改造日記⑲

改造日記⑯の続きです。

ブレーキ本体のレバーと油圧ピストン部の隙間を3~4mmに設定するのが
なかなか難しいみたいでメーカーの説明書とは違う方法でやってみましょう!
(個人のやり方なので役に立つかどうか?です。)
f0367991_15035377.jpg


まず、ブレーキワイヤーを締め付けボルトで固定する前にブレーキ本体の
レバーを絞り込んで、ブレーキパッドをローターへ圧着させます。
この状態で油圧ピストン部との隙間が3~4mmになる様に、ダイヤル
回して調整します。
狭ければ時計回りに、広ければ反時計回りにして下さい。


測定器具が無い場合に隙間を3mmにするコツは、アーレンキーを使います。
絞り込んだ時に隙間へ3mmアーレンキーを差し込みます~ピッタリにせずスカスカに
嵌まる状態だと3mm以上で、4mmアーレンキーが差し込めなければOKです。


後はブレーキレバーのストロークが適切な状態になる様、ブレーキワイヤーを固定して
下さい。(私はこの方法で取り付け調整しています)


@服部産業株式会社






[PR]
by hattorisports2 | 2017-10-21 07:00 | 取り付けの極意
<< 改造日記・番外編① 改造日記⑱ >>