Ritchey 2018 NEO CLASSIC(ネオクラシック)ハンドル

Ritchey(リッチー)は、マウンテンバイク創始者の一人であり、元ロードレーサーでもあるトム・リッチーが興したブランドです。
自らのアイデアで開発・テストして生産される製品は、フレームからコンポーネントまで、多くのチームに供給され、多くの国々で愛用されています。
その品質の高さから、弊社ではウィリエールの完成車にも採用しています。

グレード紹介
スーパーロジック:最先端のカーボン技術を使い、強さ、軽さを備えたリッチーの誇る最高グレード。
WCS(カーボン、アルミ):WCS=ワールドチャンピオンシリーズというネーミング通り、レースを戦う人たちのためのグレード。
コンプ:より多くの人たちにリッチーの性能を体感していただきたいという思いから設けられたグレード。

(本国サイトhttps://ritcheylogic.com/
(ラインナップはコチラ



NEO CLASSIC
(ネオクラシック)
トラディショナルな形状、いわゆる丸ハン。
CURVE(カーブ)の寸法を基本に設計したショートリーチ、ショートドロップ。



WCS ALUMI NEO CLASSIC
(ダブルシーエス アルミ ネオクラシック)

アルミ
サイズ:400-420
重量:260g(420)
リーチ:73mm
ドロップ:128mm
価格:14,000円(税別)
f0367991_22121710.jpg




CLASSIC NEO CLASSIC
(クラシック ネオクラシック)

アルミ
サイズ:400-420
重量:301g(420)
リーチ:73mm
ドロップ:128mm
価格:6,400円(税別)
f0367991_22122139.jpg


















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2018-01-04 00:00 | リッチー
<< ゼロセッテ② Ritchey 2018 CU... >>