改造日記⑰

午前中は「HTR」のハイブリッドハイドロリックディスクブレーキの実走試験でした。
気温12度~豪雨の中十三峠を走ってきました。
天気予報では「曇り」だったのですが・・・
f0367991_14160510.jpg

通行止めスレスレでしたね~
最悪コンディションの下で行う試験は説得力が生まれます。
f0367991_14161243.jpg

5回下ります。
4km×5回=20kmのブレーキングでブレーキパッドの摩耗量を測定します。
これはブレーキ本体に設けられている「アジャスター量」がどのくらいか調べるためです。
下ってばかりでは寒くてたまらないのでコースの 1/4 は自力で上って体を温めてもらうので
思っているよりは過酷なテストです。
f0367991_14162605.jpg

雨対策完全防備でテストに挑みます。
f0367991_14163377.jpg

元ブレーキメーカーの人に聞きましたが、雨中において峠の下りでテストした事は
ありません~らしいです。
f0367991_14164020.jpg

今回、走ってもらいましたが~次回は「絶対にやらない!」という言葉を頂きました。
見ていても「やりたくない」です。
やるならオール自走でいいから、晴天時にしたいと思っております。
f0367991_14164746.jpg


@服部産業株式会社


ちなみに雨中、2人のサイクリストが上ってきました。







テスト前の状態
走行中のブレーキングによってブレーキパッドが摩耗した分、アジャトして
ブレーキパッドとローターのクリアランスを調整します。
f0367991_14154284.jpg



テスト後の状態
今回のブレーキパッドの摩耗によるアジャスト量は0.35mmでした。
机上計算では4000~5000kmの平地走行で、ブレーキパッドの交換をオススメします。
ライダーの体重やブレーキングの頻度で数値は変化しますので、定期的な点検をプロショップ
で行ってもらうのが一番ですね!
f0367991_14153482.jpg




[PR]
by hattorisports2 | 2017-10-17 15:00 | 軽量おぢちゃん
<< 改造日記⑱ Motegrappa Disc... >>