Wilierの魅力に改めて気付かされた日



私の愛車の「GTR SL」。
私の場合は、「ロングライドやサイクリングが主だけどレースバイクに近い軽快かつ俊敏性のあるバイク」がほしかったのです。
GTR-SLは私にとっては、理想に限りなく近いバイクなのです~。
昨年、組み立てる際に軽量化を目的にフロントフォークを某有名メーカー製に付け替えていました。
それから、今日まで特に違和感もなく走ってきました。
そんなある日、私はふと思ったのです。
「純正のフォークの方がかっこよくない??」
そこで、純正に付け替えてみました。
f0367991_22355508.jpg





























とりあえず、会社近くをブラブラと試走すると・・・・
「なんじゃこりゃーー!!!!」
と、心の中で叫んでしまいました。
まず、バイクの安定感が明らかに向上しました。
特筆すべきは、ブレーキング時です。
制動力が劇的に向上しました。更に、今まではタッチブレーキングを行うとキャリパーがビビってバイクの制御が困難でした。
(10年前のパーツを使用しているので、パーツがヘタっていたのだと思い込んでいました。)
ここまで完成度の高いフロントフォークを製作しているWilierに驚かされました。
これは、ロングライドに出かけるのが楽しみになってきました(私用が多いので中々ライドに行けないですが・・・)

カタログだけでは決して理解のできない世界。これはぜひとも試乗する機会がありましたら皆様に体感していただきたいと
思った出来事でした。

[PR]
by hattorisports2 | 2017-04-14 12:00 | 平ぱ~兄さん日記
<< 北陸へ! MAESTROな「サドル」ポッ... >>