改造日記⑭

改造日記⑬の続きです。

リヤホイールを組み上げて、引き続きフロントホイールの作業に入ります。
ロード用ならオチョコ量がないので組み立てが楽なんですけど、ディスク
ブレーキ対応ハブはリヤと同じく少々面倒くさいですね?
RS505からCX75にすると22g軽くなります。
f0367991_10545088.jpgf0367991_10545794.jpg
組み立てる前はいつもスポークに緩み止め剤を塗ります~
ホイールの用途で、使うリキッドは変えています。
f0367991_10552654.jpg

仮組みの状態で実測すると「706g」になりました。
これで前後ペアの重量は「1576g」です~ちょっとしたロード用の軽量
ホイールにも引けを取らない軽さです!
f0367991_10551226.jpgf0367991_10550401.jpg

仕様上の注意点はリムが元々MTB用の「29er」~MAXの空気圧がロード用
に比べ低くなっています。最高で3.4BARなので注意してください。
入れすぎるとリムが割れてタイヤがバーストします~実は過去に経験あり。
走行中ではなかったから良かったと思っています。
シクロクロスではここまで上げませんね!?

f0367991_10552040.jpg画像の表を見て、気付くと思います。
max.Barはタイヤの太さで違いますね?
シクロクロスで使う上限が33Cです。
これは1.3インチ相当になります。
表の法則は0.25インチ細くなると
0.2Bar上がるので、1.25インチだと
3.8Barになります。
ですが、リム自体の最大強度が分からない
から3.4Bar以内で使うのが安心ですよね?
min.Barは法則に従うと2.6Barになります。
これはリム打ちのリスクを考えての数値。
競技ではそれを承知の上で下げて使う
状況もあるのではないでしょうか?

オススメポイントはユニパーの専用リムテープを使用すればチューブレス
ホイールとして活躍できるのです。
(専用バルブも用意しております)
f0367991_09362567.jpg


@服部産業株式会社








[PR]
by hattorisports2 | 2017-10-14 00:00 | 軽量おぢちゃん
<< 改造日記⑮ 使ってみたいモノ① スクラッチ... >>