気になる新しいサドル

プロロゴの新製品「ディメンション」です。

プロロゴ本社からのインフォメーションの段階で気になっていて
「コレって、いいなぁ~!」
だったんですが、実物を見ると
「使いたい!」
になったのです。

という事で取り付けです。
毎回、新しいサドルは「BIKE SIZE」で合わせながら作業します。
f0367991_11431231.jpg

サドル高さはサドルの先端から「140mm」の場所で決めるのですが
ショートノーズの「ディメンション」は通常のタイプに比べて
先端部が40mmほど短くなっているから、先端部から「100mm」の
場所に合わせようかと・・・・
f0367991_11432049.jpg


しかしながらサドルの特徴からいうと前乗り設計だと思われるので
あえて「140mm」にしました。
前乗りでも先端の細い場所に乗るのではなく、お尻の収りの良い広さ
が使えるのが良い!のです。
f0367991_11432709.jpg


それだったら通常のサドルを前付けしたら?と思われるかもしれませんが
「UCI」の規則で出来ない(レースに出なきゃ関係ない話ですが)のです。

そんなことより見た目が「カッコイイ」~それだけが決め手なのです。

今回取り付けたのは「NACK」レールです。カーボン製のレールなのでとても軽く
実測で「158g」ほどでした~(タイロックスレールもあります。)
見た目なんですけど、ベースはカーボンで強化されたナイロン製で強度が
あるうえ、ペダリングにあわせて適度に「しなる」のでパッドがすくなくても
快適に走行できると予想します。

詳しい使い心地は、後日報告いたします。


@服部産業株式会社








最近、この手のショートノーズ、ワイドタイプのサドルが各メーカーから
リリースされていて、どちらかというとプロロゴは後発品だと思います。
しかしながら、後から出した分よく考えられているというか格好良さ
抜群だと!(手前味噌ですが・・・)

久しぶりに「使いたい」と思うサドルの出現で、期待外れにならない事を
願っております。






[PR]
by hattorisports2 | 2017-12-09 00:00 | prologo(プロロゴ)
<< チェントディエチ・エアーに乗る!① Motegrappa Disc... >>