ユニパー 29er ホイールを検証⑦ 関西シクロ第9戦みなと堺グリーンひろば

1月15日 関西シクロ第9戦堺みなとグリーンランド
出走74名


土曜日にコースの下見に来て、来るまでに強烈な向かい風でバテてしまった
らりるれさん、朝7時から会場入りして準備を整える?
勿論、レース前日の鍋谷峠走行会はキャンセル。。。
f0367991_07585252.jpg

f0367991_07581283.jpg

f0367991_07580482.jpg

f0367991_15120454.jpg

f0367991_15115754.jpg
以下、試験走行をしてくれた「らりるれさん」のレポートです。

全国的に大雪なのに、堺は良い天気。しかし、風が冷たく今期で一番寒い日になりました。
スタート前、前輪が少し振れていたので診てもらうと、リム打ち痕がありました。
何処でやったのか、わかりませんが空気は全く漏れていませんでした。
今日は芝生平坦だったので、空気圧2.0に設定。
高速のレース展開について行けず、先頭とのタイム差を2分21秒つけられて、全体の62%に沈んでしまいました。
昨日の試走時は、強風が吹いていて、シケイン・ステップなど自転車を担いて越えるセクションで、
リムハイトの高い物は風にあおられていて、チャンスと思っていたのですが、今日は風が少しましになっていました。

次は、1月22日関西シクロ番外編mifune-cxくろんど池です。






<編集後記>
「ホイールが少し振れているけどディスクブレーキだからイイかなぁ~」
という発言・・・・
数回しか走っていないのに、もう振ってしまったのか・・・
f0367991_07575736.jpg

ホイール(リム)強度が足らいのか、己の組み立てが悪いのか?
反省と考察をしていると・・・なんとリムが凹んでいた!?
f0367991_07575065.jpgf0367991_07574477.jpg

らりるれさん本人は覚えがないみたいであるが、どこかに打ち付けているのは
間違いなさそうである?
極端にエアー圧を下げて走る競技なので、ひとつのミスがホイールに対し大きなダメージを
与えてしまうのは避けられないリスク、今回の様にリムが変形してしまった事に対し
もっと「強いリム」であればと考えてしまうが、それだと今度は「タイヤ」が裂けてしまう
かもしれない?チューブレスの良いところはチューブドだと今回のケースだったら
スネークバイトでパンクしてしまい走行不可能になっていたと考えられます。
元々日本でアッセンブリーされている物なので、交換用のリムは容易に入手できます。
その点は優れていると思うのですが・・・・ホイールを組めるショップであれば交換(修理)も早い!

チューブレスレディ仕様で専用リムテープを貼っただけでシーラントは入れていない
のにリムが凹んでも全然エアーが抜けていないのは、かなり優秀???
らりるれさんには悪いがこのままで残りの3戦を走ってもらうことにした!



[PR]
by hattorisports2 | 2017-01-16 15:20 | 軽量おぢちゃん
<< イタリア土産? 週刊「ユニパー 2:1 ホイー... >>