ユニパー 29er ホイールを検証①

友人が「シクロクロス」に参戦する。という話から始まりました。

チューブレスホイールにするらしい~
問題点(?)があって、コンプリートホイールは高価でありシーズンが短い
競技では機材に投資しづらいとの事。

手組みで済ませる事になった。

しかしながら、選べるリムが少ない。
某アレックス社製は安価であるが重量がある~1本で500gくらいはありそうだ。
チューブレスレディであり、チューブレスリムテープ+シーラントが必要になってくる。

ハブは何を使ったのか分からないがディスクブレーキ対応で組み上げたら、前後で
1800gくらいになったようだ。

シーラントでタイヤとリムの隙間をうめたのだが、バルブに行き渡らずバルブ付近から
エアーが漏れてしまい使い物にならなかった・・・
シーラントはバルブから適量を入れるのをオススメする。

実は友人のホイールを組み立てる話が出始めた頃から気になっていた事があり
動き始めたのです。
何かというとマウンテンバイクの「29er」は「700C」と同じ規格のはず!?
ならば、シクロクロス車でも使えるンじゃないかと!!!!
ユニパー製で「29er」がありリムの内幅は17mm、28C以上なら問題ないと考えついたのだ。

という事でレース直前にホイールを失った友人に早速連絡して使ってもらう事にした。
一応渡す前にクロスバイクのタイヤ(700×28C)をチューブドで嵌めてみたが問題はなさそう
であった。
12月3日と4日のレース(美山)で使ってもらう。
前後で1500g程に仕上がっているユニパー29erチューブレスホイールの使い心地は如何なもので
あったのでしょうか?
規格は同じであっても、リムとタイヤの相性があるからネ?ロードバイク用でも使える使えないが
あるみたいで・・・・




@服部産業株式会社






[PR]
by hattorisports2 | 2016-12-03 18:31 | Yuniper(ユニパー)
<< スポーツバイクデモ埼玉編① ユニパー フルカーボン製トップ... >>