ユニパー・ニューカーボンホイール・neo35

ユニパーのニューカーボンホイールです。

出来立てホヤホヤのニューデザイン・カーボンリム(チューブラー)で組み上げた
2:1 アレンジメントのロードホイールなのです!
とにかく、カッコイイのです!!!!!
f0367991_08174090.jpg



リム設計は現行モデルよりワイド化、ハイトは若干低くなりました。(20mm→24mm、38mm→35mm)
強度はアップ、スポークテンションは1300Nまで耐えうる優れ物です。
メンテナンス性を上げる為にニップルはインターナルタイプではなく
ノーマルタイプになっています。
リヤホイールの実測重量が「665g」しかありません。
同価格帯のカーボンクリンチャーホイールだとフロントホイールの重量くらいでしょう!?
やっぱり軽さが大事です!!!!!!
画像では分かりにくいのですが、カーボンの編目が美しい~
f0367991_08171294.jpgf0367991_08170417.jpg



他メーカーと大きく違うのが、2:1アレンジメントで「24H」仕様というところ!(他は21Hが多い)
スポーク数が少なくなるとリム強度が必要になり重量増に繋がるし、スポーク1本に対するストレス
も増えます。いろいろな事を考え「24H」を選択したのです。
f0367991_08172904.jpgf0367991_08172211.jpg



そもそも、ホイールの強度は「総テンション数」と考えています。
1本のスポークが何N(ニュートン)で張られているのも重要な話ですが、構成する
総てのスポークのテンションを合計した数値がホイール自体の強度になるのです。

基本的な考えは、スポーク1本のテンションが1000Nだとすると24H(24本)で、合計は24000Nになるでしょう。

リヤホイールだと少し計算が面倒で、ドライブ側だけテンションと反ドライブ側のテンションは違うのは
皆さんも承知の話。
通常のホイール」だと、ドライブ側は1000N×12本=12000Nになり
反ドライブ側はドライブ側に比べて約半分くらいのテンションになってしまうので
仮に計算すると、1000N×1/2×12本=6000Nになり合計が18000Nのホイール強度
になると思うのです。

2:1アレンジメント」だとドライブ側は16本になるから、1000N✖16本=16000Nになり
反ドライブ側はほぼドライブ側と同じテンションなので(構造上)1000N✖8本=8000N
ということで合計は24000Nになります。
机上計算で1.33倍の強度になるのです。

という事は、強度を同じにするならば1本あたりのテンションを下げられるので計算すると
750Nですむのです。
スポーク(ニップル)の緩みの問題があるので下げるのには限界がありますが、ストレスが
少ないホイールに仕上げる事も可能だと思います。

リム自身が現行モデルよりかなり強度が上がっているのもあり、「2:1アレンジメント」で
組み上がったホイールをはめて実際に走ってみるのが、楽しみで堪りません?

加速の良さと上りの軽さを持ち合わせるホイールに仕上げたいと思っています。
スポークテンションはどのくらいにしようかな!?

<考察>
時代はカーボンクリンチャーに向いていますが、重量面(加速、登坂力)を考慮すると
まだまだチューブラーの方が有利だと思います。
ころがり抵抗の少ないクリンチャータイヤが(多くリリースされて)優位になっていますが
平地のタイムトライアルでは使ってみたいけど、ヒルクライムではやっぱり軽さを選びますね。
最近コルサなどころがり抵抗の少ないチューブラータイヤがリリースされているので試して
みたいところです。

アルミ鍛造の後にCNC加工を施した2:1 アレンジメント専用設計されたレーシングハブを使い
それに合わせてオーダーされた今回のニューカーボンリムで組み立てられることにより
ユニパー社の理想的なホイールが完成したのです。
ax-lightnessやtuneの設計に携わっていたアンドレアス氏が長年かけて築き上げた結晶といえます。
生産の安いアジアに拠点を変えて、ブランド料がかからない己のオリジナルでリリースすること
により、コストを限界まで削り込みました。




@服部産業株式会社







こちらは開発中のカーボンローハイトリム neo28です。
もう暫くお待ち下さい~どちらかというと、こちらの方がオススメなのです!
ミディアムハイト並の強度を目指した設計になっていてオールラウンダー的な
ホイールに仕上がると思っています。
設計者の話では「アルミリムのホイールはローハイトの物を使うだろ?
カーボンの様に35mm以上もある物を使いません・・・
じゃあ、アルミ並みの剛性があってアルミより軽いローハイトのカーボンリムが
あれば一番じゃない?という話みたいです。
カーボンクリンチャー化については重量が重くなるから技術革新が進んでもっと
軽くできるまでは検討しないのです。
チューブラーはタイヤを接着するのが面倒だけど、接着するのは一時的なものであって
走行は一生(?)、メリットを優先したいですね!!!!!!
f0367991_08162543.jpg



当然、2:1 アレンジメント専用設計になっております。
f0367991_08161745.jpg



バルブ部分のホールドが向上する設計になっていて、チューブラータイヤの
バルブの根元にかかるストレスを軽減しています。
f0367991_08164059.jpg




[PR]
by hattorisports2 | 2017-08-05 07:00 | Yuniper(ユニパー)
<< 服部産業株式会社サイクリング部... CPC Airing (シーピ... >>