アドベンチャーなバイク「ジャルーン」でぶらりサイクリング②

さぁ、エネルギー補給も済んだので出発です。
いい加減、下りが欲しい・・・。
序盤は比較的路面も平らで傾斜も厳しくないので快適に走っていきます。
舗装路に出てしばらくすると、なんとも趣のある建物が。



f0367991_17255362.jpg






























現代のこんな山奥で古い茶屋が現存していることに驚きです。
さすがは十兵衛街道!!!
(正式名称は柳生街道です。すでに疲労困憊だったので柳生と十兵衛が脳内で入れ替わって十兵衛十兵衛と連呼していました。)
店は営業しているのかしていないのか判別できませんでした。
中は薄暗いのですが窓は開いていました。人の気配もしたような・・・。

そこから微小のアクシデントに見舞われながらも分岐点へ到着しました。
このまま舗装路を行くルート、地獄谷へ降りていくオフロード。
オフロードの方は依然S先輩がMTBで走った経験があったらしいのですが、かなり険しかった記憶があるとのこと。
しかーーし、ここで舗装路を選択したら何のためのジャルーンなのかわかりません!!
ということでオフロードを選択。
早々に稜線上にでて景色は絶景。



f0367991_17551184.jpg
f0367991_17551184.jpg

































f0367991_17573784.jpg































この幸せな時間はほんのひと時で直ぐに下り階段と徒歩でないと進めない傾斜の道の連続。
そして、極端に道幅が狭く、ぬかるんでいて壁に鎖があるセクション登場。
ただ、最近岩稜歩きにはまりつつある私は「もうちょっとスリルが欲しいなー。」とアホなことを思ってしまいました。

f0367991_18055331.jpg







































ここからは登り登り登り登り・・・。
しかもバイクを押さなければならないほどの。
しかし、この時点で変なスイッチが入ったのか、はたまた登山要素が強くなったからなのか急に元気になってグイグイ登っていく私。
それを見たS先輩の目は「この馬鹿はなんでいつも登り(自転車を押して上がる状況限定)になると元気なんだ?」と語っていました。
結構な距離を押し進んで何とか地獄谷に到着ーーー。
f0367991_17290342.jpg
f0367991_17291896.jpg







































ここから先は予定していたルートが先日の台風の影響で通行止めだったので春日大社裏に出る林道を疾走。
ここは紅葉のピークで路面も整備されたオフロードだったので2人ともこの日一番楽しめたポイントでした。
でも、写真がブレブレのばかりで掲載できるものがありませんでした。

帰り道、ハンガーノックでS先輩お勧めのデカ盛り系定食屋へ行ってきました。
f0367991_17362632.jpg
f0367991_17361750.jpg

























唐揚げ10個も食べれるのか不安でしたが、ぺろりと平らげ更にカレーライス2杯・S先輩の唐揚げを強奪したのでした。
これは痩せんわーー。
がっつりとエネルギー補給の後、恐怖の阪奈道路⇒ゴール直前の激坂に完全に足が攣ってしまい泣きながらも無事「柳生サイクリング(?)」は終了したのでした。
f0367991_17435444.jpg
f0367991_17440696.jpg





















@服部産業株式会社

[PR]
by hattorisports2 | 2017-12-01 12:00 | 平ぱ~兄さん日記
<< 使ってみたいモノ③ KMC「X... Motegrappa Disc... >>