カテゴリ:サイクリング( 41 )

年末年始のライド!

こんばんは、服部産業の堺です。
年末年始のライドをまとめてUpします。

【12月29日】 2017走り納めのつもりで。8名(男性6名、女性2名)で金剛トンネル~五條~吉野~壺阪峠~飛鳥~竹ノ内峠 113キロ。Wilier2台。 
時間の都合で途中3名は離脱しましたが、その中にはこれからインターハイ等で活躍するだろうと思う松山城南高校の北宅柊麻くんもお父さんと一緒に。
当然、金剛トンネルでは置いて行かれました…、活躍を楽しみにしてますよ~! ※この日は写真なし


f0367991_10590534.jpgf0367991_10592375.jpg
【12月30日】 チーム・アイアンクローさんの呼びかけで奈良県当麻町にある中将堂本舗の本年度営業最終日に訪店。
総勢18名(男性15名、女性3名)、今回は「ぜんざい」を頂きました~! 会食後は西大和のパン屋さんへ11名と走り足りない7名に分かれて。
私は走り足りない男性6名、女性1名のGrへ。 当麻~吉野~紀ノ川~紀見峠~河内長野と走って120キロ。Wilier2台。
この日は「プロロゴ ディメンション Tx」を再お試し。乗りながら微調整してるんですが、前回より2㎝ほど後ろにセット。
通常の長さ(約280㎜)のサドルだと適正位置のほぼ一番前のセットになるのですが、ディメンション(245㎜)だと4㎝ほど後方へ。※写真は調整前
くせのあるサドルですが位置が決まれば痛みも違和感もなくロングライドでも問題なく走れるようです。もう暫く使ってみます。



f0367991_10595127.jpgf0367991_11350652.jpg
【1月3日】 某ショップ様の初走りを16名で。金山彦神社~峠八幡神社~三郷へ。三郷から4名法隆寺に向かい別のショップ様の初走りに合流。
いつものお店で昼食・集合写真撮影 こちらは20名。現地で皆さんとお別れして単独で2018初の十三峠を上って高安を経由して帰宅で59キロ。Wilier3台。



f0367991_11155512.jpgf0367991_11162964.jpg
【1月4日】奥様から外出許可が出たので急遽ライドの呼びかけ。Cento1に乗っている約30年来の仲間と笠山荒神~長谷寺~大神神社へ。102キロ。
同じような脚力でインターハイも出ている競技経験者。ラクに走れるわけがなく練習負荷…2018初練となりました。


f0367991_11202067.jpgf0367991_11175036.jpg
f0367991_11210461.jpgf0367991_11190174.jpgf0367991_11193194.jpg
【1月7日】以前から気になっていた「紀州東照宮」「紀ノ川サイクリングロード」へ。帰りは粉河から紀州高原スカイラインで葛城山へ。
阪和道・岸和田和泉ICから近いテクノステージから男性4名、女性1名でスタート。和歌山・深日までは信号・車が多く辟易…
予定より遅れましたが紀州東照宮に着きお守りをゲット。
粉河・竜門橋まででしたが紀ノ川サイクリングロードはしまなみ海道のようなブルーラインも引かれ道幅も広く快適な道でした。地元のサイクリストが羨ましいです。
上りはマシだった~、下りが大変でした…
数日前の雪で積雪・凍結が…予定より遅れたこともあり日暮れも迫ってきます。トップチューブに跨ったり、押したりしながら雪のない中腹へ。
ここからは寒さと暗さとの闘いです。薄暗い中を寒さを堪えてカッ飛んで行きました。
なんとかライト不要の時間に解散場所に到着。ここからは車なので一安心。予想外の過酷なライドとなりました。Wilier2台、136キロ。

この歳になっても自転車で遊んでばかりの私ですが、今年も宜しくお願い致します。



















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2018-01-15 00:00 | サイクリング

初走行

明けましておめでとうございます❗
今年は天気が良く雲も少なかったので、初日の出がきれいに見えました。
f0367991_11342928.jpg
このままの勢いで初走行に行ってきました!
今年もヨロシクお願いします!

[PR]
by hattorisports2 | 2018-01-01 11:30 | サイクリング

12月17日 大野山へヒルクライムツーリング

こんにちわ! 服部産業の堺です。
先週、MTBライドでの酷い打ち身のため数日間は自転車通勤も出来ずモヤモヤしてました。
16日にやっとペダルを漕げる状態になったので予定していた大野山へ行ってきました。

f0367991_15075905.jpg
コース途中にある「くろまんぷ」 随分と整備されてキレイになりましたが、お約束でお立ち寄り。
今日は剣客もとい健脚の女性2名を含む6名で。怪我明けの私は女性陣のサポートを受けながら(嬉)


f0367991_15080898.jpg
大野山天文台へ向かう途中にある「猪名川源流」 
何度か上っていたのに、いつも練習モードだったので気付かなかった…
お気づきのかたもいるでしょうが、サドルはプロロゴ・ディメンションを付けています。インプレは後日にでも記事にできれば…


f0367991_15081367.jpg
打ち身の左足が痺れて感覚がない状態でしたが、天文台のある広場に到着~!
風もなく「寒っ!」というほどでもなかったので、ゆっくりと360°の景色を楽しみたかったのですが、そこは標高約750m! 
体が冷え切る前に雪の残る道を下山。下りは急勾配で危ない、案の定体が冷え切りました(泣)
コンビニで暖をとり、あとは皆さんから遅れないよう頑張って走るのみ! 千切れる寸前の状態でひたすら我慢…なんとか帰れました(泣)
辛いそして楽しい1日が終わった~


















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2017-12-25 00:00 | サイクリング

ツール・ド・おきなわ に行ってきた⑥

沖縄グルメ!
沖縄で食べたものを紹介します。

初めに~
今回は毎年「おきなわ」に来ているおぢちゃんに案内してもらいました。
ルート、時間、立ち寄る場所、食べるもの・・・
一人だったらこんなに堪能できなかったでしょう~感謝!
皆さんが参加するサイクリングを企画している方は実はスゴイ人かも?
ちょっと尊敬しつつ、そんな目線でも自転車生活を楽しんでくださいね!?
では行きましょう~




f0367991_08330095.jpg
最初に食べたのは、ブルーシールのアイスクリーム・・・ではなく、コンビニのアイスでした。
11月でもアイス~沖縄に来たなぁ、と実感できました。



f0367991_12350583.jpg
受付会場でいただいたチキンカレー
参加賞の金券で購入できるという親切設定。



f0367991_13345482.jpgf0367991_13345606.jpg
ヘリオス酒造ビールゴーヤードライ
今回はお休みでしたが、工場見学もできます。
試飲もできます
自転車で行ったので、ノンアルコールドリンクを試飲させていただきました。



f0367991_13345737.jpgf0367991_13551373.jpg
オリオンビールです。
工場見学にも行きました。
試飲ができます。
自転車で行くと、「押して帰る」と言ってもアルコールの試飲はできません。
ノンアルコールビールオリオンサイダーで乾杯しました。



f0367991_14545262.jpg
こちらもオリオンビールです。
ゴール後の打ち上げイベントでビールや泡盛、おでんにおそばなどが無料で振舞われます。
その豪快さも沖縄!



もっと沖縄っぽく~



f0367991_14553441.jpgf0367991_14561991.jpg
マンゴーパフェです。
マンゴー専門店でいただきました。
大阪ではなかなか食べれません~
f0367991_14575783.jpg
マンゴーかき氷
こちらもマンゴーたっぷり!
11月でもかき氷が食べれます。



f0367991_14584348.jpgf0367991_14584727.jpg
沖縄そばです。
「みはま食堂」の看板メニュー「みはまそば」です。
プラス200円でトンカツとゴハンが付きます。
これも沖縄流でしょうか?



f0367991_10331290.jpg
ステーキです。
沖縄はステーキ屋さんがすごく多いです。
Tボーン500gをいただきました。



f0367991_14182948.jpg
こちらもステーキです。
ランチで何と1,000円
もちろんライスとスープ、コーヒーまで付きます。



f0367991_15011571.jpg
なかよしパンです。
これは小サイズ。
飛行機の沖縄紹介VTRにも出ていました。



f0367991_15021043.jpg
ジェラートです。
那覇空港近くのウミカジテラスでいただきました。
紅イモやマンゴー、ぬちまーすなど、フレーバーが豊富です。



f0367991_16214021.jpg

ヤギ汁です。
何度か食べるとクセになる!?



自転車もグルメも楽しめて、楽しいツール・ド・おきなわでした!

















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-23 18:00 | サイクリング

ツール・ド・おきなわ に行ってきた⑤

ツール・ド・おきなわチャレンジ50㎞を走りました~来年は市民50㎞に出たい!

今回走ったバイクはもちろんグランツーリズモRチーム(オススメのニューカラーはコレ
f0367991_09515502.jpg

そう夢のある翼を授けていただきました!

ユニパー「レーシングカーボン35」チューブラーホイールです。
f0367991_11424606.jpg

何よりも、見た目がカッコイイ!
それだけでテンションが上がります。

走ってみた感じは~

まず、踏み出しが軽い!ありきたりな表現でスミマセン。

今回出場した「チャレンジ」は、「市民レース」と違って腕試し的なカテゴリーです。
それでも、今まで参加してきたサイクリングイベントヒルクライムレースとは明らかに違いがあり
~集団が形成されたり、ちぎられたりといった「展開」がありました。
そんな中での急加速やアップダウンに反応できます。

さらに、剛性感がある!
不快な硬さではありません。
全体的に芯のある硬さとでも言いましょうか・・・

レース用ホイールってこんな感じなんでしょうね?

沖縄前に通勤で使った印象では、この硬さは後でキツイのかも?と思っていましたが、私にとってはギリギリセーフ
何とか走り切ることができました完走出来て最高ぅ~!!!


軽量カーボンホイールは、もっと不安定な乗り心地かと思っていました。
パリっとしてトゲのある感じ(←抽象的で申し訳ありません)を予想していました。
しかし、良い意味での普通以上~不安なく体を預けられ、妙な挙動もありません。

チューブラーホイールの利点は何と言っても「軽さ」です!

今回は300g近い重さのタイヤを使いましたが、最近流行りのクリンチャーホイールに
超軽量タイヤを取り付けた総重量より軽く仕上がっています。
私の様な体重のあるライダーが一般道路を走るのには、タイヤの安全性を重視したい
ところです~ただヒルクライムレースなら一発勝負で160gくらいの超軽量タイヤ
使ってみたいですね?
今回の仕様とは違った「異次元」の走りを期待できます!
来年の富士山はコレで決まりです。

ホイール作成者に聞いたところ、スポークテンションはまだ「300N」ほど上げられるという事・・・
さらに硬いホイールに仕上げられるらしいです。
でも、そこまで上げると反応は「ウルトラ良く」なるけど、硬すぎてしんどくなるから必要ない~
寿命も短くなるし~でも一度試してみたいです。

(あくまでもポッチャリ系の私が乗ってみた感想です~年間12,000㎞チャレンジ中~)


いろんな方に試していただきたいホイールです。
f0367991_11463551.jpg

f0367991_11462023.jpg



















@服部産業株式会社




[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-22 08:00 | サイクリング

ツール・ド・おきなわ に行ってきた④

沖縄へ~輪行します。
電車で空港へ、それから飛行機で沖縄に移動します。
久しぶりの輪行、グランツーリズモRチームでは初めてなのが大いに不安で、1週間ほど前から練習しました。

問題発見!
エンド金具を取り付けて自転車を立てるときに、シフトケーブルの方が長く、地面と干渉してうまく立ちません。
リアエンド付近からシフトケーブルが出ていることもあってか、シフトアウターをこれ以上短くすることも難しそうで!?
リディレイラーを外して輪行しようか?
悩んだ挙句・・・
f0367991_18213459.jpg

エンド金具を加工しました。
といっても、大げさなことをしたワケではありません。
ホームセンターでゴム足?を買ってきてネジ止めし、1.5㎝ほど底上げしただけです。
これで何とか立てることができました。
まだスッているように見えますが・・・
f0367991_18164592.jpg

フレームとホイールを固定する際、フレームやクランク、ギア板にカーボンホイールが干渉するので、たくさん養生しました。
帰りに再現できるかな?
f0367991_18081058.jpg


















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-21 20:00 | サイクリング

11月5日 蒜山~大山紅葉ツーリング

こんにちは! 服部産業の堺です。
広島・福山在住時に所属していたクラブが「蒜山~大山」に紅葉ツーリングに行くと聞き、
大阪で仲間を募って念願の大山を堪能してきました。総勢12名となり賑やかです。
5:30集合のため4:00起床。早起きが苦手な私ですが頑張って起きましたよ。


f0367991_14064038.jpg
集合場所の「蒜山スポーツ公園」を9:20頃にスタート、車も少なく快適なルートを走り蒜山高原の中心部へ到着。
レンタサイクルやロードマップもありサイクリングの環境が整っているようです。


f0367991_14064462.jpg
大山が望める最初の景勝地「鬼女台」へ到着。すでに観光の車で混み始め、滞在時に車同士の小さな接触事故もありました。
後続を待ち、しばらく景色を楽しんで再スタート。今日の相棒は「Cento1 Air」


f0367991_14064528.jpg
次の景勝地「鍵掛峠」! 大山が近くなってきました。
ここが「大山環状道路」1番のビューポイントなのか車は大渋滞…、駐車場に入ろうとする車が1キロほど並んでいて入口付近は殺気だっていました。
恐ろしいのでトラブルに巻き込まれる前に折り返し地点の「桝水高原」へ向かお~っと。


f0367991_16083334.jpg
桝水高原も観光客で一杯でしたが、なんとか12名入ることができ昼食。
お腹の具合でそれぞれ注文。私は「大山おこわご飯」。800円と少しお高め? ※写真は参加のかたのブログより拝借



f0367991_14064685.jpg
帰りは混雑が予想される環状道路を避けて「ツール・ド・大山」で使用される広域農道で「鏡ヶ成」まで迂回。
こちらは車も少なく路面状況も 大山は少し遠いがキレイに見れますね~


f0367991_14064139.jpg
「鏡ヶ成」への最後の長~い上りの前に水車小屋らしきものが、ご夫婦と思われるかたが写真を撮っていました。ほのぼのとしたいい感じです。
ここからは長い上りを上った後、「鏡ヶ成」からはゴールの「蒜山スポーツ公園」まで快適な下り基調! 

帰り支度をし腹ごしらえに「蒜山やきそば」を求めましたがありつけず…、高速のSAで「津山ホルモンうどん」で代役。
行きは集合場所まで車で3時間弱、帰りの車が渋滞のため約5時間
ライドは9:20発、15:20着で約85キロ、約6時間。早朝からタップリと遊ばせてもらいました。
次は小豆島・寒霞渓へ紅葉ツーリングです。雨でなければですが。

















@服部産業株式会社


[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-19 00:00 | サイクリング

ツール・ド・おきなわ に行ってきた③


f0367991_13575155.jpg ウィリエールの名車!
チェントウノ・スーパーレジェラです!

しかも超レアなランプレチームカラーで
アレサンドロ・ペッタキカラーですね。
ツールドフランスでポイント賞を獲得した時に
乗っていたカラーリングです。

レース直後でも余裕のある顔なのでかなりの
実力者なのでしょうね!?
市民100km(40歳以上)で21位。

来年は市民210kmに参加しましょう!




f0367991_13575847.jpgアルミモデルのモンテグラッパです。

スペックはそのままではなく、ハンドルやサドルが
モディファイされていてエントリーモデルながら
走りはその上を目指しているのが分かります。

ダブルボトルにしているところに「おきなわ」を
感じますね!

ゼッケンプレートの取り付け方のも意気込みが
見られる一台でした。

モンテグラッパって軽量アルミフレームで結構走るンですよね。
コストパフォーマンスに優れたバイクだという事を理解した
オーナーだと思うのですが近くにはいなくてバイクのみの
撮影になりました~あしからず?




f0367991_13580056.jpg
宿泊したホテルで撮影した
チェントウノSRです。

スペシャルカラーのブラック/グリーンですね~
カンパの仕上げられています。

今回のツアーでは一番多く見たのがチェントウノSR!
真実(マジ)のレースではやっぱり高剛性のフレームを
選んでしまうンでしょうか。
ウィリエール史上最高の反応があるフレームなのです!

やわな脚だと一発で力を消耗してしまうくらい走ってしまう
少々やっかいな奴~これを乗りこなしたら本物ですよ。



[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-17 06:00 | サイクリング

ツール・ド・おきなわ に行ってきた②

カテゴリーで見ると軽量バイクに分けられるであろう「ゼロセッテ」を多く見かけました。
ツール・ド・おきなわという大会で乗っていただけるのは、うれしいです。
そう、登りはもちろん、平地やスプリントも余裕でこなせるということです。
ヨーロッパのプロがレースで使う機材~我々から見れば、彼らプロのパワーを推進力に変えるだけの剛性があるのはもちろんで、さらに軽さも備えているバイク!というのが正しい見方かもしれません!?

写真はゴール後で、皆さんの笑顔が印象的でした!
ありがとうございました!
市民100km(39歳以下)ゴールシーンを見ていて、立て続けにウィリエールが走ってきてビックリ!!!!

「11位」、「19位」、「10位」になられた方々の愛車がなんとすべて「ゼロセッテ」だったのです!

f0367991_13574626.jpg慌てて、撮影させて頂いたので
詳しいインタビューができませんでした
すみません~

f0367991_13574885.jpg

f0367991_13574945.jpg丸ハンにライトウエイトのホイールが
本気度をうかがえます!

うしろに見えているのは
優勝経験者のS選手~
今回は勝負所で集団から切れて
しまったと悔しい顔・・・




実は市民レーサーの甲子園、「ツールドおきなわ市民210km上位完走を目指すなら
ゼロセッテ」が適していると考えているのです。

超軽量ながら高いフレーム剛性を兼ね備えていて過酷なおきなわのコースを走り切るのには
十分な性能をもっています。

参加した人なら分かると思いますが、与那からの上りを制するのが大事なのです。
ここで集団から遅れてしまうと結果が出ません!
ゼロセッテ」の登坂力はきっと多くのサイクリストをゴールまで導いてくれるでしょう!

今回撮影させて頂いた方々が「ゼロセッテ」を選択は間違いなかったと思います。

ゼロセッテ」はヨーロッパのプロが使える程の剛性があり、世間的にいう「い」という面
があります~
デメリットではないのですが、力を使い切ってしまい脚が攣ってしまい走れなくなったという
経験があります。

上位を狙うならば良いのですが、完走ギリギリの自分にすれば、もう少し「しなって」くれれば・・・
と、感じる人も多いはずです。
そんな時は「ゼロノヴェ」を選択する事をオススメします~「ゼロセッテ」と同じ60Tカーボン
を使用していますがカーボンの設計を変えて「しなり」を多くしています。
絶対的なパワーより「脚を残す」という点では優れているのです。「ゼロセッテ」程ではありませんが
登坂力に優れ、特に後半での短く連続して坂が続く区間では性能を発揮できるはずです!
最後の最後に「羽地ダム」を越えるかどうかという場面で役立つ一台だといえるでしょう!

「ゼロノヴェ」は日本にしかありません!

おきなわ(市民210km)を完走する為に創ったと言っても「過言」ではないのです!
登坂力に優れ後半まで脚が残るというコンセプトで構成されているフレームなのです。
もちろん日本からのオーダーなのでイタリア本国のカタログには載っていません!

来年は「ゼロノヴェ」で市民210kmの完走を狙います。

完走が出来たら次は「ゼロセッテ」でより上位を狙います!!!

撮影させて頂いた皆さん、来年は「市民210km」で会いましょう!








@服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-16 20:00 | サイクリング

ツール・ド・おきなわ に行ってきた①

会場でお会いしたウィリエールのオーナー様を紹介します。
スタート前や、ゴール後のバタバタした中で、キレイなオネーサンとは真逆の私が、声を掛けさせていただきました。
快く写真を撮らせていただいた皆様、ありがとうございました!


グランツーリズモRのブラック/グリーンです。
ジャージはウィリエール・セッレイタリアで、バイクとのコーディネートもバッチリでした。
f0367991_13573594.jpg



グランツーリズモRのブラック/レッドマット。
ランプレチームのジャージにはウィリエールのロゴ入りでした。
f0367991_13573283.jpg



カワイイお子さんをお連れのお父さんは、シャイな方だったので自転車だけです。
無理を聞いていただいて、ありがとぅございました。
f0367991_13573627.jpg


















@服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports2 | 2017-11-16 18:00 | サイクリング