フラットバーロード「アゾロ」での遊び方〈近距離編①〉

さぁ、ツーリング(近距離)編です。

このツーリングのルールのとしてナビゲーションは使用しません(緊急時以外)。全ては地図のみで進行していきます。
もちろん、道に迷うことも多々あるでしょう。だからこそ、新たな発見・出会いが生まれるのです。
迷走するのはツーリングの醍醐味の一つです!!
使用する地図はバイカーのバイブル「ツーリングマップル」。
道路状況だけでなくその土地の名物や景色のいいスポットなどの情報も掲載されており、見てるだけでワクワクしてくる本です。
f0367991_19022860.jpg

 























では、いよいよ本題に入っていきましょう!!

今回のスタート地点は柏原市の「リビエルホール」です。
ここは石川サイクリングロードの起点だったりぶどう坂に向かったりなど、サイクリスト御用達の施設なのです。
(きちんとバイクスタンドも設置されていました。)
f0367991_01432573.jpg






















ここから目的地までは石川サイクリングロードを走るだけの非常に単純なルートです。
距離は約15kmです。
事前情報では、このサイクリングロードは通行者が多く道も細いため注意が必要とのことでした。
実際はそんな気になるほど人は多くなく、むしろ非常に静かな環境かつ、桜並木(春には大賑わいになるであろう)や
見た目はきれいな水が流れる石川といった自然を楽しみながら走ることができ非常に気持ちのいい道でした。
 これは「アゾロ」で走ったからこそ楽しめたのでしょう。
馬鹿な私はロードバイクで行ったとすれば絶対にヒィヒィ言いながら走って景色どころではなかったはずです(笑)
f0367991_01553527.jpg






















f0367991_01561060.jpg







































 写真を撮りながらのんびりと走って約1時間30分ほどで目的地の寺内町に到着しました。

f0367991_01575404.jpg


























f0367991_01581517.jpg

























f0367991_01585090.jpg







































江戸時代の街並みが残っている富田林の寺内町。
予想通り、雰囲気は最高ですね。
観光客も少なく非常に物静か(人の気配が全然感じません)なので、心が落ち着きます。
小さな地区なのでとりあえずしらみつぶしに走っていると・・・

f0367991_02064665.jpg

























f0367991_02075595.jpg


























なんと自動車教習所のミニチュアみたいな公園があるではあーりませんか!!
しかもちゃんと信号機も動作しています(大阪らしく多少せっかちな信号機でしたが・・・。)
これには驚きで理由もなく大興奮してしまいました。
こういった発見が楽しいんですね、ツーリングは。
地区内には雑貨屋や喫茶店など足を休めれる店もいくつかありました。
そのうちの一軒で昼食を。
f0367991_02242928.jpg

























f0367991_02250868.jpg






































f0367991_02283772.jpg


























ここのお店も非常に心が安らぐ空間でGOODでした。
このゆっくりとした時間の流れは観光客の多い京都ではなかなか味わえないでしょう。

この後は散策している際に気なったパン屋と喫茶店へGO。
(自転車を中心として手前側がパン屋、奥側が喫茶店でした。)
f0367991_02320147.jpg





























f0367991_02335009.jpg







































パン屋の人気商品であるクリームパンは完売みたいだったので晩食用のパンをいくつか調達して、
身体が冷えてきていたので喫茶店にて甘酒を飲み体温回復を(ちゃんとアルコール0%は確認して注文しました)。
この時期のライド後の甘酒は最高ですね。夏はガリガリ様、冬は甘酒!!
最後に街並みとアゾロのツーショット写真をいくつか撮って帰路へ。
f0367991_02434715.jpg

























f0367991_02450260.jpg

























f0367991_02453478.jpg





































番外編


帰りのルートはその場でのインスピレーションを頼りに走ってみました。
(時々出てくる青看板は大阪の土地勘が一切ない私には解読不能でした。)

今回の迷走では面白い展開はありませんでしたが、GPSでログだけは記録していたのでご興味のある方は
ご覧ください。






[PR]
by hattorisports2 | 2017-02-07 19:06 | サイクリング
<< アラバルダハンドルを他モデルの... フラットバーロード「アゾロ」で... >>