カテゴリ:サイクリング( 10 )

3月4日 琵琶湖畔ポタリング

こんばんは、服部産業の堺です。

先日、滋賀県多賀町の親戚宅へ所用で行くことになり、ついでに通勤バイクでポタリングしてきました。
以前から訪れたかった「海洋堂フィギュアミユージアム黒壁 龍遊館」が目的地。
片道約25キロ、許された時間は3時間弱! あまり時間がありません(泣)
ルートはR306で彦根城を横目に県25・さざなみ街道をひたすら長浜へ向かいます。


f0367991_20284549.jpg
f0367991_20284764.jpg
正面には雪を被った「伊吹山」が見えます。4月9日にはヒルクライムレースがありますが、今年は雪が多く頂上まで行けるか心配です。
琵琶湖側にも雪を被った山々が。方向的には北になるのでマキノ高原でしょうか? それとも余呉湖? 


f0367991_20281692.jpg
長浜駅前で少し迷いましたが、やっと着きました! 


f0367991_20283893.jpg
入り口右では「大魔神」様が出迎えてくれます。左には「北斗の拳」のケンシロウがいましたが、私は年代的に大魔神!(笑)
お土産売り場を抜け、入場料800円を払って奥の「ミュージアム」へ。ガチャガチャ1回分のコイン付なので実質500円ほどですね。

ゆっくり拝観したいが許された時間は…
「海洋堂フィギュアミユージアム黒壁 龍遊館」はガラスの街「黒壁スクエア」の1部としてあるので次訪れるときはこちらも含めてゆっくりと
観光したいと思いながら、滞在時間30分ほどで帰路につきました(泣)


















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2017-03-21 20:00 | サイクリング

矢田丘陵とMTB共生の会

こんばんは、服部産業の堺です。
今回はロードのオフシーズンに月1で楽しんでいるMTBのお話です。
ここ4年ほどは行ってなかったのですが今冬から再び矢田丘陵で遊ばせてもらっています。
通い始めて15年以上になりますが、地元の方々やハイカーさん達とも上手く共存できており
そこそこの脚力、技術があれば乗車率95%以上の楽しい遊び場です。

f0367991_20144930.jpg
それもこれもこの方達の活動が大きいのでしょうね。「矢田丘陵MTB共生の会」です。
現地で出会うことがないので直接は存じ上げないのですが、感謝感謝です。
私たちは矢田丘陵の利用者方々に好感を持ってもらえる行動をすることで気持ちを示したいところです。

f0367991_20150950.jpg
f0367991_20153453.jpg
f0367991_20152385.jpg
f0367991_20155784.jpg
以前はなかったのですが、4年ぶりに行くと子供交流館の外にMTBの洗い場ができ、簡易スタンドやブラシも設置されていました。
交流館の中にはテーブルやベンチ、さらにはトイレ、自販機もありライド前、ライド後に利用させてもらっています。

f0367991_20162057.jpg
f0367991_20163446.jpg
f0367991_20175405.jpg
コースですが、まずは山頂を目指して、こんな感じのダブルトラックをひたすら上ります。
写真にはありませんがシングルトラックもふんだんにあるので期待に応えられることでしょう。

f0367991_20165774.jpg
f0367991_20164798.jpg
「小笹の辻休憩所」を経て、最初の目的地、「頂上展望台」に着きました。横には「矢田山」のプレートが遠慮気味にありました。
ここまでは上りが多いため脚力差が出ます。展望台の階段や周りで遊べるので遊びながら待ちましょう。展望台に上がるのもですね。

f0367991_20171204.jpg
展望台からは人がほとんど通らないシングルトラックを走ります。あまり知られていない道なのか、他のMTBライダーと出合のも稀。途中のちょっとした広場で小休止。
一旦舗装路に出る白石畑から折り返しの法隆寺までは適度にスリルのある長~い下り、ここもほとんど人と出会わないので最高! でも、注意は怠らずに!

f0367991_20172471.jpg
法隆寺でお昼ご飯。 いつもお世話になる「美濃里」さんです。
お薦めは「出し巻定食」「かき揚げ丼」etc…、この日は、かやくご飯に天ぷら饂飩、小鉢の「みのり定食」を頂きました。

f0367991_20183518.jpg
食後は厄除けで有名な「松尾寺」までヒルクライム。トレランやハイカーのかたもいるのでマナーを守りながら十丁の標から数を減らしながら上っていきます。
少し脚力があれば乗ったまま上れますが、5mほどですが1か所だけクリアしていない場所があり、この日も×でした…
写真は頂上手前、前のほうに松尾寺の山門が見えます。

f0367991_20181166.jpg
f0367991_20182499.jpg
法隆寺方面の山門です。門の左右には「竜神・雷神」の彫り物が迎えてくれます。

f0367991_20185848.jpg
f0367991_20190962.jpg
f0367991_20184766.jpg
2月ということは厄除け! 少しですが屋台も出てました。 「花かんざし」って厄除けに関係あるの?
この日一緒に遊んだ「小山純一」さん。サイスポの投稿常連のかたで、山門の「竜神・雷神」を教えてくれました。

f0367991_20192176.jpg
f0367991_20193482.jpg
復路の中間くらいにある「国見台」 天気に恵まれ見晴らしも良かった~! ここでお弁当を広げているハイカーの方達が多いようです。
少し走って「頂上展望台」で小休止のあと、「まほろば展望休憩所」の脇を抜け「小笹の辻休憩所」から「むろの木峠」まで下り基調のシングルトラックを満喫。
もう少し走りたかったので「むろの木峠」から「小笹の辻休憩所」まで折り返し、分岐点で小山さんは「子供の森」へ、私は矢田丘陵内から平群へとお別れ。

f0367991_21402982.jpg
自宅から「子供の森」まで自走25キロ。10:05スタート、13:50解散。自宅まで自走で15:30帰宅。今日も良い1日でした。


















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2017-02-13 20:00 | サイクリング

フラットバーロード「アゾロ」での遊び方〈近距離編①〉

さぁ、ツーリング(近距離)編です。

このツーリングのルールのとしてナビゲーションは使用しません(緊急時以外)。全ては地図のみで進行していきます。
もちろん、道に迷うことも多々あるでしょう。だからこそ、新たな発見・出会いが生まれるのです。
迷走するのはツーリングの醍醐味の一つです!!
使用する地図はバイカーのバイブル「ツーリングマップル」。
道路状況だけでなくその土地の名物や景色のいいスポットなどの情報も掲載されており、見てるだけでワクワクしてくる本です。
f0367991_19022860.jpg

 























では、いよいよ本題に入っていきましょう!!

今回のスタート地点は柏原市の「リビエルホール」です。
ここは石川サイクリングロードの起点だったりぶどう坂に向かったりなど、サイクリスト御用達の施設なのです。
(きちんとバイクスタンドも設置されていました。)
f0367991_01432573.jpg






















ここから目的地までは石川サイクリングロードを走るだけの非常に単純なルートです。
距離は約15kmです。
事前情報では、このサイクリングロードは通行者が多く道も細いため注意が必要とのことでした。
実際はそんな気になるほど人は多くなく、むしろ非常に静かな環境かつ、桜並木(春には大賑わいになるであろう)や
見た目はきれいな水が流れる石川といった自然を楽しみながら走ることができ非常に気持ちのいい道でした。
 これは「アゾロ」で走ったからこそ楽しめたのでしょう。
馬鹿な私はロードバイクで行ったとすれば絶対にヒィヒィ言いながら走って景色どころではなかったはずです(笑)
f0367991_01553527.jpg






















f0367991_01561060.jpg







































 写真を撮りながらのんびりと走って約1時間30分ほどで目的地の寺内町に到着しました。

f0367991_01575404.jpg


























f0367991_01581517.jpg

























f0367991_01585090.jpg







































江戸時代の街並みが残っている富田林の寺内町。
予想通り、雰囲気は最高ですね。
観光客も少なく非常に物静か(人の気配が全然感じません)なので、心が落ち着きます。
小さな地区なのでとりあえずしらみつぶしに走っていると・・・

f0367991_02064665.jpg

























f0367991_02075595.jpg


























なんと自動車教習所のミニチュアみたいな公園があるではあーりませんか!!
しかもちゃんと信号機も動作しています(大阪らしく多少せっかちな信号機でしたが・・・。)
これには驚きで理由もなく大興奮してしまいました。
こういった発見が楽しいんですね、ツーリングは。
地区内には雑貨屋や喫茶店など足を休めれる店もいくつかありました。
そのうちの一軒で昼食を。
f0367991_02242928.jpg

























f0367991_02250868.jpg






































f0367991_02283772.jpg


























ここのお店も非常に心が安らぐ空間でGOODでした。
このゆっくりとした時間の流れは観光客の多い京都ではなかなか味わえないでしょう。

この後は散策している際に気なったパン屋と喫茶店へGO。
(自転車を中心として手前側がパン屋、奥側が喫茶店でした。)
f0367991_02320147.jpg





























f0367991_02335009.jpg







































パン屋の人気商品であるクリームパンは完売みたいだったので晩食用のパンをいくつか調達して、
身体が冷えてきていたので喫茶店にて甘酒を飲み体温回復を(ちゃんとアルコール0%は確認して注文しました)。
この時期のライド後の甘酒は最高ですね。夏はガリガリ様、冬は甘酒!!
最後に街並みとアゾロのツーショット写真をいくつか撮って帰路へ。
f0367991_02434715.jpg

























f0367991_02450260.jpg

























f0367991_02453478.jpg



































次回は何処へ行きましょうか?
何とか本年中にもう一か所行こうと計画中です。


番外編


帰りのルートはその場でのインスピレーションを頼りに走ってみました。
(時々出てくる青看板は大阪の土地勘が一切ない私には解読不能でした。)

今回の迷走では面白い展開はありませんでしたが、GPSでログだけは記録していたのでご興味のある方は
ご覧ください。






[PR]
by hattorisports2 | 2017-02-07 19:06 | サイクリング

新春サイクリング

1月4日に新春サイクリングへ行ってきました。
毎年奈良方面を走ります~
昼前に三郷駅前で集合して、まず食事処を目指します!
今年は飛鳥へ~
飛鳥と高取の境目(まだ飛鳥)にある台湾料理のお店がゴールです。
お得なランチを頂くのが目的なのです。
なんと680円ランチ!お好きな麺類とどんぶりを選ぶ事ができます~
今回は塩ラーメンと回鍋肉丼にしました。
通常だとどちらも単品で注文すると680円、つまり2皿だと1360円、それが実質50%オフ。
f0367991_07553546.jpg

隣のイバヤンは台湾ラーメンと麻婆丼です!同じく通常だとセットで1360円が680円!
腹一杯になって食後もなかなか動き出す事ができません?
ここにワンドリンクが無料!!!!なんて素敵なお店なんでしょう。
「福源」さんバンザ~イ!!
f0367991_07552763.jpg

食後は当麻寺駅前まで戻り中将堂さんへ、普通なら「中将餅」を頂くところですが
「ぜんざい」を食することに!
f0367991_07573862.jpg

同僚のセノーが厄年という事で、「厄払い」の意味もあって「ぜんざい」へ~
まぁ、この季節はいつもなんですけどね!?
赤福に行っても「ぜんざい」です。
f0367991_07574634.jpg

食後Ⅱ、隣の「どっこいまんじゅう」さんへ
スゥートポテト生地の太鼓饅頭です。
中身はイロイロと選べるみたいですね!最近はラーメンもやっています。
f0367991_07572601.jpg

コーヒーとセットにするとお安くなります。「渋皮くり」入りを頂きました。
f0367991_07554977.jpg

食後Ⅲ、大和八木駅前に行きヤマトーさんの北側にある「美松」さんへ
和菓子の美味しいお店です。
特にオススメが「みたらし団子」、地方発送不可(当たり前か)の一品!
食すると、とろけるように柔らかい~出来立てじゃないと無理か!
大阪では「こってり甘いみたらし団子」が普通なんですけど、やっぱり奈良までくると
しょっぱい(醤油味)になるんですよね?
ほのかに甘い程度、大阪人が初めて食べると驚く味なのです~でも今まで
食べた中で一番と言ってイイ程、美味しゅう御座いました。
f0367991_07552095.jpg

お店の中に小さなベンチがあったのでお行儀良く座って頂きました~
外は寒いので・・・。
見ているだけで美味しそうでしょ!
来年は何処へ行こうかな?
f0367991_07551579.jpg



@服部産業株式会社





[PR]
by hattorisports2 | 2017-01-14 00:00 | サイクリング

12月25日 年越し蕎麦ツーリング

こんばんは、服部産業の堺です。

今年も毎年恒例になりつつある少し早めの「年越し蕎麦ツーリング」を企画し行ってきました。
行き先は三田市にある「山獲」さん。こちらの店主様が自転車とバイクの愛好家ということで自転車、バイクで行くと猪肉のサービスがあります。
2月にはホリエモン氏の来店、取材もあったという人気店です。お昼を過ぎると混むので開店前には着きたいところ。
集合場所の池田市新町には男性7名、女性3名の計10名が集い9:30に出発。
直行すると早く着きすぎるのと少しお腹を減らすために、ちょっとした名所「くろまんぷ」経由で上りも入れました。

f0367991_17570682.jpg
こちらが「くろまんぷ」。詳しくは知りませんが古い(今は綺麗に整備済)隧道で閉所恐怖症の方は怖いそうです。


f0367991_17573018.jpg
ほぼ予定通り開店前の11:15に到着。先に人数だけ伝え店の前で飼われているタヌキなどを観察しながら開店を待ちます。


f0367991_17574112.jpg
f0367991_17575442.jpg
上の写真はメンバーが注文した「そばがきセット」のそばがき。そのままだと蕎麦の香りはするが無味に近く付いてくるダシをかけて食べるそうだ。
下の写真は私の注文した「麦とろセット」手前がサービスの猪肉。他は「猪そば」の注文が多数。
ここの蕎麦は「十割そば」で味噌仕立ての「猪そば」が名物。好き嫌いの別れる味だが、蕎麦好きの友人は好みとのこと。

皆さん揃ったところで各自記念撮影。少し遠回りし北摂の里山風景を楽しみながら帰路へ。
14:00には解散場所へ到着。事故・トラブルもなく参加の皆さんも満足されたようで一安心。
来年以降も「年越し蕎麦ツーリング」は続けるので、よろしくお願いします。


















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2017-01-09 00:00 | サイクリング

12月29日 2016年走り収め

こんばんは、服部産業の堺です。

仕事納めも終わった翌日、友人の呼びかけで2016年の走り収めに行ってきました。
行き先は葛城山麓近辺、目的は甘いものを。
具体的には「当麻寺」で「中将餅」と「どっこい饅頭」、少し移動し葛城山麓公園を経てジェラートの「ラッテ高松」へ


f0367991_16431108.jpg
集合場所の高野大橋で。今年最後のお供は「Cento1 SL」シマニョーロ仕様。ホイールは初期のフルクラムゼロ。

定刻9:30に集まったのは男性13名、女性3名の計16名。当麻寺まで穴虫峠を経て約20キロ。
途中トイレを兼ねてコンビニ休憩。当麻寺までは最後尾で遅れるメンバーをサポートしつつ。
人数が多いので「中将餅本舗」にはお客さんの少ない時間帯を狙い11:00前に到着。
当麻寺駅手前で会社同僚のH氏とS氏に遭遇。目的は同じか?


f0367991_16445736.jpg
私が頂いた「中将餅と煎茶のセット」(¥300也)。よもぎの味が濃く美味しゅうございました。
完食後、お先に駅舎横で「どっこい饅頭」のプレーンを2つ、あずきを1つ購入。プレーン1つはその場で、あとは奥さんへのお土産です。

皆さんが食べ終えたところで次のへ。少し食べ過ぎたのかお腹が張って「ラッテ高松」への上りが辛い…
と、先行していたメンバーが戻ってくる? なんとお休みらしい(泣)


f0367991_16454137.jpg


ラッテ高松手前から御所方面を。
しかたなくジェラートを諦めて帰路の旧竹ノ内峠を目指します。
峠入り口に今までなかった建物が…、道の駅が出来てました!


f0367991_16451421.jpg
f0367991_16452990.jpg
中にはジェラートなどが食べれるフードコート、奥の方にはスーパー風に産地販売のお店がありました。
一番気になったのは1月4日に行われる各地のお雑煮が食べれるイベント! 食べに来たいが混んでるだろうな…

休憩後、旧竹ノ内峠を越え大阪・富田林市へ。市街地へ入ってからはこの企画者で路地・抜け道に詳しいアイアンクローのM氏に着いていくのみ。離れたら逸れてしまいます。
14:35頃に解散場所の高野大橋着。見たかった映画「名もなき恋の唄」の放映時間に間に合った!

この日で12月の走行距離が「1027キロ」。2016年の総走行距離「12271キロ」で月1000キロ、年12000キロの目標をクリア~
2016年は参加イベントも少なく、入賞もありませんでしたが楽しく走れました。
これからも自転車ライフを楽しみたいと思いますので、見かけたとき声掛けして貰えると嬉しいです。


















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2017-01-06 20:00 | サイクリング

お正月サイクリング

来年のお正月サイクリングは「甘い物」がキーワードです。
毎年奈良方面へ行くので、予定を立てました!

中将餅~草餅にこしあんをのせた和菓子の王道、でもこの時期(冬)は温かいぜんざいを頂きます。 ←12月29日のぜんざいを頂いてきました~美味!

どっこいまんじゅう~スイートポテトの回転焼きです、一度だけ食した事があるのですがヤミツキになる味です~美味! ←ついでに渋皮くりを食する、更に美味!

みたらし団子~以前から行きたいと思っているのですが・・・店の前を通るのはいつも開店前の時間、今回は合わして行く予定。

残念ながら①と②はサイクリング当日はお休みみたいです。
③については当日にギャンブルするか、前もって連絡するか?考えるところです。

昼飯は飛鳥で「福源」という台湾料理のお店へ行く予定~毎年大台ケ原ヒルクライムへ行く途中に寄る大盛りの食堂です。
年中無休になっていますが、お正月はどうなんでしょう?
働いているのが現地人(台湾)っぽいので、旧正月を祝う習慣なら、日本のお正月は営業している可能性が大ですね?


@服部産業株式会社


来年、楽しいサイクリングの結果を報告致します。





[PR]
by hattorisports2 | 2016-12-24 21:57 | サイクリング

9月25日 あわいち

こんばんは、服部産業の堺です。

先日(9月25日)、お仲間の呼びかけに乗って、久しぶりに「あわいち=淡路島1周」に行ってきました。
前週は「淡路島ロングライド150」のイベントで余韻を楽しみながら現地調査!


f0367991_20400443.jpg
























集合場所の岩屋にあるコンビニから見た本州。
今日は大阪や兵庫・伊丹近辺からのフル自走が5名。現地集合が私を含め3名。
他にもショートコースの方が4名で総勢12名でスタートです。



f0367991_20410016.jpg
























車(写真中央のキャリア付)はいつも利用させて頂いている岩屋警察署前へ。


f0367991_21593973.jpg
























洲本温泉を過ぎたコンビニで最初の休憩。
道中は以前と変わったところはありませんでしたが、コンビニのバイクラックが半端ない。
すでに先客のサイクリストが10名ほどいましたが、50台ほど置けそうなラックとオープンテラス風の
休憩場所のお蔭でゆっくりと後続を待てました。デメリットは居心地が良いので長居してしまいそうなこと。
自走組の船の時間、日没を考えないといけないので、休憩もそこそこにリスタート。


f0367991_22010411.jpg
























水仙郷のある東海岸から望む紀伊水道はいつも波が荒いですが、あわいちの醍醐味の1つですね。



f0367991_22022325.jpg
























土生、阿万の坂を越え福良に到着。
こちらのカフェは以前は気付かなかった??? サイクリストを応援してくれてます。
福良にはいくつかグルメスポットもあるのですが、この日は走りがメイン! なので、昼食もコンビニ。


f0367991_22032154.jpg
























うずしおラインを経て都志のコンビニで最後の休憩。
ガリガリ君リッチミルクを発見! 暑い日だったので迷わず購入~うまい!

この後は脚の痙攣との闘いでした…(泣)
14:30頃に岩屋港着。8:12発だったので、約150kを6時間18分、アベは30.8kでした。

近年、関西地方でも琵琶湖などが自転車に乗る環境改善に努めてくれていますが
淡路島は車のマナー、コンビニを含めた休憩所、サイクリストの数など1歩先を
行ってるように感じますね。
ただ、最近は地元の方から自転車のマナーについて苦情が聞こえてるそうです。
楽しく淡路島を走れるよう交通ルールやマナーを守るという当たり前のことを
再確認した1日でした。



[PR]
by hattorisports2 | 2016-10-03 20:00 | サイクリング

8月21日 川遊び 3回目

こんばんは、服部産業の堺です。
暑い、暑すぎてトレーニングライドなどやってられない…
ということで今夏3回目の川遊びへ行ってきました。
当日はシマノ鈴鹿ロード、出展中の同僚達には申し訳ない?と思いながら酷暑を楽しんできました。

今回の同志は私を含めて4名。
走れるメンバーだったので前回のゆる~いコースを辞め、ある方から教えていただいた岩湧山の
湧き水「長寿水」を求めて岩湧野外活動広場を経由して川遊びスポットへ。


f0367991_2112776.jpg
今日の愛車は「ゼロ9」。相性を見るために「ロルフ ヴィガーα」を装着。
キビシイ上りでしたが、ホイールの不利は感じませんでした。下り、平地は爽快です!


f0367991_212299.jpg
ピークまで3分の2あたりで左折の案内があり、石畳のハイキング道を100mほど進むとありました「長寿水」


f0367991_213812.jpg
お約束ですね。「長寿水」を頂いた後は、頭から…。暑さも和らぎます。
でも、ここから「岩湧野外活動広場」を経てのピークまでが劇坂! 12%越えの上りが続きます。


f0367991_2134079.jpg
苔の蒸した道を慎重に下り、やっと安心して走れる場所に出ました。走ってたのは、林道・滝畑横谷線ですね。


f0367991_2141382.jpg
下り途中の分岐点。左へ上ると滝畑ダム。川遊びへは右へ下って行きます。


f0367991_2143826.jpg
数キロ下って目的地に到着。前回は子供達が泳いでいてバタフライを披露してくれましたが、今回は先客なし。
到着時には少し曇ってきたためか水が冷たい! 1人は首まで浸かってましたが、私は…脚だけ

この日のコースはこちら で。
集合~解散まで約75キロ。程よいライドで酷暑を楽しみました。

これからの予定は、8月27日 しっかりとトレーニングライド。
9月3日 サイクルエンデューロin播磨中央公園フルコース[2時間エンデューロソロ] ( マスター(40歳以上) ) に参加。
9月18日 日本海往復 230キロロングライド。 
9月25日 ダルガ峰ヒルクライム参加予定。

走って(遊んで)ばかりですが、仕事も頑張ってますのでお許しを。 















@服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports2 | 2016-08-26 20:00 | サイクリング

六甲を走る

こんにちは!久しぶりのサイクリング記事です・・・が走るのをサボっていたわけではありませんョ
今回は初めて真夏の暑い中、兵庫県の六甲方面を走ってきました
大阪南部や奈良に住むと中々、北方面(大阪市をまたいで北部)に行く機会がなかったのですが、
以前から元同僚のJさんに誘われいたので(神戸に在住で六甲のエキスパート)新人N-さんとベテランSさんを誘い六甲へレッツゴーとなりました
本日のコースは六甲を大きく周回しながら走るアップダウン連続設定です
まずはJさん宅を出発し六甲の西側、県道16号線(西六甲ドライブウェイ)で表六甲ドライブウェイの合流地点(丁字ヶ辻)まで走ります
もちろん阪神タイガースの歌にもあるように六甲は山で山脈になっているので平坦道路は無
県道16号線は六甲山脈を尾根伝い走る道路です!!
f0367991_15422738.jpg

閑静な住宅街を走り六甲を目指します
f0367991_1543465.jpg

西六甲ドライブウェイは緩斜面が多くのんびりとマイペースで走るなら最高の登りですね
f0367991_1555297.jpg

丁字ヶ辻で小休憩  電柱を抱いているのが新人N-さん
f0367991_16575970.jpg

JさんとSさんはチェントウノAir私はゼロ7です
N-さんはウィリエール(GTR-SL)を持っているのですが、この日は機材トラブルでセカンドバイクに乗っています

f0367991_1605099.jpg

少し走り、裏六甲ドライブウェイを下り温泉で有名な有馬へ抜けます!この下りは昨年Jさんが11カ所骨折した魔のカーブがあるので要注意!!
f0367991_1613303.jpg

早すぎて後ろからしか写真の撮れないSさん
f0367991_1624963.jpg

県道51号線(有馬海道)で有馬の街を抜け、この後船坂小学校前から県道82号線に入り、再び県道16号線を目指します
f0367991_16113686.jpg

まだまだ余裕のJさん この先には18%の登りが待っています

この後県道16号線に入り六甲山の山頂近くの一軒茶屋(休憩所)を目指し10%越えの道ををひたすら登ります
暑さと斜度で心が何度も折れそうになりますが、一軒茶屋が見えた時の安堵感は格別
f0367991_1625925.jpg

ここでベテランSさんは自走で家まで帰るのでお別れ!!なんとタフな…
f0367991_16291239.jpg

神戸の街と海が一望できます
f0367991_16303819.jpg

Jさんも無事到着
f0367991_16311237.jpg

N-さんは足がつり休憩しながらも到着!ウィリエールではないからですね(笑)
この後はアップダウンの道をJさん宅まで
走行距離は80km弱と短いながら平坦がなく、最後の山頂までの道はかなりハードできついコースです

なぜこんなことをしているか?
それは今年の乗鞍マウンテンサイクリング(乗鞍ヒルクライム)でJさんとの勝負があるからです!

ヒルクライムレースは近年人気も高く、数多く開催されていますが、ヒルクライムの草分け的大会が乗鞍です。
ヒルクライムレースの楽しさはもちろん上位を目指すことも1つですが、みんなが1位を取れるわけではありません。
遅いと出てはいけないのか?そーいったこともありません。

私は毎年同じ大会に出場します。
そして、過去の自分(の記録)と勝負するのです。

そのような方法も、ヒルクライムを楽しむコツの1つだとおもいますョ!















@服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports2 | 2016-08-19 20:00 | サイクリング