドを妄想中です~。




















@服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports2 | 2018-01-19 00:00 | 平ぱ~兄さん日記

日帰り香川県うどんサイクリング②

滝宮駅から金毘羅さんまでは10kmほどです。
向かい風の中走っていると、以前行った美味しいうどん屋を思い出し先輩を説得して立ち寄ることに。
レオマワールドのすぐ近くにある『サヌキのピッピ』です(うどん屋らしからぬ名前ですがセルフタイプのド定番な店)

f0367991_22091286.jpgf0367991_22100115.jpg


私は定番の釜玉うどん(大)400円とアジフライ100円とちょと贅沢な注文をしました。冬はこれが一番!?
先輩はかけうどん(小)200円です。
こちらのうどんは少し細麺ですが、しっかりコシがあり美味しかったです。
本当は更に2件ほど行きたかったですが、既に満腹の先輩に怒られそうだったので断念し金毘羅さんへ・・・。
f0367991_14453484.jpg
f0367991_14454811.jpg


























琴平では雪が積もっていて寒い!!この日だけはフルフィンガータイプのグローブを最後まで使用しました。
(通常は冬でも指切りグローブを使用します)
寒さのあまり走行中は口周りの筋肉が硬直してうまく言葉が発せませんでした。
f0367991_17084100.jpg
f0367991_17090046.jpg

























金毘羅山の石段+雪はSPDシューズでは歩きにくく苦戦しました。
下りは特に危険を感じます。
寄り道することなく往復しましたが45分かかりましたァ。降りてくるころには二人とも脚がパンパンです(笑)。
f0367991_17214753.jpg
f0367991_17225233.jpg


























御本宮でお参りして奥社まで行くつもりが道が閉鎖中。
「閉鎖しててありがとう!!」と思いながら降りていき最終目的地の宇多津で向かうのでした。
f0367991_17242585.jpg
f0367991_17243651.jpg

























続く・・・。


















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2018-01-18 00:00 | 平ぱ~兄さん日記

日帰り香川県うどんサイクリング①

2018年1回目の輪行サイクリング~!
愛媛出身の私は大阪に来て気になることがありました。
大阪の人は四国にあまり行きません。
会社の先輩に聞いたところ、海を隔てているので行きにくい。(交通費が高い)
そんな時ちょうど香川に行く用事が出来たので『日帰りさぬきうどんツアー』を考えましたァ!

金曜の夜(土曜午前1:00)に神戸を出発するジャンボフェリーを使います!
往復券を買うと3990円と片道2000円以下で香川の高松と往復できます。(出発日が土日や深夜でアップチャージがあり、往復最安値は3390円!)

先輩を無理やり誘い神戸のフェリー乗り場で落ち合います。
フェリー乗り場は三宮駅からバスが出ますが210円を浮かすため自転車で向かいます。(寒すぎる―!)
f0367991_18082411.jpg
f0367991_18082988.jpg

到着後は再び輪行し船内に自転車を手荷物として持ち込みます。そのまま持ち込みも出来ますが片道500円別に必要です(ここもケチります)
先輩を誘った手前、船内で良い場所をとるため23:30に乗り場に到着。誰もいません~
徐々に人が集まり搭乗出来たのは出発20分前ぐらいですが、そんなに混んでいませんでしたョ。
f0367991_18083475.jpg
朝5:15に高松へ着くので寝場所を確保しさっそく就寝します。先輩から寝酒の差し入れがありグッズリ睡眠できました!

到着後は夜明けまでフェリー乗り場で時間をつぶし7:00ごろに出発します。気温は0度と泣けてくる寒さです。
f0367991_18204353.jpg
f0367991_18231512.jpg


朝ごはんの”うどん”を食べに向かいます。
ここは香川県庁のすぐそばにあり、5:30から営業している『さか枝』です。
f0367991_18245846.jpg
f0367991_18251455.jpg
香川のうどんは大阪に比べ安く、私は知っていましたが、先輩は驚きの表情です!!かけうどん中210円150.png
冷えた体には最高に美味しい少し太めのうどんです。ここは地元の常連さんと観光客が入り混じって7時過ぎにも関わらずたくさんのお客さんで賑わっていました!
f0367991_18251987.jpg
香川に来たらやはり定番の金毘羅さんに行くことに。30㎞先の琴平町に向けて出発します。
国道32号をですが側道が広く交通量が多くても気にならない!私はいまだに大阪の道路を走るのが怖くて中々、自転車を楽しく乗れません135.png

香川の景色は独特で山が独立してあるんですね!9:00になっても気温が上がらず1度です(池が全面凍ってます)
f0367991_21264097.jpg
f0367991_21425061.jpg

途中、電車好きに知られている高松~琴平を結ぶ『ことでん』の線路と並走して走る区間もありますよ。
私も綾川町にある滝宮駅(たきのみや)に立ち寄りました。
この駅舎は大正12年に出来た建物だそうです。ポップな色合いに塗りなおされていますね。
f0367991_21440481.jpg
f0367991_21443242.jpg
色々な路線で古くなった車両が『ことでん』で活躍しているそうですよ。
電車好きの人は色々調べて行ってみてはどうですか?

まだまだ続きます…



















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2018-01-17 00:00 | 平ぱ~兄さん日記

中将餅を求めて・・・。

クリスマスイブ前日、特に予定のない私(大泣)は会社の先輩方と一緒に甘味処サイクリングに行ってきました。
集合は定番のリビエルホール。
f0367991_15153821.jpg






























今回はチェント ディエチ エアー3台と前日に組み上がったスペシャルチューンのモンテグラッパ ディスクという豪勢な顔ぶれでした。
スペシャルチューンの制作日記は後日アップされる予定ですのでご期待ください。
f0367991_13030621.jpg





























中将堂本舗までは竹ノ内街道を走っていきます。
途中真新しい案内板前でパシャリ♪
f0367991_15170686.jpg






























うーん、ラマートがビカビカに輝いて最高ですねー。にやけが止まりません。
登りは軽やかな加速でグイグイ驀進していき楽しくてたまりません
f0367991_15175705.jpg









































竹ノ内街道は初めてでしたが所々に古い家屋があり面白いですねー。
地元には中々ない景観なので新鮮でした。
トイレ休憩のため途中の道の駅に寄った際、藁が150円で売っていて「お金になるの!!」と叫びそうになってしまいました。
実家に腐るほど(実際に腐らせていますが)転がっているので、持って帰ってこようかなー(笑)



そして、第一の目的地「中将堂本舗」に到着です。
今回は季節限定のぜんざいを注文。
f0367991_15193625.jpg







































絶品の味に感動し、持ち帰り用の餅を7個も買ってしまいました。

続いては「どっこい饅頭」へ。
パッキングに手間取り出遅れたので冷や汗をかきながら駐車場を出ると
たった100mちょっとしか離れていなくて唖然としました。
外はカリッと中身はホクホクの餡がギッシリ入っていて絶品でした。
f0367991_15195408.jpg

























糖分を十分(過剰?)に摂取したので穴虫峠経由で大阪方面に向けて出発です。
途中、初のどんづる峯に寄ってみました。
巨大な石灰の岩山は迫力満点で見ごたえ十分でした。
f0367991_15201096.jpgf0367991_15202292.jpg






































このあたりの登りからはペダルを踏んでも跳ね返されるような感覚が出てきました。
流石はレーシングフレームのチェント ディエチ エアー。
「もっとこのバイクの真価を発揮させたいなら修行してこい」と言われてるようでした。

石川の土手を走りながら以前にみんなで行こうと言っていた中華料理屋に向かいました。
味の方は・・・・・・。
気になる方はこちらのブログをご覧ください。


ここで甘味処サイクリングは終了です。
久しぶりに瀕死状態にならないサイクリングで楽しめました。
来年も新たな相棒とともに色々な所を走りますよー。



[PR]
by hattorisports2 | 2017-12-31 23:59 | 平ぱ~兄さん日記

愛車を美しく保つために

先日組み上げたチェント ディエチ エアーのチェーンステー、BB周辺にマジックワン製のプロテクトフィルムを使ってみました。
f0367991_08094521.jpg







































今まで様々なメーカーの製品を使ってきましたがこの製品すごくイイ!!です。
このプロテクトフィルムは厚みはそれなりにあっても非常に柔らかく、角部分に貼っても端がめくれません。
(過去使った厚いフィルムはヒートガンで温めないと綺麗に貼れませんでした)
f0367991_08103454.jpg



























透明度も高いので愛車にうまく溶け込み、耐久性も期待できます~。
キズ防止のフィルムを探している方は是非一度使ってみてください。

[PR]
by hattorisports2 | 2017-12-31 00:00 | 平ぱ~兄さん日記

待ちに待った・・・

やっと完成しました。
チェントディエチ エアーのラマートカラーです。
昨年、S先輩のチェントディエチ エアーを乗らせてもらった時からずーっと欲しかったのです。
f0367991_13225924.jpg
f0367991_13411510.jpg


























日本では、ごくわずかしか出回っていないカラーです。
もし、店舗で見かけて「欲しい!」と思ったときは我慢しない方がいいですよ~。
私は我慢することを一瞬で諦めました。

パーツはカンパニョーロが一番似合うのでGTR SLからスーパーレコードを移植です。
ブレーキは規格が違い、資金が底をついたので繋ぎで6800シリーズのダイレクトマウントをチョイス。
レコードのダイレクトマウントにするか、ちょっとマイナーなee Brakeのダイレクトマウントにするか悶々と悩み中です。
こういった悩みと妄想の繰り返しは最高に楽しいですね!!

レースにはチェントディエチ エアー、ロングライドにはシマノパーツで組み立て予定のGTR SLの使い分けになるかなー。
まぁ今までの経験上、その日の気分で乗り分けるんでしょうけど。
今週末は会社の先輩とサイクリング(?)に行ってきます。
来年は久々にThe PEAKSの長野ステージに参加予定です。シマノ鈴鹿もリベンジしたいですね。


















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2017-12-29 00:00 | 平ぱ~兄さん日記

プロロゴサドル使ってみた。

プロロゴの象徴の1つとなっている「CPC」。
少し触れただけで体感できる強烈なグリップ力が魅力で、前々から気になっていたのです。

f0367991_13312764.jpg




























グラベルロードのジャルーンを組み上げたときに「ナゴエボ CPCをアッセンブルしてみました。
ナゴエボ CPCはオンロードカテゴリーですが、オフロードカテゴリーのX10 CPCサドルよりCPC使用率が
高く、山道において少しでも高いグリップ力が欲しいなーと思っていたのです。
ナゴエボについては

①後部のシルエットが細く、スムーズなペダリングが期待できる
f0367991_14084499.jpg









































②パッドは薄いがベースがしなってくれて快適性も充分と考えられる。
 (個人的にこういうタイプが好み)

f0367991_13323639.jpg


























③そして何より「サドルは薄い方がカッコいい!!!」ですよね。

f0367991_13331189.jpg

























以上のことからチョイスしました。

先日の柳生街道サイクリング(記事その①その②)で70km程乗ってみました。
「CPC」の効果は絶大でガレ場でも一切ポジションがズレず、ペダルを回すことに集中できました。
ペダリングのしやすさは想像以上で、お尻を後退させても太ももとサドルが擦れずにスムーズなペダリングができました。

久しぶりに新しいサドルに挑戦してみましたが満足度の高いサドルでした。
今回はオフロードで使用しましたが、オンロードではヒルクライム時の若干前乗りする時などにも最適ですね。



















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2017-12-15 00:00 | 平ぱ~兄さん日記

アドベンチャーなバイク「ジャルーン」でぶらりサイクリング②

さぁ、エネルギー補給も済んだので出発です。
いい加減、下りが欲しい・・・。
序盤は比較的路面も平らで傾斜も厳しくないので快適に走っていきます。
舗装路に出てしばらくすると、なんとも趣のある建物が。



f0367991_17255362.jpg






























現代のこんな山奥で古い茶屋が現存していることに驚きです。
さすがは十兵衛街道!!!
(正式名称は柳生街道です。すでに疲労困憊だったので柳生と十兵衛が脳内で入れ替わって十兵衛十兵衛と連呼していました。)
店は営業しているのかしていないのか判別できませんでした。
中は薄暗いのですが窓は開いていました。人の気配もしたような・・・。

そこから微小のアクシデントに見舞われながらも分岐点へ到着しました。
このまま舗装路を行くルート、地獄谷へ降りていくオフロード。
オフロードの方は依然S先輩がMTBで走った経験があったらしいのですが、かなり険しかった記憶があるとのこと。
しかーーし、ここで舗装路を選択したら何のためのジャルーンなのかわかりません!!
ということでオフロードを選択。
早々に稜線上にでて景色は絶景。



f0367991_17551184.jpg
f0367991_17551184.jpg

































f0367991_17573784.jpg































この幸せな時間はほんのひと時で直ぐに下り階段と徒歩でないと進めない傾斜の道の連続。
そして、極端に道幅が狭く、ぬかるんでいて壁に鎖があるセクション登場。
ただ、最近岩稜歩きにはまりつつある私は「もうちょっとスリルが欲しいなー。」とアホなことを思ってしまいました。

f0367991_18055331.jpg







































ここからは登り登り登り登り・・・。
しかもバイクを押さなければならないほどの。
しかし、この時点で変なスイッチが入ったのか、はたまた登山要素が強くなったからなのか急に元気になってグイグイ登っていく私。
それを見たS先輩の目は「この馬鹿はなんでいつも登り(自転車を押して上がる状況限定)になると元気なんだ?」と語っていました。
結構な距離を押し進んで何とか地獄谷に到着ーーー。
f0367991_17290342.jpg
f0367991_17291896.jpg







































ここから先は予定していたルートが先日の台風の影響で通行止めだったので春日大社裏に出る林道を疾走。
ここは紅葉のピークで路面も整備されたオフロードだったので2人ともこの日一番楽しめたポイントでした。
でも、写真がブレブレのばかりで掲載できるものがありませんでした。

帰り道、ハンガーノックでS先輩お勧めのデカ盛り系定食屋へ行ってきました。
f0367991_17362632.jpg
f0367991_17361750.jpg

























唐揚げ10個も食べれるのか不安でしたが、ぺろりと平らげ更にカレーライス2杯・S先輩の唐揚げを強奪したのでした。
これは痩せんわーー。
がっつりとエネルギー補給の後、恐怖の阪奈道路⇒ゴール直前の激坂に完全に足が攣ってしまい泣きながらも無事「柳生サイクリング(?)」は終了したのでした。
f0367991_17435444.jpg
f0367991_17440696.jpg





















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2017-12-01 12:00 | 平ぱ~兄さん日記

幼児用乗り物「X-mini プッシュバイク」発売

この度、弊社にて新たなカテゴリーの商品を発売します。
幼児を対象(2-5歳、Max体重:50kg)とした乗り物「X-mini プッシュバイク」です。

【プッシュバイクって何?】
幼児のバランス感覚を育むことができる乗り物です。ペダル・補助輪はなく脚で地面を蹴り,幼児自身でバランスを取りながら走ります。
よく耳にする「キックバイク」「バランスバイク」などと同類の乗り物です。
遊びながらバランス感覚が育まれるので、ペダル付き補助輪無し自転車へのステップアップも早く簡単になるでしょう。
f0367991_18460647.jpg



商品のお問い合わせは

服部産業株式会社
06-6981-3965
担当:石田 

メールでのお問い合わせは
info@hattori-cycle.co.jp

までお願いします。



【X-mini プッシュバイクの特徴】

X-mini プッシュバイクは、お子様の成長(身長)に合わせて工具を使いフレームサイズとサドルの高さを調整できる未だかつてない製品となっています。
サドルの高さは29.1㎝~47.7㎝の間で選択できます。
f0367991_09352990.jpg









組み立て式の「X-mini プッシュバイク」は成長に合わせてお子様の目の前で一緒にサイズを変えられるので
長い間乗り続けることができる上に、親子の絆も深まるでしょう。
軽量化(重量約2.5kg)されていますのでお子様にとっても取り扱いやすく、お片付けも率先してやれるようになるはずです。

6061アルミから削り出された美しいシルエットはお子様はもちろん親御様も一目惚れ間違いなしです!
高級感もありますので乗らない時はインテリアとしてもオススメです。
f0367991_09345269.jpgf0367991_10112104.jpg






















f0367991_10113807.jpg



























以下のリンクでさらに詳しく商品を紹介していますので、ぜひご覧ください。

参考上代は¥32,000(税抜)で近日入荷予定です。この商品は数量限定ですのでお早目の注文をオススメします。

今の時期ですとクリスマスプレゼントに最適ですね。


商品が気になる方は服部産業株式会社 ISD課 担当:石田 06-6981-3965 までお願いします。
メールでのお問い合わせ hattori-cycle@co.jp までお願いします。






















@服部産業株式会社


[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-29 20:00 | 平ぱ~兄さん日記

アドベンチャーなバイク「ジャルーン」でぶらりサイクリング①

今年の夏に数量限定で国内に入荷したグラベルロード「ジャルーン」
クロモリフレームによる細身のシルエット、溶接処理が異常にきれい、チタンを想像させる鈍い光沢に一目ぼれし
発注の際に自分の分も発注してもらっていたのでした。

f0367991_17594679.jpg



























今回はS先輩が前々から走ってみたかったという「柳生街道」に行ってみました。
柳生街道は奈良からスタート地点まで約35kmありマウンテンバイクでは少々厳しい旅路になります。
そこでジャルーンの登場でした。
奈良から柳生までは交通量の多さに辟易としながらもマイペースで進んでいきました。
加茂のあたりからは稲刈りされた田んぼの土の香りを楽しめました。
(田舎に帰りたいーーーー(笑))
f0367991_08434316.jpg

























f0367991_17582892.jpg
f0367991_17585102.jpg



























坂道に若干心折れそう(早っ!!)になりながらも、柳生に到着!
f0367991_18002667.jpg
f0367991_18004744.jpg



























さぁ、いよいよ本命スタートです。
ジャルーンがどれだけ走らせてくれるのか、未知の道へのワクワク感。
シングルトラックに入るとテンションは最高潮!!
f0367991_08333040.jpg
f0367991_08345204.jpg


























が・・・スタート直後から激坂、ウェットな石畳、運動不足のせいでバイクから降りて押し上げる羽目に・・・(泣)
f0367991_08375969.jpgf0367991_08374784.jpg



























下りはスリルを楽しめましたー。
f0367991_08444216.jpg


























農道やバイクを担ぐシーンもありました。自然を満喫しながら走れたので非常に気持ちがいいですね!!
調子にのって、石がゴロゴロ転がっている道でも力任せに踏み込んでいると案の定・・・
力尽きました(まだ行程の半分くらいなのですが・・・。)
f0367991_17455968.jpg
f0367991_17462760.jpg








































写真の激坂になってくると完全に踏めなくなってしまい、バイクを押して上がることに。
行程が予想以上にきつくてヘロヘロでした。
「なんで登りばっかりなんだ!!!」(平ぱ~兄さん心の叫び)
f0367991_17484090.jpg
f0367991_17490481.jpg



























お腹が空いたので、激坂の先の懐かしい自販機の前で補給食を貪るのでした。
f0367991_17491866.jpg


























続く・・・・。






































































































[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-27 00:00 | 平ぱ~兄さん日記