改造日記⑮

改造日記⑭の続きです。

ホイールが完成したので、次はコレに使えるディスクブレーキを紹介します。

先日入荷仕立ての「HTR」ハイブリッドハイドロリックディスクブレーキ TypeⅠです~

ちょっと長いネーミングなので覚えきれないし商品自体が何なのかも分かりづらいから
説明します。

~TypeⅠはロードバイク用のディスクブレーキです。
ブレーキ本体は油圧対抗ピストン(ブレーキパッド)でローターを挟み込んで制御させます。
それを操作するのはハイドロリック(油圧)ホースではなく、通常のブレーキワイヤー
OKなのです!!!!

という事はワイヤー式のブレーキレバーやSTIで油圧ブレーキを操作できる優れものなのです。
(ロードバイク用ブレーキレバーやカンチ用ブレーキレバーに対応しています。)
画像を見れば分かる様に、ワイヤーで引いたレバーが油圧ピストン(HTRロゴの部分)を
押して、ブレーキパッド部の油圧対抗ピストンを制御しているのです。
f0367991_11010981.jpgf0367991_11003718.jpg

もうひとつ、このブレーキの優れている所はブレーキパッドの位置を本体レバー部に設けられている
つまみを回す事によって、ブレーキパッドとローターのクリアランスを調整できるのです。
ブレーキパッドがすり減っても適切な位置に戻す事が可能なのです~
工具無しで簡単に合わせます。
初期段階における、取り付け時の作業も簡単になります。
f0367991_11004822.jpg
多くのメカニカルディスクブレーキでは外側と内側のブレーキパッドの位置を
別々に調整する必要があり、画像の製品は外側が2.5mm、内側が3mmの
アーレンキーで操作します。(工具が2種類必要になります)
出先だと携帯工具ではなかなか難しい作業になりますね。
折りたたみ式のアーレンキーセットの多くは2.5mmは付属されておりませんし。。。
f0367991_13591183.jpgf0367991_13585888.jpg
現在、メカニカルディスクブレーキが装着されているロードバイクにおいて油圧式
するなら、ブレーキ本体を交換するだけで済むので費用と交換時間を抑えられるし
メンテナンスも楽になります。



@服部産業株式会社










購入される小売店の店主に訊くと、多くはシクロクロスで使うという話!
裏技でMTBで使うゴム製のノーズキャップをかぶせると泥水などの浸入を防げます。
(ノーズキャップは付属しておりませんので別途お買い求めください)
f0367991_11011568.jpg
[PR]
by hattorisports2 | 2017-10-15 00:00 | 軽量おぢちゃん
<< 改造日記⑯ 改造日記⑭ >>