吉野サイクリング 準備編

今週の休日に計画している吉野の桜サイクリング。
今回も、色々な遊び方ができる「アゾロ」で走ってきますよ~。

先輩の噂によれば吉野は道も荒れていて何より激坂が多いとのこと。
ということで、手元にある軽量パーツを惜しげもなく使用し「スペシャルアゾロ」を制作してみました。

f0367991_22370897.jpg

























f0367991_10312351.jpg







































ブレーキはオフセットブレーキシューを利用して105を装着してみました。

f0367991_10341270.jpg







































f0367991_10302750.jpg






































ホイールはキシリウム ESにしてタイヤも23cに換装してみました。

f0367991_10294204.jpg






































初代ゼロ7の軽量カーボンシートポストにアップグレードさせました。
そして、先日実家から送ってもらった学生時代からの相棒、オーストリッチ製のサイドバッグを取り付けてみました。
「軽くしたいんだったらサイドバッグも外せば?」
私も一瞬分考えましたが、こちらのほうが輪行バッグなどの万が一の時の装備が持ち運べ、地元の名産品(あるのかは不明ですが)も
遠慮無く買って帰ることができるので取り付けてみました。
それに、意外にもかっこいいですよね?(会社の先輩にアンケートを取ってみると3人中2人が肯定的な意見でした)
さぁ、残る問題は花粉症で数ヶ月何も運動できていない私が無事に帰ってこれるのか?ということですねー。



アゾロシリーズ
フラットバーロード「アゾロ」での遊び方①
フラットバーロード「アゾロ」での遊び方〈近距離編①〉



追記

昨日、先輩が「スペシャルアゾロ」で暗峠(最大勾配31%!!!!!!)経由で帰宅したそうです。
ロードバイクだと降りて歩いていたのが「スペシャルアゾロ」では足はついたが歩かずに登頂できたとのことでした。
ギアがワイドレシオなのも一つの理由なのでしょうが、一番はゆっくりながらも着実に前進するアゾロだからこそ
行けたんだと感動されていました。

















@服部産業株式会社
[PR]
by hattorisports2 | 2017-04-21 20:00 | 平ぱ~兄さん日記
<< 富山で見かけたウィリエール! 台北ショー 面白く・かっこいい... >>