改造日記④

ホイールを組み立てます~

アルミクリンチャーで1本「386g」はかなりの軽量ですね。
カーボンリムより軽いんではないでしょうか?
29er(700C)サイズのユニパーリムを使います。
チューブレスレディ仕様なので、専用のバルブとチューブレステープを
使えば、簡単にコンバートできます。

昨シーズンはこのリムを使ったホイールでシクロクロスに参戦実績あり!
なかなかの高評価(?)を頂いております。
詳しくは→ らりるれ日記 をご覧ください。
f0367991_14070734.jpg

今回はシマノのハブで組み立てます。
完成体の価格を少しでも安価に抑える為です~リムの性能は高いので
ハブは少し我慢してもらおうと考えたのです?
今回もシクロクロス用と考えているので常用スピードが低いから回転部の
軽さの差が少ないと判断しました、
使用するのは「RS-505」の前後ハブになりました。
ユニパー製のハブに比べると随分安いのでビックリ!
回転部の軽さが気になるなら「CX-75」にしてもいいかな?
f0367991_14071769.jpg

安いのには理由があって「マレーシア製」だったんですね。
シマノのクオリティーコントロール下で生産されているんだから悪くは
ないでしょ!
f0367991_14072356.jpg

スポークはユニパーホイールに使われているものと同じです。
一台分で「297g」は納得の軽さ。
ただし、このホイール用のスポーク長さではないのでカットしてネジを
切り直す作業が待っています。
f0367991_14072904.jpg

ハブ寸法はシマノのカタログを見れば分かるので、計算すればスポークの長さは
すぐに分かります。
計算ソフトはネット上で公開されているものではなく、エクセルで自作したのを
使います~10年以上前から使っていますが、今でもバージョンアップをしていて
現在はストレートプルや「2:1アレンジメント」にも対応しています。
何人かのホイールビルダーにもこの自作ソフトを提供していますが、最新の
21H+2:1アレンジメント計算式はまだ他人の手に渡っていません。
まぁ、そんなの手組みする所はないでしょうね?
今回計算して組み上げたら、ほぼピッタリ長さでホイール外周方向から見ると
ニップルとスポークが左右で均一、ほぼ面一でした。
リムのサポート長をちゃんと測定しておくのが大事で、今回のリムでは同じ銘柄
なのに昨年測定した時に比べると0.5~1mm違っていた、理由は分からないが
金型が違うのであろう~
f0367991_14074517.jpg





@服部産業株式会社






[PR]
by hattorisports2 | 2017-09-10 00:00 | 軽量おぢちゃん
<< 大台ヶ原へ④ 大台ヶ原へ③ >>